千葉景子法相は26日の閣議後の記者会見で、戦時中に日本企業で働かされ賃金が支払われないまま帰国した朝鮮半島出身の戦時徴用者に関する記録を韓国政府に提供すると発表した。韓国側の求めに応じたもので、法相は「情報提供で韓国内での(徴用者)への支援が円滑に進められると期待している」と述べた。
 法務省は、徴用者を雇っていた企業が各地の法務局に届けていた記録の取りまとめ作業を続けていた。その結果、賃金が未払いだったのは約17万5000人、未払い総額は当時の金額で約2億7800万円に上ったことが分かった。 

【関連ニュース】
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求

普天間移設 沖縄・うるまで反対集会(毎日新聞)
議会リコールへ自転車街宣開始=河村たかし名古屋市長(時事通信)
茨城県などで震度3(産経新聞)
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」(産経新聞)
<経費二重計上>政治資金と政調費に 岐阜県議2人(毎日新聞)