2014年09月01日

明慧日本2014年8月28日】カナダの法輪大法修煉体験交流会が23日、トロント大学で開催された。1000人以上の学習者が参加し、24人の中国人と西洋人が、法をしっかり学び、内に向けて探し、慈悲を持って人々を救う体験を発表した。

2014-8-24-minghui-canada-fahui-01

ステージには師父の肖像と法輪図形が飾られ、法輪図形の下には「佛法は無辺であり、法輪は常に回転する」と書かれた。

2014-8-24-minghui-canada-fahui-02

2014-8-24-minghui-canada-fahui-03

交流会で修煉体験を発表する学習者

 修煉体験の発表では、観光地で迫害の事実を人々に伝えた張さん、リタさん。中国に正義の電話をかけ迫害を制止したペイさん、劉さん。神韻公演のチケットの販売促進に貢献したクリスさん。メディアのレイアウトを担当した季さん。それぞれ困難を克服し、修煉の中で執着心を取り除き、正念を持って人々を救った経験を分かち合った。

 交流会は午後6時25分、成功裏に終了した。

(中国語)

qxbbs at 09:32コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース 
明慧日本2014年8月28日】スロバキアの法輪功学習者たちは先月21〜26日、反迫害15周年を記念し、スロバキアの都市を巡回して人々に法輪功が迫害されている真相を伝え、署名活動を行った。

2014-7-29-minghui-falun-gong-slovakia-01

首都ブラチスラバで、法輪功の資料を読む人々

2014-7-29-minghui-falun-gong-slovakia-02

ルジョンベロクで、反迫害を支持して署名する人々

2014-7-29-minghui-falun-gong-slovakia-03

ポプラトで、学習者から法輪功に対する迫害の実情を聞く人々

2014-7-29-minghui-falun-gong-slovakia-04

ポプラトで、反迫害を支持して署名する人々

 巡回イベントは先月21日、首都ブラチスラバのフヴイエズドスラボボ広場でスタートした。多くの観光客は足を止め、法輪功への迫害の実情を聞き、反迫害の請願書に署名した。観光客の中には、中国から来た人も大勢おり、中には資料を要求する人もいた。

 22日、学習者たちは北西部のジリナを訪れた。小雨が降っていたが、通行人は煉功している法輪功学習者を見て、次から次へと足を止めて見学し、中には法輪功を学びたいと言う人もいた。現地のメディアの記者も取材に訪れた。

 中部の都市ルジョムベロクとプレショフの中心地で、五式の功法を実演した他、学習者たちは人々に折り紙の蓮の花の折り方を教え、とても好評だった。ルジョムベロクでは多くの人が、自国が共産主義政権だった時のことを覚えており、中国共産党の法輪功に対する迫害の実態を理解しやすく、人々は迫害に反対して次々と請願書に署名した。

 最後に、山岳地帯の東部にある小さな都市ポプラトを訪れた。現地の新聞が事前にイベントを告知していたため、学習者が到着した時、1人の男性がすでに待っており、多くの迫害の事実を知りたいと期待していた。イベントは半日だけだったが、多くの地元住民や観光客が迫害に反対して請願書に署名した。

 ある老夫婦が署名して離れる際、学習者たちに言った。「あなた方が人々を助けていることに感謝します。ありがとうございます。私はこのような活動をしているすべての方々に感謝します」

(中国語)
(English)

qxbbs at 09:21コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース 
明慧日本2014年8月29日】山東省徳州市の法輪功学習者・李志強さんの案件は今年6月25日頃、徳城区裁判所に出され、李さんは不当裁判に直面している。

 今年1月9日の昼ごろ、徳城区公安支局国保大隊(法輪功迫害の実行機関)の警官らは李さんと友達が経営している店舗に侵入し、店舗を差し押さえたうえ、李さんを徳州留置場まで連行した。当日午後、20数人の警官が李さんの自宅、地下室に押し入り、家財を押収した。

 警官らは証拠をねつ造したが、徳城区検察庁に証拠不足と判断され、案件を却下された。李さんは39日間拘束されてから解放された。しかし、国保大隊の警官はあきらめず、没収した部品から法輪功の関連情報を探し出し、さらなる迫害を加えようとしている。

 3月13日、李さんは生活を維持するため、自営の店舗を開いた。しかし、国保大隊の警官が突然訪ねて来て、李さんを派出所まで誘導し、そこで李さんを連行した。その結果、店舗はやむ得ず閉店してしまい、李さんと家族に大きな経済の損失をもたらした。現在、李さんは徳州留置場に半年近く拘禁されている。

(注:法輪功学習者を迫害している主要な責任者らの情報は、中国語のページを参照)

(中国語)

qxbbs at 09:15コメント(0)トラックバック(0)明慧人権 
明慧日本2014年8月29日】遼寧省瀋陽市の法輪功学習者・範学軍さん(35歳男性)は遼陽カ子刑務所に迫害され死亡した。死因はずっと隠されていたが、最近になってやっと範さんの親戚が、範さんは臓器を摘出され殺されたと話した。当時、遺体確認の時にすでに家族みんなは気付いていた。しかし、中国共産党の圧力の下、さらに当時は臓器狩りがまだ国際社会に知られていなかったため、これらを暴く勇気もなく、いわゆる示談を選択したという。

 範さんは、瀋陽商業城に属しているホテルで菓子職人として働いていた。1995年に法輪功を修煉し始めてから心身共に効果を実感した。会社では努力して仕事し、親切かつ善良でみんなに信用された。ある日、同じホテルで働いている若い男性の父親が、病気で家に帰ろうとしたが旅費がなくて困っていたところ、範さんから300元をもらって無事に帰れたという。

 1999年、共産党が法輪功を迫害し始め、北京へ陳情に行った範さんは瀋陽市第5留置場、瀋陽市龍山教養所などに拘禁され洗脳された。そして、仕事までも失った。

 範さんは2001年7月に再び逮捕され、懲役7年の判決を下され、遼陽カ子刑務所に拘禁された。2004年9月12日、範さんは迫害により死亡した。目撃者の情報によると、遺体は頭が凹んでいて、腰部に穴が開いていた。足にも切られた跡があって、解剖されたという。

 刑務所は情報を封鎖するため、2004年9月から範さんの家族にすべての法輪功学習者と接触させず、外部には範さんが自殺したと言いふらし、同時に情報が洩れないように他の法輪功学習者も厳しく監視した。

 遼陽カ子刑務所ではすべての法輪功学習者が三監区に拘禁され、迫害を受けている。中には小号(迫害の一種)、禁閉室(密封部屋に閉じ込まれる迫害の一種)が設置されている。法輪功学習者は常に警官らに指図された受刑者に殴られ、体罰、スタンガンで電気ショックを加えられるなどの迫害を受けた。範さんは数人分の仕事量を働かされ、多くの苦しみに耐えていた。

 範さんはすでに亡くなって10年経ったが、圧力に恐れていた人々はずっと範さんの死の真相を黙っていた。

(中国語)
(English)

qxbbs at 09:13コメント(0)トラックバック(0)明慧人権 

2014年08月22日

明慧日本2014年8月15日】フィンランド北部の法輪功学習者は先月19日、ロバニエミ市の中心部で、法輪功の反迫害15周年を記念するイベントを開催した。学習者たちは市民に、中国共産党の法輪功学習者に対する生体臓器狩りの実情を伝え、直ちに残酷な迫害を制止するよう呼びかけた。

2014-7-20-minghui-falun-gong-finland-01

中国共産党の法輪功に対する迫害を制止するため、市民から署名を募る

2014-7-20-minghui-falun-gong-finland-02


2014-7-20-minghui-falun-gong-finland-03

近くに住むある母娘は、学習者から話を聞き、たいへん心を痛めて「中国についてこれまでずっと関心を持っていなかったので、中国の状況をあまり知らなかった。ただ、私は中国がとても大きな国だと知っているだけで、こんなに酷い人権侵害があるとは知らなかった」と述べた。

 彼女たちは話を聞き終わると涙を流し、学習者を抱きしめると「私はとても申しわけない気持ちです。何ものにも負けることなく、人々にずっと真相を伝え続けて下さい」と言った。
 こちらの母娘は署名して泣きながら立ち去り、30分程過ぎて戻ってくると「私はとっても興奮しています! どうして法輪功という三文字が目にとまったのでしょう? でもこれは、私がずっと探しているものだと感じました!」と言った。そして「私は法輪功を勉強したい!」と言うと、自分の電話番号を学習者に伝えた。

 そして、彼女は「私達に何かできる事はありませんか? 私はこの写真(残虐な拷問、生体臓器狩り)を見るとすぐに、胸が締め付けられるようにつらくなり、涙が出て止まりません。もしもこれを見た人、一人一人が目覚め、心動かされて、このことを人に伝えれば、この迫害は終わるのだと信じます」と言った。帰る前に彼女は何度も「今日知った法輪功の事をすべての知人に教えます」と言った。
 土曜日の大通りは、学習者たちのイベントが終わるまで、迫害停止の訴えを支持する人、署名をする人が絶え間なく行き来していた。

(中国語)

qxbbs at 06:56コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース 
明慧日本2014年8月12日】「中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)」委員長のシェロッド・ブラウン氏(民主党上院議員)とCECC共同委員長のクリス・スミス氏(共和党下院議員)は、先月21日に共同で声明を発表し、中国政府に対して法輪功学習者への迫害を停止するよう求めた。

2014-07-23-CECC_1

CECCの公式ウェブサイトに掲載された声明文

 ブラウン議員は「法輪功に対する中共の迫害は15年にも及び、現代史において、最も悪辣な迫害の1つである。法輪功学習者は、自分の信仰を実践しただけで、不法に拘禁、拷問、虐待を受けており、中には死亡した者もいる」と語った。

 スミス議員は「法輪功学習者に対する中共の一連の拷問や法輪功を消滅しようとする企みは、中国の歴史上最大の恥辱となる。法輪功学習者に対して、拘禁、拷問、薬物での精神破壊、生体臓器狩りなどの犯罪行為に対して、必ず責任を負うべきだ」と語った。

 また、スミス議員は「これらはすべて深刻な人権侵害で、国際社会の厳しい非難を受けている。我々は公の場で、正々堂々とそれらを述べるべきである。15年にもわたる法輪功への迫害は何としても終わらせなければならない」と訴えた。

 2000年に発足した中国問題執行委員会(CECC)は主に、中国の人権や法治を監督し、毎年、大統領や議会に年度報告書を提出している。

(中国語)
(English)

qxbbs at 06:49コメント(0)トラックバック(0)人権ニュース 
明慧日本2014年8月20日】山東省高密市の法輪功学習者・王致利さん(30代)は重度の身体障害者である。4月4日午後5時頃、王さんは外出して帰宅したとき、市公安局国保大隊(法輪功迫害の実行機関)と姜庄派出所の警官十数人に連行され、家財を没収された。

 その翌日、王さんは解放されたが、家財は返却されなかった。

 王さんは両親を亡くし、現在1人で暮らしている。1997年、仕事中に王さんはシアン化学物で中毒になってしまい、医者に「中毒性脳症」と診断され、約2年間入院した。入院したとき、王さんは言葉を一から習い、一から歩くことを練習し、とても辛い日々を過ごした。医者は若くて悪運に遭った王さんを立ち直らせようと思い、王さんを連れて北京に行き、専門家立会い診察をしてもらったが、より良い治療法を探すことはできなかった。その間、王さんの身体が徐々に弱くなり、よく風邪をひき、薬を飲んだり注射をしたりして、尿失禁になり、耐えられない背中の痒みもあって、非常に苦しんでいた。

 王さんの両親は青春で生き生きするはずの息子がこんなに苦痛を受けて苦しんでいる姿を見て、力になれず涙ばかり流していた。治療しても効果がなく、両親は王さんを連れて帰宅し、休養することを決めた。その後、関連部門が王さんを2級の身体障害者と認定した。

 帰宅した王さんの母親は、法輪功を学べば健康を回復できると聞き、王さんに法輪功を学ぶことを勧めた。そして、王さんは法輪功を学んでから、風邪をひかなくなり、尿失禁が改善され、背中の痒みも消え、大きな効果が現れた。その後、王さんは薬を飲まなくても元気でいられた。

 2005年、王さんの母親は死亡した。2010年、王さんの父親は白血病になり、王さんは父親の治療のため、貯金を使いきった。2012年に父親も亡くなった。

 しかし、今年4月4日、警官は王さんの自宅を家宅捜索し、パソコン2台、プリンタ4台、衛星アンテナ、現金9250元などを没収した。

 その後、姜庄派出所に連行された王さんは尋問を受けた。尋問のとき、警官は「私は法律に従って、仕事しているだけだ」と言ったが、王さんは「法律に従うなら、なぜ、捜査令状も持っていないのに、家を捜索したのですか」と反問した。

 その後、解放された王さんは何度も派出所へ行き、没収された現金や財物の返却を求めたが、警官に手錠をかけられて鉄椅子に座らされ、「お前が今後、来る度に手錠をかけてやる」と脅迫されたという。

2006-3-4-msj-kuxin-65

拷問の再現:鉄の椅子に座らされる

 (注:法輪功学習者を迫害している主要な責任者らの情報は、中国語のページを参照)

(中国語)

qxbbs at 06:41コメント(0)トラックバック(0)明慧人権 
明慧日本2014年8月19日】重慶市の法輪功学習者・王愛華さん、田其美さん、張献碧さんは6月1日、酉陽(ゆうよう)県で法輪功の資料を配っていた時、中国共産党による法輪功の誹謗中傷宣伝を信じている人に通報され、警官らにより同県桃花源(とうかげん)派出所まで連行された。

 6月9日午後、警官らは王さんの自宅に不法に侵入し、パソコンやプリンタ、法輪功の書籍、家財などを没収した。6月19日、田さんの家族に同県公安局から田さんの刑事拘留通知書が届き、田さんが酉陽留置場に拘禁されていることを知った。王さんと張さんも同留置場に拘禁されているという。

 今月13日、王さんの家族は依頼した弁護士と一緒に留置場へ行き、王さんとの面会を要求した。留置場側は「公安局国保大隊・隊長の許可が必要だ」と言ったため、弁護士は国保大隊(法輪功迫害の実行機関)に向かった。しかし、国保大隊の関係者は弁護士を困らせたり、侮辱したりして、隊長に会わせないようにした。そのため、弁護士は検察庁に国保大隊の不法行為を告訴した。

 (注:法輪功学習者を迫害している主要な責任者らの情報は、中国語のページを参照)

(中国語)

qxbbs at 06:38コメント(0)トラックバック(0)明慧人権 

2014年08月01日

明慧日本2014年7月29日】中国共産党政治局常務委員・前中央宣伝部部長で、法輪功迫害を行っている610弁公室の主要な構成員でもある劉雲山は、2014年6月15日〜17日にかけてアイルランドを訪問した。これは今回のヨーロッパ4カ国訪問の中で第3国目である。劉雲山はその前に訪問したフィンランドで、法輪功修煉者から全行程にわたる抗議活動を受けた。

 前国家主席・江沢民が命令を下し、法輪功を迫害し始めてから、劉雲山は中国共産党と江氏集団の迫害の政策に積極的に協力して、数多くの法輪功修煉者が迫害され死に至った。いわゆる「610弁公室」は江沢民が1999年6月10日に法輪功を迫害するため、専門的に成立した組織で、ナチスのゲシュタポに類似する。「法輪功迫害を追跡調査する国際組織」(略称:追査国際)も2014年6月11日にレポートを発表し、江沢民に追随し、法輪功迫害を主導する劉雲山に対して引き続き追及することを宣言した。

2014-6-20-minghui-ireland-protest-01

2014-6-20-minghui-ireland-protest-02

劉雲山が見学するIDA(アイルランド工業発展機関)の外で「劉雲山を法律に従って処罰する」、「法輪大法は素晴らしい」などの横断幕を掲げる法輪功修煉者

 6月16日午前11時、劉雲山の一行はアイルランド工業発展機関(IDA)を訪問した。法輪功修煉者は早朝から、IDAの玄関前の大通りで待機し、「法輪大法は素晴らしい」、「劉雲山を法律に従って処罰する」と書かれた大型の横断幕を掲げ、抗議活動を行った。

 朝早くから散歩をしていたエーモン・フィングルトン氏は横断幕を見て、なぜここで抗議をしているのか、劉雲山はどのように迫害に加担したのか、中国共産党から脅迫を受けているかなどを、法輪功修煉者に詳しく質問した。フィングルトン氏は法輪功修煉者の抗議が終わるまで待った後、抗議活動に対してとても深い印象を受けたと示した。フィングルトン氏はアイルランドのジャーナリストで、かつて『フィナンシャル・タイムズ』と『フォーブス』の金融部門の編集を担当していた。中国経済を分析した著作『巨龍・中国がアメリカを喰らう―欧米を欺く「日本式繁栄システム」の再来』の著者でもある。

 IDAを離れた時、劉雲山の一行は車で正門から出たが、劉雲山は抗議を避けるため、IDAビル後ろの通路から立ち去った。

2014-6-20-minghui-ireland-protest-03

パワーズコート・ハウス&ガーデンズの入り口で横断幕を掲げる法輪功修煉者

 16日午後、劉雲山らは有名な観光地パワーズコート・ハウス&ガーデンを訪れた。法輪功修煉者は再び、パワーズコート・ハウス入口の芝生の上で横断幕を掲げた。

 パワーズコート・ハウスの中で、法輪功修煉者は警官に「手紙を劉雲山本人に渡したいのですが、お願いできますか?」と頼んだ。警官は「恐らく本人に渡すのは難しいですが、彼の部下に渡すことができます」と答えた。法輪功修煉者は「それでも良いです」と言って、手紙を警官に渡した。アイルランドの法輪功修煉者が警官に渡して貰ったのは、追査国際の劉雲山に対する追及レポートと人権法律基金会(HumanRights LawFoundation)の公開状だ。

 劉雲山の随行員はみな緊張して、中国人を見るととても警戒した様子だった。劉雲山と彼のお供をするアイルランド観光局の最高責任者ニール・ギブソン氏とその随行員がパワーズコート・ハウス&ガーデンに入った後、2人の法輪功修煉者が劉雲山の目の前で「劉雲山を法律に従って処罰する」、「法輪大法は素晴らしい」、「法輪功に対する迫害を停止する」と大声で呼びかけた。パワーズコート・ハウス&ガーデンにはその時、ほとんど観光客がおらず、見学者は劉雲山らしかいなかったため、法輪功修煉者の叫び声は直接劉雲山に届いていた。

2014-6-20-minghui-ireland-protest-04

外務省ビルの向かい側で横断幕を掲げる法輪功修煉者

 その後、劉雲山らはアイルランド外務省に移動した。彼らは抗議を避けるため正門からではなく、裏門から車で入ろうとしたが、既に法輪功修煉者はそこで待機しており、ちょうど劉雲山の車隊に出くわした。裏門は車道が狭く、劉の車隊はそこでしばらく動けなくなった。車外には法輪功修煉者がよく響く声で「法輪大法は素晴らしい」、「劉雲山を法律に従って処罰する」と叫んだため、車中の劉雲山と随行者はばつが悪そうだった。またその際、道の両側に立っていたアイルランドの警官は無言で微笑んでいた。

2014-6-20-minghui-ireland-protest-05

中国側の随行者が外務省ビル2階の窓から、法輪功修煉者の抗議を見る様子

 その後、法輪功修煉者は外務省ビルの向かい側の歩道で、横断幕と中国共産党の法輪功迫害を伝える展示物を並べた。その時はちょうど交通のピークで、歩行者は続々と法輪功修煉者から劉雲山に関する「追査国際」の国際レポートを受け取った。法輪功修煉者はマイクでレポートを読み上げると、外務省ビル2階の窓やビルの入口から、中国側の随行者は皆、道路の向かい側で抗議する法輪功修煉者と横断幕を見ていた。

 劉雲山らは法輪功修煉者の抗議を非常に恐れており、アイルランド警察に法輪功修煉者を遮るよう求めたが、大多数のアイルランド警官は公正な立場で、できるだけ法輪功修煉者に便利を提供するようにしていた。

 法輪功修煉者が外務省ビルの外で抗議している時、あるアイルランドの警官が法輪功に対して興味を持ち、修煉者と世間話を始め、多くの問題を尋ねた。

 彼は法輪功修煉者に、この人(劉雲山)は本当に宣伝部長なのですか? 宣伝省という機関がナチスドイツ時代にあったと知っていますか? 西洋人は「宣伝」と聞くとナチスドイツとヒトラーを連想しますよ、と質問した。そして、彼は「今日帰る時に同僚達と笑い合いました。彼らは皆大笑いしていました」と語った。(訳注:現代にまだプロパガンダ専門の機関を持つ国があることが可笑しいという考え)

 外務省訪問が終わった後、劉一行は車でボールズブリッジのフォーシーズンズホテルへ向かった。法輪功修煉者は再びフォーシーズンズホテルの向かい側の歩道で待機し、そのまま、翌日の午前まで抗議を続けた。多くの運転手はクラクションを鳴らして法輪功修煉者に挨拶し、また多くのアイルランド人が抗議風景を撮影しインターネットにアップロードした。

 ホテルの玄関前で、あるアイルランドの警官は法輪功修煉者と雑談をして、法輪功修煉者が平和的だとはっきり分かっていると示した。ある修煉者は彼に、中国共産党が法輪功を迫害する情況を幾つか説明した。警官が「あなた達は国内で抗議することができますか?」と質問すると、法輪功修煉者は「できません。抗議すればすぐに捕まえられてしまいます」と答えた。すると警官は「しかし、あなた達はここで抗議する権利があります!」と言った。法輪功修煉者は彼に、「国家の指導者が横断幕を見るのをこれほど怖がっているなんて、理性を失ってますね」と言うと、警官は「彼らは真相を恐れているのです」と言った。

2014-6-20-minghui-ireland-protest-06

アイルランド総理府の外で横断幕を掲げる法輪功修煉者

 6月17日の昼頃、劉雲山らはアイルランド総理府を訪れ、ケニー首相と会談をした。総理府に入る時、法輪功修煉者は再び「劉雲山を法律に従って処罰する」などの横断幕を掲げ、抗議をした。法輪功修煉者が暑さの中で抗議を行う様子は、通行人だけでなく、メディアの関心も引いた。

2014-6-20-minghui-ireland-protest-07

メディアが抗議する法輪功修煉者を撮影する様子

 アイルランド新聞協会(PressAssociation、略称PA)の ブレイン氏(Brian Lawless)は、抗議する法輪功修煉者を撮影し、記者会見の原稿を求めた。PAはアイルランドの国家新聞社で、145年の歴史がある。

 劉雲山は6月10日からヨーロッパ四カ国(デンマーク、フィンランド、アイルランドとポルトガル)を訪問した。劉の訪問日程は非公開で、中国共産党メディアは劉が訪問を終えた後に報道する。しかし、劉雲山はフィンランドとアイルランドの訪問期間中、全行程で法輪功修煉者からの抗議を受けた。

 劉雲山がヨーロッパ四カ国を訪問するに際し、追査国際は特にレポートを発表した。レポートによると、悪名高い「610弁公室」が創立された当初から、劉雲山は主要な成員であり、同時に2002年〜2012年にかけて中央宣伝部の部長を担当した。この期間、劉はマスコミを利用して、法輪功に対して全力で中傷を行い、中国共産党による法輪功迫害は頂点を極めた。多くの法輪功修煉者が迫害され死に至り、更に地球上でかつてない罪悪――法輪功修煉者への生体臓器狩りおよび臓器売買が行われた。

 劉雲山に関する追査国際のレポートは最後に「ここで、我々は法輪功迫害に参与した全ての人々に警告する。法輪功迫害はジェノサイドであり、反人類の罪である。ナチスが戦後裁かれたのと同様に、命令を受けて実行したという口実は免罪の理由にはならず、全ての参与者は必ず責任を引き受けなければならない。自ら罪を認め、他の参与者の罪悪を告発することで罪の埋め合わせをするよう努力することが、唯一の道である」と結んだ。

(中国語)
(English)

qxbbs at 08:33コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース 
オンラインは読書する


Archives
Links




QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ