☆【民法/将.留置権】自習トリル/民法LV1
 設問/姉・サザエさん(A)は、弟・カツオ君(B)所有の時計をカツオ君(B)の依頼により修理にだしたが、カツオ君(B)が修理代金を支払なわないため時計を留置している。今回は、その場合の対処が問題だ。
.
択肢 織ツオ君(B)は、サザエさん(A)に対して、時計に変る相当の担保・野球道具一式を提供して、留置権の消滅を請求することができる。 〇か×か。
.
択肢◆織ツオ君(B)がサザエさん(A)に対して時計の修理代金の半額以上を弁済した場合、サザエさん(A)は、時計を返還しなければならない。 〇か×か。
.
択肢/サザエさん(A)は、カツオ君(B)の承諾がなくても、時計を第三者・ノリスケさんに賃貸することができる。 〇か×か。
.
択肢ぁ織汽競┐気鵝A)が時計を留置していれば、時計の修理代金債権の消滅時効は進行しない。 〇か×か。
.
択肢ァ浸計をBカツオ君(B)の債権者である親戚のノリスケさん(C)が差し押さえた場合、サザエさん(A)はノリスケさんに対して、時計の留置権を主張することができない。
〇か×か。
.
⇐戻る