兵庫県豊岡市の研究機関「県立コウノトリの郷公園」は19日までに、放鳥した雄と野生の雌のペアの卵から、ひな1羽が誕生したと発表した。同公園が今年確認したふ化は6羽目。これまで5羽は放鳥同士のペアだった。野生種との交配でふ化したケースは初めてという。 

【関連ニュース】
〔地球の風景〕人工くちばしとご対面

明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)
<報国寺>青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)
TカードVS.Ponta どっちが得!? 共通ポイントカード市場が活性化(産経新聞)