北海道小樽の冬をキャンドルの灯で彩る「第12回小樽雪あかりの路(みち)」が5日、市内約45カ所で始まり、計14万本のろうそくに火がともされた。期間は14日までの午後5時~9時。

 小樽運河では、ろうそくを入れたガラスの浮き球約400個が浮かび、幻想的な光景を作り出した。実行委員会は「昼は札幌で雪まつりを見て、夜は小樽で雪あかりを楽しんで」とアピールしている。【坂井友子】

【from Editor】強さの秘密を探る(産経新聞)
ガンブラー型ウイルス猛威、サイト改ざん悪質化(読売新聞)
<秋葉原事件>目撃者が証言「戦場そのもの」 第2回公判(毎日新聞)
鳩山首相にリーダーシップ賞 インド(産経新聞)
全国の「市」と「町」、同数の784に(読売新聞)