国土交通省海事局は、プレジャーボートなどの小型船舶ユーザーに対して、船舶検査の受検や操縦時の遵守事項の徹底を呼びかける安全キャンペーンを実施する。

期間は4月29日から8月31日まで。ゴールデンウィークから夏期休暇までの間は、マリンレジャーが活発になり、特に海難事故が増えるため。

2009年のプレジャーボートの海難事故は約1000件。全体の4割を占める。最も高い事故原因は機関故障によるもので、船体や機関の整備不良が指摘されている。

プレジャーボートにも乗用車と同じような船舶検査が義務付けられているが、船舶安全法に基づく検査を受検しない小型船舶が毎年2万 - 3万隻発生しているという。

また、操縦者に対して、酒酔い操縦や危険操縦の禁止、免許者自身が操縦すること、および救命胴衣の着用などの遵守事項を改めて徹底させる。

船外転落事故の多発から、08年4月からは小型漁船に一人で乗船して漁をする場合は、漁救命胴衣を着用することが義務付けられているが、守られていない場合が多い。

全国の地方運輸局の職員と会場保安庁が連携しながら、パトロール指導などを実施する。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
三井造船、2009年度のディーゼルエンジン生産量が437万馬力
ヤマハ、クラス最軽量の4スト船外機を発売
川崎汽船、シップリサイクルシステム構築のため自動車運搬専用船を提供
国土交通省 特別編集

【Web】使ってみたアンドロイド携帯「ディザイア」(産経新聞)
鳩山内閣、政権末期の麻生内閣以下の評価 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
平城遷都1300年祭 収容力に不安 最後はせんとくん頼み?(産経新聞)
徳之島3町長 政府と会談拒否 勝負の電話…首相「存ぜぬ」(産経新聞)
春の野草に舌鼓 赤羽自然観察公園でイベント(産経新聞)