'17東宝『レディ・ベス』'13『THE MERRY WIDOW』〜エンドレスで再生しても楽しめてしまうコメディ〜

February 02, 2018

星条海斗さん、退団発表。専科からまたもや…

集合日というものをまるで把握していない駄目な塚オタでも、
ツイッターがあれば色々教えてもらえる…!

星条海斗さん、退団のお知らせ。

今、東京で専科のコマさん(沙央くらまさん)が退団公演中で、
それに続いてマギーさん(星条海斗さん)までもが、次回の宙組公演にて退団されるとのこと。
え、マジか…。またもや帰宅途中の電車で呟く。

よく見るとマギーさん、紫吹さん時代の月組からいらっしゃったのか…。
2000年代って個人的に月組の繁栄期なのではと思ってるのですが、そこに!

個人的に好きだったお役といえば。(勝手に思い出を語り始める)
まずは『ME AND MY GIRL』のパーチェスター
パーチェスターと言えば、未沙のえるさんのイメージ
(生で見たことないくせに生意気にそんなイメージを持っている)。
未沙さんの飄々とした感じがすごく好きで、しかしマギーさんのパーチェスターも面白かった。
なんだろ、長身でスタイル良くてキマってるのに、
キャラはあのパーチェスターだから、ギャップがわりと激しめと言いますか。
真面目な顔してボケてるって感じで、思わずツッコミたくなる。

すぐに思い付くのは「Please turn over」の発音が良すぎたこと。
噛んで含めるようにゆっくりと発声。英語の先生みたいな。リピートアフターミー。
あとは取り敢えずもう一度最初から見ようと思う!

『THE MERRY WIDOW』のミルコ・ツェータ男爵
歌の上手な人ばかりのオペレッタで、生で見たかったなぁと後悔した。
そもそもキャラの濃い役なのにアドリブが多かった記憶が(うろ覚えか!)。
ほんと出てきたら全て持っていきそうなキャラ立ちだったと思う。
北翔さん、普通に笑ってたと思う。

アドリブって、やり方によっては白けちゃったり、
作品の世界観を壊してしまう(役ではなく中の人本人になってしまう)と思うんですが、
マギーさんは男爵として絶妙にアドリブ飛ばしてて、
これほんと劇場にいたら楽しかったろうなぁと思ったことしきり。
ちなみにアドリブと言えば、安蘭けいさんも絶妙で、ああいうバランス感覚尊敬します。

しっかり覚えているのは、千秋楽の挨拶での主演の北翔海莉さんへの熱すぎるリスペクト。
いやほんと好き過ぎるよ!!
思いが強過ぎてから回る日本語って感じで笑
聞いたところによると北翔さんってほんとにほんとに丁寧で礼儀正しい人らしく、
普通に社会人としても鏡…!
北翔さんがあんなに慕われていることを嬉しく思い、
そしてそれをこれでもかと語ってくれたマギーさんがより好きになった瞬間。

そして『1789』のペイロール伯爵
上2つのコメディイメージとは真逆とも言える役。
ピクリとも動かない表情筋というほどに厳しい表情。
ドスの効きすぎた声に、「もはや本当に男…?」と思わせるほどの迫力を感じた。
ロナンを捕まえて拷問するときの歌、
まだ、たわけたこと抜!か!す!」のところとか。
思い返すと、声もデカかったなぁ笑
長身もあって、お衣装もすごく似合ってて、裾を翻して去っていくの、カッコよかった。
とにかく迫力と存在感をひしひしと感じた。

あー、マギーさんも退団してしまうのかぁ…。
『天は赤い河のほとり』の配役出たけど、名前だけじゃわからんなぁ。
昔バイト先のおば様から全巻一気に借りて、
リュックに背負って坂を降りて帰ったというのに(アホすぎる思い出)。
読み返したいのは山々だけど巻数多くて、金銭的に厳しい…。
これはもう見てのお楽しみにするしかない。

コマさんみたいにショーでなにかマギーさんへのはなむけシーンをやってくれるといいな!
(勿論真風氏のお披露目でもあるわけだけど!!)

r_hemisphere at 18:23│Comments(0)宝塚 | 人事

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
'17東宝『レディ・ベス』'13『THE MERRY WIDOW』〜エンドレスで再生しても楽しめてしまうコメディ〜