2016年08月30日

明慧日本2016年8月29日】ルーマニアの法輪功学習者たちは、社会の各階層から来ており、商売人、歯科医師、駅のチケット販売員、教師、大学生、定年退職者など様々で、彼らは皆法輪功への信仰を持った人ちたである。

 法輪功学習者たちは普段各自の職場で働き、土曜と日曜に「真・善・忍」と書いた黄色のTシャツを着て、ルーマニア各地の公園へ行き、通行人や観光客に法輪功を紹介し、迫害の真相資料を配った。そして残酷な迫害停止を呼びかけるための署名を集めながら、法輪功が不当に迫害されている真相を人々に伝えた。

2016-8-6-falun-gong-romania-01

ルーマニアの中国領事館前で、手に手に迫害で亡くなった学習者の遺影を持ち、迫害停止を呼びかける法輪功学習者たち

 7月20日、法輪功学習者はルーマニアの中国領事館前で「法輪功への迫害がはじまって17周年」の旗を掲げ、迫害停止を呼びかける活動を行った。7月の週末ごとに、各地の公園で法輪功への残忍な迫害の真相を伝え、活動を行った。

 7月30日、法輪功学習者は首都近くの町、タルゴビステのミツロポリエ公園、チニディア公園で、迫害停止を呼びかける署名活動を行った。

2016-8-6-falun-gong-romania-02

法輪功学習者がタルゴビステ市の公園内で、迫害停止を呼びかけ、署名を集めた

2016-8-6-falun-gong-romania-03

各公園内での署名活動の中、迫害停止を支持する3人の警察官たちも署名

 豪雨の後の公園は空気がとても澄み切っていた。法輪功学習者が真相の横断幕と迫害停止を呼びかけるパネルや、署名用のテーブルを整え終えると、公園を通る人々が急に多くなってきた。

 ルーマニアの市民は、非常に善良な人たちばかりだ。中国の法輪功学習者が、市民に迫害の真相を伝えた後「署名のご協力をお願いできますか」と呼びかけると、通行人はテーブルの前に次々と署名にやって来た。以前、法輪功学習者がここに来たことがなかったので、多くの人々はまるでこの機会を待っていたかのように見えた。

2016-8-6-falun-gong-romania-04

ルーマニアの各地の公園で署名活動をすると、多くの市民は迫害停止を支持し、署名に応じた

2016-8-6-falun-gong-romania-05

清々しい気持ちの良い公園内で、法輪功の第四功法を習っているルーマニア市民

 また多くの通行人は資料を受け取り、法輪功学習者に対する残忍な迫害の真相を知った後、署名用紙に丁寧な字で署名した。他に、忙しそうな人たちは迫害の真相資料を受けとった後「ネットで署名する」と言った。それだけではなく「家族と友達にもこのことを知らせ、署名させる」と言った。

 ある人は署名した後、法輪功学習者に「また来ますか」と聞いた。ある市民は署名をする際に「21世紀の現代に、このような残酷な迫害事件があったことを聞いて、驚きの極まりだ」といった。多くの市民は「法輪功学習者を支持します。迫害停止を呼びかける活動が成功しますように祈っています」といった。

(中国語)

qxbbs at 11:55コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月29日

文/中国・吉林省の大法弟子

 【明慧日本2016年8月25日】私は農村の中学校教師です。結婚してから夫婦間や姑とのトラブルが相次ぎました。そのうえ乳腺炎を患い、専門医を訪ねたこともあります。私の伯父夫婦と母は法輪大法を修煉しています。修煉前の彼らは多くの病気を患っていましたが、修煉してすべての病気から解放されました。伯母は私に危険に遭遇したとき「法輪大法は素晴らしい! 真善忍は素晴らしい!」と念じるように教えてくれました。

 ある日、専門医に診察してもらうため病院で順番待ちをしていました。前に並んでいた患者の殆どが、乳腺癌と診断されたと聞き、私は緊張しました。そのとき、伯母の言葉を思い出しました。私は目をつぶって「法輪大法は素晴らしい! 真善忍は素晴らしい!」と誠意を込めて数回心の中で念じ「これを無事に乗り越えたら、私も母と一緒に法輪大法を学ぼう」と思いました。検査の後、医者は「問題ない」と言いました。私は自ら法輪大法の良さを経験したので、半信半疑だった大法を堅く信じるようになりました。

 しばらくしてから、父が突然世を去りました。一家は悲しみに包まれました。伯母はうちの家に来て、1カ月半ほど母のそばにいました。彼女たちは毎晩法輪功を煉るので、私も一緒に動作を学びました。しかし『轉法輪』を一度も読みませんでした。

 2013年、今までよくなかった姑との関係が、ある事件をきっかけにさらに悪化しました。義理の妹が大学を卒業後、仕事に就き、結婚することになりました。相手の男性は家計が貧しかったため、姑はこっそりと娘夫婦のために家を用意しました。私はこのことを知り、憤慨し夜眠れなくなりました。「私の結婚祝いに出された金額と娘を嫁に行かせる金額には、雲泥の差がある。家を用意しただけでなく、さらに30万元も娘に渡して、金の出し方があまりにも極端だ。私が家を買おうとしたとき、なぜあんなに出し渋ったのか? 以前、姑から5千元借りたことがあったが、1年も経たないうちに家族揃って、返済を求めに来たではないか? それに、私の息子に1円でも使ったことがあるのか?」などと思い起こし、悶々として眠れませんでした。

 さまざまな不平不満で私は心のバランスを崩し、心臓に問題を引き起こし、乳腺房増殖症も悪化しました。その時、私は伯父さんから借りてきた『轉法輪』を思い出しました。一講一講と読んでいくうちに、私は涙を流しました。「なぜもっと早くこの本を読まなかったのか」と後悔しました。本を読むことで苦痛から解放され、今まで知りたくても答えが得られなかった多くの疑問が、師父の教えによって解明されました。こんな良い本を家に置きながら、私はなぜ大切にしなかったのでしょうか?

 私は半年かけて師父の説法を一通り読みました。その後、私は師父と大法を堅く信じ、2年間の修煉の間まったく薬を飲まず、心臓病が治り、乳腺房増殖症も治って、背中の痛みも消えました。

 考えてみれば、今まで夫の家族から受けた苦痛は全部良いことでした。それがなければ私は大法修煉を始めませんでした。法理から分かったのですが、世の中には偶然なことはなく、すべてにおいて因縁関係があります。心を楽に持つようになってから、家庭も睦まじくなって、姑の家族との関係も改善されました。

 中国共産邪党の毒害を受けた夫は、私の修煉に賛成せず「法輪功以外なら、何を信じても構わない。向かいのお婆さんと一緒にキリスト教を信じたらどうだ? 中国共産党がダメと言っているから、あなたもやめなさい。迫害を受けている人が大勢いるじゃないか。名誉が回復されてから信じたらどうだ?」と言いました。私は「法輪功は人々を救い『真・善・忍』に従い良い人になるように指導してくれる正法です。それなら、法輪功に迫害を加えるのはどんな人だと思いますか? 逆に考えればすぐ分かるでしょう。テレビ放送は全部嘘偽りで、メディアが政府当局に操られているだけです」と言いました。夫が反対すればするほど、私は大法をますます堅く信じるようになりました。昼間、夫は仕事で忙しく、夜になると麻雀に没頭し、滅多に家にいません。師父のご加護の下で、不思議にも、私はこのような自由な環境の中で、今日まで修煉の道を歩んできました。

 息子は中学校2年生で、私の修煉の全過程を知っており、支持してくれていました。偶然の機会に、息子はある同修と連絡が取れて、明慧放送の入るラジオをもらってきて、毎晩放送を聞き始めました。息子が夏休みや冬休みに入ると、母と息子と私の3人で学法グループを形成し、一緒に学法しました。そのおかげで、勉学を怠けていた息子は、勉学にも励むようになりました。

 二十年前に養子として他人に預けた伯父の末娘が、紅斑性狼瘡を患い完治が難しいと医者から言われたそうです。伯母さんは「一緒に暮らしていなかったものの、大法弟子の家庭で生まれた彼女は、きっと大法との縁がある」と言って、私に彼女の三退を依頼しました。末娘が中国共産主義青年団から脱退した後、奇跡的に健康を回復しました。彼女は私が三退を行った第1番目の人です。私はふたたび大法による奇跡を見ました。それから、私は親戚や同僚に三退を勧め始めました。重病を患った2人の同僚は、三退してから随分健康になりました。修煉を始めて2年余りで、私は計十数人の三退を行いました。私は修煉においてまだまだ遅れているし、さらなる努力が必要だと実感しています。

 教師として多くの本と接してきましたが『轉法輪』が唯一、私の心を動かした本です。人生とは本来一つの謎ですが、『轉法輪』がその謎を解き明かしてくださいました。道徳が著しく退廃した今日において、法輪大法は人々の心を浄化し、道徳水準を高め、人々に魂の落ち着き先を与えてくださいました。師父に済度されたことを感謝致します。

(中国語)

qxbbs at 10:22コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月28日

明慧日本2016年8月26日】ドイツの有名な観光地・ティティゼー湖で今月13日、法輪功学習者は「中国共産党による生体臓器狩りを制止しよう」というテーマで署名活動を行った。

2016-8-14-titisee-205438-0
2016-8-14-titisee-205438-1
2016-8-14-titisee-205438-2
2016-8-14-titisee-205438-3

ドイツ・ティティゼー湖での署名活動

 ベルギーからやってきた女性・シデリスさんは「現代社会で、こんなことがあっては人類の恥ですね」と言って署名した。

2016-8-14-titisee-205438-4

真相を聞くフランスの観光客

 ちょうどヨーロッパのゴールデンウィークで、各国からの観光客が大勢いた。

2016-8-14-titisee-205438-5

署名する観光客

 娘2人を連れてきたホフマンさんは署名後、娘に「他人の心臓、肝臓、肺を奪って移植に使うことに同意するか?」と聞いた。娘は頭を振った。「それなら署名しましょう」とホフマンさんは娘に勧めた。娘2人は署名した。

 Schneideさんは初めて真相を聞いたが署名した。

 ドイツで肝臓移植を受けたことのある男性は「生体臓器狩りは恐ろしい。頑張ってください」と言って学習者を励ました。

 ある黒人男性は「一部の中国人がチラシを受け取らないことに気づいた。真相は人を目覚めさせるのに、本当にアホですね」と言った。

2016-8-14-titisee-205438-6

ベトナム人留学生が真相を聞き、署名した

2016-8-14-titisee-205438-7

横断幕の前を通過する中国人観光客

 当日、100人くらいの中国人観光客がいただろう。法輪功学習者のブースを通過する時、足元を加速したり、回避したりする人が多くいた。遠方からブースを眺めて議論し、撮影したり、録画したりした。一部の人は学習者と話して、真相を知った後三退した。

(中国語)

qxbbs at 08:18コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月27日

明慧日本2016年8月25日】法輪大法研究会の元義務責任者・王治文さんが娘と一緒に出国することを中国共産党に妨害されたことについて、国際社会で強烈な関心を集めた。今月12日、カナダバンクーバーの法輪功学習者は中国領事館の前で抗議をし、王さんに自由を返し、改めて彼にパスポートを交付して、王さんが米国で家族と集うことができるように呼びかけた。

2016-8-14-vancouver_01
2016-8-14-vancouver_02

中国領事館の前で、王治文さんに自由を返すよう呼びかけているバンクーバーの法輪功学習者

 バンクーバーの法輪功学習者は中国領事館の前で「王治文さんと家族が集まり会う権利を与える!」、「法輪大法は素晴らしい!」、「法輪功を迫害することを停止する!」、「元凶の江沢民を法律に従って処罰する!」などの横断幕を掲げた。往来する車は度々クラクションを鳴らして声援した。

 バンクーバーの法輪功学習者・張素さんは「私達は今日中国領事館の前に来て、広州空港で王治文さんの出国を妨害した中国共産党当局に抗議し、このような違法行為を厳しく非難します。私達は彼が自由に米国を訪れて家族と集うことができるように改めて王治文さんにパスポートを交付するように中国共産党当局に強く求めます」と言った。

 法輪功学習者の張さんは「私は1998年に王治文さんを知りました。その時、私達は彼の家に行って彼は修煉上の幾つかの認識を交流してくれました。彼はとても温和で善良で、とても親切で、修煉が更に向上できるように、よく他の人を助けました。彼の現在の状況が分かり、私達は関連部門に彼が正常な生活を保つことができるよう強く呼びかけます」と言った。

 バンクーバーの有名なブロガーのデニス・ワトソン氏もうわさを聞いてやって来てバンクーバーの法輪功学習者の抗議活動に参加した。ワトソン氏は中国領事館の大きな玄関の前で、絶えず現地の太鼓をたたいて抗議を示した。彼は「今人々はすべて中国で起きている法輪功に対する迫害を知っていると思うと、私の心は痛いです」と言った。

2016-8-14-vancouver_03

中国領事館の大きな玄関の前で、絶えず太鼓をたたいて抗議を示した
バンクーバーのデニス・ワトソン氏

 中国領事館の前には監視モニターが設置されているが、ワトソン氏は「私達は彼ら(中国領事館)が、王治文さんと法輪功に対してばら撒いたすべてのうそに関心を持っています。時間と真相が共存して、永遠にうそをつくことができる人はいません!」と嘲笑した。

 ブログで、彼は「王治文さんが16年入獄した後に釈放され、24時間軟禁され、最近また米国へ娘と共に出国することを拒絶されました」と書いている。また「中国の長城は古代、侵入者を防御したが、中国共産党は長城をベルリンの壁にして、政治犯の出国を阻止します」。「直ちに王治文さんを出国させてください!」と書いている。

 バンクーバーラジオ放送局の98.3FMはこのイベントを報道し、メディアのザ・ラベル(The Rebel)もこのイベントを報道した。

(中国語)

qxbbs at 09:58コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月26日

明慧日本2016年8月25日】広東省茂名(もめい)市電白区の法輪功学習者・李何さん、謝麗萍さん、羅月娥さん、木芳さんは7月28日午前9時頃、陳村鎮那行村路で法輪功の真相を伝えていたとの理由で、陳村鎮派出所まで連行された。

 かつて、羅さんは子宮ガンを患い、入退院を繰り返していた。ガン治療によって体重が減少し、髪の毛も抜けてやせ細り、莫大な医療費と病気に悩み、苦しい日々を過ごしていた。

 2014年8月頃、瀕死状態だった羅さんは法輪功を学び始めた。羅さんは僅か1カ月で病気が回復し、医者が驚くほど、ガンは悪化しなかった。
 そのため、羅さんは法輪功の素晴らしさを人々に伝えた。その中で、弟嫁は法輪功を受け入れることができなかった。しかし、彼女も子宮ガンを患っており、しばらくすると亡くなった。

 不当に連行された羅さんは、派出所に勾留された。派出所の警官は、羅さんのガンが治った体験を含めて4人の学習者から法輪功の素晴らしさや真相を聞いた。その後、4人の学習者は、家に戻された。

(中国語)

qxbbs at 16:32コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月25日

明慧日本2016年8月22日】ドイツのケルン大聖堂前を往来している人々は、法輪功の真相を伝えるブース前で足を止めたり、視線を送ったりしていた。今月8日午前、ドイツの最も人気のある観光地・ケルン大聖堂前はとても賑わっていた。そんな中で、法輪功学習者の迫害停止を呼びかける活動が人々に注目されていた。

 真相を理解した中国の若者が三退

 ある 20代の男性は最初、中国共産党の虚言をそのまま述べ、法輪功学習者を疑っていた。学習者は男性の話を静かに聞き終えてから、男性の質問に回答した。結局、男性は理解して、共産党の関連組織から脱退した。

 ドイツに留学したある学生は「自らインターネットで三退を声明した」と言った。彼は法輪功学習者の活動を称賛し、そして「自分も法輪功を習いたい」と言った。

2016-8-13-falun-gong-kolen_01

中国共産党の法輪功に対する迫害の停止を呼びかける署名(ケルン大聖堂前で)

 ケルン市民と観光客からの支持

 ブースを設置中にある夫婦は待てないで署名をした。夫婦は「中国共産党による迫害や臓器狩りなどについては知っているが、法輪功とは何かをまだ知らない」と言った。学習者の紹介を聞いた後、2人は喜んで、感激しながら離れていった。

2016-8-13-falun-gong-kolen_02
2016-8-13-falun-gong-kolen_03

真相を聞く人々

 ベルリンで法輪功学習者のパレードを見たある女性は、法輪功についての紹介を聞いた後、署名をした。

 当日は出かける予定がなかったというある若い女性は、何らかの力に導かれたように100キロも離れたアーヘンからやってきたという。法輪功の真相を聞いた後「出かけた理由が分かった」と言った。

 ある若者は法輪功と佛教との区別、法輪功学習者の修煉のきっかけ、修煉が学習者にもたらした変化などを聞いた後、署名をした。

(中国語)

qxbbs at 15:52コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月24日

明慧日本2016年8月20日】アメリカの首都ワシントンおよび周辺地域の一部の法輪功学習者は、今月11日、駐ワシントン中国大使館の前で集会を行い、中国当局が法輪功学習者・王治文さんの渡米を阻止したことに抗議した。王治文さんの渡米は、アメリカに帰化した娘と18年ぶりに会うためであった。

2016-8-11-falun-gong-dc-wangzhiwen

11日駐ワシントン中国大使館前で、王治文さんにパスポートを発行し、渡米させ、アメリカ在住の娘と合わせるよう求める法輪功学習者

 1999年7月20日、当時の国家主席・江沢民が法輪功を抹消する命令を下したため、中国法輪大法研究会の責任者の一人だった王治文さんは、その日の夜明けに家で逮捕された。後に、秘密裏に16年の実刑判決を言い渡された。各方面の助けにより、約16年間の獄中生活を終え、2014年にようやく釈放された。しかし24時間の監視が免れなかった。一家団らんを実現するため、娘夫婦はアメリカから北京に訪れ、様々な困難を乗り越え、父親のビザが取れた。喜びも束の間、5日に広東税関を通る際、王さんはパスポートが税関の職員に破られて破棄され、出国できなった。現在、王さんと連絡が取れず、消息不明となっている。

 ワシントンDC法輪大法佛学会のスポークマンは、このように述べた。「今回の阻止事件は、江沢民、曽慶紅の南方地域の残党の仕業だと分かりました。江沢民を始めとする元凶は、自分達の末路がすでに分かっているにも関わらず、最後まで迫害政策を押し通すつもりのようです。ここで中国の各部門の幹部に通達します。江沢民、曽慶紅らの元凶の道ずれにならないように、即座に迫害に加担することを止めてください! 同時に、王治文さんが、自由に出国できるように、新しいパスポートを発給することを現政権に強く要求します。また、各国の政府と人権機構に人道の立場から、王さんを助けるよう求めます。」

 米国の国会議員と国務院の官僚からも非難の声が上がった。

 10日、アメリカ国会下院議員で、外交実務委員会の人権委員会主席のクリス・スミス議員は、インタービューを受け、「王治文は、不公平に15年以上監禁されました。米国がビザを与えたのだから、アメリカの娘さんと合わせるべきです」と中国当局が渡米を阻止したことを非難した。

 11日、米国国務院の民主・人権・労働事務局のスポークマンは、インタービューで、渡米阻止事件に関心を示していると述べ、娘さんと団らんさせるべきだと中国当局に呼びかけた。

 米国国務院が10日に公表した最新の2015年度『国際宗教の自由報告書』の中で、中国が著しく宗教の自由を侵犯している「特に懸念のある国」に引き続き指定された。また法輪功、天主教、人権弁護士などへの絶えない迫害を非難し、元中国法輪大法研究会の責任者の一人である王治文さんの釈放後の中国での苦境にも、注目していると記述されている。

(中国語)

qxbbs at 15:04コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月23日

明慧日本2016年8月19日】フランスの法輪功学習者が今月7日(日)午後、パリの人権広場で真相を伝えるイベントを開催し、功法を実演し人々に法輪功のすばらしさを伝えた。また中国共産党の法輪功学習者に対する生体臓器狩りの犯罪を暴き、迫害と生体臓器狩りを制止するよう署名を募集した。

2016-8-9-falun-gong-paris-01
2016-8-9-falun-gong-paris-02
2016-8-9-falun-gong-paris-03
2016-8-9-falun-gong-paris-04
2016-8-9-falun-gong-paris-05

法輪功の真相を足を止めて理解する多くの観光客

2016-8-9-falun-gong-paris-06

生体臓器狩りと迫害を停止するために、次々と署名して支持する人々

 人権広場の観光客は絶え間なく集まり、足を止めて真相の展示板を読んだり、学習者の話を聞き真相を理解して署名し、中国共産党の法輪功学習者に対する生体臓器狩りの犯罪行為を制止することを支持した。一部の観光客は穏やかな煉功の実演を見て、すぐに覚えて煉功するようになった。

2016-8-9-falun-gong-paris-07

法輪功の迫害停止を呼びかけることを支持し署名したアントワーヌ・エピンさん(右)、ジャンミッシェル・ジェゼケルさん(中)と彼の妹のジェゼケルさん

 アントワーヌ・エピンさんは医学院の卒業生で、病院で働き、友人と一緒に人権広場を訪れた。生体臓器狩りの事実を理解した後に、彼は「私は強制的な生体臓器狩りに反対して、これは恐怖であり、被害者は尊重されるべきです。法輪功修煉者が健康な体であるという理由で、臓器を狩って殺害されるということは驚きです。政府は人を殺して臓器を販売するのではなく、人々の健康のために良好な政策を実施するべきです」と言った。さらに「私は署名して、このような殺人に反対します。そして、より多くの迫害の真相と事実、及び法輪功を理解したいです」と言った。

 ジャンミッシェル・ジェゼケルさんはフランスの古典文学の大学院生で、ラテン語と古いギリシャ語を専攻し、卒業した後、教師になることを希望している。彼は「強制的な生体臓器狩りは容認できません。私は署名して支持します。これが私の少なくとも遣るべきことです。これ(生体臓器狩り)は絶対容認できません」と言った。

 スメイド・ウラジャさんはアルジェリア人で、かつて獣医の医者の証書を獲得し、医療代表団で仕事をしている。彼は息子と人権広場で散歩中に立ち寄った。署名した後に、「これ(生体臓器狩り)は非人道的な行為で、誰も他人の体でこのような事をする権利はありません。皮膚の色、信条はどうであるかに関わらず、私達はすべて人間で、お互いに尊重するべきです。動物でさえこのようなことをしないのに、なぜ更に高等な人間がこのようなことをするのか? お金のためのです。私は各種形式の殺戮に反対します。強制的な生体臓器狩りにしろ、戦争にしろ、すべてお金の為です。私はこれらの暴力を拒絶します」と言った。

 チェリー・カビルさんは市役所の職員です。彼は生体臓器の販売に対して「いかなる人も他人の臓器を盗む権利がなく、人は自分の完全な体を持って死ぬべきです。臓器を盗み取ってはいけません。これは人道に反する罪です」と言った。

 パリのパン職人のフーチさんは法輪功学習者の煉功する時の静かで、穏やかな動作を見て、自分も法輪功を修煉したいと言った。彼はまた、「パリだけでなく、その他の大都市にすべて法輪功があり、全世界はすべて法輪功を修煉し、特に中国に、法輪功は戻っていくべきです」と望んだ。

(中国語)
(English)

qxbbs at 10:18コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月22日

明慧日本2016年8月18日】ドイツの法輪功学習者は、8月6日、ドイツの辺境の都市レラハ市で、中国共産党による法輪功に対する迫害に反対し、迫害の元凶である首謀者の江沢民を告発するための署名活動を行った。レラハ市はフランス、スイスに近く、美しい景観や商業や文化活動が盛んな地で、周辺の国々から多くの市民が訪れる観光客地でもある。州立大学の分校もここにあり、中国人の留学生も多く、いつも姿を見かけている。

2016-8-7-falun-gong-germany-01
2016-8-7-falun-gong-germany-02
2016-8-7-falun-gong-germany-03

法輪功の迫害の真相パネルを見つめる市民たち

2016-8-7-falun-gong-germany-04


2016-8-7-falun-gong-germany-05

迫害に反対し、多くの市民が次々に署名

 当日は土曜日で、市の広場に設けた法輪功ブースの前には、ひっきりなしに人々が行き来した。「生体臓器狩り」の文字を目にした人たちは、皆ぎょっとして、思わず歩みを緩め、パネルや横断幕に近寄って真相を読んだり、資料を受け取ったり、署名したり、スタッフに話しかけたりした。長い時間をかけて学習者の煉功を見て、強いエネルギーを感じたと言った人もいた。複数の人が法輪功を習いたいと申し出て、煉功をしている場所の案内を手に入れてから、そこを離れた。

 台湾からやってきたWさんは「法輪功学習者は全世界にいます。中国共産党は弾圧を加え、さらに生体臓器狩りをしているとは、狂っているのではないか」と言った。

2016-8-7-falun-gong-germany-06

料理店の店主だと言う日本人女性

 署名したある日本人女性は、当地で料理店を経営しており、中国伝統文化が好きだという。女性は中国語の資料を一部取り、自分の店に置いて中国のお客さんに提供するという。女性は学習者に千代紙で折った鶴を贈り、迫害の停止が一日も早く来るようにと言う。学習者はお返しに、女性に紙で折った蓮の花を贈った。

2016-8-7-falun-gong-germany-07

ニューヨークから来た若い男性は、法輪功学習者に「ご好運を」と願った

2016-8-7-falun-gong-germany-08

インド人の若い男性も署名

 ブースの前でずっと立っている人は、ほとんどが法輪功を習いに来た人たちである。署名をしてから、ずっとブースの前でいろいろ見て回っていたインド人の若い男性もそのうちの1人であった。「法輪功を習いたいのですか?」と聞いたら、男性は「はい、そうです」と返事をして、煉功場所の案内をもらってから、ブースを後にした。

(中国語)
(English)

qxbbs at 09:21コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
オンラインは読書する


最新記事
Archives
Links




QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ