「勝手に名前を使ってしまった皆さんに大きな迷惑をかけた」。

 鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」を巡る偽装献金事件で、29日に東京地裁で開かれた元公設第1秘書・勝場啓二被告(59)の初公判。「故人」の名前まで無断使用し、政治資金収支報告書を偽装した“元金庫番”は証言台の前でうなだれ、起訴事実を認めて陳謝した。検察、弁護側はいずれも証人申請は行わず、首相の政治資金を巡る不正を審理するための裁判は、わずか2時間弱でスピード結審した。

 午後1時30分。紺のスーツ姿の勝場被告は、入廷する際に深々と頭を下げた。平木正洋裁判長に職業を尋ねられると、消え入るような声で「無職です」と返答。うつむき加減で肩を落としたまま、約10分間、起訴状の朗読に耳を傾けた。

 被告人質問では、弁護側から、虚偽記入を始めた動機についての質問も出た。「隠すことなく、鳩山首相からの借入金と記載すればよかったのでは」と尋ねられると、勝場被告は「代議士(鳩山首相)には将来、大きな仕事をする政治家になってもらいたかった。(個人献金を集める)実力があるように見せたかったが、それを実現するだけの金が集まらなかった」と説明した。

 さらに、もう一つの動機として、「秘書としての自分の力を見てもらいたかった」と述べ、弁護人が「あなた自身が『金を集められない』と言われたくなかったのか」と確認すると、勝場被告は「はい」と答えた。

 また、裁判官から「発覚すればどうなるかわかっていたでしょう。それなのにやった理由は」と問われると、しばらく沈黙した後、「リスクを想像する力が欠如していた」と力無く話した。

シニア世代の男性はスーパー好き?(産経新聞)
初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
<ホームレス>1万3124人で前年比2635人の減少(毎日新聞)
ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(読売新聞)
リアルな設備で運転士体験=鉄道博物館に新シミュレーター-さいたま(時事通信)