札幌市北区のグループホーム「みらいとんでん」で入居する高齢者とみられる男女7人が焼死した火災で、北海道警札幌北署と市消防局は14日午前、前日に引き続き、現場を実況見分した。
 見分にはホーム運営会社「みらい25」の谷口道徳代表取締役(52)も立ち会い、道警などは施設の使われ方や防火体制について説明を受けた。
 市消防局や同署によると、1階の居間(ホール)にあった灯油ストーブ周辺の燃え方が激しく、居間が火元となったとみられる。ストーブの周辺には、衣類やタオルなどの布の燃えかすが広範囲に落ちていた。ストーブの近くに洗濯物を干すことがあったとの情報もあり、居間には、物干しにも使われるような長さ50~60センチ、直径5ミリの鉄の棒が十数本あったという。
 同署は、ストーブの火が洗濯物に引火した可能性があるとみて、出火原因を詳しく調べるとともに、遺体の身元確認を急ぐ。 

【関連ニュース】
高齢夫妻か2人死亡=旭川で民家火災
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か
乾燥機使用でタオルのオイル発火か=5人死傷の高齢者施設火災

普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
愛子さま、5時限目に登校(時事通信)
鳩山内閣 支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査(毎日新聞)
雑記帳 長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
POLYSICS武道館ライブでカヨ卒業「イママデアリガトウ」