鳩山由紀夫首相は18日朝、宮崎県で発生した家畜伝染病、口蹄(こうてい)疫の被害拡大に関する政府、宮崎県の対応について「一定の部分は(問題が)あると思う」との認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場
対応後手、与党からも政府批判=野党は責任追及へ
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣
誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望
政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援

<将棋>両者がっちり組み合う 名人戦第4局2日目(毎日新聞)
普天間埋め立てに逆戻り、野党は批判強める(読売新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)
篠山紀信氏を略式起訴=屋外ヌード撮影―東京地検(時事通信)
台湾の陶磁器作家 作品展(産経新聞)