2005年08月15日

裂ける1

歩くとき、大またで歩くからですかね。
生地が傷んでいたようで
仕事中、足を組み替えたらスカートのスリットが裂けました!
悲しすぎる〜。いいかげん、大人の女らしく振舞わないと。
お裁縫が得意のJさんに応急処置をおねがいしましょ(T.T)

r1001m at 12:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 暮らし 

2005年08月11日

PCぶっ飛んだ1

今日は、ショゲてます。
一生懸命やったテープ起こし90分のセッションの中60分以上は終わっていたのに、ハードディスクが「カチ、カチ」ていいだして間もなく、きれいなブルースクリーンを見せてくれました。ふー。

もう、ダメだと思ったのですが、先生助けてとわが社のエンジニアに泣きついたら、データだけ取り出してくれまして、なんとか絶命は取り留めました。まるで、ブラックジャックのようだと、うっとりです。

あーあ。なんで自分では、こういう対応できないんだろう。

r1001m at 01:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0) お仕事 

2005年08月04日

アーキテクトは誰?4

 明日ディスカッションに向けて、忙しいパネラー方々はメールで最終調整をしています。CCに加えてもらっているので、外部の私は静かに見守るのみです。

 飛び交うメールを読ませていただいて感じた私のアーキテクト像は、想像力と設計能力が前提にあり、好奇心旺盛でコミュニケーションに長けている方という印象です。 好奇心は自発的なものなので、自分が好奇心旺盛かどうかはなんとなく自身で分かりそうですが、コミュニケーションスキルの能力があるかどうかを自己判定するのは難しそうです。
自己分析より他人から判定してもらえるとよいですね。
 でも、アーキテクトなんて新しくて注目をあびる職種になりたいと思う人がいるなら、その時点で条件を半分クリアしているようにも思います。その人は新しいことに興味があって、日本の未来を考えていて、ちょっと目立つのが好きってことでしょう?たぶん人と話すのも苦にはならないはず。

こだわり派な職人気質にはちょっと辛い職種かもしれません。

私がイメージするアーキテクトは、日本の未来を考えて薩長同盟を行った坂本龍馬がそれですね。


r1001m at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お仕事 

2005年08月01日

日が暮れるー

 昨日の夜は、あんまり恐いので結局ほとんど寝れませんでした。
なんか、物音にびくびくしちゃう。

仕方なく盗聴器をさがそうと思って
こんなことをして過ごしました。

・電話線を引っ張る
・コンセントの入り口のケースを外す
・電話を振り回す
・電話台を揺する
・床に耳をあてて、何かを確かめる
・犯人に説教する(盗聴器アリと仮定して)

ちゃんと寝たのは1時間くらいかな。おかげで今日は仕事になりません。
だんだん夜になりますが、自宅に戻る途中も気をつけないとならないし、
家に帰るの嫌だなあ(>_<)

r1001m at 17:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 暮らし 

ストーカー?1

 またしても、危険な嫌がらせにあってしまいました。昨夜は日付の変わった深夜まで警察のお世話になることに。
 昨日実家に日帰りで帰省した私は、普段より段取りが悪く、12時くらいに浴室へ向かい40分後にPCへ向かいました。しばらく日記を更新したりメールを確認したりすることに没頭していたのですが、ガシャッと妙な音を2,3回聞きました。自宅は簡単な造りのアパートですから両隣さんや上の階に住んでいる方の生活音がよく聞こえてくるので、その類と思って最初は特に気に留めませんでした。
 そこへガシャッとまた大きな音が響きました。なんとなく、違和感を感じてソロソロと音のする玄関のほうを覗いていると170センチくらいの身長の男性がドアの付近に立っていました。「え?何?」ととっさに口にすると(こういうとき私は悲鳴を上げることができないんですよ)、男は玄関のドアから逃げていきました。・・・呆然。
110番をしたら5分くらいで警察の方がパトカーで駆けつけてくれたため、あたりは騒然としました。あちこち点検をした後、犯人は土足でかなり部屋の奥の方まで進入していることが分かりました。鳥肌物です。
 部屋の中は荒らされた様子もなく、貴重品も無事でしたが、スニーカーの足跡があちこちにありました。警察が7つ道具で足跡や指紋のあとを採取していく様子がなんとも印象的でした。その後、私は何回も同じ質問をされ最後に10本の指紋と手形を取られました。

 その後横にはなったものの、物音に臆病になってしまい新聞配達が新聞を届けに来た音に飛び上がってしまいました。ここまでされると、どこまでの対策をすれば安心して暮らせるのかわからないです。

r1001m at 06:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 暮らし 

2005年07月29日

アーキテクトってなんだろうね

昨日、Tech・Edの最終日に行うパネルディスカッションの事前ミーティングに立ち会う機会に恵まれました。このパネルディスカッションの趣旨は、「どうすればアーキテクトの道へ進めるでしょうか」みたいなこと。

たぶん、パネルディスカッションに訪れてくれたお客さんが、アーキテクトという職種をステキと感じてくれたら、この企画は成功のはずなんですが、たくさんの「なんでなんで?」を感じました。ごめんなさい。どうしてもアーキテクチャという職業の魅力を理解するのが難しい。だって、どうやら日本にはアーキテクトという言葉がないころからアーキテクトに当たる人はいたんでしょ?なぜ今になって、改めてアーキテクトと定義付ける必要があるのでしょう?定義づけると、誰が喜ぶのかな。お金が儲かるのかな。
ミーティングでは、なんとなーく分かったような分からないような・・・。

ミーティングの雰囲気は熱がこもっていて、とても良かったです。登壇者として選ばれたみなさんが、思い思いにアーキテクトにいただいているイメージを語っていました。どうも選ばれた方々の間でも、アーキテクトのイメージは少しづつ違っているようでした。つまり、このお題って難しいのですね。アーキテクトという概念や定義より先に、アーキテクトという単語のほうが浸透してしまってて、みんなアーキテクトという大魔王にビクビクしているみたいです(?)。
アーキテクトになりたいなあって思っている人は、実際に今どれほどいるのかなあ。いるとしたら、それはなんでかなあ?
こんな、もろもろの疑問の答えは1週間後にきっと分かる?!
関連リンク:アーキテクト委員会(独立行政法人、情報処理推進機構)

r1001m at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お仕事 

before-after

Blogを始めたことを友達に教えたら、さっそく素敵に写真を加工してくれました。携帯で撮ったくら〜い写真も、手を加える栄えるものなんだね。ありがとうございます。
rieko-frame

r1001m at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月27日

始めてみました3

はじめまして。
マスコミ業界に勤める身としては、前々から無視できない情報発信源だと感じていたBlogですが、ついに私もBlogに挑戦してしましました。いざ投稿するとなると緊張しますね。
初心者なので、たどたどしいところがありますが、ちょっとずつ馴れていって、Blogのタイトルのように100%の自分を思う存分発信して楽になりたいなあ。
というのも、Windows Server Insisder編集部で編集の仕事をしているのですが、お恥ずかしながらWindowsの知識はエンドユーザーレベルとほとんど変わりません。こんな私がIT最前線で翻弄されると、エンジニアの方には想像もできない行動に出たりするもんです。端で見てると珍道中のようなのですが、あたしは本気よ!という、思いをどこかで主張しないといられないのです。昔は、社内でこっそりいたずらすることで、発散していたのですが25歳にもなりさすがにそんな子供じみた方法では成長できないと知りました。編集者なら編集者らしく、何らかの情報源から自己PRせねば!
また、このblogを通じて、エンジニアの視点とそうではない人の視点のギャップに気づいたりして、お互いが寄り添っていくきっかけをつくることができたら素敵だなあと思います。
さあ!いくのよ!編集者Rieko!ってなわけでどうぞよろしくお願い申し上げます☆
rieko-pink

r1001m at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お仕事