ハーブの杜〜玄関先の楽園

有)ルート5・クリエイトの玄関先で繰広げられている実験農園です。ハーブをはじめとする植物達の風景をモブログで紹介します。

今年、うちのオリーブ三柱から収穫された新漬けが出来上がりました。

実の数が少なく、その上、特に実を食べる事に向いているマンザニロ種の実がなぜか被弾したようにガサガサだったので、食べられないかと思いましたが、
意外にも締まった食感で美味しいです。

浅い塩味も功を呈したのか。

FullSizeRender

一番実が小さいコロネイキ種も食べられなくはない感じの食べ応えで、味は悪くないです。

どちらかというと搾油向けの品種であるルッカも、食感よく食べられます。
FullSizeRender

今年は、ボジョレーヌーボーな解禁などの時期まで保たずに、自家製のオリーブはシンプルに無くなりそうです。

長めに渋抜きの日数をかけたので、
すっかり排水からは赤黒さが抜けて安心です。

IMG_8928
IMG_8929
苛性ソーダ水溶液の時と同じ容量(500cc)の食塩水(3パーセント)をつくり、品種ごとに分けたタッパに流し入れて完成。
蓋をして冷蔵庫へ
IMG_8931
今回は量も少ないので長期保存を目指さず、塩分控え目ですぐ食べることにしました。

今日も、前日の夜に取り替えて、お酢をひとたらししたオリーブの水を、丸一日経った夜に取り替えました。

昨日の黒烏龍茶レベルから、本日は麦茶レベルまで水の色が薄らいできました。

IMG_8915
IMG_8916

本日から、夜に水を変えて、翌日の夜まで水を変えないことにしました。
お酢はひとたらししています。

IMG_8909

どす黒いコーラのレベルは終わって、黒烏龍茶レベルです。
IMG_8910

お酢を加えても変化はあまり見られませんでした。
IMG_8912

明日もまた同じ行為を繰り返します。

昨日、苛性ソーダ水溶液にてアク抜き処理をし
今度は苛性ソーダ抜き処理1日目になりました。

朝はこんな状態。
前日のお酢による苛性ソーダの中和効果なのか、
例年よりドス黒さが少ない気がします。

IMG_8899
IMG_8900
そこにお酢をひと垂らし。
写真ではあんまり代わり映えがしませんが
多少薄くなってくれたと思います。
IMG_8901


さて、時間が経ちまして、夜の22時。
IMG_8905

やはり浅めの色で済んでいます。
IMG_8906

そこにまた中和用にお酢をひと垂らし。
やはり色が薄くなりました。
IMG_8907

廃液は残りの風呂水に混ぜて家庭用排水で流します。
明日もこの繰り返しになります。

9%の苛性ソーダ水溶液(500cc)に漬け込む事11時間超、摘み取ったオリーブの実はこんな風になりました。

IMG_8893

オリーブを取り出した、コーラのような液体を中和するのは
IMG_8894

お値打ち価格(99円)の穀物酢。
IMG_8895

食品なので、先に苛性ソーダまみれのオリーブの実の方をお酢ですすいでから
IMG_8896

その液をそのままコーラのような廃液に混ぜると

なんという事でしょう!
あんなにドス黒かった苛性ソーダの廃液が
こんなにサラッとしています。

残念なことにリトマス試験紙が無いので
どういう数値なのか測れませんが
多分合格。
IMG_8897

中和された廃液をお風呂の残り湯に混ぜて
そのまま家庭用排水へ。

あとは、オリーブの実を水につけて
毎朝水を取り替えます。
IMG_8898

毎年の如く、こちらのページの通りに苛性ソーダによるアク抜きをする事に。
http://www.pref.kagawa.jp/shozu/nokai/topic/olivecook.htm

FullSizeRender

オリーブ500グラム弱の収穫なので500ccの苛性ソーダ(9グラム使用)の水溶液にしました。

それでも、3品種同時なので、まだ加工ができるというもの。

今年の苛性ソーダの廃液は百円で買ってきた穀物酢で中和して家庭排水として希釈の上流す事にします。

台風24号が来る前に、オリーブ三柱の収穫をいたしました。

マンザニロの木↓
FullSizeRender

ルッカの木↓
FullSizeRender

収穫したマンザニロの実↓
一番新漬けで美味しい品種が
今年は無残な出来栄えでした…
FullSizeRender

ルッカの実↓
無傷ですが、今年は数が少ないようです
FullSizeRender

↓コロネイキの実
小さい実なので新漬け向きでは全くないですが、
木が若い割りに比較的数が採れました。

FullSizeRender

みかんの網に入れて
FullSizeRender
量ってみる。
合わせて500グラム弱は…
やっぱり少ないですね…
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

量が少ないので、環境負荷も考え
苛性ソーダを使ってアク抜きするべきかどうか
迷いましたが、
やはり続行する事にします。

データはとらないと。


FullSizeRender
一応、三本のオリーブ(ルッカ、マンザニロ、コロネイキ)は開花から結実に向かっています。
収穫まで5カ月くらいかかると思いますが、今年はどのくらいまで行けるか楽しみです。

5月12日にルッカが開花しました。
コロネイキの花もまだ残っていたので、交配できているようです。



IMG_8485
IMG_8486

このページのトップヘ