総監虫食い(2.人的資源管理)

2006年03月15日

虫食い10

3.1.2★問題★0★@組織形態と組織文化
3.1.2★問題★1★
@組織とは、複数の人間により構成され、個々の能力と■■を集約して、■■を達成するための仕組みである。組織においては、構成員の間で様々な■■や■■が行われており、組織形態とは、組織における■■と■■の体系のことを示し、大筋を決めるためには、■■関係、■■■化、■■関係、■■■■■関係、■■■■■化の5つの要素について、明確に定めることが必要である。代表的な組織形態を以下に示す。
3.1.2★問題★2★@(1)■■別組織:多くの■■企業や■■■■型の大企業などが採用している。■■的な専門毎に組織の構成員を配置した組織であり、組織の基本■■毎に部門を設けている。
3.1.2★問題★3★@(2)■■■制組織:複数の事業を営む企業の多くは、■■■制をとっている。ある事業に関わる構成員を■■から■■部門まで、全て一つの部門にまとめる組織である。

3.1.2★問題★4★@(3)■■■■■■組織:上記二つの組織を併せたような組織である。■■と■■の■■的な組織編制を行うものである。

3.1.2★問題★5★@組織文化は企業■■、組織■■、■■とも呼ばれる、組織の構成員が共有するものの考え方、見方、感じ方などである。■■観、■■、■■規範の3要素からなる。組織形態が■■■とすれば、組織文化は■■■に相当する。

3.1.2★問題★6★@(1)■■タイプ:■■をチャンスとして受け止め、積極的に■■■■■■■を引き起こそうとする。

3.1.2★問題★7★@(2)■■■■■タイプ:■■に柔軟に対応でき、■■■が効く。

3.1.2★問題★8★@(3)■■管理タイプ:■■を■■化し、■■を管理することで■■を図る。

3.1.2★問題★9★@(4)■■タイプ:皆の知恵を集めながら■■制で物事を決めていく。■■した組織であるが、■■への対応が遅れる恐れもある。


3.1.2★解答★0★@組織形態と組織文化
3.1.2★解答★1★@意欲、目標、分業、調整、分業、調整、分業、部門分、権限、伝達・協議、公式ルール
3.1.2★解答★2★@職能、中小、単一事業、職能、職能
3.1.2★解答★3★@事業部、事業部、営業、研究

3.1.2★解答★4★@マトリックス、職能、事業、二元

3.1.2★解答★5★@文化、風土、社風、価値、信念、行動、ハード、ソフト

3.1.2★解答★6★@挑戦、変化、イノベーション

3.1.2★解答★7★@トップ主導、変化、小回り

3.1.2★解答★8★@分権、権限、分権、成果、協働

3.1.2★解答★9★@巨艦、合議、安定、変化



qwe12345678901 at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月14日

虫食い9

3.2.2★問題★0★@労働時間管理
3.2.2★問題★1★
@労働時間管理の基本となるのは、■■■■法や■■■■法であり、以下のように規定されている。
3.2.2★問題★2★@(1)法定労働時間は、週■■時間、1日■時間とする。
3.2.2★問題★3★@(2)使用者が従業員に時間外労働をさせる場合は、労使が■■協定を締結し、■■■■■■■に届けることが義務付けられている。■■協定:■■■■、■■などの制限を使用者に課した■■■■法の第■■の1〜5、第40条の■■時間、第35条の■■に関する規定の例外規定。労働基準法違反の処罰の対象にならない。

3.2.2★問題★4★@(3)時間外労働の場合には、会社は■■%以上の割増賃金を払わなければならない。

3.2.2★問題★5★@(4)使用者は、その雇入れの日から起算して■カ月継続勤務し、全労働日の■割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した■■労働日の有給休暇を与えなければならない。ただし、所定労働日数が週■日以下又は所定労働時間が週■■時間未満の場合は■日以下の■■的日数とする。

3.2.2★問題★6★@子供が■歳に達するまで休業できる■■■■制度を設けなければならない。

3.2.2★問題★7★@労働時間制度の弾力的な運用は、以下に示す3つである。

3.2.2★問題★8★@(1)フレックス・タイム制度:内容は、一般常識。残業手当は、■ヶ月以内を単位として■■■時間を算定し、残業手当を精算する。

3.2.2★問題★9★@(2)■■労働時間制度:1ヶ月または数ヶ月で平均して、■週間当たりの労働時間が■■■労働時間を超えない範囲で、各自の労働時間を決めることができる。

3.2.2★問題★10★@(3)■■■労働時間制度と■■労働制度:全社は■■の協定に基づいて、■■■労働時間を決める。後者は労働者の■■に委ねる必要がある労働について、■■■労働時間を適用する。


3.2.2★解答★0★@労働時間管理
3.2.2★解答★1★@労働基準、育児休業
3.2.2★解答★2★@40、8
3.2.2★解答★3★@三六、労働基準監督署、三六、労働時間、休日、労働基準、35、労働、休日

3.2.2★解答★4★@25

3.2.2★解答★5★@6、8、10、4、30、7、比例

3.2.2★解答★6★@1、育児休業

3.2.2★解答★7★

3.2.2★解答★8★@1、総労働

3.2.2★解答★9★@変形、1、週法定

3.2.2★解答★10★@みなし、裁量、労使、みなし、裁量、みなし



qwe12345678901 at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月07日

虫食い7

3.4.4★問題★0★QCサークルにおける人的資源開発
3.4.4★問題★1★
QCサークル活動とは小集団活動における代表的な活動であり、■■■の職場で働く人々が継続的に■■やサービスなどの■■に対する管理や■■を行う活動である。
3.4.4★問題★2★小集団活動には他に■■運動や■■■■活動などがある。
3.4.4★問題★3★■■啓発、■■啓発を図りながら活動を進める。

3.4.4★問題★4★経営層や管理職層は、この活動を組織の■■改善、■■に寄与させるために、■■育成や■■活性化のための重要な活動と位置づけ、自ら■■■などの全社的活動を実践するとともに、■■性を尊重し■■参加を目指した指導と■■を行う必要がある。

3.4.4★問題★5★QCサークル活動の基本理念は、(1)人間の能力を発揮し、■■の可能性を引き出す。(2)■■性を尊重して、働きがいのある■■■職場をつくる。(3)組織の■■改善・■■に寄与する。

3.4.4★問題★6★QCサークル活動を続けていると次のような問題点も出てきて、課題になっている。(1)■■や■■に偏重した活動となる。(2)■■層の無関心、■■評価が活動を■■させる。(3)■■認識や■■理解のレベルが低下してくる。(4)■■化や■■化が進む。

3.4.4★問題★7★QCサークル活動は■■の人の■■と■■の場である。次のような利点が考えられる。(1)積極的に専門家・管理者の支援を得て技術的・専門的検討を行う活動を展開し、技術革新に対応した■■会や■■を伴う活動も展開する。このような活動により、■■層の知識と■■層の■■の■■、異なる職務の■■■の交流が促進される。

3.4.4★問題★8★業務の一環として展開されるため、■■■■への挑戦、■■や■■プロセスの開発■■■構築などが実施される。


3.4.4★解答★0★QCサークルにおける人的資源開発
3.4.4★解答★1★第一線、製品、品質、改善
3.4.4★解答★2★ZD、改善提案
3.4.4★解答★3★自己、相互

3.4.4★解答★4★体質、発展、人材、職場、TQM、人間、全員、支援

3.4.4★解答★5★無限、人間、明るい、体質、発展

3.4.4★解答★6★成果、発表、経営、過小、停滞、問題、手法、形式、形骸

3.4.4★解答★7★現場、学習、実践、勉強、学習、若年、熟年、経験、融合、スキル

3.4.4★解答★8★重要課題、顧客、業務、モデル



qwe12345678901 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月01日

虫食い4

3.1.1★問題★0★人の行動モデルとインセンティブ
3.1.1★問題★1★マグレガーのX理論は■■説、Y理論は■■説に基づく。
3.1.1★問題★2★インセンティブの種類5つは?
3.1.1★問題★3★マズローの5段階欲求とは?


3.1.1★解答★0★人の行動モデルとインセンティブ
3.1.1★解答★1★性悪、性善
3.1.1★解答★2★物質的、評価的、人的、理念的、自己実現
3.1.1★解答★3★物質的、安定、連帯、周囲からの尊敬、自己実現



qwe12345678901 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

GRID

コメント
トラックバック