April 09, 2010

ミネラル・総集編



普段何気なく服用しているミネラルの効果を紹介しています。


※服用中の薬との飲み合わせや、年齢・体質に合わない場合がございますので、ご購入の際は必ず専門家にご相談下さい。



ビタミン剤・総集編はこちら



★亜鉛

  元素記号:Zn
  所要量:10mg

  味覚障害・滋養強壮・皮膚の炎症
  成長期の方・激しい運動をしている方

  静脈栄養や経腸栄養を取っている人は欠乏しがち。

  <欠乏症>
  成長障害・抜け毛・味覚異常・免疫力低下



★カリウム

  元素記号:K
  所要量:2000mg

  高血圧の予防・不整脈の改善
  塩分を摂りすぎの方・むくみやすい方

  ナトリウムの排泄をし利尿作用もある。
  野菜や果物に含まれている。

  
<欠乏症>
  筋力低下・不整脈・腸運動低下


★カルシウム

  元素記号:Ca
  所要量:700mg


  骨粗鬆症の予防・ストレスを感じやすい方
  イライラしやすい方・成長期の方

  人体構成成分の約2%を占め、5番目に多い元素。
  そのうち99%は骨に存在している。


  
<欠乏症>
  骨粗鬆症


★クロム

  元素記号:Cr
  所要量:30μg

  糖尿病の予防・肥満の予防
  ダイエットのサポート

  穀類・海藻・魚介類に含まれている。
  必須微量元素なのは三価クロム。


  
<欠乏症>
  糖尿病・肥満


★コバルト

  元素記号:Co
  所要量:−


  ビタミンB12の構成成分
  貧血気味の方・立ちくらみをしやすい方

  レバー・肉類・乳製品に含まれている。

  
<欠乏症>
  立ちくらみ・貧血


★セレン

  元素記号:Se
  所要量:50μg

  心筋梗塞の予防・脳卒中の予防
  成長期の方・免疫力をつけたい方

  
<欠乏症>
  筋力低下・不整脈・精子数減少


★鉄

  元素記号:Fe
  所要量:12mg

  鉄欠乏性貧血の改善
  運動している方・立ちくらみの防止

  生体内に約4g存在している。
  ほとんどがヘモグロビンなどの酸素運搬に係わる機能鉄。

  <欠乏症>
  鉄欠乏性貧血



★銅

  元素記号:Cu
  所要量:1800μg

  骨粗鬆症の予防・骨折予防
  貧血気味の方・美容効果

  プルーン・豆類・レバーに含まれる。
  体内に約80mg存在している。


  <欠乏症>
  貧血・骨折

  

★マグネシウム

  元素記号:Mg
  所要量:300mg


  狭心症や心筋梗塞の予防
  お酒をよく飲む方・ストレスが多い方

  
生体内では55%が骨に存在している。
  カルシウムとの理想的な摂取比率は、Ca:Mg=2:1


★マンガン

  元素記号:Mn
  所要量:4mg

  骨の強化・骨の発育
  疲労回復・イライラしやすい方

  豆類・肉類に含まれる。
  特に植物性食品に多く含まれている。


  
<欠乏症>
  骨の発育不良・慢性疲労感・創傷部の完治の遅れ


★リン

  元素記号:P
  所要量:800mg

  細胞の成長・エネルギーの運搬
  神経や筋肉の機能を正常に保つ

  
魚肉類・ナッツ類・卵黄に含まれる。


★ヨード

  元素記号:I
  所要量:150μg

  新陳代謝を促す・成長期の方
  髪や皮膚を健康に保つ・成長促進

  甲状腺ホルモンの構成成分。
  魚介類・海藻類に含まれている。

  
<欠乏症>
  肥満・甲状腺肥大・倦怠感・気力低下



※服用中の薬との飲み合わせや、年齢・体質に合わない場合がございますので、ご購入の際は必ず専門家にご相談下さい。



ビタミン剤・総集編はこちら



トップへ戻る!!



お気づきの点などございましたら、コメント欄にご記入をお願い致します。コメントは公開されませんが、訂正や更新の参考にさせていただきます。




 


r852001 at 13:19コメント(0) 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星