伊豆を釣り世界を釣る ~山本空釣行業~

伊豆半島(&離島)縦横無人に釣りまわって潮風浴びてる静岡県三島市在住の22歳 空振り釣り師。 伊豆の魅力と美しさを気が済むまで、おいしい情報・うれしい情報をなんとか書き綴ってます‼ 全然、気軽にコメントください!(^ω^)


    釣りを通して成長・出会い

    観光、釣行、人柄、いろんな魅力をもつ伊豆を世界へ

    「つりぃずサポーター」こと貢献しています!
    (釣り伊豆サポーター = Trees Supporter)

    Trees Supporter
    ⇒Trees=木々 Supporter=応援、支援
    木々がある山々の恵みで海に資源が生まれることから、
    小さいことから環境美化に取り組んでます!

    Youtubeも少しずつ投稿していきます!
    https://www.youtube.com/channel/UCLAD26LdThTeEHV-u7piSgQ

    陸っぱり

    本日も勝手ながら、今調子の良い伊豆・沼津のヤリイカ釣りをすべてお伝えします!

    気になると思いますが、まずは・・・。
    にほんブログ村 釣りブログへ
    ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
    「ポチっ」と応援よろしくお願いします!!
    このブログのポイントになります‼

    {仕掛け等々}

    まずはエサ巻きテーラー(ピンク)でタナは2ヒロ~3ヒロ

    ピークは夕間詰~9:00くらいです!

    釣れてない僕は他人の情報を左から右に流すだけなんですけどね(*_ _)

    ちょっと渋いかもしれないかもしれないですけど、竿を振りに行ってみてはどうでしょうかね?(^^)/

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    最後までお付き合いありがとうございます(*_ _)
     

    見てくれたら、
    上の画像を「ポチっ」と1クリック(=1投票)お願いします!
    ブログポイントになります!
    更新の励みになります(^^)/


    【年明けの風物詩=ヤリイカ<vol.38>】の続きを読む

    さてさて、今回は沼津のヤリイカ爆釣に便乗して、
    弾丸で沼津某所にいってきましたや!

    りょーすけさんには夜遅くまで同行してもらい感謝です(__)

    9:30くらいからの釣行開始でしたが、

    足保~大瀬崎まで車ズラーっ、人ズラーっ

    なので偶然空いてた長い堤防でエサ巻きテーラーぶん投げてました!

    期待できない釣果がちょっとでも気になった方('_')
    にほんブログ村 釣りブログへ
    「ポチっ」と応援よろしくお願いします!!


    実は日が明けるまで、無反応・・・。

    あれ?! どうしたんだ・・・?


    1/4・5に漁師さんが4トン近くのヤリイカを収穫したとかなんとか聞いたけど・・・。


    まぁイカにも都合があるんでしょうね。

    人間の活性をあげるには初めの1杯が欲しい。


    途中から、富士の方が一人でやってきて、いろいろなお話してました。

    口ばかり動いて、ウキは動かない・・・。

    「あっ、流れ星だ!」 なんて海じゃなく空を見る始末。


    数分後、「あれ、お兄ちゃん(僕)ウキなくない?」

    「お~っ!  きたー!! すぐ巻きます」

    「ついてるかな?ついてるかな?」

    ついてた~!
    写真 1 (5)

    なんだ?ミニチュアサイズですやん・・・。

    「記念の一杯目持って帰んな?」

    う~ん、かわいそうだけど、この一杯だけと、いただきました。


    その後も渋々で、しまいには冷たい風吹いてくるし、




    ~ヘッドライト電池交換中~

    「お兄ちゃん、また沈んでるよ?!」

    「きたきた~! (ついてろよ!ついてろよ!?)」

    写真 3 (5)

    よっしゃゲット~!

    小さいメスでしたが、綺麗な色でした!

    その後も3時半まで粘り・・・。


    ミニチュア1杯
    メス(25cm程度)2杯


    で納竿!

    写真 5

    こんな感じでございましたとさ!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    最後までお付き合いありがとうございます(*_ _)
     


    見てくれたら、
    上の画像を「ポチっ」と1クリック(=1投票)お願いします!
    更新の励みになります(^^)/




    このページのトップヘ