山は火の滝、下り竜-。勇壮な火祭り「お燈まつり」が6日、和歌山県新宮市の神倉神社で行われた。燃えさかるたいまつを手にした男たちは一気に石段を駆け下り、炎は夜空を赤く染め光の帯となり、ふもとへ流れ落ちた。

 白装束姿に腰縄を巻いた「上(のぼ)り子」と呼ばれる男たち2461人が、ご神体の「ゴトビキ岩」周辺に集まり、辺りは炎の海と化した。午後8時ごろ山門が開かれると一斉に飛び出し、男たちは雄たけびを上げ、火の粉を散らし、約500段の石段を威勢よく駆け下りた。

 「お燈まつり」は熊野速玉大社の摂社、神倉神社に約1400年前から伝わる女人禁制の神事。熊野に春を呼ぶ祭りとして親しまれている。

【関連記事】
平家癒やす冬の灯火 湯西川温泉でかまくら祭り
鬼も不景気も芸者が活! 節分の日、北新地で「お水汲み祭り」
黄門さま一行になってみませんか 水戸の「愛好会」新規会員募集
無病息災願い奈良・大安寺で「笹酒祭り」
樹氷まつり 氷の寅や宝船など

<殺人未遂>車で警官に突進…容疑者を再逮捕 愛知県警(毎日新聞)
“鳥取詐欺女”6度目ついに殺人容疑で再逮捕!(スポーツ報知)
谷垣氏、「小沢独裁」政権と対決=消費増税、超党派会議提案-衆院本会議で代表質問(時事通信)
忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)
誤信殺人の被告に実刑=「責任重い」-横浜地裁の裁判員裁判(時事通信)