自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相や無所属の平沼赳夫元経済産業相らが10日に結成する新党の党名は「たちあがれ日本」となることが7日、決まった。与謝野氏らは5日から党名や基本政策の協議を進めてきた。新党関係者は「党名はほぼ合意ができた」と語った。

 新党には与謝野、平沼両氏のほか、自民党の園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相が参加する。メンバーは政党要件を満たす国会議員5人の確保を急いでいるが、平沼氏は7日午前、自民党の中川義雄参院議員について「私の動きに賛同してくれている」と記者団に述べ、参加に前向きなことを認めた。

 一方、自民党の鴻池祥肇元官房副長官(参院)は同日、記者団に「理念や国家観の違う方とはご一緒できない」と述べ、参加しない考えを表明した。鴻池氏は平沼氏に同調する方向だったが、主張の異なる与謝野氏が合流したため、参加を見送った。【中田卓二、大場伸也】

【関連ニュース】
<関連記事>自民党:鴻池元副長官、新党に参加せず
<関連記事>与謝野元財務相:平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ
<関連記事>舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず
<関連記事>与謝野・平沼新党:「消費税上げ」で一致
<昭和毎日>改進党結成 52年2月

ツイッターで拉致問題関心喚起=「意見広告7人の会」が1日から(時事通信)
<火災>交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山(毎日新聞)
小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有(産経新聞)
浅田真央、高橋大輔選手ら春の園遊会に(読売新聞)
母「産後うつ」訴え 堺の揺さぶり死 地検が鑑定留置(産経新聞)