大手製薬会社、ファイザー(東京都渋谷区)の調査で、大多数の人が目薬を誤って使用している実態が明らかになった。

 同社は2月、病院で複数の目薬を処方されたことのある40~60代の男女1200人にネットで調査。その結果、目薬を一度にさすのは1滴が66.5%で正しい用法が多数を占める一方、2滴以上が33.5%に上った。2滴以上と答えた人の79.4%が「正しく点眼している」と回答した。

 点眼後の行動として、「目をパチパチさせる」「しばらく見開いたまま」など適切でない人が94.2%。「しばらく目頭を押さえながら目を閉じる」という正解は、わずか5.8%にとどまった。また複数点眼の際、5分以上の間を空けない人は37.2%だった。

 調査結果について岐阜大大学院の山本哲也教授(眼科学)は「2滴以上なら効果が大きいというのは誤解。点眼後はまぶたを閉じ、鼻などに流れないよう目頭を軽く押さえて。複数点眼時は、最初の薬を吸収させるため5分以上空けてほしい」と指摘している。

【関連記事】
パソコン、エアコンが大敵 ドライアイにご注意
漫画家・一条ゆかりさん、年に一度の眼科検診呼びかけ
小栗旬、泣きまくり20回「だいたい目薬」
久光「湿布」参天「目薬」ツムラ「漢方」追随許さぬ“得意分野”で脚光
花粉対策、予防へシフト 女性に照準、商品細分化 

自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁(産経新聞)
普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
「中国製」ぬぐえぬ不安、管理強化求める声も(読売新聞)
役員から国会議員一掃=国保中央会(時事通信)
【風の間に間に】論説委員・皿木喜久 浪花節で聴く「乃木将軍」(産経新聞)