【民法/将.質権】自習ドリル/民法LV1

\潴筍院親飴此Ε好漫璽圈宍擇喇堝飴此Ωぞ屋を目的物とする質権設定は、目的物を債権者・ルーシーに引き渡すことを要するが、(チャーリーとの)占有改定による引き渡しでは、その効力を生じない。 〇か×か。
.
問題◆深糎∪瀋蠏戚鵝兵擽發離タの約束文書)において、あらかじめ、弁済(代わりの物で支払うこと)として質物・スヌーピーの所有権を質権者・ルーシーに取得させ、その他法律に定める方法によらないで質権者に質物を処分させることを約することはできない。  〇か×か。                                      
.
問題/不動産質権・家の対抗要件は登記(必要書類)であるが、動産質権・スヌーピーをもって借金のカタにした場合の対抗要件は、質物(それ)の占有継続(飼い続けること)である。 〇か×か。
.
問題ぁ親飴瑳糎及び不動産質権の質権者は、設定者・チャーリーの承諾を得なければ、質物・スヌーピーを使用収益することができない。 〇か×か。
.
問題ァ榛銚⊆舛亮糎⊆圈借金取のルーシーは、債務者チャーリーから弁済(貸金の返済)を受けられないときは、質権の目的である債権(小切手)を第三債務者・妹のサリーから直接取り立てることができる。〇か×か。

.
戻る