☆【民法/.売却の契約】第1回自習ドリル/民法LV1
.
問題 薪該契約において、恋太郎(A)君は、来月末日までに転勤が決まれば、愛矢(B)君に、ロマンチックなアトリエ(建物)を売却する旨の付款がつけられている場合、当該契約は解除条件付の契約となる。 ○か×か。
.
問題◆薪該契約において、恋太郎(A)君は、来月末日までに転勤が決まれば、愛矢(B)君にロマンチックなアトリエ(建物)を売却する旨の付款が付けられている場合、当該契約は、恋太郎(A)君の転勤が決まるまでには成立しない。○か×か。
.
問題/当該契約において、愛矢(B)君は、売買代金を契約成立後14日以内に支払うと定められているところ、当該契約が5月11日に成立したときは、愛矢(B)君は、売買代金を5月24日の24時までに支払わなければならない。○か×か。
 .
問題ぁ薪該契約において、愛矢(B)君は、売買代金を来月末日mでに支払うとさだめられているところ、当該契約が6月1日に成立したときは、愛矢(B)君は、6月30日に売買代金を支払うことはできない。○か×か。 
.
問題ァ薪該契約において、建物の引き渡し期限は定めたものの、代金の支払い期限について定めなかったときは、代金の支払いについても同一の期限を付したものと推定される。○か×か。
.
⇐戻る
.
(※資格試験対策として、自分用に作成したノートであり、訪問して下さる方々にみて戴くことを目的としてません。従ってコメント等は一切受け付けませんので、その旨ご了承ください)