2010年05月

2010年05月31日

もう6月

5月も終わりである。
先週先々週は通信教育修了試験(4科目)受験、子供の運動会などがあった。
昨日は道庁に散歩に行き、夕方、美瑛ハーフの練習のため、17kmジョギングに挑戦した。
今度の日曜日にも、17km、できれば20kmを走って、本番に備えたい。

このところ、特に忙しくもなく仕事をしてきたが、もうすぐ忙しくなりそうだ。
建設コンサルの猛烈な忙しさを経験しているので、たいていのことには耐えられるだろう。たぶん。

技術士試験にも申し込んだので、そろそろ本腰を入れて勉強に取り組もう。


qwe12345678901 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月23日

読書

今年の初めに足を怪我して、運動できなくなることから、せめて半身浴で汗をかこうと思い立ち、風呂の中で本を読むことにした。
そのうち、風呂の中だけでなく、主に寝る前にも読んで、この数ヶ月で結構読んだ。

山崎豊子 沈まぬ太陽(1)〜(5)
村上春樹 ノルウエイの森 上・下
浅田次郎 鉄道員(ぽっぽや)
星新一  悪魔のいる天国
湊かなえ 告白
東野圭吾 レイクサイド
爆笑問題 日本原論2000、爆笑問題の今を生きる!
馳星周  不夜城、鎮魂歌
落合信彦 挑戦者たち
橋本克彦他 鉄道員物語

ほとんど、ブックオフで105円で買った。

面白くて一晩で読んだのは告白、レイクサイド。ミステリーは面白い。大学のころシドニィシェルダンの作品を数冊、読みきったとき以来の感覚だった。

お気に入りは、星新一である。
なぜなら、寝る前に読むのにちょうどいいから。ストーリーが短いので、これを読んだら寝よう。と思えるからである。

あまり面白すぎると、翌日に響く。一晩で読むのは翌日が休みの金曜日、土曜日しかできない。沈まぬ太陽は最後のほうを朝まで読んでしまい、次の日がつらかった・・・・

ということで、風呂で読むためのハードカバー本、寝る前に読むための適度な面白さの本を求めて、今日もブックオフをうろつこうと思う。


qwe12345678901 at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

14kmコースJOG

美瑛ハーフマラソンまで1ヶ月を切った。
1週間前から練習に取り組み始め、8kmジョギングを3日間続け、3日間休みを置いて、昨日、14kmコースを走った。
8kmジョギングを3日間続けたせいか、その後の3日間は、異様に体が重く、家に帰って晩御飯を食べて、すぐに眠くなって早々に寝てしまったのだ。
昨日は、通信教育の試験の後の夕方、天気もよかったので、ちょっと長めに14kmを走った。休養が効いたのか、なんとか走り終えることができた。本番でも、何とか完走はできそうだ。しかし、しばらくぶりに走ったので、だいぶ体がなまっている。あと3週間で調整したい。

ところで、去年も参加した野幌森林公園のファミリーラリーに、昨日申し込んだ。
主催者のホームページには6月20日に開催予定でまだ申し込み受付はしていないということだったのだが、近くのスーパーに行ってみると、4月下旬から申し込みが始まっており、締め切りは5月24日とのことだった。
あぶなく、応募できないところであった。
しかも去年の参加者が多かったため、今年は抽選らしい。去年は4月下旬から申し込みが始まり、5月の前半に定員で応募締め切りになっていた。
去年と同じ先着順であれば、文句なく落選となっていたところだ。

去年、子供たちに好評で、今年は母親も呼ぶことにしているので、なんとか、当選してほしい。景品がたくさんもらえるので親にとってもうれしいイベントだ。


qwe12345678901 at 06:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月09日

GW2


5月3日は長女と三角山に登りに行った。
途中、北海道神宮の近くを通ると、円山動物園への駐車待ちの車でいっぱいだった。
こりゃ、三角山も混んでいるのか・・と思ったが、それほどでもなく、駐車場に車を止めて登山開始。
30分くらいで登れたが、急坂で結構歯ごたえのある山だった。
DSCN0524











三角山の頂上から尾根伝いに大倉山ジャンプ台の上までいけるということは調べており、長女もぜひ行きたいということなのでそこからまた20分歩いて大倉山ジャンプ台に着いた。
DSCN0535
なかなかいい景色でしかもリフトもあった。なにより、GWの最中なのに、人だかりになっていない。
長女はリフトに乗りたがったが、明日、次女を連れて下から乗ろうと言って山を後にした。
山をおりきった後、長女にもう一回上に行こうかと言ったら、ホント!?もう一回登る!と言われた。・・・冗談だったのだが・・・さすがに、ごめん。うそ。と謝って帰宅。
さすが小学生、体力がある。

翌日は、5月1日以来外に出ていない次女を連れて、まず、札幌ファクトリーのポケモンイベント「チャレンジフィールド」に行った。
次女はストレスがたまっていたらしく、最初からエンジン全開ではしゃいでいた。
長女はそろそろポケモン離れが進んでいるのか、基本的に次女の世話係。
最後にやったボール投げのコーナーのころには次女は疲れ果て、長女が元気に玉いれ?のようなものをやっていた。
DSCN0576

おやつとポカリを与えると次女は復活。
大倉山へ向かった。
相変わらず北海道神宮付近は動物園の車の長蛇の列。大倉山の駐車場にはすぐ入れた。

DSCN0592

今日もそれほど人ごみになっておらず、リフトで登って、展望台で景色を眺めた。
よく晴れ渡っていて、(たぶん)10キロ以上離れている百年記念塔やモエレ山も見ることができた。展望台の100円望遠鏡でモエレ山を見ると、山頂にいる人が見えた。
DSCN0599

上の写真の真ん中のやや左上にモエレ山が写っている。

長女、次女に聞いたら、予想通り、ぜひ行きたいというのでモエレ沼公園へ。
2時半ごろ公園についてそこから5時までびっしり遊んでいた。
日は照っていたが、気温はそこそこで絶好のピクニック日和だった。
子供たちがボールで遊んだり、モエレ山に登ったりするのを寝転びながら見ていて、いつしか昼寝してしまった。起きたら長女のキックボードの後を次女が追いかけていた。
こどもの体力は無尽蔵である。
DSCN0682
そんなこんなですごしたGWであった。


qwe12345678901 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月02日

GW


ホントなら今日は旭川の実家に行っているはずだったが、昨日、下の子の風邪が発覚した。移すといけないので旭川行きは取りやめ。
上の子と父親だけいくという手もあったけど、もう感染していたらアウトだし・・・・

ただ、上の子は元気だということで、午後から長女とモエレ沼に行って遊んできました。最初は長女はキックボードで父親はジョギング。その後、サッカー、フリスビーをしていたらすぐに夕方になってしまった。
天気もよく、人が多かったなぁ。
写真の後方のモエレ山の頂上にはたくさんの人がいました。
Image135

qwe12345678901 at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月01日

登別旅行

しばらく投稿していなかった。
この間、技術士試験は申込みを済ませた。
次は通算9戦目になる。機械部門への挑戦は3度目。3度目の正直にしたい。

この間、くじ引きでアパートの自治会の副会長になってしまった。
8月最後の日曜にイベントがあるらしく、北海道マラソンの開催日と重なっていた。もちろん北海道マラソンを優先したいところだが、今回はそっちを優先しようと思う。
そのかわりといってはなんだが、7月にある豊平川のフルマラソン大会を目標に取り組もうと思う。
6月美瑛ハーフ、7月豊平川フル、10月札幌ハーフってところか。
仕事、まあまあ。じっくり取り組んでいるというところか。
相変わらず、飲み会は幹事役。すっかり慣れてきた。

さて本題。
先週の土日に3年ぶりの家族旅行に登別に行ってきた。
自分と嫁さんの実家に行くのも家族旅行のうちだと思うが、核家族のみ水入らずは3年ぶりであった。
DSCN0197昼に家を出て、伊達時代村へ。ニャンまげで有名。
土曜の割にお客さんは少なく、ゆったり楽しめた。韓国、中国からの観光客が多かったようだ。時代劇、忍者アクションなどがあったが、お客さんへの注意に韓国のツアコンが韓国語でアナウンスしていた。
南京玉すだれも初めて観た。

DSCN0218ポニーに乗る次女。それを引く長女。次女は終始満面の笑顔だった。長女は動物が苦手らしく、この後、すぐに手綱から手を離した。
ほとんどお笑いの時代劇もなかなか面白かった。
女性グループは帰り間際に、おみやげを買っていた。テーマパークでのショッピングは女性陣の旅の楽しみの一つであろう。暖かく見守った。DSCN0246

夕方、投宿。温泉もよかったし、バイキングもサーロインステーキ食べ放題で満喫した。
夕食前にカラオケもした。盛り上がるかな?と思ったが、子どもたちが結構マイクを握って離さず、楽しんだようだ。
ここでもショッピングが行われたようだ。

翌日は地獄谷を見て、マリンパークニクスへ。
DSCN0326















どちらも日曜日だけあって、なかなかの賑わいぶりであった。
定番のイルカショーもあり、4頭出演したのだが、1頭だけのんびり屋のイルカくんがいて、その子だけジャンプが低かったり、ジャンプをサボったりしていた。そのほか、サメだのカメだのカエルだのもおり、爬虫類好きな嫁さんが一番喜んでいたような気がする。DSCN0411
ここでも、お土産屋さんで、女性陣はショッピングを楽しんだようだ。

帰りは、白老あたりの海岸に降りたりしながら苫小牧まで行き、苫小牧港の手前で一時停止で捕まり・・・・。・゚・(ノД`)、暗い気持ちを吹き飛ばすために美味しい昼食を食べた。
そして白鳥飛来地の道の駅ウトナイ湖へ。DSCN0493女性陣はここでの買い物は自粛していたようだ。さすがに買いすぎたと思ったのか・・・?

白鳥と戯れたあとは、家に戻るだけ。
罰金をすこしでも取り戻すために、1000円高速をけちって、一般道で帰ったのだが、途中で睡魔に襲われ、道の駅で30分ほど休憩。寝てる間に女性陣は待ちぼうけを食らったかというと、そうではなく、道の駅でショッピングを楽しんだようだ。

という感じで、嫁さん、子供も満足したようである。
登別くらいであれば高速で一時間ちょっとでいけるし、近いのが運転も疲れなくていい。
明後日からは旭川の実家に帰る。子どもたちは「また旅行だ!」と喜んでいる。



qwe12345678901 at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
コメント
トラックバック