厚生労働省の厚生科学審議会日本脳炎小委員会は15日、2005年以降中止していた日本脳炎ワクチンの接種勧奨を一部復活させることで合意した。審議会の上部組織でさらに議論し、同省が最終決定する。
 日本脳炎ワクチンでは自治体から子供に対し接種勧奨を行っていたが、中学生に重い副作用が起き、同省は05年に勧奨を中止するよう通知。接種率が低迷し、免疫を持たない子供が増えたことが問題視されていた。昨年2月に副作用リスクが低いとみられる新しいワクチンが認可されたが、勧奨は取りやめたままで、接種率は伸びていなかった。 

【関連ニュース】
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用
ワクチン輸入、審議会が了承=初の特例承認、厚労相判断へ
国産か輸入、被接種者が選択可能=新型インフルワクチンで厚労省方針
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
新型インフルワクチン盗まれる=小児80人分、病院から

「為替に言及すべきでない」 首相、菅財務相の“口先介入”に苦言(産経新聞)
<20年五輪>長崎市が共催断念(毎日新聞)
<山岡国対委員長>外国人参政権付与法案の成立に意欲示す(毎日新聞)
龍馬ゆかりの鞆の浦 海援隊知らしめた沈没事件 (産経新聞)
【近ごろ都に流行るもの】国産マッコリ “日本酒”の新たな仲間(産経新聞)