2008年09月

2008年09月29日

一次試験対策本

861891ac.JPG

本が増えた。
転職してから家で勉強する時間がとりやすく、毎日着々と勉強を進めている。
その代わりスポーツジムには通えていない。
シムに行かないので、このところ子供を風呂に入れており、そのせいか嫁さんの機嫌も良い。
・・・
一番使っているのは写真左下の過去問の本だ。
値段も2,400円と手ごろである。平成19年度技術士第一次試験(機械部門)の申し込み者は2,231人である。
そのうち半分の人が買っても1,000部しか売れない。それなのに、札幌のコーチャンフォーに3冊くらい置いてあった(ちなみにイマジンさんのズバリ!もあった)。受験者以外も買っているのだろうか。まあ、なんにしろ助かります。この本が無ければ本当に勉強が手探り状態になっていたところである。

基礎科目対策は、「1.設計・計画」 、「2.情報・論理」は得点が稼げるところだと思っていたが、「3.解析」でも稼げそうだ。専門科目(機械部門)の内容がかぶっているのと、有限要素法など大学のときにやっていたことも出題範囲であり、何とかなりそうである。
「5.技術連関」も1〜2問はいけるだろう。
「4.材料・化学・バイオ」は完全に捨てて、鉛筆をころがすつもりである。
うまくいけば、15点中8点くらいとれるかもしれない。

基礎科目が8/15もしくは7/15だと、専門科目は13/25が必要である。

専門科目は、材料力学は半分くらい取れそうだ。10問出るとして、4問取ろう。
機械力学・制御は材料力学ほど得意ではない。7問出るとして、2問ってところだろう。
熱工学と流体工学はかなりつらい。公式を覚えこんでいく必要がある。13問中3問ってところだろう。
機械工学の四大力学以外にも、「その他」として実務的な内容の問題が5問くらい出る。
割とカンタンな算数で取れる問題もあり、ここが狙い目だと思う。2問くらい取れるのではないかと思う。
これで、35問中25問選択して11問取れる公算である。あと2問を上積みできるように対策していきたい。

それにしても、流体力学で出てくるベルヌーイの定理とか、レイノルズ数は土木工学の水理学でも学んだ。
機械と土木って結構かぶっているなぁ。
最近母校のほうで土木と機械が一緒の学部になったらしい。
そのほうがいいと思う。学生にとっては、1、2年生くらいで共通の勉強をして、機械に進むか土木に進むか選択できるので、合理的だと思う。

さて、あと2週間程度である。がんばろう。



qwe12345678901 at 23:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月07日

一次試験準備開始

基礎科目、専門科目共に参考書がそろった。
これから10月13日の試験に向けて準備開始である。


基礎科目はAPECさんの本で準備しようと思う。
専門科目(機械)は100問の演習問題をこなし、9月中に過去問題集を購入し、繰り返し訓練しようと思う。

基礎科目は5分野あるうち、1.設計・計画 、2.情報・論理は何とかなると思う。
情報処理の勉強や公務員の中途採用試験に挑戦したときの経験が生きそうな分野だ。
3.解析、4.材料・化学・バイオ、5.技術連関はかなり厳しいという印象である。
ここをAPECさんの本で勉強しよう。
ただし、基礎科目にそんなに気合を入れるつもりはない。
APECさんの本によると、やはり当たり前であるが専門科目に注力したほうが合理的のようだ。
機械工学を基礎から勉強したことが無いのでみっちりやる必要があるだろう。
イメージとしては、計算問題は捨てて、記憶でなんとかなる問題に絞って演習問題をこなそうと思う。
そのほうが実務でも役に立ちそうな気がするし、計算問題に使う公式はいまさら覚えられないであろう。
幸い材料力学分野は構造力学関係の公式とかぶっているところはあるのでその辺りから1問拾えればよしとしよう。

しかし、機械工学の素養が少ないため、演習問題集の内容は非常に役に立つというか、勉強になる。
聞いたことのない新しい言葉、理論を知ることができ、面白い。
二次試験はおそらく落ちていると思うが、万が一口頭試験に進めた場合、ここで勉強した内容が生きてくるような気がする。
そう思うと一層やる気が出てくる。

物事を基礎から勉強するという機会は人生の中でで今回が最後だろう。
やっぱり、自分の場合、試験とか何か目標が無いと、勉強する意欲が生まれない。
精一杯準備すること(勉強すること)、受験することが目標であるが、できれば、合格という結果を残しておきたい。



qwe12345678901 at 23:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 技術士(機械) 

2008年09月06日

キリギリス

712b41a3.JPG

キリギリスを手に入れた。
嫁さんが虫、爬虫類系が好きで、彼女の今夏の目標は「キリギリスを捕まえる」ことだった。
結局つかまらずに今まで来たのだが、今日会社の上役の方に昔取った杵柄で捕獲していただいたものをカゴごと譲り受けたのだ。

kirigirisu
今家にはコオロギがいて、その前はコッピーという魚がいたり(夏休み中に私がエサやりを怠ったために死なせてしまった・・・)そのほか、カンタンという虫もいたと思うが、キリギリスは見た目、鳴き声ともに別格である。

唯一の心配はハリガネムシが出てこないかということである。
去年初めてバッタから出てくるハリガネムシを見て仰天した。

これにはさすがの嫁さんも苦手のようである。



qwe12345678901 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 家族のこと 

2008年09月05日

ストリートビュー

Googleのストリートビューを使ってみた。
http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/
こんなのがあったら道路管理者が重宝するだろうと思う。
きっと、この技術には注目しているに違いない。
Googleも1kmあたりいくらで整備しますよ・・とかビジネスになるんじゃないだろうか。
観光誘致にも力を発揮できるのではないだろうか。
自治体も自分の町をストリートビューにしてくれとかいうニーズがあるかも。

しかし、全方向を見られて、マウスドラッグで進行、後退もスムーズにできるとは・・・スケールが違う。

ソフトウェアを極めたい人は潤沢な資金が使える会社に行きたがるんだろうな。Googleなんかはソフトウェア開発技術者にとっては最高の会社だろう。その分成果主義で厳しいと思うが。



qwe12345678901 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) そのほか 
プロフィール

GRID

コメント
トラックバック