宇都宮市平出町の介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」(入所定員100人)で08~09年末にかけて、介護職員5人が入所者の80~90代の認知症の男女4人に対し虐待行為をしていたことが16日わかった。施設を運営する医療法人北斗会は「精神的な虐待があった」と認めているが、義務に反して同市には通報していなかった。

【新刊本】『介護の値段 老後を生き抜くコスト』=結城 康博・著

 ホームによると、発覚している虐待行為は計4件。20代の女性職員が約2年前、上半身裸、オムツ姿で四つんばいになっていた80代の男性入所者を携帯電話のカメラで撮影し、同僚に見せ笑った。09年には30代の男性職員と20代の女性職員2人の計3人の職員が80代の女性入所者のほおに落書きしで丸を書いた。そのほか▽頭を平手でたたく▽車椅子からベッドへの移動介助時に必要以上に高く持ち上げた--といった行為があったという。

 かかわった職員のうち1人は依願退職。残り4人は今年2月下旬に訓戒処分とされ、うち2人も既に依願退職しているという。

 ホームが今年2月に利用者の処遇について職員に対して調査をした際、別の職員から虐待行為を目撃したとの報告があったという。ホームは顔に落書きをされた入所者の家族に謝罪。残りの入所者は既に退所しているため、連絡を取っていないという。

 高齢者虐待防止法によると、虐待行為を発見した場合は自治体に通報義務がある。北斗会高齢福祉部の小林孝久部長は通報しなかった理由について「職員への聞き取りでも悪意が認められず、継続性もなかった」と説明している。

 宇都宮シルバーホームは91年開設。北斗会が運営する宇都宮東病院に併設している。【泉谷由梨子】

【関連ニュース】
軽費老人ホーム:設置基準緩和の「都市型」容認へ…厚労省
軽費老人ホーム:「都市型」容認へ--厚労省
特集:介護予防・認知症予防総合フェア お口のケアで健康生活
掲示板:介護セミナー「これが21世紀の在宅サービスだ!!」ほか

「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
客待ちで口論 客乗せたまま相手のタクシー運転手引きずる(産経新聞)
米の作家、マーク・トウェイン没後100年 「ハックルベリー」現代にも教訓(産経新聞)
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け-静岡地裁支部(時事通信)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)