インフルエンザワクチンの幼児への効果について、高校生以下の子供を持つ母親の9割が正しく理解せず、半数以上が過大に評価していることが、コンサルティング会社「フライシュマン・ヒラード・ジャパン」(東京)の調査で分かった。
 同社は今月8~10日、全国の24~54歳の母親500人を対象にインターネットを通じて調査した。
 厚生労働省はワクチンが発病を防ぐ効果は、1~5歳の子供では「20~30%」としているが、500人のうち正しく回答したのは全体の3%に当たる15人だけ。57%は「5割以上防げる」などと過大に評価し、「分からない」とした人も36%に上った。
 また、今回の新型インフルエンザが豚由来だと理解している人は59%にとどまり、「分からない」が25%、「鳥由来」と答えた人も15%いた。 

<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)
<小沢幹事長>政倫審への出席に否定的(毎日新聞)
個人型401k、増額の動き=税優遇による上限額引き上げで(時事通信)
元・打点王の石井氏、自民秋田県連が参院選擁立へ(読売新聞)
再会断られ少女の自宅放火、龍谷大生を再逮捕(読売新聞)