鋼鉄製橋梁(きょうりょう)談合事件を巡り、独占禁止法違反(不当な取引制限)で有罪が確定した三菱重工業(東京都港区)の株主が、西岡喬元社長ら当時の役員7人を相手取り、指名停止措置による受注減などで被った損害35億円を同社に賠償するよう求めた株主代表訴訟は31日、東京地裁(渡部勇次裁判長)で和解が成立した。元社長らが解決金1億6000万円を同社に支払う。

 事件では東京高裁が07年9月、同社に罰金5億6000万円の判決を言い渡した。和解内容には、同社が▽事件の原因調査と再発防止策の策定を1年間をめどに行う▽「談合防止コンプライアンス検証・提言委員会」(仮称)を設置する▽和解金を委員会や談合防止を図るのに必要な施策の費用に充てる--ことなどを盛り込んだ。

 橋梁談合を巡る株主代表訴訟は、日立造船(大阪市)や神戸製鋼所(神戸市)、住友金属工業(大阪市)でも起こされ、既に和解が成立している。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
多摩下水道工事:公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁
毎日経済人賞:三菱重の佃会長、フェリシモの矢崎社長表彰
三菱自動車:優先株の扱い最優先課題 プジョー提携白紙で
東京・多摩地域の下水道談合:認定を否定 4社課徴金取り消し--東京高裁判決
空自事務用品談合:発注業者格付け 天下り協力度でリスト作成

<舞妓>「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)
民主党ITS議連会長に高木義明氏(レスポンス)
「使い捨て社会」ようやく脱出?露リサイクル機運(読売新聞)
堀江被告財産への強制執行停止、競売も中止に(読売新聞)
若林氏「魔が差した」、青木氏「想像できぬ」(読売新聞)