小久保 英一郎(こくぼ えいいちろう、1968年 ? )は、日本の天文学者。専門は理論天文学、とりわけ惑星系形成論。博士 (学術)号を取得している。人物宮城県仙台市生まれ。宮城県仙台第一高等学校卒業。1997年東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了し、日本学術振興会の特別研究員となる。2000年より国立天文台理論研究部主任研究員。2006年より国立天文台理論研究部助教授。2007年4月より国立天文台理論研究部准教授。趣味はスクーバダイビング。著書共著『1億個の地球』(井田茂との共著)岩波書店 1999年共編著『宇宙と生命の起源 ― ビッグバンから人類誕生まで』(嶺重慎との共編)岩波書店 岩波ジュニア新書 2004年7月)外部リンクEIICHIRO KOKUBO ONLINE - 公式サイトTOKYO SOURCE 020 小久保英一郎(理論天文学者)前半TOKYO SOURCE 020 小久保英一郎(理論天文学者)後半 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%B9%85%E4%BF%9D%E8%8B%B1%E4%B8%80%E9%83%8E」より作成カテゴリ: 1968年生 | 存命人物 | 仙台市出身の人物 | 国立天文台の人物 | 日本の天文学者 | 天文学に関する記事

<ストーカー容疑>ノエビア元副社長を再逮捕 脅迫容疑でも(毎日新聞)
木嶋被告が利用した「睡眠導入剤」 患者の申告頼み、安易な処方も(産経新聞)
<故橋本昌二九段を語らう会>2月27日、大阪市で(毎日新聞)
HIV感染者減る!新型インフルで関心薄れ?(読売新聞)
国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)