宮城、山形県境の船形山(1500メートル)で連絡が途絶えた仙台市泉区の無職庭野勲夫さん(70)から2日朝、家族に電話があり、男女3人のグループ全員が無事であることが分かった。宮城県警山岳救助隊が捜索を続けている。グループは計4人との情報もあったが、3人で入山していた。
 同県警大和署によると、同日午前7時ごろ、庭野さんから妻に「3人とも無事」と電話があり、「夜は雪に穴を掘って過ごした」と話したという。
 3人は1日午前8時ごろ入山。午後5時ごろ、庭野さんから「下山途中、道に迷った」と家族に連絡があり、その後携帯電話がつながらなくなっていた。現場周辺では雪が降っており、数メートルの積雪があった。 

【関連ニュース】
津波警戒に全力=鳩山首相「一人の被害も出さない」
ガイドの連携、対応に問題=ツアー会社、危機甘さも
年末年始の山岳遭難28人=死者・不明者は6人
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし
片山右京さん、富士山で一時遭難=無事確認、同行の2人不明

<大津波・津波警報>北海道・根室市で30センチを観測(毎日新聞)
<掘り出しニュース>第二の人生スタート祝い「かがやき熟年式」(毎日新聞)
医療用医薬品市場、7.2%の高成長(医療介護CBニュース)
チリ巨大地震 「見る間に潮位上昇」 「いつまで続く」終日警戒(産経新聞)
公認会計士の深刻就職難 合格者700人あぶれる(J-CASTニュース)