日本版GPS(全地球測位システム)衛星の1号機となる「みちびき」が23日、製造元となっている神奈川県鎌倉市の三菱電機で報道関係者に公開された。5月上旬に鹿児島県の種子島宇宙センターに輸送され、今夏にH2Aロケットで打ち上げられる。

【写真特集】これでわかる 日本の主な宇宙開発

 みちびきの重さは約4トン、太陽電池パネルを広げた状態の長さは25.3メートルになる。寿命は最低10年としている。政府が地上システムを含め735億円を投じて開発した。

 計画では、常に日本上空で1機が存在するように計3機を打ち上げる。米国のGPS衛星と組み合わせることで、山やビルなどの障害物による位置情報の精度低下を解消する。

 2~3号機の打ち上げは、みちびきでの成果を検証して決める。【須田桃子】

【関連ニュース】
【写真特集】月周回衛星「かぐや(SELENE)」
<日本の衛星>アイスランド:火山噴火 噴煙拡大鮮明に 日本の衛星観測
<日本の衛星>H2Aロケット:「いぶき」や公募衛星搭載、打ち上げ成功
<日本の衛星>:11年8月打ち上げ 星の位置など観測

参院千葉に水野前議員=21日に出馬要請-みんなの党(時事通信)
大阪地裁も和解促す=札幌、福岡に続き-B型肝炎訴訟(時事通信)
「前原vs小沢」根深い対立…高速料金再検討(読売新聞)
普天間にも「職を賭す」=5月末決着に強い決意-鳩山首相(時事通信)
<トミカ博>「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)