r1100rt

新:まーぼーのBike日記■BMW R1100RT■

貧しくも楽しい、BMWバイクライフ♪ 愛車R1100RT(’00)とのツーリング(9割タンデム)、メンテナンス他… 合言葉は「楽しい貧マーLife!」

まーぼーのBike日記へようこそ!コメントはお気軽に♪

以前のブログはこちらからどうぞ♪
http://marbow.blog.shinobi.jp/
12 11月

HID装着のついでに(?)諸々整備

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

前回の記事でHIDの取付過程をUPしましたが、
その際、一緒に諸々の作業をやっていた事にちょっと触れていましたが、今回はその「別の作業」について書きたいと思います。
何故一緒に色々作業するのか?そんなの簡単な理由です。
カウル外してタンク浮かせるのに、HID装着だけやってちゃ勿体ない!ただそれだけですw

①ABSユニット&キャリパーからのエアー抜き
1ヶ月ほど前にABSユニットの交換を行い、ブレーキラインのエアー抜きも行っています。
その時の記事はこちら
その後、ツーリングで250kmほど走行、少しばかりリヤがスポンジーかなと感じましたので、
ABSユニットとキャリパーからのエアー抜きを再度行います。

QDSCF0645
作業にあたって、タンクを少し浮かせるために塗料缶を挟んでスペースを作り出しました。
先日のツーリング後に給油してないとはいえ、恐らくまだガソリンは12L程度入っています。
迂闊にタンクを降ろすと多分かなり重く、腰を痛めたりしてはいけませんので手抜きこれで妥協です。

QDSCF0635
ホラ、奥のほうのABSユニットのブリーダーバルブも見えるでしょ?

QDSCF0636
ここにホースとレンチを差し込んで、シリンジ(注射器)で引っ張りって作業します。
QDSCF0505
キャリパーでやると、こんな感じ。(画像は使いまわしw)
フロントはABSユニットからのエアーが多く、キャリパー側はほとんどエアー出ませんでした。
逆にリアはキャリパーからけっこうエアーが出ました。
おかげでリアのタッチはかなり良くなりましたね(^^)

②バルブクリアランスの調整
そろそろヘッドからのカチャカチャ音が目立つようになってきたかなぁ~と思いまして。
前回いつ調整したかな?と思ったら2年前でした。


勿論、作業の参考書は勿論コレ。作業手順は覚えていても、クリアランス値や締付トルクまで覚えてないもので・・・

では、プラグを抜いてヘッドカバーを外します。
QDSCF0637
↑右側シリンダー

QDSCF0638
↑左側シリンダー
私は保管場所の都合上(勾配があるので)センタースタンドが使えずサイドスタンドで停めっぱなしなもんで、
左側カバーを外すとオイルが出てきます。(右はほとんど出ず)
サイドスタンド保管についてはやたらとタブー視される傾向があるR259ですが、
私はサイドスタンド保管で7年間、計2台のR259ボクサーを維持してきましたが大きな問題は起こりませんでした。

それはさておき、早速クリアランス調整に入りましょう。
QDSCF0639
まず、前回確認だけで済ませたロッカーアームのガタ、今回は少し狂っているようだったので調整。
ここの隙間は0.1~0.4mm。私は調整する時はいつも0.15mmで調整します。
このへんの話は6年前の記事に詳しく書いていますので、詳細は割愛w

QDSCF0640
調整後は、緩めたボルト・ナットを規定トルクで締めます。
いま締めているものも含めてE45トルクスが3ヶ所ありますので、そこは18N・mで締付。
◯囲いの15mmナットだけはヘッド締付を兼ねているので20N・mで締付けた後、さらに180度の角度締め。

QDSCF0643
お次はIN(吸気)側とEX(排気側)のクリアランス調整。画像はEX側ですね。
IN側が0.15mm、EX側が0.3mmに調整します。
この部分の私なりのポイントは、キッチリ調整してもロックナットをトルクレンチで締める時に少しクリアランスが狭まるので、
それを見越して少し緩めに調整し、シックネスゲージを挟み込んだ状態でロックナットをトルクレンチで締める。
シックネスゲージが抜けなかったり、ユルユルだったりしたら加減を調整・・・という具合。

QDSCF0644
矢印のゴムパッキンがバイク側に残っている事が多いので、カバー側にしっかり嵌め直してズレぬようにカバーを再度取付けます。
このパッキンがズレた状態でエンジンかけると、オイルが漏れます。ポタポタ漏れます。
実際、この後漏れて大いに焦りました。(爆)


③HIDキットの取付
詳しくは前回の記事を見てください。

④スロットルボディ清掃&アイドリング調整
じつは③と④の作業はシンクロしておりまして、
まずアイドリングのスクリューの清掃を行い、スロットルボディ側の取付口からエンジンコンディショナーを少し吹いて通路調整。
QDSCF8582

QDSCF8584
(画像はつかいまわしですw)
スクリューを復元した後にエンジン始動させたい気持ちを抑えてHIDの取付一式を行い、
HIDの空焼きができる段階まできたら、エンジン始動し10分ほどアイドリング・・・

QDSCF0660
で、この時に左シリンダーからオイルがタラタラ漏れてきて焦ったわけです。(爆)
当然エンジン止めて、左のヘッドカバーまた開けて、プラグホールのパッキン調整して再度復元。

エンジンをかけた瞬間から、もう音が違う!バルブクリアランス調整が功を奏したのが雑味の無いサウンド。
今回は疲れたのでwスロットルボディ外しての清掃&バキュームゲージを使った調整は無し、
温まった状況でアイドリング回転数の確認、脈動の有無、フカした時のアクセルのツキや音等での確認のみ。
大きな問題なし、OK!
※勿論、何か違和感あれば調整します。

スロットルボディ関係の清掃・調整は今回時間の関係で割愛しましたが、
そこまで重労働でもないのであらためて行うつもりです。
しかし・・・澄んだ音で動くボクサーツイン、やっぱいいなぁ~(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




10 11月

R1100RTにHID取付☆

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

今月最初のブログで、HIDキットの内容チェックのお話まで書いて暫く間を空けたHIDのお話。
今回はいよいよ!取付編です。

何をするにも大きなカウルを外さない事には作業できないR1100RT、
今回もご多分にもれずカウルを外します。
ズボラな私でもさすがにタンクの外側とカウルの間に配線を這わせる勇気はありませんので、
タンクの内側、フレームに這わせて配策します。
ただ、タンクを外すのは面倒くさいので・・・

QDSCF0633
こんな感じでちょっとだけ浮かせて作業スペースを確保しました。
バッテリーとタンクの間で頑張っているのは耐熱塗料の缶ですw
この時、同時に奥に見えるABSユニットからのエアー抜き作業も行っているんですが、
その作業にはちょっと狭かったので、上にさらにハンマーを置いたりして高さを稼ぎましたw

ちなみに今回の記事ではHIDキットの装着だけ紹介しますが、じつはこの日の作業は
①ABSユニット&キャリパーからのエアー抜き
②バルブクリアランスの調整
③HIDキットの取付
④スロットルボディ清掃&アイドリング調整
という段階を踏んで作業しております。
他の作業についてはまた別の機会に紹介しましょう。

QDSCF0525
それでは、まずはこちらのリレーハーネスを解いて配線しましょう。

QDSCF0645
まず、バッテリーのプラスに確実に接続します。ハーネス自体は車体左側を走らせる事にしました。

QDSCF0646
プラスだけ接続した後、ハーネスの取り回し性のチェックのためタンク外側から充てがってみましたが、
おそらくアメリカンクルーザー系の車種でも十分な長さがあるんじゃないでしょうか?

QDSCF0647
タンク内側を通した後でも、これだけの長さの余裕があります。
切って繋いで加工したい衝動にも駆られましたが、トラブルの元になるのでぐっと我慢のコですw
しかしこのハーネス、これだけ長さに余裕があるものの、
アース配線だけは短くてバッテリーのマイナスに戻せないんですよね~。
しっかり車体アースが取れる場所を探してみると・・・

QDSCF0649
ありました!オーディオのノイズ防止シールド線のアースポイント。

QDSCF0650
ハーネスのアース線をこのように共締めしました。
※私はオーディオを使わないのでこの位置がベストと思い施工しましたが、
  オーディオを使う方はこのアースポイントを使うとノイズが乗るかもしれません。

QDSCF0651
車両側のH4ヘッドライトのコネクタとリレーハーネスを接続。
基本的に発光・動作させるための電気はバッテリーから直接貰うのですが、
点灯・消灯・上下切り替え等の動きはここからの電気を「信号」のように使うわけです。

QDSCF0652

QDSCF0653
バラストとバルブまで接続。ここでキーONにすれば点灯するはず・・・いよいよ動作テストです。

イグニッションキーを右に回すと・・・
QDSCF0654
点灯~!(^^)
HIDはじわっと色味を変えながら明るくなっていくものですが、3000Kのイエローバルブは通電後すぐは緑っぽいんですね。

QDSCF0655
ほら、少し時間が経てば黄色みが増して明るくなります♪

勿論、ハイ/ローの切り替えもチェックします。
QDSCF0658
ローの時のバルブ背面はこのような感じで、スリットは遮光板で塞がれていて明るくありません。

それをハイビームに切り替えてみると、
QDSCF0657
ライトの光る部分全体が下向きに引っ張られ、遮光板もそれにくっついて下にスライドするため、
スリットから光が出てきてハイビームの配光になるという仕掛けです。
ハイ/ロー切り替え、パッシングとも問題なく出来ましたので、動作確認はOK!
※エンジンをかけずに行っていますので、ササっと済んで良かった♪

無事動作する事が確認できて一安心、いよいよ固定に取り掛かりましょう。
まず第一に片付けないといけないのは、「バラストをどこに・どのような方法で取付るか」という問題。
お手軽に両面テープでオーディオコンパートメントやカウル内側に貼り付けても良いかと思いましたが、
やはりメーカーとしては熱が逃げにくくなるのでステー等を使って取り付けて欲しいようです。

ならば・・・と、付属のステーとバラストの穴位置関係を考えながら、あーでもない、こーでもない。。。
熟考の末、ステーをこのように装着。
QDSCF0659
このステーの長い部分を・・・

QDSCF0650-10
アースを共締めしたボルトの下、アッパーカウルのステーのボルトに共締めしました。

QDSCF0661
すると、こんな場所に出てくるんですね~。
勿論、ハンドルをフルロックまで切っても干渉しない事は確認済み。
ステー自体は手で曲がるくらい薄いので、振動で踊らないように数か所タイラップで固定しました。

QDSCF0668
ここまで来るとハーネス類の取り回しもある程度決まってきますので、リレー位置等も適当に固定。

QDSCF0660
ここまでやって、ヘッドライトユニット内にバルブを収める前に、エンジンをかけて「空焼き」。
HIDバルブを装着する際は、付着している油分等を焼き切るため10分ほど空焼きを行います。

この「空焼き」のためにアイドリング10分ほどやるので、事前にバルブクリアランス調整(冷間作業)を行ったわけです。
空焼きがあらかた終わるころにはアイドリング同調も済んでいるという段取り♪

QADSCF0663
無事ライトの中に収まり、点灯!(ロービーム)暗くなってからの画像が無いのが残念ですが、明るいです。

QADSCF0664
ハイビーム!上向き・下向ききちんとメリハリのある配光です。

QDSCF0667
カットラインも左肩上がりに立ち上がっているの、分かりますでしょうか?

未だ実際に夜道を走ってないのですが、夕暮れ前の試験点灯でも「力強い明るさ」だと感じました。
近々暗い時に引っ張り出して、光軸調整と夜間画像の撮影をしましょうかね。


↑今のところこの商品、「当たり」ですね♪

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




7 11月

何年ぶり?の一人でお散歩ツツーリング♪

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

11月頭の3連休、嬉しい事に晴れました!本当に久しぶりです(^^)
そんな中ですが、かえる妻はとある資格試験を受けるとかで直前追い込みの最中。
「一人でどっか行ってくれば?」とのお言葉を頂いたもので、あてもなくブラっと散歩に出かけました。

QDSCF0598
新しく買ったラフローのジャケット、初めて着ました。
行き先はぼんやり「房総方面」とだけ決めて、特に目的も無く・・・
主催者兼運転士なのに行き先を知らないミステリーツアーですw
というか、一人で走るのなんて本当に数年ぶりなもんで、すっかり勝手を忘れてしまってます。(爆)

QDSCF0604
市川市の自宅を出発して、湾岸道路で市原まで出た後高滝湖方面へ。

QDSCF0607
その後、養老渓谷へプラっと。
紅葉にはまだ早い時期なので渋滞はしていませんでした。

QDSCF0613

QDSCF0618
ブラタモリでロケしたらタモリさんが喜びそうな地層w

QDSCF0622

QDSCF0621
かえる妻が喜びそうな柿ww

QDSCF0623
RTも元気です!
交換したABSユニットもバッチリ動作していますし、
点火コイルとプラグコードを交換したお陰で2000回転くらいからグッとトルクが増した感じになりました♪
今回一人で、しかも3ヶ月ぶりにまとまった距離を走るので4000回転くらいまで回してシフトアップ、
意識してリハビリ的走りを心がけました。

ちょうど養老を出る頃が正午。
どこか昼食を食べるところを走りながら探しますがなかなか・・・
養老から勝浦方面に南下しますが、海沿いで海鮮でもと思いつつ山あいを東向きに進路を取る。
途中幸七(お蕎麦屋さん)近辺も通ったけど、一人じゃなぁ~と思いつつさらに進む。
いすみ市に入ると、「あ、そういえば・・・」と思い出したお店に。

QDSCF0627
らーめん あすかさんです。

ラーメン屋とはいえメニュー豊富な中、ロースかつ定食との決戦投票に勝ち残ったメニューは・・・
QDSCF0628
唐揚げ定食!

QDSCF0629
この画像をかえる妻にLINEで送ったところ、かなり悔しがっておりましたw

唐揚げ定食で満腹になった後は、お店から真っ直ぐ北上。
睦沢→茂原→東金→八街→佐倉と抜け、佐倉ICから高速に乗って帰りました。

QDSCF0630
結局、湾岸幕張のPAまでノンストップ。
あと20分くらいで帰りつく距離なのでそのまま帰っても良かったのですが、
ずっとステップに乗せていた脚を伸ばして喉を潤すために休憩入れました。
自宅着は16時、走行距離は250km程度となりました。

翌日にHID取付他のメンテを行う予定だったので、
本当はタンクを下ろす事を想定してもう少し燃料を減らす=距離を走っておきたかったのですが、まぁ良いでしょう。

本当に久しぶりだった一人でのツーリング。3年…いや4年ぶりか?
このツーレポを書くにあたり「一人ツーリング」に適当なカテゴリーを作っていない事に初めて気付きました。(爆)

というわけで、「ソロツーリング」カテゴリを慌てて作りましたが…今後記事は増えるのでしょうか?(大笑)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪





4 11月

東京モーターショーの間違った楽しみ方

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

東京モーターショー、いよいよ明日11/5までとなりましたね。
私も、平日の午前を利用して見学して参りました。
じつは我が社も小規模ながら出展者。
半分仕事という名目で平日に行けたんですね。おかげで人混みに飲まれず見学できました。

QDSCF0535
・・・とは言っても、開門10分前くらいに着いたらこの有様。
中はどうなる事かと思いましたが、ほどよく分散されたみたいで目立った混雑はありませんでした。

で、半分仕事ですので私は仕事着(スーツ)着用、見学を終えたら出社の段取り。
QDSCF0544
なので、K1600Bの展示車に跨ってもこういう写真になりますw
ホコリっぽいのでマスク着用で行ってたんですが画像に収まるとあまりに怪しいので、以後は外しましたw

で、この写真は誰が撮ってるんだって?良い質問です。
QDSCF0545
この人(かえる妻)です。(爆)
半分仕事・・・じゃ残り半分は何かといいますと家族サービスですよw
中免ライダーのかえる妻でも乗れるG310GS、跨った感じなかなかヨロシかったそうです。

勿論私も「半分は仕事」という事は忘れずに、自動車業界の隅っこでメシ食ってる身分として情報収集はキチンと行っております。
その上で・・・

QDSCF0554
ホンダの「なりきりMotoGPライダー」だか何だかいう楽しげなイベントにはきっちり参加。
(上の画像は知らない人ですw)
このマシン、けして転倒しているシーンではありません。

r_motogp_24
ホンダのMotoGPライダー、マルク・マルケス選手のコーナリング中のアングルなんです。
バイクを垂直から60度以上も寝かせて、膝どころかヒジまでも擦って安定してコーナリングしてみせる超人です。
上の画像も勿論転倒寸前ではなく、最高にキレっキレのコーナリングの真っ最中。
(画像はホンダのHPからお借りしました)

それを私らも、なりきれるんです!
QDSCF0555
じゃん!
昔ワインディングを攻めてた頃の経験が何となく役に立ってますねw
ま、別にヒジどころか膝も擦ってなかったですけどね昔でも…

それでは、かえる妻は…
QDSCF0557
ケロ~ん♪
ぶら下がっとるやん・・・まぁ小柄だからという事はさておき、
r_motogp_14
次回に備えて同じくらいの体格(160㎝…無いんじゃないかと言われてる)ダニ・ペドロサ選手のフォームを研究したまえ。

次、河岸を換えてスズキでも。
QDSCF0563
こちら、GPマシンに跨ってサーキット(フィリップアイランド)を1周できるという凝った演出。
とはいえマシンが傾きませんので、
QDSCF0566
ライダーだけ勝手に傾きます(爆)

QDSCF0568
最後はフィニッシュラインで決め!

QDSCF0574
かえる、攻めまぁ~す☆

QDSCF0587
かえる、決めまぁ~す(^^)

最後にヤマハで、YZR-M1ロッシ号に跨る。
QDSCF0589

QDSCF0591
私とかえる妻、身長は約25cm違うのですが、何故か2人とも跨った感じこのヤマハが一番しっくり来たというのも妙な話。
このへんがMotoGPヤマハがずっと安定して強い要因なのかもしれませんね。
扱いやすさという意味で。

というわけでキャンギャルにもコンセプトカーにも萌えず、
GPマシンに跨ってキャッキャ言うて終わるという間違ったモーターショーの楽しみ方をお届けしました。

あ、言うときますけど他んとこも2輪・4輪から部品までキチっと見て、15時ごろには職場に戻りましたからね!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪





1 11月

HIDキットの内容はコレ♪

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

前回の記事で楽太郎の検品の様子までをお届けした、HIDキット購入のお話。
QDSCF0519
詳しくはこちらから

楽太郎さんは中味の詳細までチェックする気は無いようですのでw、ここからは人間によるチェックです(^^)

まず、HIDキットのキモである、バラスト。
QDSCF0523
ここがしっかりしてないと安定した発光に繋がりません。

QDSCF0524
表・裏ともアルミのボディに、しっかりとしたコーションステッカー。
(表側にもTYPE-SSSの刻印あり)
「大陸からそのまま持ってきました」という造りでは断じてありません。
先人達の評価を見ると「少し立ち上がりが遅い」というレビューもありますが、
常時点灯が前提のバイクではさほど問題ではありません。

QDSCF0525
より安定した動作を求めて、リレーレスではなくバッテリーから電源を取るリレーハーネス付をチョイス。
消費電力が大きい55Wタイプですから、取付が面倒でもリレー付が良いだろうという判断です。
きちんとバイク用として作られたハーネスのようで、けっこう長さもありました。

QDSCF0526
バーナー(バルブ)もきちんと保護カバーに入って納品されてきました。
爆安のキットでは剥き出しで箱に入ってくるのもあるらしく…ちょっとした気配りの有無で全然印象が違います。

QDSCF0527
シェード(傘)先端部分もけっこう深く取ってあり、余計に光を散らさない造りになっているようです。
下側のスリット(切り欠き)の部分も、ロービームでは光が漏れないようにカバーが付いています。

ただ、そのカバーがちょっとズレてるようで・・・
QDSCF0528
ちゃんとカバーしとかないかんはずのバルブ根本が若干コンニチワしとりました。
指でチョイチョイと直せるものでしたので、修正しときました。

QDSCF0531
ハイビームの時はこんな風にシェードはそのままでバルブと黒いカバーが若干中に引っ込む事で、
スリットから光を出して配光するという仕組みですね。
ちなみに、黒いカバーのズレは修正した後です。きちんと真っ直ぐになってますでしょ?

QDSCF0530
今回私が購入したのは色温度3000K=イエローに光るタイプ。
その色味を実現するためでしょう、バルブは若干オレンジのような色合いです。
これが光るとどのようになるか・・・楽しみですねぇ~

ところで、このキットを購入していちばん感心したのがこちら。
QDSCF0521
取説です。
大陸製品にありがちな怪しいニホンゴ+妙なフォントではありません。
ちゃんと日本で企画して作られてるんだなぁと実感。(バルブ等の構成品は大陸製でしょうが)

QDSCF0522
取説の中味も詳しく、見やすいものです。
こういう所に、このお店の姿勢が出てるなぁと思いました。

QDSCF8664
前に購入したLEDバルブでは、少し頑張った形跡はありますがニワカ仕込み感アリありでしたからねぇ。(爆)


今回購入したのは、こちらの商品です。




私は楽天のポイントがけっこう貯まってたので楽天で購入しましたが、密林でも購入できます。
このお店を選んだ理由は、東京都内に実店鋪があるからという事もあります。
何かあったら相談できますし、不具合があったら見てもらう事もできるでしょうからね。

今週末の3連休で取付できると思います。前評判通り『使って尚良し』の製品である事を期待しましょう(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




29 10月

幸せの黄色いヘッドライトは車検OK?

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

前回の記事でHIDのキットを購入した事を書きましたが、
水曜の夜に注文して金曜の午前中には我が家に届きました(^^)

今回購入したのはコレ

HIDバルブ 製品保証 二輪車用品 バイク用品 リレーレス 55W H4 Hi/Low リレー付 1灯 オートバイ用 H1 H3 H7 H8 H11 HB3 HB4 LED付 実店舗有り 送料無料 【LEDT10付き/HIDとの相性抜群】

コイツの3000K=イエロー光をポチったところまでが前回の記事。

ところで、黄色いライト=車検NG(保安基準不適合)という認識がある方もいらっしゃるかもしれません。
認められる要件がありますので、以下に整理しましょう。

①平成18年(2006年)式以降の車両⇛ヘッドライトの色は白色のみ。
②平成17年(2005年)式以前の車両⇛ヘッドライトの色は白色または淡黄色。
③フォグランプは今も白色または淡黄色が許される。

つまり、「黄色いライトが車検に通らない」のは「2006年式以降の車両のヘッドライト」についてで、
私の2000年(平成12年)式R1100RTのヘッドライトは黄色くてもOKなわけでです。
ただし、青味が強いのやら、紫やピンクやらのヘッドライト・フォグは今も昔も車検には通らんのは言わずもがな。

届いたブツは早速、楽太郎が検品してくれました。
QDSCF0517
ちゃんとお店オリジナルの箱で届きました♪

QDSCF0518
「ふぅ~ん、これが中味ね。ふむふむ・・・」

ど、どうですか楽太郎さん??

QDSCF0519
「いいっちゃない?俺が食べれるもんでもないけん、どげんでんよか~♪」

…まぁ、ダメ出しされなかっただけでも良しとしますか。。。

ホントはこんな記事じゃなくて今頃はツーレポでも書いておきたいところなんですけど、
台風の影響で土曜の午前中からしっかり雨が降りおって今週も乗れず。
次の週末は3連休ですから、まぁ1日くらいは晴れるでしょう。
なんせ3ヶ月もツーリングに出てないので、ブツブツ愚痴のひとつも言いたくなりますよ^^;

次回、キットの内容について書いてみようと思います。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




26 10月

迷った末にHIDに決めた!

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

前回の記事でLEDヘッドライトの代替についてあれやこれやと書きました。
LEDヘッドライトについては黎明期(?)から人柱的にトライアルしてきました。

QDSCF8935
初代のLED。それなりに高級感「だけ」はありました。(爆)

QDSCF5140
ハロゲンに比べて明るくはなりましたが、「とらえどころのない明るさ」とでも申しますか・・・
発光部が大きく光が散る構造だったからでしょうね。
人柱と覚悟の導入だったものの、2コセットの両方ともほどなくチラつくようになり、代替。

QDSCF8659
それがこのGTX製。

QDSCF8685
そこそこ明るく、配光も前のに比べると良くなってはいたもののクッキリ感が無いのと、
色温度は6500Kだとかで少し青味が強いとこが不満でした。

DSCF0173
んでもって、9ヶ月ほどでチップ焼けで暗くなり、余っているもう1コも使う気になれず悩んだわけです。

今の主流であるH4の発光部を完全再現したLEDを買うか、
とにかく明るい(安村じゃないよ)のだけが取り柄のいわゆる爆光モノのLEDを買ってシェード加工するか。
それとも、今更ながらHIDの軍門に下るか。。。

【結論】HIDの軍門に下ることにしました。

光の広がりと見やすさを考えると、やはりHIDに軍配が上がるかな、と。
購入したのはコレ。


HIDバルブ 製品保証 二輪車用品 バイク用品 リレーレス 55W H4 Hi/Low リレー付 1灯 オートバイ用 H1 H3 H7 H8 H11 HB3 HB4 LED付 実店舗有り 送料無料 【LEDT10付き/HIDとの相性抜群】

HID-ya
しかもイエロー(色温度3000K)。
後付HIDで定番はほぼ純白の6000K、四輪の純正(標準仕様)HIDは4300K。
HIDは四輪では長いこと使ってまして、前車キューブのメーカーオプション4300K相当は本当に見易かった。
今のPOLOになってディーラーオプションのHIDを装着していますが、6000K相当で私にはちょっと白すぎるかな。。。
というワケであえて乱反射しにくい「黄色いほう」に振って、しっかりとした視界を確保しようという算段に。

なんせ私も45歳にもなりますと目が追っつかなくなりまして、正直蒼白色は辛いお年頃になったんです。(爆)

ただし、黄色い方向に振ると光が遠くに届かないので暗く感じる。
そこは有無を言わせぬ光量でカバーしちまえ!という事でパワフルな55Wをチョイスしたわけです。


HID h4 キット バルブ 55W H4 HIDキット バイク専用 H4 Hi/Lo 【HID/安心1年保証/ HIDフルキット / HIDバルブ / 55W /ヘッドライト/ HIDコンバージョンキット /HID/キット/バイク用品/H4】

定番として常に高評価のfcl製の購入も考えたのですが、バイク用1灯キットは6000K以上しか設定ないため、
3000K・4300Kが選べそこそこ評価も高い「HID屋」さんでの購入に至りました。
HID屋さんは都内に実店舗があってアフターの対応も期待できる事も購入動機ですね。

早ければ明日にも届くと思います。取付は来週かなぁ。
今週はできればイジるよりも走るほうに時間を割きたいんですよね。
まぁ、台風が来なければの話ですが・・・(涙)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




18 10月

次のライト選択に迷う…懲りずにLED?懲りてHID??

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

少し前の記事でLED H4ヘッドライトのチップが焼けた件を記事にしました。
この記事ですね

DSCF0173
Loビーム側(左側ね)のLEDチップが焼け気味になってしまったんですね。

QDSCF0174
コレ、昨年11月に装着して今年の7月にはこの状況でしたから…実質8ヶ月。
1年保証付いてたので購入元にメールで連絡したところ、
『交換用の同じ商品が用意できないので返金します』という回答を頂きました。

というわけで、購入価格の3,980円まるまる振り込まれてきました。
不良品の回収も無し。これをイイカゲンと呆れるべきか手間取らずと喜ぶべきかビミョウですがw

QDSCF8659
購入した商品は4輪用セットで、同じものが2組入っています。
R1100RTは1灯式ライトなので、焼けたのは1灯だけ。あと1灯は新品が残っています。
それを使ってもいいんですが、また寿命が長持ちしないんじゃないかと心配。
というわけで、残りの1灯を使う気は正直失せてきています。

それでは、こいつの代替をどうするか・・・

送料無料 LEDヘッドライト バイク用 ヘッドランプ LED H4 Hi Lo 6500K 1700Lm 小型 純正交換 ハロゲン 同形状 省スペース 取付簡単 12V 24V 【あす楽対応】

最近はこういう団扇型(と私は勝手に呼んでいる)の新しいタイプとか、


LEDヘッドライト バイク用 ワンピース 一体型 車検基準設計 CSPチップ H4 Hi/Lo 4000Lm 12V リード ハーレーダビッドソン BMW CBR CB CBX フュージョン TDR TZR VOX XJR XZ マジェスティ 【あす楽対応】
よりハロゲンに近い発光部を持つタイプとか、色々出てきています。


H4 / HS1 バイク用 ledヘッドライト バルブ ZRAY x M&H バイク用 LED BULB KIT( バルブ x1 ドライバー x1 )DC専用 h4 hs 1 【RCP】 02P05Nov16
ちょっと高いけど、安心の日本製にするか。。。

それとも、LEDは諦めて5~6千円のそこそこ信頼できそうなHIDにするか。

HIDバルブ 製品保証 二輪車用品 バイク用品 リレーレス 55W H4 Hi/Low リレー付 1灯 オートバイ用 H1 H3 H7 H8 H11 HB3 HB4 LED付 実店舗有り 送料無料 【LEDT10付き/HIDとの相性抜群】

選択肢は色々ありますが、価格と信頼性のバランスを見ながら暫く悩んでみたいと思います。
う~ん、どうしたもんかねぇ。。。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




15 10月

ABS修理の道程その4~交換完了!エア抜き大変だぁ~

ame毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

ABSユニット交換作業レポート、今回で終了の予定です。
前回までのおさらいも宜しくお願いします。
ABS修理の道程その1~初めてのタンク着脱~
ABS修理の道程その2~フルード交換とハーネス補修+α~
ABS修理の道程その3~ユニット脱着!工具はちゃんと揃えましょうw~

前回はABSユニットを取り外したところまででしたね。

QDSCF0500
バッテリーもABSユニットも無い状態ですと、広大な空間が出現します。
ABSレスにするんだったら、ABSユニットの場所に小型のリチウムイオンバッテリーを入れて、
残りのスペースを活用すればけっこう使い勝手のよい小物入れスペースができそうな気がします。

それはさておき、
QDSCF0498
旧いユニット(左側)も無事に降りましたので、いよいよ中古ユニット(右側)に換装します。
交換したユニットですが、いちおう捨てずに取っておきます。
もし交換したユニットがダメになったら、最初のユニットをリビルト用のコアにするためです。

以後、旧いユニットを外したのと逆の手順で中古ユニットを装着します。
具体的には配管4ヶ所の接続と配線関係の接続。ここで間違う要素はまず無いので詳細は省略。
QDSCF0501
ユニットの接続とバッテリーの復旧まで終え、あとはフルードの充填・エアー抜きの工程を残すのみ。
この状態でキーONにして電気を通してみましょう。
これでエラー状態が消えてくれれば…

QDSCF0502
消えた~ッ!!!
交互じゃなく同時に点滅する2つのABS警告灯、今のところエラーを検知していない証。
交換するまでキーONにしたら即交互点滅でしたので、この瞬間思わずガッツホーズしましたよ(^^)v

さて、電気的には動きそうな気配となりましたので、ブレーキフルードを入れましょう。
QDSCF0503
ここまで来たらサクサク進めますよ~(^^)
(RIDの時計が0時03分の表示なので、バッテリー接続して3分後にはこの作業開始してたみたい)

しかしまぁ、このABS付きのブレーキ系統は複雑だからでしょう、なかなかエアが抜けません。
私は過去何度か(ABS無し車の)ブレーキラインやマスターシリンダーを換える作業は経験してまして、
まずはレバーを暫くポンピングしていれば手応えがでてくるもんだという認識がありましたが・・・
こいつはなかなか手強い。
やはりABSユニット経由というだけで単純にラインの長さは倍以上、
しかもABSユニット内の構造も複雑でしょうからね。

というわけで次なる作戦。
QDSCF0505
シリンジ(注射器)で引っ張り出します。
最初はチュルチュルと気泡ばかり出てきますが、だんだんフルードが出てくる量が増えてきます。

QDSCF0504
最後は通常のレバー(orペダル)をストロークさせるエアー抜き作業を確認がてら行い、終了!

正直、シリンジ買っておいて良かったです。

AP プラスチック注射器【注射器 シリンジ】【スポイト 注入 吸引 オイル注し】【アストロプロダクツ】
1,000円しない商品ですが、有ると無しでは全然違います。


【DAYTONA】【デイトナ】【バイク用】プリズム マイティバック エア抜き用ツール【71123】
ホントはこういう負圧ポンプを使うツールがいちばん確実・簡単なんですが、ちょっと値が張るもんなぁ。

エア抜きも終わりタンク・カウルも復旧させてのテスト走行、
ABSエラーの発生も無く、通常のブレーキの効きも問題なし!
暫くはコレでイケるでしょう。イケるはずだ。できればイキいきたい。。。

とりあえず100kmくらい走ったら、もう一度念のためのエア抜きを行えば万全ですね。
今週は雨でしたし、次の土曜日あたりはちょいと走りたいぞぉ~!
(ほぼ3ヶ月ツーリング行ってないし)

さて、MotoGPもてぎラウンドの中継が始まった。中上貴晶選手、がんばれ!!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




12 10月

ABS修理の道程その3~ユニット脱着!工具はちゃんと揃えましょうw~

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

R1100RTのABS修理シリーズ詳細、第3弾です。

【これまでのあらすじ】
ABSエラーを消去後、少しメンテしたがやはりエラー発生
ヤフオク!で入手した中古のABSユニットに交換、OK!!

これだとあまりにザックリすぎるので、現在作業詳細をUP中。
①-1:タンクを下ろして現状確認
①-2:古いユニットのままハーネス補修とフルード交換
ここまでUPしましたので、本日は中古ABSへの交換の詳細です。

Yoku_ABS
まずヤフオク!で落札したABSユニットは、走行3万km弱のR1100RTで稼働していたもの。
業者さんが走行可能車両を解体して様々な部位のパーツ単位で売っているようです。

調べたところによると、R1100系のABS2のユニットは見た目は同じでも回路(配線?)がモデル別に異なるらしく、
RTにはRTの、GSならGSのユニットに交換しないとダメなんだそうで。
というわけで、「R1100RT ABS」で絞りこんで検索、本体税抜き8,000円台で残1日で終了する出品に入札。
誰とも競る事なくwサクっと落札できました。

この時に出品されていたR1100RT用ABSユニットは、これを含めて4点ほど。
不動ジャンク扱いで2,000円台から、動作確認済(らしい)の4万円弱のものまで。
解体前に動作しており、価格と走行距離のバランスに最も優れたものを選んで落札しました。

QDSCF0485
落札から数日後、佐賀県からクソ重いブラックサンダーの箱が届きましたw

QDSCF0489

QDSCF0487
商品説明に「断線あり」と記載ありましたが、
画像を見る限り「断線」ではなく解体の際に「配線を切断」して外したと判断し入札しましたが、正解でした。
ユニット自体も製品として相応にクリーニングされていましたし、梱包もシッカリしていました。

それでは、実際の作業開始!
QDSCF0491
まずはABSユニットを取り外すための作業スペースを確保するためにバッテリーを外します。
バッテリーにABSユニット、合わせて15kgの塊がエンジン上に鎮座…これ無かったら確かに軽いでしょうね。
前回ハーネス補修&フルード交換のついでに点火コイルも交換してるので、標準のからやたらと小さくなっています。

QDSCF0492
意味もなくユニット2つ並べてみるw
カットしてある配線が入り込んでるとこの樹脂カバー(FAGと書いてある)、
軽くマイナスドライバーを差し込んだ後に上方向にスライドすると外れます。

QDSCF0494
まずは、既設のユニットの配線を外します。
メガネ端子を留めているネジ2本と、真ん中のコネクタ1ヶ所。
端子のネジは左側は8mmのソケットですぐに外れます。右側もサクッと…と思ったら8mmサイズが空回りする!
「うひゃ~!これ多分6mmやん!」と6mmのネジ外せる工具探したけど、無し。
手持ちのモンキレンチやロッキングプライヤも入らず、ラジオペンチでは回せない。

仕方なく近所(バイクで5分)のホムセンで6mmのソケットを物色。
ついでに6mmと7mmの組み合わせのメガネレンチも見つけて、高価じゃなかったのでついでに購入。

↑コレですね

買う工具はすぐに見つかったので、ついでに買うものは無いかと(←この発想はよく考えたらおかしいw)ホムセン内をぶらぶら…
というわけで、見つけたのはすぐでも買ったのはけっこう後。(爆)

で、帰ってすぐに6mmのソケットを
がレンチに差し込んで右側のネジをやっつけ・・・

やっつけられない(TдT)

6mmのソケットが入らない!んでもって8mmのソケットがゆるゆる・・・
ガッデーム!!7mmかい!!(爆)
いやぁ、ついで買いした6mm×7mmのメガネレンチが早速役に立ちましたですよ。(汗)

QDSCF0479
んで、逆側のメインのコネクタも外せば配線関係はOK。

お次はオイル配管を外します。
私はリザーバタンクからキャリパーまで全てのラインのオイルを抜きましたが、
ラインのオイルを抜かず、上手に漏れ止めの蓋等カマせながら作業する方法もあるかもしれません。

その後、ABSユニットに繋がる配管を外します。
QDSCF0495
で、この配管を外すナットがこれまた困ったことに11mmサイズという…(汗)
11mm、私はメガネレンチは9mm×11mmと11mm×13mmの2本も持っているんですが、
この配管を外すのは口が開いたスパナ等が必要…
さすがに買いに行く気力は無いので、モンキレンチで作業しちゃいました。(←自己責任)

QDSCF0497
何とか4本全てモンキレンチで外したところでお昼の時間でランチブレイク。

ここまで読まれてお分かりかと思いますが、
この作業をするには通り一遍の工具セットお持ちの方でも、次の2点があるかチェックだけはしときましょう。

・7mmのソケット(できればディープ)、せめてオフセット角があるメガネレンチ
・11mmのスパナもしくはクロウフット


↑こんなのね。
私もクロウフットのセット持っているんですが、11mmはセットに入ってないんですよね。

いじょ、作業は工具をバッチリ揃えるか、ホムセンが近い家で行うようにしましょう。(爆)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




9 10月

はじめての「満タン」(^^)

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

この週末はいちおう世間並に3連休だった私ですが、
諸々予定が噛み合わずツーリングには行けず終いでした。
次の週末はMotoGPもてぎラウンドだからツーリングどころじゃないし…
(注:見に行きません。TV観戦ですがCSの生中継で見るもので・・・)

今日は午前中はジムに行く事にしましたが、折角なのでRTで出かける事に。
Q1507512171886
休日ジム行く時はかえるマシーン(PCX)を借りて最寄駅の駐輪場に停めるんですが、
同じとこに初めてRTで進入しました。排気量制限等無いので利用し易いとこです。
駐輪場のおっちゃんが「ビーエムの単車は珍しいですよね~、ここじゃ初めて見ましたよ」と声かけてきた。
そりゃねぇ、街中では取り回しの悪いバイクですからねぇ。
棲む水域が違うんですね。川で網張ってたら深海魚がかかってきたようなもんでしょう。(爆)

Q1507514982135
ジムでは筋トレとペダル漕ぎで汗を流しました。
3月ごろに体調崩してから落ちたパワー、やっとの事で戻って最近は向上傾向になってきました♪

それはさておき、バイクの話。
ジムの行き帰りで走行距離は10kmチョイといったところなんですが、
交換したABSの動作、ブレーキの効きとも無問題!
ブレーキは短いツーリング1本走ってからもう一度エア抜きしたら完璧でしょう。(^^)

ちょっと嬉しかったのが、コレ。
Q1507511021309
行きがけに満タン給油したんですが、RT購入してまる4年経過して初めてRIDの燃料計が満タンを指しました!
コレ、絶対にタンクを外した際にコネクタに接点復活剤吹いてクリーニングしたお陰です。
従来でしたら、赤枠で囲んだバー2本は点灯してませんでした。
給油直後に走って燃料が揺れると上から2本めが一瞬点灯するくらいで…
今回10km走ったくらいでは満タンのままビクともしなかかったんです。

アタリマエの事なんですが、何だか嬉しかったですねぇ(^^)

あと、前回交換した点火コイル&コードの影響か、中低速のフィーリングがかなり向上しましたね。
QDSCF0481
今まで点火系はプラグの交換しか触ってなかったので、やはり経年劣化は大きかったのでしょう。
ABSはこれで直ったとしてw、あとはバルブクリアランスと吸気同調を調整すればかなり気持ちよく走りそう。

Q1507511027449
しかし、思わぬ副産物だった「満タン表示」の復活。
あまりツイてなかった今年ですが、これから数ヶ月は良い運気かな?とか思ってみたりw

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪




8 10月

ABS修理の道程その2~フルード交換とハーネス補修+α~

)毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

さて、前回の記事でタンクを外したところまでレポートしましたが・・・
QDSCF0457
さて、何から手をつけますかね・・・という事で、まずはブレーキフルードを交換しましょう。
リサーチしたところR1100系のABSⅡは基板よりもメカトロ部分に不具合が出る事が多いらしく、
油圧発生させるポンプ・プランジャー系のオイルをきっちり換えてる事で、コンタミ(不純物)の噛み込み等が不具合の原因ならば直るかも…という事で。

QDSCF0459
フロントのリザーバタンクにはコインを沈めて(この日は予算の都合上1円玉w)、
まずはABSユニットのブリーダープラグから抜いてみます。

QDSCF0458
進行方向右側がフロントのブリーダープラグ。う~ん、ゴミ混じってんなぁ。。。

QDSCF0461
こちらがリヤ。フルード自体はフロントより澄んだ色ながら浮遊物はより目立ちます。
両方ともゴミが見えなくなるまで交換しました。

さて、次はおんぼろハーネスのチェック&補修です。
QDSCF0463
ABSユニット周辺のハーネスは勿論ですが、

QDSCF0468
まったく関係のない部分も被覆がパキパキになって配線が露出してます。
ちなみに上の画像はO2センサーの車体側コネクタからコンピュータに向かうハーネス。

QDSCF0474

QDSCF0475
他にもタンクに繋がるコネクタや、

QDSCF0473
インジェクタの配線もズルムケですw

QDSCF0476
このあたりの被覆、まとめてハーネステープで保護し直しました。
奥まった部分はテープが芯に巻いたまま通せないので適宜テープをカットしながら巻きつけ…
正直ダルいのなんの。(爆)

QDSCF0469
外したコネクタ類は全部接点復活剤をスプレーしました。
タンクに繋がるコネクタにも塗布したからか、燃料計のレベルが1目盛り上がりました(^^)
満タン給油時でも2目盛り残して決して満タンを指す事が無かった燃料計。
次回給油時にどうなるか楽しみです♪

QDSCF0472
折角なので内圧コントロールバルブ(KTM純正バックプレッシャーバルブ流用)の状態もチェック。
思いの外汚れてなく、中のスプリングの動きも柔らかいままだったのでチェックのみ。

QDSCF0479
こちら、ABSユニットに繋がるでっかいコネクタ。
これだけ多くのピン数がありながら、実際には配線が繋がっておらず遊んでいる極が多数。。。
なんか、質実剛健なフリして無駄なような…気のせいですかね?(笑)

QDSCF0477
で、ハーネスの被覆を触るにあたり、必要にかられてあちこちの結束バンドを切りました。
どの部分の太めの結束バンドでギッチギチに締め付けてあります。
RTの場合はハンドルやサスペンションに合わせて動くハーネスは少ないのですが、
前車(ネイキッドのR1100R)はステアリングヘッドまわりに配線が集中してて、
ハンドル切るたんびに締め上げられたタイトなハーネスが動くもんで痛みが不具合に直結して大変でした。
先進的電装品を積極的に採用する割に、そのへんの造りが悪いってのもどんなもんでしょうねぇ。

QDSCF0482
被覆が破れて露出している部分は目視レベルですが断線が無い事を確認の後、
汗かきながら、変な姿勢が翌日の筋肉痛を呼びながらハーネステープを巻いて巻いて・・・
結束バンドは「動かないけど、縛り上げない」程度の塩梅で止めて一連の補修は終了。

まぁ結局この作業ではトラブル根絶とはならなかったのですが、
ハーネスに関してはABSユニット交換後も残りますので無駄な作業では無かった・・・はず。(爆)

最後に、タンク外したついでの作業。
点火コイルとプラグコードを交換しました。
QDSCF0480
右側がRTに標準でついていたノイズシールドタイプのコイル&プラグコード。
ラジオへのノイズ防止のため外側を覆い、GNDに接地するような構造になっています。
海外では白バイ仕様(無線へのノイズ対策品)の部品として設定しているようです。
プラグコードは少し硬くなっていましたが、コード部だけ部品で出ないんです。
というわけで、左側の他のR1100系の標準点火コイル+ウルトラ(永井電子)のシリコンプラグコードの組み合わせに交換します。

QDSCF0481
交換自体はとても簡単。ついでの数分で交換できて良かったです。
近日プラグも交換する予定なので、それで点火系のリファインは完了となります。
しかし、ウルトラのプラグコードといえば赤のイメージが強いのであえてグレーを選んだのですが、
ちょっと地味だったかな。。。純正の黒より地味さが強調されています。(爆)

この作業までやってタンク・カウルを元に戻した後に試走に出かけ、エラー発生無しを確認。
作業に満足し、これでしばらく様子を見れるな…とバイクを保管場所に戻すべく動かしたところでABS警告灯点滅!

ここから、中古(ヤフオク)ABSユニット交換作業へと繋がるわけですね。(汗)

次回は中古ユニットへの交換作業をUPの予定です。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪





5 10月

ABS修理の道程その1~初めてのタンク着脱~

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

ずっとABSの故障・修理関係の話が続いてまして…
あんまり引っ張って「で、結局直ったの?」とやきもきさせるのも何なのでサクっと結果をUPして
一服の清涼剤的にウェアのネタ+犬画像でブレイクを挟んでみましたw

というわけで、「後ほど詳しくUP」と書いてしまったので書かないわけにはいきません。
今回から暫くは修理ネタとさせて頂きます。

では、まずは中古ユニットへの交換を決意するまでの工程を。
・タンク外し
・ハーネス手直し
・ブレーキフルード交換

このあたりですね。

まず、今回手を入れたい箇所にアクセスするにはタンクを外さにゃいけません。
タンクを外すにゃカウルを外さねばなりません。
QDSCF0449
そこで、最近まで存在すら忘れていた電動ドリルドライバ。
ちょっと使ってみようかねと思いつきでカウルのネジ脱着に使ってみたら・・・

便利ですわコレ(^^)

以前ぽてちさんが電動ネジまわしが欲しいなんて書いていた時に「このナマケモノめ!」的所感を抱いていたのですが…

便利っすよ、ぽてちさん!(爆)

私のはか~なり力もなくトロいのですが、逆に締めすぎ等にならず良いかな。
もすこし早回しが利くと良いかなとは思いますが。

カウルを外した後は、いよいよタンクに取り掛かるわけです。
QDSCF0452
ここまで来ると矢印のネジ外して、ホース外して、コネクタ1ヶ所外せばタンクは降りるはずなんですが…
タンクから伸びる燃料ホース、うちのはコネクタ式じゃなく単純にホースバンドで留めてあるタイプですので、
クランプ式のストッパーで燃料漏れを防ぎます。

QDSCF0450
オーディオのケースがタンクに固定されていて、それを外す必要がある。
そのためにはこの樹脂製の飾りナットを外す必要がある・・・
それを理解して、実際に外せるまでにけっこう苦戦しました。(根本は六角形ながら、丁度合うレンチが見つからなかった)

QDSCF0453
やっとの事でタンクが下りたら、まぁホコリだらけで汚いこと。。。

ハーネスは予想どおり・・・
QDSCF0457

QDSCF0455

QDSCF0456

QDSCF0462

QDSCF0464
まぁ~ボロい(;´∀`)

被覆の素材が悪いのか、無理くり曲げたり強く締め上げたりする配策だからか(おそらくその両方でしょう)、
あちこちで中の電線がコンニチハしとりますw
救いはそのコンニチハしてる電線が切れたり剥けてショートしたりした形跡は無かった事。
※後ほど確認しながら被覆を修復しました。

QDSCF0454
点火コイルは、下調べした通りノイズ防止シールド仕様。
海外ではPOLICE仕様の部品として使われているようです。
以前プラグコードを調達する際に、このタイプだとコードだけ交換不可とリサーチして標準仕様のコイルも買っといて良かった♪

今回の一連のメンテではABS関連以外は基本的に手をつけなかったのですが、
この部分だけは簡単に交換できそうだったので例外的に手をつけました。
その詳細は次回以降で。

さて、このメンテシリーズは何回続くのでしょう?
完結まで連続掲載とはいかないかもしれませんが(飽きっぽいので…w)、
読み切り的に他の話題も差し込みながら書いていきたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪



2 10月

22年ぶりのROUGH&ROADジャケ購入

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

私、春・秋シーズンは長いことBATESのジャケットを着用しておりました。
Q2009aso
残っている画像ではコレで古いほう(2009年阿蘇)なんですが、モノ自体は15シーズンくらい着てますw
少し高かっただけあってしっかりした作りで、しかも実際着る季節は「暑くもなく、寒くもなく」な季節だけという事で長持ちしましたね。

しかし、ここ2-3年ですっかり日焼けしてしまったようで。
Q170415XM1_9148LrJ
黒だった生地がすっかりレンガ色になってしまいまして。
さすがにそろそろ代替するかという事で夏前から物色はしておりましたが、
予算と仕様が合致するものがなかなかな無くて。
(勝手に予算を引き上げるとオソロシイ事が…以下略)

比較的近くの用品店はあらかた見てまわったので、少し遠いけど川崎のラフ&ロードまで出かけてみました。
ラフローのウェアは元々価格設定が安めなんですが、
アウトレットで満足いく商品がうんと安くなっていたので、購入!

QDSCF0425
それがコレです。
RR7235 ウォーターシールドオールウェザージャケット。
既に型遅れの商品ですが、15年前の赤茶けたジャケットに比べれば最新モデルみたいなもんです。(爆)

QDSCF0423
購入にあたっての絶対的な条件は「ベンチレーション完備」である事。
暑くもなく、寒くも無い時期に着るとはいえ不意に暑くなったりしますからね。
こいつは肩口と袖にインレット、背中にアウトレットがあり合格点。
色も黒色は飽きたのでグレー・紺・茶系を考えていたので丁度良かったです。

しかもジャケットの中にタンデムグリップが仕込んであったり、背中にタンデマー用のポッケがあったりと
タンデマーが喜ぶ装備も満載です。(買ってから気が付きましたがw)

QDSCF0427
そしてこの素敵なお値段♪掘り出し物バンザイであります(^^)
ラフ&ロードのジャケットを購入するのは22年ぶりくらいかな?初めて買ったバイク用のジャケがそいつでした。
で、それを暫く着て赤茶けてしまったベイツを買い、またラフローに戻ってきたって事ですね。

QDSCF0428
浮いたお金で楽太郎の衣装(頭巾?)も買えました。(爆)

QDSCF0439
「こげなもん要らんとに…しかも浮いたお金って言うばってん、これ300円やないね。。。」

まぁまぁ、あなたの愛らしさはプライスレスですよ…(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪


30 9月

ABSユニット交換完了、直った!・・・はずw

毎度ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

前回の記事で書いたように、中古のABSユニットをヤフオクで落札しました。
こちらからおさらいして下さい

その中古ABSユニット(送料込み1万円そこそこ)が木曜日に届きました。
QDSCF0485
ブラックサンダーを大人買いしたわけではなく、この中にずっしり重いABSユニットが入っています。

QDSCF0489
電気モノなので動作させてみなければ分かりませんが、ヤフオクの商品画像通りの品物でした。
商品のタイトルに「断線あり」と書いてありましたが、これはユニットから出ている配線の事。
外すのが面倒くさかったのか外し方がわからなかったのか、プッツリ切断してあります。
だから断線じゃないだろ…と思い落札したわけです。

細かい作業内容は後日詳しくUPする予定ですが、
QDSCF0492
右の最初から着いていたユニットを取り外し、左の今回購入したユニットに交換します。

QDSCF0494
配線は切断せずとも、手順を踏めばこのように外れますw

QDSCF0500
ブレーキフルード全部抜いて、配管を外して「空き家」になったABSユニットの住処。

QDSCF0501
すぐに次の住人(ユニット)がやってきて、配管と配線を繋ぎ直して生活を始めました。

フルードを入れる前にバッテリーも接続し、動くかどうか恐る恐るキーをONにすると…

QDSCF0502
正常動作(同時点滅)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

マジでガッツポーズしましたよ、この瞬間w

QDSCF0506
フルード充填→エア抜きと行った後試走も行いましたが、動作に一切問題なし!
…今のところね(爆)
多分、直ったと思います。多分ねw

いやぁ、これで一安心ですよ。1万円+早いタイミングで直って(るよね?)一安心というところ。
これで秋のシーズン、少しは走れるな(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村↑ブログランキング♪ポチっとして頂けると励みになります☆↑
twitterもよろしく♪


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
にほんブログ村
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
よろしかったらポチって下さい♪
  • ライブドアブログ