京都府営水道から供給を受けている基本水量が過大だとして、同府大山崎町が府を相手取り、2007、08両年度の基本水量決定処分の取り消しと、過払い分の料金返還を求めた訴訟の判決が18日、京都地裁であり、瀧華聡之裁判長は請求をすべて退けた。
 大山崎町は、府と結んだ協定は固定費負担を伴う基本水量ではなく、町の権利枠について合意したものと主張。これに対し、府は基本水量について合意したものと反論していた。
 訴状などによると、大山崎町は1998年3月、1日当たりの配分水量を7300トンとする協定を府と締結。府は2000年度以降、毎年、協定に基づき同量の基本水量供給を決定した。
 しかし、06年12月就任の真鍋宗平町長は、07、08両年度分の供給水量を同3407トンとして申し込んだのに、府は以前と同様、同7300トンの供給を決定したとしている。 

【関連ニュース】
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側
県独自課税、二審は「適法」=条例訴訟、いすゞが敗訴
檜原村長の敗訴確定=再雇用職員の賃金訴訟

<訃報>勝呂忠さん83歳=洋画家(毎日新聞)
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車-ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)
政権半年で首相「即決する時、自分の意思示す」(読売新聞)
「エコポイントは私の理論」??? 巨額詐欺事件のL&G元会長(産経新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)