東京都の石原慎太郎知事は9日の定例会見で、今夏の参院選に新党「たちあがれ日本」からの出馬について、「ありません。あり得ません」と否定した。

 石原知事は、平沼赳夫元経済産業相らが発足させる新党に命名するなど全面支援。10日に予定される新党設立会見にも同席するという。会見では「新党については明日(10日)話す」と詳細は語らなかったが、「国を憂えている。若いやつは何してんだ。みんな腰抜けじゃないか。このままじゃ死ねない」などと述べ、新党支援の理由の一端を吐露した。

 ◇知事選出馬も否定

 また、来春の知事選への出馬の可能性については「それは無理だね。年寄りをいじめない方がいいよ」と冗談めかして打ち消した。石原知事は3月、「場合によってはやるよ、また」などと述べ、出馬もあり得ることを示唆していた。【石川隆宣】

【関連ニュース】
与謝野氏:新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事
石原都知事:出馬を示唆「場合によってはやるよ」
石原都知事:4選出馬に含み
第82回センバツ:三高、頂点見えた 大逆転で広陵降す 石原都知事の話 /東京
石原知事:副知事に吉川氏と村山氏を昇格 4人体制へ人事案 /東京

「糖尿病初の再生治療薬になる可能性」―仏サノフィ導入の新規化合物(医療介護CBニュース)
JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
7年前の日航機のへこみ、「勝手に修理」と判明(読売新聞)
日本の親、成績に無関心=米中韓の高校生比較-財団調査(時事通信)
瓦・畏・彙・毀…常用漢字大丈夫?文化庁が調査(読売新聞)