未公開株売買をめぐる詐欺と恐喝未遂の罪に問われたタレントの羽賀研二(本名・當真美喜男)被告(48)=1審無罪、検察が控訴=の公判でうその証言をしたとして、偽証罪に問われた元歯科医、徳永数馬被告(48)の初公判が19日、大阪地裁(並木正男裁判長)であった。

 徳永被告は「私はうそをついた覚えはありません」と起訴内容を否認。弁護側は「羽賀被告の無罪を有罪にするための意図的な起訴で冤罪(えんざい)だ」とし、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、徳永被告が羽賀被告の1審公判で「東京都の飲食店で被害者と会い、未公開株の話をした」と述べた証言について、「当時沖縄の診療所に常勤しており、この飲食店に通える状況になかった」と指摘。また、羽賀被告と一緒に海外旅行した渡航記録や「生涯の友よ」と記されたメールなどから、羽賀被告と「単に面識がある知人」とした公判証言は偽証と主張した。

【関連記事】
羽賀研二被告の知人の元歯科医、偽証罪を否認 恐喝未遂初公判
芸能界のヤクザ人脈にメス? 羽賀裁判“泥仕合”のウラ
検察側「犯行は明白」 羽賀研二被告の控訴審初公判
あの涙も演技だった!?羽賀研二、無罪一転がけっぷち
証人が偽証罪?羽賀研二被告、一転有罪も

<節分>本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)
岐阜県白川村 合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
鳩山首相を縛る「小沢依存」…党内に危ぶむ声(読売新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(1)現代美術作家・ヤノベケンジさん(産経新聞)
女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職-兵庫県警(時事通信)