2016年07月29日

明慧日本2016年7月25日】タイの法輪功学習者は、7月17日午後、バンコクのルンピニ公園で、法輪功への迫害停止を呼びかける17周年を記念して、「国際社会は迫害の制止を声援し、迫害の元凶である首謀者の江沢民を告発する中国国民は、中国共産党およびその政府関連組織から脱退しよう」と呼びかけた。

2016-7-17-falun-gong-thailand-01

タイの法輪功学習者は、7.20迫害停止を呼びかける集会を催すと共に、法輪功の功法を披露

2016-7-17-falun-gong-thailand-02

手に手に遺影を持ち、迫害で亡くなった大勢の法輪功学習者たちの死を悼んだ

2016-7-17-falun-gong-thailand-03

ゆっくりとした穏やかな法輪功の功法を見て、記念に撮影する市民

2016-7-17-falun-gong-thailand-04

行き来するバンコクの市民は、法輪功への迫害のパネルを見て、一様に驚きの表情を見せる

2016-7-17-falun-gong-thailand-05

ロウソクを灯し、中国共産党に迫害され亡くなった多くの法輪功学習者を哀悼

2016-7-17-falun-gong-thailand-06

厳粛な面持ちでロウソクをかざし、迫害で亡くなった多くの法輪功学習者を哀悼する

 7月17日午後4時半、法輪功学習者はバンコクのルンピニ公園で「中国共産党が、残酷にも法輪功学習者の生体から臓器を摘出」、「迫害されて亡くなった多くの法輪功学習者を哀悼」、「法輪大法は素晴らしい」などのタイ話と中国語の横断幕を高く掲げ、舞台では、五式の功法を披露したり、亡くなった学習者を哀悼した。そして、人々に法輪功を迫害する中国共産党の大罪を暴露するとともに、法輪功の素晴らしさを紹介した。

 法輪功は1992年中国から伝播され、急速に世界の100余りの国と地区に広まり、広く称賛された。しかし、中国共産党の前党首の江沢民がすべての国家機関を利用して、法輪功に対して史上かつてない迫害を行った。1999年7月20日から現在までの17年間に、百万人以上の法輪功学習者が死に至るまで迫害され、非常に多くの家庭が路頭に迷た。法輪功学習者は不当に拘禁され、刑務所内で残虐な拷問や、薬物を注入され、悲惨な目にあわされているだけではなく、甚だしきに至っては、大量に生体から臓器を摘出され、その臓器を売買され、多くの命が奪われている。

 イベントに参加した学習者の中で、中国遼寧から来た法輪功学習者の遅麗華さんは、自らの迫害された体験を紹介した。元来は幸せな大家族だったが、法輪功を修煉することを諦めなかったため、夫は死ぬまで迫害され、36歳の若さであった。法輪功を修煉する兄と兄嫁の2人は、いずれも、不当に連行され拘禁されたことがあった。長兄、父、母は非常に過酷な迫害に遭い、数カ月間の内に相次いでこの世を去った。遅麗華さんも修煉を諦めなかったため、不当に4回も逮捕され、連行された。

 夕方、法輪功学習者はロウソクを灯して花輪を手に掲げ、死ぬまで迫害され続けた中国の法輪功学習者を哀悼する姿は、非常に厳粛なものであった。一つ一つのロウソクの光は、慈悲と善をなすことを人々に伝え、協力して共に中国共産党の暴行を制止するようにと呼びかけた。

 法輪功学習者の記念イベントは、ルンピニ公園を訪れたバンコクの民衆に注目され、大勢の人の目を引いた。多くの人は、衝撃を受け驚いた様子であった。真相を理解している人々は、次から次へと法輪功に対する支持を表明した。

(中国語)


qxbbs at 11:28コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月28日

明慧日本2016年7月24日】約千人程の米国法輪功学習者が、7月14日にワシントンD.Cのキャピトル−ヒルで、7.20の記念活動を行うため、迫害停止を呼びかける集会とパレードを行った。

 ボイス・オブ・アメリカの報道によると、1999年7月20日に、中国共産党が法輪功を弾圧し始めた。その後、毎年7.20になると、法輪功学習者たちはワシントンD.Cのキャピトル−ヒルで集会を行っている。

 活動の担当者の李揮天さんは、ボイス・オブ・アメリカの取材を受けた時、活動の目的について「第一に、法輪功への弾圧を停止させるためです。第二に、江沢民を裁判にかけるためです。そして、最近発表した法輪功学習者への『生体臓器狩り』の最新レポートも、今年の重要な活動のテーマです」と話した。

 米国共和党の議員イリアナ・ロス・レイティネン氏とダナ・ローラバッカー氏は、集会に出席して、演説の中で法輪功への応援を表明した。

 レイティネン氏は、6月米国国会で通った343決議案の提案者だ。この決議案は、中国共産党が良心犯の臓器を摘出することを停止することと、17年間継続している法輪功への弾圧を停止することを促している。その提案は、米国国務院が毎年国会に「強制的に臓器移植に関わる人に、米国の入国ビザの発行拒否の実施状況」を報告することを求めている。

 また多くの国会議員も法輪功の迫害停止を呼びかける活動を支援するため、書面で声明を送った。

 約千人程の米国の法輪功学習者が、この集会に参加した。オハイオ州から来ている孫婉さんは「中国から出てきて、本当に自由に法輪功を修煉できることを体験しました。私がこの集会やパレードに参加する目的は、中国人が中国共産党から脱党することを応援し、中国で迫害を受け虐殺された法輪功学習者を慰霊するためです」と話した。

 集会後、学習者たちは国会からリンカーン記念堂までパレードを行った。夜リンカーン記念堂前で、学習者たちは、ローソクに火をもとし、中国で中国共産党の迫害により亡くなった修煉者を追悼した。

(中国語)
(English)

qxbbs at 09:42コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月27日

明慧日本7月24日】ブリュッセルのヨーロッパ議会議事堂の前で、今月13日、法輪功学習者は、中国共産党による生体臓器狩りを制止するよう呼びかける集会を行った。

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-01
2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-02

ヨーロッパ議会議事堂前で、迫害制止を呼びかけ、煉功をする法輪功学習者

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-03

ヨーロッパ議会議事堂前で、「生体臓器狩り」の停止を呼びかけ、煉功をする法輪功学習者

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-04
2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-05

ヨーロッパ議会議事堂前での署名活動 

 中国共産党による法輪功学習者からの「生体臓器狩り」を調査するように、ヨーロッパ議会議員に署名を求めた。13日だけでも署名した議員数は、半数を超えた。

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-06

イギリスのヨーロッパ議員ジェラルド・バッテン氏「『生体臓器狩り』は、ナチスと一緒の残虐行為だ」

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-07

ドイツ・ヨーロッパ議員のマーティン氏「このような署名は、ドイツ議会でもやるべきです。たくさんの議員が署名するはずです」

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-08

ポルトガルの元ヨーロッパ議員「『生体臓器狩り』は、すぐにも制止されるべきだ」

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-09

ギリシャのヨーロッパ議員「すべての政府は、この犯罪を制止すべきです。法輪功学習者の煉功場は、穏やかで、大変平和的で、大好きです」

2016-7-16-falun-gong-eu-belgium-10

法輪功学習者のマッシモさん

 自分が署名した後、電話を掛けて他の議員に署名をするようにと説得した議員もいた。議員だけでなく、当日多くの市民や観光客も署名した。中には、署名して法輪功の支持を表明した中国人も多数いた。

(中国語)
(English)

qxbbs at 11:10コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月26日

明慧日本2016年7月24日】米国ワシントンの法輪功学習者とその支持者たちは、7月14日、国会の前で中国共産党による17年にわたる残酷な迫害を制止するように、国際社会に呼びかけた。

 米合衆国議会議員より多数の書簡が送られ、法輪功学習者の迫害に反対する活動を支持し、中国共産党の「需要に応じて臓器を提供する」、すなわち法輪功学習者の生体から臓器をて摘出する行為について厳しく譴責した。同時に米国議会として中国共産党の生体からの臓器狩りを譴責した決議案に賛成票を投じたことに喜びを感じ、誇りに思っていると記した。またある議員は、法輪功の素晴らしいさを知っており、法輪功はコミニティーに良い影響を与えているとも述べた。

2016-7-16-dc-vip-support-01

法輪功の活動を支持する書簡を送った米国合衆国議会議員、および州議会議員18人

 米国議会は夏休暇を一週間前にしてスケジュールが込み合っており、法輪功の集会に出席することができないために、18人の議員が法輪功の活動を支持する書簡を送った。これら書簡を送ったのは、米合衆国下院院議員マルコ・ルビオ氏、ウィスコンシン州下院ロン・ジョンソン氏、米合衆国下院議員ビル・キャシディ氏、ペンシルニア州上院議員マイク・ドイル氏、ミズーリ州下院議員ウィリアム・レーシー・クレー氏、米合衆国上院議員スコット・ギャレット氏、アリゾナ州上院議員トレント・フランクス氏、ウィスコンシン州下院議員グエン・ムーア氏、米合衆国下院議員キース・エリソン氏、米合衆国下院議員スティーブ・コーエン氏、米合衆国上院議員ポール・トンコウ氏、米合衆国下院議員ビル・ポージー氏、米合衆国下院議員ブレーン・ルーツケメヤー 氏、米合衆国上院議員リード・ジェイ・リブル氏、米合衆国上院院議員スザンヌ・ボナミチ氏、米合衆国国会議員スーザン ・デルベネ氏、米国ネバダ州上院議員ジョー・ヘック氏、米合衆国下院議員マーク・ポカン氏の18人の議員たちである。

 米合衆国下院議員 「迫害は人々を驚愕させた」

2016-7-16-dc-vip-support-02

今年の米国共和党大統領候補者を決める選挙に出馬し、米国国会および行政の中国委員会共同主席のマルコ・ルビオ議員

 今年米国共和党大統領候補者を決める選挙に出馬し、米合衆国下院議員で、米国国会及び行政の中国委員会共同主席マルコ・ルビオ氏は、書簡の中で、中国共産党の官員らは系統的に法輪功学習者を弾圧し、彼らに信仰を放棄させようと企んでいると記した。彼は「当委員会は、中国の酷刑についての公聴会を開催し、証人として悪名高い馬三家強制労働収容所に、かつて拘禁されていた法輪功学習者は、陳述の中で収容されている間、人々が驚愕するような拷問を受け続けたと告白しました」と記した。

2016-7-16-dc-vip-support-03

ウィスコンシン州下院ロン・ジョンソン議員

 ウィスコンシン州下院ロン・ジョンソン議員は「17年来、中国共産党は法輪功を修煉する人々に対して、全てに激しく容赦なく迫害する運動を発動しました。そして、この精神的な修養を重んじる信仰を非合法と決めつけました。その目的は、法輪功学習者の信仰を弾圧することです。しかし、法輪功学習者は強くたくましく、一体となってこの迫害に反対してきました。私は、あなたたちの決心と、我慢強く堪え忍んでいることに拍手喝采を送ります。中国共産党が法輪功に対する迫害を終結させるために呼びかけます。あなたたちが自由や平和のために抗争していることを支持します」と記した。

2016-7-16-dc-vip-support-04

米合衆国下院議員ビル・キャシディ氏

 ビル・キャシディ氏は、米合衆国下院人権委員会のメンバーである。彼は書簡に「私は米国議会が343号決議案を採択したことをとてもうれしく思います。この決議案は、中国共産党に対して法輪功学習者の生体から臓器狩りをしている行為を停止するように求めています。同時に臓器の提供は、自分の意志ではない犯罪者、法輪功学習者、その他の宗教者や少数民族団体者に対して、国家ぐるみの臓器狩りに対する譴責でもあります。どんなことよりも重要なのは、中国共産党が強制的に生体から臓器狩りをしていることに関して、独立の調査を受け入れなければなりません」と記されていた。

米下院議員、中国共産党の法輪功学習者に対する迫害や生体臓器狩りを譴責

 ペンシルべニア州上院議員マイク・ドイル氏の書簡に「中国共産党が法輪功学習者に対して犯した人権の罪は、人々が嫌悪し、とうてい受け入れることができません。人権を奪ってはならないのが米国立国の基本であり、人権を容認している米国政府だからこそ、中国共産党と交渉するとき、中国の人権問題について声を挙げれます。米国議会はこの迫害を制止するために、努力し続けます。修煉は、誰でもが平和に、自由に信仰できなければならず、妨害や監禁および酷刑などの障害を受けてはなりません」と記した。

2016-7-16-dc-vip-support-05

ミズーリ州下院議員ウィリアム・レーシー・クレー氏

 ミズーリ州下院議員ウィリアムレーシークレー氏は、書簡に「法輪功の修煉を堅持する法輪功学習者は、本来なら政府が保護しなければならないのに、中国社会において二流公民と見なされて、野蛮な侮辱を受け、甚だしきに至っては、生体から臓器を摘出され、これはすべきことではありません。米国国会議員として、この機会をお借りして未だに侮辱を受け拘禁されている法輪功学習者、およびその他の法輪功学習者や親戚の人たちに声援を送ります。それと同時に能力のある人々にできるだけ早く、この不幸にも暴力を受けている人たちを直ぐにも保護しなければならず、彼らの生命はとても危うい状態にあるのです」と記した。

2016-7-16-dc-vip-support-06

米合衆国上院議員スコット・ギャレット氏

 ニュージャージ州選出で343号決議案の共同提出議員の米合衆国上院議員スコット・ギャレット氏は、法輪功学習者に対する迫害に反対し行動し役立ったことを誇りに感じているという。彼は「良心犯で大勢の法輪功学習者が、恐ろしい酷刑や拷問に直面し、さらに中国の臓器移植産業の充填とされていることを憂いています。集会に参加できないことは大変遺憾ですが、今までと変わりなくあなたたちを支持します。法輪功学習者に対する迫害と不公正な扱いを即時に停止するよう、再度呼びかけます」と書簡の中で述べた。

2016-7-16-dc-vip-support-07

アリゾナ州上院議員トレント・フランクス氏、

 米国憲法と民事司法チーム委員会主席でアリゾナ州上院議員トレント・フランクス氏は「私たちは、法輪功学習者が17年にわたり迫害を受けていることを知っています。迫害は法輪功に対する信仰を中国で消滅させることを企んでいます。法輪功学習者は労働教育や監禁を受け、3900人以上が殺害されていますが、しかし、独立した人権組織が調査した実際の数字は、はるかにこの数字を超えたものです。数千万人が最も野蛮な暴行を受け、臓器売買のために命を奪われています。これは中国共産党が暴利を得るための一つの産業となっています」と述べた。

2016-7-16-dc-vip-support-08

米合衆国上院議員リード・ジェイ・リブル氏

 米国上院外交事務委員会のメンバーで、米合衆国上院議員リード・ジェイ・リブル氏は、法輪功学習者の迫害に反対する集会を支持すると表明した。彼は「中国で発生している法輪功学習者に対する十数年の迫害が、人権に対する巨大な挑戦であり、驚愕しました。最近上院で行われた公聴会で明らかになったのは、中国共産党が推し進めている法輪功学習者を含む良心犯からの生体臓器狩りの犯罪行為が、中国で大規模に行われています」と述べた。

 法輪功の影響は、良いものでコミニティーにも有益

2016-7-16-dc-vip-support-09

米合衆国上院議員のポール・トンコ氏

 米合衆国上院議員ポール・トンコ氏は書簡の中で「法輪功学習者が絶え間なく民衆に真相を伝え続けていることに、尊敬の念を抱きます。そしてこの残忍な行為を終わらせるために、声を挙げたことを誇りに思います」。彼は法輪功に対す理解を書簡に「法輪功は、穏やかで奥深い修養方法であり、座禅や煉功を通して日常生活の中で重要な導きを受けています。私が誇りに思うのは、暴力や圧力に直面している中でも、忍耐強く継続する運動の影響力が、ますます強大になっていることです。法輪功は、寛容で穏やかで奥深い修養方法であると共に、人々の健康に非常に良い効果があり、幸福と平安をもたらし、ますます人々によい影響を与えています」と記した。

2016-7-16-dc-vip-support-10

米国ネバダ州上院議員ジョー・ヘック氏

 米国ネバダ州上院議員のジョーヘック氏は医師であり、書簡の中で「法輪功は健康をもたらすだけでなく、精神の面においても道徳レベルを向上させることができます。全世界の法輪功学習者が迫害を恐れず、自由に修煉ができることを希望しているます。法輪功は、人々の身体状況を改善することができるだけでなく、悩みを軽減し道徳レベルを高め、人の良くない習慣や嗜好を戒めることができます。法輪功学習者は、誠実で礼儀正しく、忠誠と無私の態度で我々のコミニティーに大いに奉仕しています」と記した。

(中国語)
(English)

qxbbs at 10:10コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月25日

明慧日本2016年7月24日】米国の首都ワシントンD.Cで、7月14日、法輪功学習者たちは、集会と大パレードを行なった。パレードでは、中国共産党の17年間におよぶ法輪功に対する残酷な迫害を暴き出し、各界の人々に「力を合わせて、共に中国共産党の残虐な行為を制止させるように」と呼びかけた。そして、夕方には、手に手にロウソクを灯し、迫害で亡くなった多くの学習者たちの死を悼んだ。

 1999年7月20日、中国共産党は法輪功に対する残酷な迫害を始めた。「名誉上においてそれを腐らせ、経済上においてそれを崩させ、肉体上においてそれを消滅させる」を掲げた迫害政策の下で、17年間におよぶ迫害者の犯した様々な残忍な罪悪行為は、筆舌に尽くしがたい。

 狂気じみた抑圧に直面して、全世界の法輪功学習者はひるまず「真・善・忍」の精神で、平和的に理性的に迫害に反対した。中国共産党の罪悪を暴き出して、多くの世間の人々に法輪功を正しく伝え、「真・善・忍」の素晴らしさを伝えた。

 毎年7月20日前後に、法輪功学習者たちは米国の首都ワシントンD.Cで大型の集会を開催した。大パレードを行い、ロウソクを灯して死を悼むイベントを開催して、各界の人々に、今なお続く中国で起きている迫害に関心を持ってもらい、あまりにも酷いこの大災難である迫害を、1日も早く終えさせるようにと呼び掛けた。

2016-7-16-falun-gong-dc720-01

7月14日、法輪功学習者たちは、米国の首都ワシントンD.Cで迫害停止を呼びかけ、パレードを行う

2016-7-16-falun-gong-dc720-02
2016-7-16-falun-gong-dc720-03
2016-7-16-falun-gong-dc720-04
2016-7-16-falun-gong-dc720-05
2016-7-16-falun-gong-dc720-06
2016-7-16-falun-gong-dc720-07
2016-7-16-falun-gong-dc720-08

7月14日昼ごろ、国会の西の芝生園での大規模な集会後、パレード隊が西の芝生園から出発した。ペンシルベニア大通りに沿って行進し、15街を経由し、憲法大通りからヘンリー・ベーコンの道路を通って、最終目的地のリンカーン紀念館に到着した。今年のパレートは、以前よりさらに長い隊列で大規模なものとなり、2.3マイルに渡り延々と続いた。米国政府の中心地帯を経由して、威風堂々とした大パレードは1時間半続き、注目された。多くの政府関係者と国会職員は「彼らのパレードは、印象的です。その上パレードを通して法輪功が迫害されている事実を知り関心を持ちました」と興味を示した。

2016-7-16-falun-gong-dc720-09

7月14日、法輪功学習者たちは、リンカーン紀念館前でロウソクを灯して仲間の死を悼んだ

2016-7-16-falun-gong-dc720-10

夕方、法輪功学習者たちは自由、希望、人権を象徴するリンカーン記念館前で、ロウソクに明かりを灯し、夜の悼みを行った。法輪功学習者たちは手に手にロウソクを持って「真・善・忍」の宇宙の真理をしっかり厳守するためにも、中国共産党の迫害で亡くなった中国の多くの法輪功学習者たちの死を悼んだ。その死を悼む場面は、非常に厳粛なものだった。

(中国語)
(English)

qxbbs at 14:37コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月24日

明慧日本2016年7月20日】ルーマニアの法輪功学習者は今月10日、イルフォヴ県のエドランド公園で法輪功学習者への迫害反対・生体臓器狩りの署名活動を行い、市民や観客からたくさんの署名を集めた。

2016-7-13-falun-gong-edenland

署名中の観光客や市民達

 法輪功学習者は公園の入口でブースを設置し、観光客に法輪功の資料を配布したり、不当に迫害されている真相を説明したり、功法を実演したりして、署名を集めた。

(中国語)
(English)

qxbbs at 10:02コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月23日

明慧日本2016年7月20日】ウクライナの有名な通信会社「ウニアン」、「デー二新聞」、「オデッサテレビ」などは、2016年6月30日、中国共産党が法輪功学習者の生体から不法に臓器を摘出し売買している事を報道した。

 ウクライナ通信会社「ウニアン」は報道の中で「最新の人権報告によると、中国で拘束されている人々の中で、約150万人が『生体臓器狩り』で殺害されました。 前アジア太平洋局長デービッド・キルガー氏と人権弁護士デービッド・マタス氏、及びジャーナリストのイーサン・ガットマン氏は共同して、中国共産党による『生体臓器狩り』について、最新の調査報告を発表した。調査によると、中国共産党は非常に大量の法輪功学習者など良心の囚人から臓器を摘出している。専門家の推測では、中国の外科医は毎年6万から10万件の臓器移植の手術に参与している。そして、主なドナーは法輪功学習者である。去年まで中国当局は、拘束されていた法輪功学習者の臓器を摘出して、移植手術をしていた」と記載している。

 ウクライナのデー二新聞は「前アジア太平洋局長デービッド・キルガー氏と人権弁護士デービッド・マタス氏、及びジャーナリストイーサン・ガットマン氏が発表したレポートによると、中国当局は不法な臓器狩りを継続的にしている。外科医は、心臓、肝臓などの臓器を摘出する際、ついでに他の臓器も一緒に摘出している。主なドナーは法輪功の学習者である。法輪功が中国でこのような迫害に遭ってから既に10年あまりにもなる」と報道している。

  ウクライナのオデッサテレビは、生放送「オデッサの夜」の番組の中で、法輪大法を紹介し、そして、ウクライナの法輪功学習者が、キエフ市で真相を伝える活動を行っていることも紹介した。30分の番組の中で、司会者とゲストが、法輪功が中国共産党に弾圧されている現状について話していた。番組で「法輪功は法輪大法と呼ばれる中国古来の修煉功法です。1992年に李洪志先生が中国で伝え出され、1999年には中国で1億人もの学習者がいました。学習者は真・善・忍の法理に従って、心を修めて良い人になり、道徳を高めながら、5つの功法を通して、身体が健康になります。法輪功は党や派ではなく、物や金品も受け取らず、煉功も自由です。真・善・忍は普遍的な価値理念で、東方人や西洋人にも好まれています。前アジア太平洋局長デービッド・キルガー氏と人権弁護士デービッド・マタス氏、及びジャーナリストのイーサン・ガットマン氏が発表した調査レポートには、中国共産党が摘出した臓器の数は驚くほど多いとのことです。中国共産党は国家機能を使って、無罪の法輪功の学習者を虐殺しています。臓器移植の需要があれば、需要に応じて彼らを殺し臓器をいきたまま摘出しています。これは既に人間の道徳基準をはるかに超えています。本当に人を驚愕させることです」と紹介した。

(中国語)
(English)

qxbbs at 09:27コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月22日

明慧ネット2016年7月18日】スイスの36人の高級官僚は、今年6月8日、連名で国連人権事務のゼイド・ ラアド・アル・フセイン氏に書簡を送り、江沢民を告発するよう促した。書簡には「すべての人類に恥辱を与えた中国共産党の前国家主席・江沢民と法輪功の迫害に携わった全ての責任者を逮捕し、法律に基づいて裁判を行い、裁決を下すよう習近平国家主席を激励して欲しい」と書かれている。また書簡の最後には、「我々はこのような犯罪を決して許してはいけないと呼びかけている。今日の我々の行動は、歴史的な意義をもつだろう」と綴られている。

 ジュネーブ州大議会議員ラパーズ氏は署名をする際に、「みなさんはまだ覚えているだろうか、前回の戦争で700万人のユダヤ人が殺害された後、我々はようやく目覚めた。今こそ迫害に苦しむ中国人を救う時だ」と話した。

 連名の書簡を締結した36人の高級官僚には、10人のスイス連邦国会議員と1人の前スイス連邦国会議員、24人のスイスジュネーブ州大議会議員、1人の前スイスジュネーブ州大議会議員が含まれている。

2016-6-29-suejiang-swiss

国会議員ダニエル・ブレラ氏、国会議員ドミニク・デ・ブマ氏、国会議員バルタザル・ガラット氏、国会議員ビート・ヤンス氏、国会議員リリアン・モーリー・パスキエ氏、国会議員リサ・マッツォーネ氏、国会議員カルロ・ソマルガ氏、国会議員フランシーヌ・ジョン氏、国会議員アンドレア・ゲスビュラー氏、国会議員ジョヴァンニ・メルリーニ氏、元国会議員ウェリ・ロイエンバーガー氏、ジュネーブ州大議会議員ディディエ・ベルベラット氏、元ジュネーブ州大議会議員デイビッド・ヒラー氏、ジュネーブ州大議会議員マサイアス・ブッシュベック氏、ジュネーブ州大議会議員マーク・ファルクエット氏、ジュネーブ州大議会議員ジーン・リュック・フォルニ氏、ジュネーブ州大議会議員ヘンリー・ラパーズ氏、ジュネーブ州大議会議員ジャン・シャルル・リール氏、ジュネーブ州大議会議員エリック・シュタウファー氏、ジュネーブ州大議会議員アンドレ・プフェファー、ジュネーブ州大議会議員ベルンハルト・リデウェッグ氏、ジュネーブ州大議会議員トーマス・ブラージ氏、ジュネーブ州大議会議員クリスチャン・フラーリー氏、ジュネーブ州大議会議員クリスチャン・グロブト氏、ジュネーブ州大議会議員クリスチャン・ツァウク氏、ジュネーブ州大議会議員ダニエル・マニャン氏、ジュネーブ州大議会議員フロリアン・ガチョウ氏、ジュネーブ州大議会議員フランソワ・ベアーチ氏、ジュネーブ州大議会議員ジーン・フランソワ・ジラルデ氏、ジュネーブ州大議会議員ジャン・マリー・ボマール氏、ジュネーブ州大議会議員パトリック・デミエル氏、ジュネーブ州大議会議員パトリック・ルッシィ氏、ジュネーブ州大議会議員サンドラ・ゴレイ氏、ジュネーブ州大議会議員サラ・クロップマン氏、ジュネーブ州大議会議員ステファン・フローリー氏、ジュネーブ州が大議会議員トーマス・ウェンガー氏

 昨年8月10日、10人のスイス連邦国会議員は連名で、中国共産党の指導者の習近平国家主席に書簡を送り、江沢民を告発する重大な訴訟を推進するよう促した。書簡には、「江沢民が犯した人道に反する罪、酷刑に対する罪など重大な犯罪に対して、必ず法律に従って制裁しなければならない」と書かれている。その後も多くのスイス議員、著名人が書簡に署名した。書簡の訳文は次の通りである。




 国連の人権事務のゼイド・ ラアド・アル・フセイン氏

 ジュネーブ街52番ウイルソンビル

 郵便番号CH―1202

 2016年6月8日




 ゼイド・ ラアド・アル・フセイン氏

 私は中国が法治国家を推し進めていることをメディアで知り、とても喜んでいる。ここ数年の間、習近平国家主席は、反腐敗運動によって多くの官吏と前政府の責任者を厳重に処罰された。これはきわめて困難な任務であり、私はこれらの挙動を賞賛する。

 1999年7月、前国家主席の江沢民は、独断で法輪功への迫害を始めた。江沢民は強制的に法律の上で610弁公室を設け、法輪功学習者に対して、無制限に残虐な迫害を行った。また、営利目的で法輪功学習者の生体から臓器狩り(肝臓、腎臓、心臓、肺臓、角膜などを含む)を行っている。

 2006年から、国連、欧州議会と多くの非政府機関、例として今年ノーベル賞にノミネートされたDAFOH(生体臓器狩りに反対する医者組織)がレポートと声明を発表し、法輪功学習者に対する生体臓器狩りを厳しく非難した。(全世界で2百数万人の署名の支持を得ている)。聞くところによると、生体臓器狩りは、法輪功学習者の他にも規模は小さいがキリスト教の信者やチベット人、ウイグル人に対しても行っているという。

 中国の今後の発展と現在すでに登録された20万人におよぶ告訴書を考慮して、貴殿が習近平国家主席を励ますことによって、中国前国家主席の江沢民と法輪功迫害に携わった全ての責任者が逮捕され、法律に基づいて裁判され、制裁が行われることを期待している。

 全世界がこのことに関心を持っており、我々は証人であり、我々の行動は、歴史的に意味を持つだろう。

 ゼイド・ ラアド・アル・フセイン氏、我々の呼び掛けを受け入れて、貴殿のするべきことを早々にして欲しい。

 崇高な敬意を送る。

(中国語)
(English)

qxbbs at 10:10コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年07月21日

明慧日本2016年7月15日】今年6月28日、英国保守党人権委員会は、中国の人権についての調査結果を「最も暗黒な時刻」という報告書にまとめ発表した。6月30日、保守党人権委員会主席のフィオナ・ブルース議員と副主席のベネディクト・ロジャーズ議員は、国会議事堂で中国共産党による法輪功学習者の生体からの臓器狩りの実態について公聴会を開き、これを制止させることが人類の共通の利益につながるという見解を表明した。

2016-7-4-uk-hearing-01

保守党人権委員会主席のフィオナ・ブルース議員(右)と保守党人権委員会副主席のベネディクト・ロジャーズ議員

 公聴会では、中国共産党の国家ぐるみで法輪功学習者の生体から臓器を摘出して殺害し、臓器売買している事実を数年来調査し続け、先日、最新報告の「血まみれの生体臓器狩り」と「大虐殺」を発表した。ノーベル平和賞候補者で人権弁護士のデビッド・マタス氏と、中国問題の専門家でベテラン記者のイーサン・ガットマン氏、世界ミスユニバースカナダ代表者のアナスタシア・リンさん、および外科医で中国で生体から臓器を摘出したことのあるエンベール・トフディ氏の4人が証言者として招聘(しょうへい)された。

 4人の証言者は「中国共産党の法輪功学習者からの『生体臓器狩り』は国家が参与しているジェノサイドであり、その残忍さと暴行は人類の想像をはるかに超えている。その規模は信じられないほど巨大である。人々がこの残忍な犯罪を止める勇気をもち、立ち上がって制止し、中国共産党の邪悪な本質を暴き出して『生体臓器狩り』を制止させることは、すべての人類に関連性がある」と呼びかけた。英国政府に対して独自にこの「生体臓器狩り」を調査し、各界の人々にこの事実を伝える行動を始めるよう求めた。

 ブルース議員とロジャース議員は、世界各地での中国共産党による「生体臓器狩り」に反対する活動の進展と、英国政府として制止させるために、どのような行動をとるべきかを中心に証言者に質問した。

 最新の調査報告「国家ぐるみの大規模なジェノサイド」

 デビット・マタス氏とデビッド・キルガー氏およびイーサン・ガットマン氏の3人による、中国共産党による「生体臓器狩り」の最新調査報告が、先日行われた。「血まみれの生体臓器狩り」と「大虐殺」の更新版が公聴会に提出された。

2016-7-4-uk-hearing-02

デビット・マタス氏は、中国共産党による学習者の生体から臓器摘出され殺害された調査結果を、公聴会で報告し証言

 マタス氏は今まで調査した結果として「『生体臓器狩り』は、中国共産党体制下で国家が参与した大規模な虐殺であり、人間性の限界に対する挑戦である。中国共産党は、軍医院をコントロールして臓器狩りの主役を担わせている。中国での移植数は、中国共産党が発表した数字よりはるかに多い。中国の数百の病院を調査し、7万ページにも上る報告書を閲覧すれば、大量の『生体臓器狩り』が行われていることが明白である。そして、その巨大な殺人機械は、中国共産党の駆動により稼働している」と指摘した。

 彼は「あなたはそれぞれの病院で、それぞれの医療スタッフが、サッカーチームのように殺人機械を高速回転させ、それを繰り返されるのを見ることができます。大量の医院施設の建設と、スタッフの技術向上は、移植産業の発展がボトルネックになっている臓器の供給源ではなく、それは施設のハードの面とスタッフの確保であります。中国共産党は臓器移植を重点的な発展産業と位置付け、経費の支援、科学研究部門の設置、手厚い賞を発布するなどして、あるゆる分野で支えています。中国の移植病院名簿には、軍の病院が多く名を連ねています。軍の病院にとっては、経費削減された後の臓器移植によるものが、主要な収入源となっています。多くの軍の病院は、臓器の供給源が民間病院より有利であることも事実です」と話した。

2016-7-4-uk-hearing-03

中国共産党が、良心犯の法輪功学習者の生体から強制的に臓器を摘出している事実を、公聴会で証言するイーサン・ガットマン氏

 ガットマン氏が証言の中で強調したのは「中国共産党による良心犯の法輪功学習者からの臓器狩りをした数量は、驚愕するものです。しかも現在もその犯罪は続いています。これはジェノサイド的な犯罪であり、しかも、多くの病院と医療スタッフが、この血まみれの犯罪に参与しています。天津第一中心病院だけで、軽く五千例以上の臓器移植を行っています。北京市にあります軍の309病院や医院で、これに近い移植手術を行っています。そして中国国内において臓器移植を行う病院は、数百カ所も存在しています」という内容であった。

2016-7-4-uk-hearing-04

ミスユニバース・カナダ代表のアナスタシア・リンさんが、公聴会で中国共産党の生体からの臓器狩りを証言

 今年のミスユニバース・カナダ代表のアナスタシア・リンさんは「法輪功学習者の生体から臓器を摘出されていることに、もっと関心をもってください。そして、その前に法輪功とは何かについても知ってほしい」と言った。彼女は「法輪功は7千万人に愛され、これは中国の伝統文化の毅然たる復興を意味していました。しかし、中国共産党は専制統治への挑戦とみなしました。そして当局は、嫉妬にかられて迫害したのです。法輪功は、中国共産党から国家権力で系統的に迫害をされている平和的な修煉団体です。覚えておいていただきたいのは『生体臓器狩り』された法輪功学習者は、健康で元気に生きていた人たちです。不幸なことに、彼らは何かの過ちを犯したのではなく、ただ『真・善・忍』に対しての信仰を放棄しなかっただけなのです」と話した。

2016-7-4-uk-hearing-05

外科医のエンベール・トフディ氏は、中国共産党による法輪功学習者からの生体臓器狩りの事実を公聴会で証言

 現在、英国在住の元新疆ウイグル自治区で外科医をしていたエンベール・トフディ氏は「18年前、死刑囚から臓器を摘出した経歴がある。上司の指示で急所を外して銃殺刑をされた死刑囚から、生きたまま臓器を摘出した。その後、良心に深い傷を負い苦しんでいる。今は中国共産党の人間性に反する洗脳、コントロールについて改めて考え直している」と証言した。

 彼は「だれであろうとも、中国共産党と違った思想を持つと敵とみなされ、人間と見なされなくなります。そして、いわゆる国家(共産党)の財産として、随意に処置することができます。私は英国に渡ってから、自分が中国にいた頃、人権についての教育を一度も受けていないことに気づきました。甚だしきに至っては、国家とともに敵を死に追い込んだことが、光栄なこととさえ思っていました」と述べた。

 国会議員「この重大な『生体臓器狩り』の問題は、世間の人々が一日も早く知るべきだ」

 公聴会の司会を担当したブルース議員とロジャース議員は、証言者に感謝し「皆の目標は、もっと多くの人々に中国共産党の臓器狩りを知ってもらい、彼らが積極的に阻止するための行動をとることです。中国共産党の臓器狩りは、英国議会の超党派の議員がますます関心を寄せています」と言った。ロジャース議員は公聴会の終了後、マスコミの取材を受け「中国共産党の臓器狩りこの重大な問題は、世間の人々が一日も早く知るべきだ! また、デビッド・マタス氏、デビッド・キルガー氏、イーサンガッドマン氏の3氏が、共同で調査し発表した最新の報告を重視すべきだ!」と話した。

 彼は「中国の人権問題の報告書を準備している過程で、臓器狩りはとても重大な問題であり、しかし、あまり取り上げられていない問題でもあると認識しています。中国共産党の臓器狩りに対して、調査をもう一歩進めて展開する必要があり、行動をとらんなければなりません。私たちは英国政府に独自の調査を始めるよう求めます。疑うまでもなく、これは人間性と人権の普遍的な問題にかかわっており、継続的に関心を持たなければなりません。私たちの関心は、脱EUに影響されることはありません。私たちは9月に誕生する新政府に、この中国共産党による臓器狩りを制止するために、巨大な声を発するよう希望します」と話した。

(中国語)
(English)

qxbbs at 07:21コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
オンラインは読書する


最新記事
Archives
Links




QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ