2016年02月12日

明慧网2016年2月7日】中国の旧正月を迎える時期にあたり、アメリカ・ニューヨークの法輪功学習者が今年1月30日、フラッシングにある台湾会館で、新年会を行い、感謝の気持ちを込め、慈悲深く偉大なる李洪志師父に、謹んで新年のご挨拶を申し上げた。

2016-2-2-greeting-newyork-1

2016-2-2-greeting-newyork-2

2016-2-2-greeting-newyork-3

写真:中国の旧正月が迎える時期、ニューヨークの法輪功学習者が今年1月30日、フラシューにある台湾会館で 新年会を行い、李洪志師父に謹んで新年のご挨拶を申し上げた

 会場の中央に「師父、新年おめでとうございます」という大型な横断幕が掲げられ、舞台は金色の蓮の花で飾りつけられ、各民族の学習者たちがそれぞれ合十し、感謝の気持ちを込め、李洪志師父に謹んで新年のご挨拶を申し上げた。

 始めに中国人学習者と西洋人学習者は『あなたのためにやってきた』という歌を合唱し、次に『理知の門を開こう』、『神に誓ったことを果たすべし』などの歌を独唱したり、『希望』という詩を朗読したり、また二胡や笛、バイオリンなどの演奏があったり、中国古典舞踊を舞った。学習者は芸術の形で、感謝の心を表した。また、世の中の人々は「法輪大法は素晴らしい」ことがずいぶん分かるようになり、救われたいという願望を抱き、それを望んだ。

 11人の大法の小弟子も『大法の小弟子』という歌を合唱しました。その中に、一番小さな2歳の子供弟子がおり、その純真無垢な愛らしい表情やしぐさは、大勢の観客の心をとりこにし、大人気だった。最後に、全員で『法輪大法は素晴らしい』という歌を合唱し、新年会最高潮を迎え終了した。

 学習者全員が、新しい年になおいっそう精に励み、多くの衆生を救い済度するよう力を尽くすことをお誓いした。

(中国語)
(English)

qxbbs at 08:30コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月11日

明慧日本2016年2月7日】中国共産党の元国家主席で共産党総書記であった、今回の迫害の首謀者・江沢民に、16年間も続く迫害を一刻も早くやめさせ、法の裁きを受けさせようと始まった江沢民を告発する署名運動に、中国でも勇気ある多くの人々が、賛同し、署名した。昨年12月、北京で361人、天津で124人、合計485人の人々が江沢民告発状に署名し、支持した。

2016-1-20-jingjin-signature-drive-1

ある80代の男性は江沢民告発を聴くと「今の社会の風紀はこれほど悪くなってしまい、汚職や腐敗が蔓延している。その多くの原因は、江沢民の行った誤った政策によるものだ。今の社会の人間の道徳観念は地に落ち、どうにもならないところまで来ている。このまま進めばどうなるのだろうか? この現状を続けていけば、天も許さず、天罰を免れないだろう。この正常でなくなった社会を正すために私は、自ら勧んで署名するよ。何回でも署名する。署名しないと死んでも死に切れんよ!」と江沢民への憤慨を隠さずに語った。

2016-1-20-jingjin-signature-drive-2

北京市民ら361人が署名をし、皆が江沢民告発を支持し、応援した

 弁護士事務所で働いている従業員は「この16年間にわたり、江沢民がどれほど善良な多くの人々を殺戮(さつりく)し、苦しめてきたかを知ったよ。江沢民が権力を使い、上から下までどのように一般庶民を騙したかも知った。ありとあらゆる手段を使って、自分の私利私欲のため、生体臓器狩りなどをして暴利を貪り、法輪功をする良い人たちに、多くの許されざる人権侵害や、今もなおひどい迫害を加え続けている真相も知った。今回の署名を通して江沢民の告発を支持し、応援するよ。法の裁きを受けさせるべきだ。署名することで、私のこの願いがやっと叶った」と述べた。

2016-1-20-jingjin-signature-drive-3

車中でも、法の裁きを受けさせようと、「江沢民告発状」に署名してくれる北京出身の年配者

 北京市郊外に在住の荊さんは、「なぜ江沢民が法輪功に迫害を加えたのか理解できないよ。自分の妻はかつて多くの病気を抱えていたが、法輪功をするようになってから、見違えるように健康になった。自分は自らの目で法輪功の奇跡を目撃した」と言う。

 ある自営業者は「真・善・忍」を修めているのは良い事じゃないか! 健康な身体はお金をいくら払っても買えないものだ。江沢民は良いことをちっともせず、善良な法輪功の人たちを迫害している。今すぐに江沢民を裁判所に送って、裁きを受けさせるために、喜んで署名するよ」と言った。

 昔、中国共産党から迫害を受けた人は「共産党は我が家の財産をすべて奪ったんです。とっくに報いに遭うべきです」と言った。

 農村女性は「とっくに江沢民を告発するべきでした。江沢民は私達庶民に良いことをちっともしてくれなかったからね」と言った。

 ある村民は「法輪功学習者は、奪ったり争ったりなどしないのに、なんでこんなに酷い迫害を受けるんだ。皆、法輪功の人たちをお手本にすれば良いじゃないか。江沢民告発を支持し、署名するよ!」と言った。

 果物販売業者は「法輪功は良いものなのになぜ迫害されたのだ! 酷くひどく殴られて大怪我をしたり、障害者になった人、寝たきりになった人、歩けなくなった人、死んだ人を多く見たよ。江沢民を裁判所に送って裁判してこそ、初めて国民は安心して、幸せになれる」と言った。

 ある中年男性は「江沢民に裁きを受けさるべきだ。やっとこの時が来た。まったく無慈悲で、残酷なやつだ。幸い今日、足を止めて江沢民を告発する署名ができた。あの悪名高い江沢民を裁判所に送ることに賛同できて良かった。チャンスをくれてありがとうよ」と言った。 

(中国語)

qxbbs at 08:04コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月10日

明慧日本2016年2月6日】私は今年91歳です。息子の嫁は法輪功修煉者です。法輪功の修煉者は全部良い人です。私の家に訪ねてくる修煉者は皆親孝行をしています。テレビで法輪功の修煉者は悪い人と言っていましたが、私は信じていません。こんな良い人達を悪い人と言うなんて、テレビは信用できません。

  私が87歳のある日、息子の嫁と2人の修煉者が私の家に居るとき、突然10数名の警官が家に飛び込んできました。警官はその2人を拉致して、私の家をひっくり返してしまいました。

 そのとき、私は外で散歩していました。私は3時頃に家に帰って、家の様子を見てびっくりしました。息子の嫁は強制的に外に引っぱり出されていました。息子の嫁は私を見て、ポケットから数千元の金を私に渡しました。その後、警察に引っ立てられました。また、2人の女性警察が来て、笑顔で私に「伯母さん、そのお金を出してください。ちょっと数えますから。数え終わったら、かえします」と言いました。私は思わずお金を差し出しました。その2人は数え終わったら「このお金を持って帰って、調査しますから」と言って、私に返さずに行ってしまいました。警官なのに、人を騙すなんて、私は腹が立ってしかたがありませんでした。

 わたしは警官のリーダーに「先程捕まえた人の中に、一人の姑はもう数年間病気で家で寢たきりです。もう一人の家に約百歳ぐらいの年寄りが居ます。捕まえたら、その年寄りの面倒を誰が見るのでしょうか。早く釈放しなさい。私も87歳です。息子の嫁は煉功して、元気で私の面倒を見てくれています。法輪功を修煉することは法律に違反していません。悪いこともしていません。なぜ捕まえるのですか」と話しました。そのリーダーは「伯母さん、心配しないでください。少し話を聞くことだけです。すぐ釈放します」と話しました。

 しかし、1年間待って、息子の嫁が帰ってきました。「お母さん」と呼んだ時、一つの前歯がなくなっているのに気がつきりました。髪も白くなって、痩せていました。息子の嫁は良い人なのに、刑務所で多くの酷刑を受けました。

 その時から毎日、私は江沢民が一刻も早く捕まるように期待しています。警官は彼の命令で法輪功学習者を捕まえています。私は既に90歳代で、この世に長くいないでしょう。法輪功のために「法輪功を学ぶ人は全部良い人です。彼らへの迫害をやめなさい」と公平な話をしたいのです。

 今年の元旦、2人の娘が帰って来ました。私に「お母さん、髪が黒くなりましたね。顔色もいいですね。なんか若くなりましたね」と言いました。その2人の娘は70歳代です。私はその2人のお姉さんみたいです。2番目の娘が「お母さん、法輪功のおかげでしょう」と話しました。

 私は「息子の嫁は、法輪功のため、公平な話をしたら、善の報いがあると教えてくれました」と言いました。別にわたしは善の報いを求めているのではありません。もうこの歳ですから、子孫に福を積みましょう。 

(中国語)

qxbbs at 07:44コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月09日

明慧日本2016年2月5日】オーストラリア・南オーストラリア州の法輪功学習者は先月26日夕方、当州の州都アデレードで、年に一度開催される建国記念パレードに参加し、注目を浴びた。今年、参加した団体は150を超え、4千人余りの参加者数であった。約4万人の観衆が、建国記念パレードを大いに楽しんだ。全国各地で行われる祝賀イベントの中で、当州のイベントが最も注目を受けた。

 パレード当日は晴天に恵まれ、各会場の祝賀ムードも盛り上がった。夕方になると、各団体はそれぞれの国の各地区、各時代の民族衣装を身にまとい、花車や楽団、また踊りなどの形で、各自の文化を表現し、建国記念日を祝った。

2016-1-28-falun-gong-australia-01

法輪功チームの美しく着飾った民族衣装が、観衆の注目を浴びる

2016-1-28-falun-gong-australia-02

法輪功チームの花車は、その華麗さに観衆の多くが感嘆し、カメラのフラッシュを誘った

 法輪功学習者は中国の伝統文化の根源である修煉の文化を、花車の上で表現した。蓮の花の中にいる仙女たちが、花車の上で法輪功の第5式の功法を披露し、観衆の目を惹きつけ、カメラのフラッシュを誘った。その後ろを歩く唐の王朝と清の王朝の衣装を身にまとった高貴な姿をした貴婦人たちも、観衆の目をさらに一新し、大きな拍手と喝采を博した。その場にいた華人たちも後に「法輪大法チームは最も素晴らしい!」と誇らしげに語った。

 メーンスタンドを通る時、司会者は次のように紹介した。「法輪功チームは蓮の花で飾られた花車や古典衣装を身につけた人たちが特徴です。蓮の花は純潔、優雅、孤高な精神を表しています。法輪大法(法輪功)は中国古代から伝わってきた「「真・善・忍」を原則とする精神の修煉大法です」と紹介されると大きな拍手で迎えられた。

(中国語)
(English)

qxbbs at 07:41コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月08日

明慧日本2016年2月7日】旧正月が近づくと毎年、世界各地の多くの法輪功学習者は、明慧ネットに挨拶状を送ってきます。無私で慈悲深い李洪志先生に、新年のご挨拶とお祝いをするため、今年も李先生へのご挨拶とともに、手製のグリーティングカード、詩や写真などが多数送られてきました。

 本記事では、中国四川省、山東省、黒竜江省各地の法輪功学習者たちから、尊敬する李洪志先生に宛てて送られてきた32通の新年の挨拶状の一部をご紹介します。

 彼らの多くは、家族、職場、または地元の学法グループに属しており、挨拶文の中で、李洪志先生が法輪大法を修煉する機会を与えて下さったことを非常に感謝し、自らを向上させ、「真・善・忍」の原則に従い、世の人々に「法輪大法の素晴らしさ」を伝えていくことをお誓いしました。

2016-2-7-greetings-01

2016-2-7-greetings-02

2016-2-7-greetings-03

2016-2-7-greetings-04

2016-2-7-greetings-05

2016-2-7-greetings-06

2016-2-7-greetings-07

2016-2-7-greetings-08

2016-2-7-greetings-09

2016-2-7-greetings-10

2016-2-7-greetings-11

2016-2-7-greetings-12

2016-2-7-greetings-13

2016-2-7-greetings-14

2016-2-7-greetings-15

2016-2-7-greetings-16

2016-2-7-greetings-17

2016-2-7-greetings-18

2016-2-7-greetings-19

2016-2-7-greetings-20

2016-2-7-greetings-21

2016-2-7-greetings-22

2016-2-7-greetings-23

2016-2-7-greetings-24

2016-2-7-greetings-25

2016-2-7-greetings-26

(中国語)

qxbbs at 07:46コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月07日

明慧日本2016年2月4日】ブルガリアの首都・ソフィアでは先月23日、氷点下13度となり非常に寒かった。そのような厳寒の中で、法輪功学習者たちは市の中心・Serdicaという地下鉄の駅で、法輪功迫害と江沢民告発の真相パネルを立てて署名を求めた。

2016-1-25-falun-gong-bulgaria-01

学習者は市内の地下鉄駅で江沢民告発の真相を伝える

2016-1-25-falun-gong-bulgaria-02

学習者(左)が地下鉄出口で江沢民告発の署名を求める

2016-1-25-falun-gong-bulgaria-03

学習者(右)が地下鉄出口で江沢民告発の署名を求める

2016-1-25-falun-gong-bulgaria-04

学習者は市内の地下鉄駅で江沢民告発の真相を伝える

 多くの通行人がパネルを見て、法輪功迫害の首魁・江沢民に対して法的な裁きを要求し、告発状に署名をした。学習者は積極的に真相を伝え、江沢民告発の署名を求めた。

 若者が真面目に資料を読み、告発状に署名をした。

 女性が真相を聞いた後、「残酷な迫害や生体臓器狩りは信じがたい事実なのですね」と言って、江沢民告発状に署名をした。

 若者は「生体臓器狩りは許されないことです。恐ろしすぎて、人間のすることではありません」と言った。

 急ぎ足の女性は学習者に、「すみません、時間がないのですが、臓器狩りに反対し、あなたたちの反迫害を支持します。より多くの人がこのことをやるべきで、あなたたちは正しいです」と言った。

 大勢の人々が「本当ですか? 信じられない。怖いです」と言って、江沢民告発状に署名をした。

(中国語)
(English)

qxbbs at 08:17コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月05日

明慧日本2016年2月2日】(中国からの投稿)ある日、私は市場へ法輪功への迫害の真相資料を配りに行きました。

 市場に着いて、2人の男性に法輪大法の素晴らしさと法輪功学習者が迫害を受けている真相を伝えました。2人は真剣に聴いて、共産党関連組織からの脱退に同意しました。私は持っていた最後の2冊の本『江沢民その人』と『共産党についての九つの論評』を2人に渡しました。2人は喜んで「ありがとう、ありがとう」と繰り返して感謝しました。

 ちょうどその時、近くにいた三輪車に乗っていた高齢の男性が「私にも一冊ください!」と大きな声で頼んできました。私は「申し訳ありません、もう無くなりました」と返事しました。老人は2人の男性に「あなたたちのどなたかが、私に1冊譲ってくれませんか」と頼みましたが、2人の男性に断られました。老人はがっかりして私に「私は『江沢民その人』を持っていましたが、まだ読み終わっていないうちに、他人に貸しました。三週間経ちましたが、まだ返してくれません」と話しました。私は「次回の市場にくる時に、必ず一冊差し上げます」と約束しました。老人は喜んで携帯電話と自宅電話の番号を私に教えてくれました。

 次回の市場に行く日になって、私は約束通り市場に行きました。約束した場所に着くと、老人は既にそこで待っていました。「もう20分も待っていました」と言いながら、三輪車からある荷物を下ろし私の自転車の荷台に縛ろうとしました。老人は「連れが2個のかぼちゃをあなたに渡してと言いました。自宅に植えて作ったものですよ」と言いました。私は「結構です。修煉者は勝手に人からものをもらえないのですから」と答えましたが、老人は「受け取らないとだめですよ。連れが『あんな寒い日なのに、本を配ってくれるなんて大変です』と言ったのですから」と説明しました。

 私は「本を配るのは私がやるべきことです。感謝するのなら、私の師父に感謝してください」と言いましたが、老人は私に「師父にも感謝するべきですが、あなたにもかぼちゃをあげるべきですよ。今度、新しい資料があったら、忘れないで私にくださいね」と再び頼みました。

(中国語)

qxbbs at 07:25コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月04日

明慧日本2016年1月30日】米国ヒューストンの温かく晴れ渡り、澄み切った青空の下、今年1月24日、ヒューストンの法輪功学習者一同は、ハーマンパークで集団煉功した後、師父に新年のご挨拶を謹んで申し上げ、日頃の師父のご恩に手を合わせ、感謝を表した。

2016-1-25-falun-gong-houston-01

米国ヒューストンの温かい澄み切った青空の下、法輪功学習者一同は、師父に新年のご挨拶を謹んで申し上げ、日頃の師父のご恩に手を合わせ、感謝を表した

2016-1-25-falun-gong-houston-02

晴れ渡る青空のもと、清々しい気持ちで第5功法静功・座禅を集団煉功する 法輪功学習者たち

 スウィダさんは、最初武術を勉強したいと思い、フロリダ州で武術気功を探していた時に、法輪功と出会った。驚いたのは法輪功を修煉してから、これまでのイライラがなくなり、心が非常に落ち着き、穏やかな心境になれたことだ。今日も清々しい気持ちで、集団煉功に参加して、師父の今までのご恩に感謝を表した。

 ギリスさんもニコニコしながら記者に、「今日の天候は素晴らしく晴れ渡り、とても清々しい新年を迎えることが出来ました。この清々しい環境の下で、師父に新年のご挨拶を申し上げることが出来、本当に嬉しいです。ここのエネルギー場も非常に強く感じます。」と話した。修煉について、「法輪功の原則である『真・善・忍』は私の思想を根本から変え、体も丈夫に元気になりました。『真・善・忍』は、私の心の支えです。この教えに従うと自然と慈悲の心や、善の心が溢れてくるようになり、自分の生き方が変わりました。これは本当のことです。法輪功は私を変えたばかりでなく、新たな人生を、正しく生きる道を師父は教え、導き、与えてくださいました。本当に感謝いたします」と語った。

 ある中国系の年配者が、集団煉功している法輪功学習者の整然と煉功する姿や、その穏やかさに魅了された。この年配者は中国で文化大革命の経験があり、その時迫害を受けたことがある。法輪功への迫害の真相資料を読んで、非常に心を痛めた。自分も江沢民を訴えることを応援したいと表した。この年配者は、「法輪功を煉功することは素晴らしいことで、体も丈夫になり、元気になります。江沢民は、大勢の人が法輪功をすることに嫉妬し、法輪功を弾圧し、非常に良くない方法で排斥しています。あなた方は、ずっと李洪志先生の教えを堅く信じ、法輪功を何よりも信じています。あの悪名高い、腐敗だらけの江沢民を拒絶し、全く従わず、信じないため、江沢民は法輪功をひどく弾圧し、恐ろしい手段を用いて迫害しています」と切々と話した。

(中国語)
(English)

qxbbs at 07:41コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月03日

明慧日本2016年1月28日】中国河北省廊坊市の一部の区・県で、昨年9月から12月にかけて、江沢民告発を支持する人たちの署名が6096人に上った。江沢民告発状は郵送かインターネットで、最高検察院か、最高法院、あるいは中央紀律委員会に郵送されたが、インターネットでの送信は、受付されたものの、問い合わせ暗証番号が先方に受信された。

 押印のある「江沢民告発状」

2016-1-20-langfang-jubao-1


「江沢民告発状」は最高検察院・裁判所・中央紀律委員会に、郵送で受け付けられ、また、インターネットでの送信は、問い合わせ暗証番号も先方に受信された

2016-1-20-langfang-jubao-2


署名のある「江沢民告発状」

2016-1-20-langfang-jubao-3

「江沢民告発」に対して、中国の一般民衆の態度

 「署名しますとも。実名で署名しますよ」

 「署名します。北京へ告発しに行ってもいいし、怖くありません」

 「悪名高い江沢民を、私は告発し、すすんで署名します。告発は良いことです」

 「江沢民を告発すべきだ。あいつは、まったく良いことをしたことがない悪いやつだ」

 「署名するよ。わしはとっくに署名したぞ」と大声で言うと、周りの数人もすぐに署名に応じた。

 「あなたを探していましたよ。この前、名前をはっきり書いていなかったから、今日こそ、はっきりと書いておきます。私は怖くない。投獄されても怖くありません」とある年配の男性は言った。

 「私も告発してやる。あいつがあんなに善良な多くの人を殺しただなんて、信じられない。全く人間のやることではない」と怒りを露(あら)わにした。

 「街ではみんな江沢民告発の話題で賑わっているよ。私もその話に参加した1人だよ」

 「とっくに江沢民を告発するべきだった。あいつのせいで我々は皆失業したんだ」

 「中国の国土を売る呆(あき)れ返った奴だ。もう我慢ならない。告発してやるぞ」

 「実名で書くよ。本当に書くよ。早々に江沢民を逮捕せねばならない」

 「江沢民は国土を売り、自分の懐(ふところ)に入れ、全く罪のない良い人たちを迫害している悪いやつだ。告発すべきだ」

(中国語)
(English)

qxbbs at 09:24コメント(0)トラックバック(0)明慧ニュース  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
オンラインは読書する


Archives
Links




QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ