キモノの仕事に携わる職人たちが集まって作ったサイト「着物お仕立て&お直し.com」でのお仕事の、ほんの一部をご紹介させていただきます

 http://www.kimono-oshitate-onaoshi.com/

着物には人それぞれの思いが宿っています。
そんな大切な着物のお仕立てやお直しを考える時、「信頼できるところに任せたい!」と思うのは当然です。
私たちは、そんなお客様の立場に立ち、100%ご満足いただけるように心掛けております。

12123001
今日は12月30日、やっと大掃除が終わり、松飾りという簡易型の門松と注連縄(しめなわ)を用意しました。
松飾りは男松(オス)と女松(メス)で1対になっており、葉が短くて細い女松を玄関の右側に飾ります・・・
通常、祭壇などでは右が上座とされており、日本では女性に神を見ていたのかもしれません。
とにかく、女松は向かって右です。
今年も無事に過ごさせて頂いたことに感謝して、新しい年の歳神(としがみ)様に降りてきていただけるように飾り付けをします。
因みに、このような飾りは都会のスーパーでは調達しにくいので、いつも、大阪府泉佐野市にある「泉州こーたり~な」に買いに行きます。 (お野菜も安くて新鮮です)

ko-tari-na    
  Infomation

   泉州こーたり~な
   大阪府泉佐野市松風台 3-1 
   072-458-8770
   http://www.startpage.jp/kotarina/ 



2階の仕事場も大掃除をして、カウンターの上に鏡餅を備えて、歳神(としがみ)様に対する感謝の気持ちをあらわします。
12123002

12123007
ここで、私の仕事場を少しご説明いたします。
まずは、2階仕事場です・・・年末のお仕事を終えてから、隣の和室から洋室に引越しをしました。
家具の移動は簡単だったのですが、照明器具の移動が大変でした。
部屋の奥の黒っぽいのカウンターには、お仕事の資料(書籍、キモノの雛型、衿の型紙、その他の見本)や和裁組合の資料が入っており、カウンターの上には検針器が置いてあります。
12123011
お仕事の資料の中には、このような60年代の冊子などもあります。
こんなのが、意外と参考になったりすることがあります。
12123003
この大きな板は「場板」もしくは「裁ち板」と言い、この板の上で反物を裁断したり、縫っ
たり、アイロンで仕上げをしたりします。
大きさは、長さ 5尺2寸(約2メートル)×幅 2尺(76センチ)×厚み 1寸5分(約6センチ)です・・・大人が乗ってもビクともしません。
Hakama Hidatori
因みに、この場板の幅を2尺(76センチ)にした理由は、袴の襞(ひだ)を畳む時に、袴の端が場板からはみ出ることなく、全体が置けるようにするためです。(写真のは少しだけ、はみ出ています)
男仕立ての場合、【写真上】のように袴の裾を足で押さえて、襞(ひだ)を畳みます。
12123004
場板と座る所は上から見ると、このようになっています。
アイロンのコードは、天井から吊っている伸縮式のリーラーコンセントと繋がっています。
写真の右上に写っているのは、道具箱と糸箱で並べて設置しています。
道具箱の上には、色鉛筆、霧吹き用のエアブラシ+コンプッレッサー・・・糸箱の上には、お仕事の友=ラジオが置いてあります。
12123005
道具箱と糸箱の中身は、こんな物が入っています。
これら以外にも色々な道具があります・・・ちょっとした、シミ抜きに使う道具も入って
います。

137d4cba-s
アイロンのコードは意外と邪魔になるので、このように天井から電源を取って、取り回しを良くしています・・・2系統の電源が取れて、長さは伸縮するので、とても便利です。
12123009
1階の事務をする所です。
此処で、お客様からのお問合せメールのやり取りをしたり、商品発送手続き、ホームページの編集等を行っています。
 
【すがすがしいお正月を】 
お正月を迎える儀式や作法は、こだわり始めればいろいろあります。
しかし、すべてを堅苦しく、正式な方法で実行する必要はありません・・・大切なのは、形より心です。
とはいっても、松飾りなどの伝統的なおこないを継承することで、日本古来の考え方を知り、すがすがしい新年を迎えることができれば、それは幸せなことです。
新年の皆さまのご多幸をお祈りいたします。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット