平成20年5月に大阪府枚方市で少年2人を刺し、京都市で逃走資金を奪う目的で女性を刺してバッグを奪ったとして、強盗殺人未遂などの罪に問われた無職、石津淳被告(41)の判決公判が24日、大阪地裁で開かれた。和田真裁判長は「凶悪な犯行を連続して起こした責任は重大」として、懲役20年(求刑懲役30年)を言い渡した。

 弁護側は「責任能力が限定される心神耗弱状態だった」と主張したが、和田裁判長は「善悪を判断して行動する能力は減退していなかった」と述べ、完全責任能力があったと認定した。

 また、弁護側は殺意についても争っていたが、和田裁判長は殺傷能力の高い刃物を使ったことや傷の深さなどから、「殺意はあった」と判断した。

【関連記事】
消費者金融への拳銃強盗事件で2人を起訴
「残虐極まりない犯行」懲役30年を求刑 大阪、京都の3人刺傷裁判
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋
強盗殺人未遂容疑で男逮捕 タクシー料金払えず犯行 大阪
硫化水素で強殺未遂、会社社長に懲役16年 広島地裁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

【十字路】京都の“嵐電”100周年記念(産経新聞)
<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)
あくまで国外、社民・福島氏「全力」(産経新聞)
<天気>近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
コーヒーの「シダモ」商標登録無効を取り消し(読売新聞)