2008年09月07日

一次試験準備開始

基礎科目、専門科目共に参考書がそろった。
これから10月13日の試験に向けて準備開始である。


基礎科目はAPECさんの本で準備しようと思う。
専門科目(機械)は100問の演習問題をこなし、9月中に過去問題集を購入し、繰り返し訓練しようと思う。

基礎科目は5分野あるうち、1.設計・計画 、2.情報・論理は何とかなると思う。
情報処理の勉強や公務員の中途採用試験に挑戦したときの経験が生きそうな分野だ。
3.解析、4.材料・化学・バイオ、5.技術連関はかなり厳しいという印象である。
ここをAPECさんの本で勉強しよう。
ただし、基礎科目にそんなに気合を入れるつもりはない。
APECさんの本によると、やはり当たり前であるが専門科目に注力したほうが合理的のようだ。
機械工学を基礎から勉強したことが無いのでみっちりやる必要があるだろう。
イメージとしては、計算問題は捨てて、記憶でなんとかなる問題に絞って演習問題をこなそうと思う。
そのほうが実務でも役に立ちそうな気がするし、計算問題に使う公式はいまさら覚えられないであろう。
幸い材料力学分野は構造力学関係の公式とかぶっているところはあるのでその辺りから1問拾えればよしとしよう。

しかし、機械工学の素養が少ないため、演習問題集の内容は非常に役に立つというか、勉強になる。
聞いたことのない新しい言葉、理論を知ることができ、面白い。
二次試験はおそらく落ちていると思うが、万が一口頭試験に進めた場合、ここで勉強した内容が生きてくるような気がする。
そう思うと一層やる気が出てくる。

物事を基礎から勉強するという機会は人生の中でで今回が最後だろう。
やっぱり、自分の場合、試験とか何か目標が無いと、勉強する意欲が生まれない。
精一杯準備すること(勉強すること)、受験することが目標であるが、できれば、合格という結果を残しておきたい。



qwe12345678901 at 23:15│Comments(4)TrackBack(0) 技術士(機械) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヤマト   2008年09月08日 08:37
ご無沙汰致しております。
年度当初の予定どおりとはいえ、GRIDさんの挑戦には頭が下がります。
目的が合格という結果だけにあるのではないと十分承知した上で、しかし是非良い結果を手中に納められますようお祈り申し上げます。

さて、私は昨日の土木学会の試験終了により、今年度の挑戦はすべて終わりました。本当はもう1つあるのですが、これは付け焼き刃では絶対に無理なターゲットですので今年も諦め状態です。

すべて終わり、緩んでしまいそうな気持ちにGRIDさんのブログで喝を頂き、しっかりとハンドルを切れそうな気がしました。ありがとうございます。

では、お互い頑張っていきましょう!
2. Posted by ヤマト   2008年09月09日 15:47
PS.書き漏らしましたので連続コメントとなりますことをお許し下さい。
実はご相談申し上げたいことがございますので、お手数ですが我がブログの左側に設けてございます「ヤマト通信」欄よりGRIDさんのメールアドレスをご連絡頂けませんでしょうか。
何卒よろしくお願い致します。m(__)m
3. Posted by GRID   2008年09月09日 20:45
ヤマトさん、ご無沙汰しております。
演習問題を読むにつれ、だんだん無謀な挑戦だと思うようになってきました。
とりあえず逃げずに挑戦しようと思います。
ご相談の件ですが、連絡先を後ほどお送りいたします。
4. Posted by イマジン   2008年09月22日 07:58
挑戦し続けるって、難しいですね。緊張と緩みが適度にあるといいのですが、どうもどちらかに偏ってしまいます。
ところで、「公務員の中途採用試験に挑戦」って、そんなこともしていたんですね。知りませんでした。
私の場合、公務員試験こそ、何も勉強せずに合格できた試験なんですが・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

GRID

コメント
トラックバック