2014年03月05日

合格

久しぶりの投稿です。

受験6回目にして技術士機械部門に合格しました。
3年前の口頭試験不合格を挟んでの合格です。

願掛け(?)で合格するまでブログ更新しない!と考えていました。
まさかここまで更新できない期間が延びるとは・・・
私にとって一般論分が難関であり、1回目はC評価でした。
4回目、5回目は一般B、専門Aであり、「一般の壁」を越えられずにいたところ、
平成25年度は一般が択一問題になり、更にハードルが上がったと思いました。
勉強は択一対策ばかりでした。まず、択一が6割を超えないと合格できないからです。
機械工学便覧と、Webラーニングで機械の4大力学を基礎から勉強したのですが、本番では半分は過去問からの出題であり、だいぶ拍子抜けしました。
結果的に一般の壁を越え、専門も例年通りAをもらうことができました。

口頭試験も3年前とは違って、致命的なミスもなく、終わりました。
口頭試験も平成25年度から評価項目が5つから3つになりました。
3年前は5つのうち2つに×をもらいましたが、その2つの評価項目がなくなったので、私にとってはプラスに作用したかもしれません。
「体系的専門知識」、「技術に関する見識」については今後も身に付ける努力を怠ってはならないと考えています。機械一般についての論文がなくなったあとに合格していることからも、機械部門に関する全体的な知識、見識を今後も身につける必要があると思います。

とはいえ、これでやっとスタートラインに立てました。
これを励みに、今後ももっともっと努力しなくてはいけません。

3月3日の合格発表日は出張先のホテルにいました。
発表のときは結構、出先にいるときが多いです。
初回合格のときはアメリカで確認しましたし・・・
ただでさえ枕が替わると寝れないのに、もう、ほとんど寝られませんでした。
肝心の合格発表が出た6時前は半分寝ており、6時すぎにメールが来て起きました。
一緒に受験した方からのおめでとうメールでした。
自分で確認する前に教えていただいたことは過去12回の受験で初めてのことです。
ドキドキしながらパソコンの画面をスクロールするのはスリルがあり心臓に悪いです。メールで安心を送ってもらうのもいいものです。

でも、あまり浮かれていられません。
ただいま上の子が高校受験の真っ最中。
正直、私の合格は取り消しでいいから子供の合格を確約してほしいという気持ちです。

今回、はじめて、登録証を額縁に入れて飾ろうと思っていますが、
それは2週間ほど後に発表される子供の合格の後にします。

そのとき、本当に心からの笑顔なれますように。



qwe12345678901 at 12:06│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

GRID

コメント
トラックバック