同僚の財布から現金を盗んだとして、岐阜刑務所(岐阜市)は19日、看守部長の男(51)を窃盗容疑で岐阜地検に書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。看守部長は同日付で依願退職した。

 容疑は07年秋から約2年間に十数回にわたり、刑務所職員6人の机やバッグに入れてあった財布から、現金約19万5000円を盗んだとしている。岐阜刑務所によると、男は看守部長として05年5月から手紙の検閲などを担当していたという。有村正広所長は「再発防止に努めたい」とのコメントを出した。

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
夫婦同日逮捕:窃盗と横領、別容疑で 宮城県警
日中窃盗団:69人送検 被害15億円相当 京都府警など
窃盗:自転車盗んだ疑いで海自隊員を逮捕 神奈川県警
名古屋ひき逃げ:運転者の男 逃走中に知人宅で1泊

税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)
飲酒運転で懲戒免職、元教諭の処分取り消し確定(読売新聞)
クレーン横転 病院建設現場で1人死亡、3人重軽傷 長野(毎日新聞)
2職員を追加処分=コメ調査虚偽報告-農水省(時事通信)
GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD(医療介護CBニュース)