民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、小沢氏は4日夜、不起訴処分が決まったことを受け、党本部で記者団の取材に応じ、「幹事長の職責を返上しなければならないとは考えていない」と述べ、幹事長続投を表明した。

  [記事&写真]特集「陸山会」事件

 小沢氏は「公平公正な検察当局の捜査の結果と受け止める」と表明。元秘書で衆院議員の石川知裕被告らの起訴については「国民のみなさま、同志のみなさまにご迷惑をおかけし、心からおわびする」と謝罪した。党の処分に関しては「今後考える問題だ」と述べた。

【関連記事】
小沢氏不起訴 “次の舞台”は検察審査会 申し立て検討し起訴も
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴

「落ちない」合格祈願しおり=札幌市〔地域〕(時事通信)
鳩山首相 施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
<センター入試>追試験 最多は数学(1)640人(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員、政治献金800万円記載せず(毎日新聞)
滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で―首相、厚労相が一致(時事通信)