二気筒の調

タグ: CBR954RR

ども、( ´∀`)つ

今年の春から話題急上昇の

モネの池

へ行ってみました!

って、実はそんな存在知らなかったのですが、
社内のバイク乗りに教えてもらって、現地調査に
行ってきたと言う次第です。

モネの池とは、あの画家のモネが描いた睡蓮の
様な池で、今年の春先(?)にSNSで話題に上がった
そうです。

で、現地調査の結果です!

DSC01177
先ずは遠目から。
ってか、神社の池なんです、実は。

なんですが、平日だってのに、結構な人です。

DSC01178
そして近くから。

確かにキレイなんですが、事前調査が足りなかった様で・・・・

結構枯れてますw

ってか、蓮の花もほとんど咲いてませんw

DSC01181
確かに透明度は高いので、見頃なシーズン・時間だと、
期待を裏切らない絵柄に出会えるはず。
DSC01180
池の底に生えている藻も枯れてきてるので、水の透明度が
逆効果で、なんだかパッとしません。
DSC01186
探したら、幾つか咲いてた(●´ω`●) 

家に帰ってから、嫁さんとオカンに聞いてみたら、
蓮の花が咲くのは早朝だよ?
とw

・・・・結構な遠出しましたが、思い描いていた絵柄も見れず、
途中に通り雨に遭うわで・・・
次回の休みは、先ずは洗車からスタートですw

とりあえず、話題の場所の報告でした


場所はコチラ!
2016_08_01
コノ中から探してねw


嫁さん・オカンの話からすると、多分4~5月辺りの朝に行けば
よくネットに載ってるキレイなモネ池を拝めるはずw

因みに往復約300km(遠回りで)
9時出発・のんびり走行で4時半帰宅でした。
因みに遠回りと言うのは・・・・・
R156からR256へ右折する所を間違えて、美濃市の方まで
行ったからw

では^^ノシシ
 

ども( ´∀`)つ
4半期毎の月・火曜日の定休日 

今回は大勢での社内ツーリング(●´ω`●) 
そして今回もVFR800氏の企画で、楽しくバイクを満喫出来た
一日になりましたよ

昨年はソロで「伊根の舟屋群」に行ってきたのですが、
今年も匹敵する位の距離を走りましたよ

2016_07_05A

集合場所から、目的地の「カモノセキャビン」までのルート。
私の場合、集合場所までがプチツーな距離w
2016_07_05B

で、帰りがコチラ。
R162を少し戻り、府道12号からR27→府道1号→R27
ってなルート。
行きも帰りも敦賀~小浜間のR27以外は快走ワインディング
CBR954RRも本領発揮な一日でしたよ。


心配された天気も、明け方までには上がり、目覚めた時には
なんと快晴!!

めっちゃテンション上がりますよ

今回の参加者は

・Z250氏
・刀1100氏
・ドラッグスター400氏(次はダエグかな?)
・私、CBR954RR
・隼氏
・VFR800氏
・スティード氏
・ZRX400氏

の総勢8名。私含め、おっちゃんから若者まで、
そして国内全メーカー&多種多様なラインアップw

集合地点のサークルKを出発してから、1回コンビニ休憩&給油
をして、道の駅名田庄で休憩。
BlogPaint
道中、我慢できずに954のタイヤがとける走りを楽しんじゃいましたw
しかしこう見ると、CBR954RRって小さいですね
流石はウルトラ・ライトウェイトですな。
BlogPaint
皆でワイワイしながらの休憩は楽しいですなぁ(*´ェ`*) 
因みにコッチ方面は、一昨年の夏季休暇以来なので、
堀越峠・周山街道が待ち遠しいのもあり、カモノセキャビンまでは
先頭を走る事にw
とは言え、ツーリングですから、ゆとりを持ったペースでね

久々に堀越峠を通り、ふと気が付いた・・・

あんな速度の乗るコーナーで膝擦ってたって・・・


「若さって恐ろしい・・・・・」


膝擦りしなくたって、ワインディングは楽しめますからね。
今思うと、ホント何事も無くて良かったです。


さて、気持ち良く&懐かしみながら堀越と周山街道を楽しみ、
お昼&目的地のカモノセキャビンに。
BlogPaint
平日なので、余裕で8台とめれましたよ。
DSC01174
大学時代は、毎週の様に来てたなぁ~
20数年前と、店構えも・マスターも相変わらずですw
写真撮り忘れましたが、注文はお約束のカレーセットです。
そして、食後のコーヒーが美味い!

マスター曰く、今日も夕立あるで~
なので、1時間ほど過ごしてから12時半頃に出発~

午後になってから、暑さにターボがかかり、
股間どころか、全身が茹りそう・・・
因みに外気温は35℃ 
バイクに乗りながら熱中症になりそうですよw
途中、道の駅で休憩しましたが、グロッキーになりかけてた
ので、写真撮り忘れたw
「黒豆ソフト」が美味しかったのは覚えてますがw

さて、この辺りからはもう「熱」との戦い。
気温の暑さ・体に当たる熱風・股間からの容赦ない熱
と、正に灼熱地獄
熱くて膝を開けば腰・肩が痛いし、体を楽にしようとすると
灼熱地獄w
まぁ、解ってた事ですが、走りの代償として
我慢ガマンですw

コンビニ休憩を経て、最後は道の駅河野。
BlogPaint
建物内が、クーラーキンキンで極楽でしたw
BlogPaint
17時半頃でしたが、まだまだ暑くて、外に出た途端に
体力を奪われますw

この先はそれぞれの家路に近いルートに別れるって事で、
ここ道の駅河野で解散。

自分のトータル距離は約400kチョイかな?
暑さで頭がボーっとするのと、首がこったってのが
現時点でのダメージw
で、明日か明後日あたりに足の筋肉痛かな

今日は暑さが一番の敵でしたが、何事も無く、無事に
ツーリングを楽しめましたよ(*´ェ`*) 
今回参加の皆様、お疲れ様でした~
暑いし疲れたけど、やっぱりバイクって良いですなぁ。

では^^ノシシ 

ども(・∀・)つ

新しい「オモチャ」が手に入ったモンだから、
更新頻度が高いですw

さて、CBR954RRってどんなバイク?
って事で、解る範囲でご紹介~

因みに自分は、実際買うと決めるまで
このバイクの存在すら知りませんでした
バイク歴もまあまあ長く、それなりに色んな所に
出かけましたが、多分こんなイカツイ顔してるバイクは
一回見たら忘れませんからw
DSC01170
こんな顔のバイクは他には在りませんよねw
ネットでは「悪人顔」と書かれていたりw
因みに左右がHiビームで、Lowは真ん中の1灯になります。
で、今まで乗った中では(純正ね)一番明るいかも?

DSC01158
ファイアーブレード(逆輸入)なので、ヘッドライトのON/OFFスイッチが
付いてます。ZXRの逆車もそうでしたが、ヘッドライトが消せると、車検
に通らないらしいので、動かないように固定されてます。

DSC01152
SSらしいFrサスペンション。流石にこのクラスになると、
フルアジャスタブルになってます。
DSC01153
伸・縮で調整出来るって事は、乗り方・場所に応じたセッティングが
出来るわけですが・・・・

いたって普通な感覚しか持ち合わせていない自分には
「カッコいい、アルマイトの飾り」になってますw

そしてRrもフルアジャスタブルです。
DSC01163
しかもタンク別体で、ハッタリもばっちりOK 
足が短いので、せめてもの調整って事で、「プリロード」は最弱ですw
DSC01164
とりあえず、納車時にすべて中間にしてもらいましたが、
今後もきっとそのまま・・・w

昔乗ってたGSRには、オーリンズが入っていて、当時は峠ばかり
走っていたので、アレコレセッティングしましたが、
峠でバッチリだと、街乗りはしんどくて、それなりに快適方向に振ると、
今度は峠が面白くない・・・と。
まぁ、考えれば当たり前の事なんですがね、結局は
「中間状態で納得した事にしておこうw」
と、諦めたモンです

DSC01165
そして、お気に入りポイントの一つ!
ポリッシュが美しいスイングアーム。
DSC01168
左側はこんな形。
因みに写すの忘れましたが、ピボットレスと言って、スイングアームが
フレームではなく、エンジンマウントになっています。
ドゥカティがそうですが(ホンダがパクッた?)軽量化にもなるそうな。

あと、買ってから気が付いたのですが、チェーン・スプロケは
社外品になってるのかな?

「軽量化」に関してですが、ココにも気合が入っております。
DSC01154
コレ、純正です!
キレイな焼け色でもお解かりかと思いますが、

純正でフルチタンエキゾーストになってます!
*中間の触媒(かな?)以外、EXマニ・中間以降がチタン

DSC01166
チタンですが、流石にコレは純正ではないですw
前オーナー様のオリジナルで、某メーカーのショート加工だそうです。
こんなサイレンサーですが、車検OK(バッフル装着で)でした。

・・・因みに、バッフル外して回すと
まさにGPマシンw

いい歳こいたおっさんなので、普段はバッフル付きで乗りますがねw


で、こんな烈しそうな乗り物ですが・・・
異常に軽量化に拘って開発されたマシンなんですが・・・

DSC01160
こんなトコにも拘りが!大容量のシート下スペース!
しかも、キーで自動オープンw

DSC01159
ちょっとした工具と、軍手と、タオルと、帽子を入れてます。
出かける際は更に!

財布を入れるバッグを入れますw

これで財布を落とす心配はナシw

実はこの物入れも、954RRを選んだ理由の一つだったりして。


954rr_09
ハンドル位置が高く、シート座面も割りと平らで、
跨った感じは、ZZRより多少前傾かな?ってレベルです。
乗り味も過激ではなく、いたって普通に乗れるので、

「走りに特化した、スポーツ・ツアラー」

と言う扱いでも良いのかな?なんて勝手に思ってます。
しかし、パワーウェイトレシオは

「1チョイ」!!

なので、雑な乗り方は禁物ですw

ただ、コントロールしやすいと言うか、ライダーの入力に対して
フレンドリーに返ってくると言うか・・・
上手く表現出来ないけど、とにかく普通に楽しいんですw

頑張れば、気持ち良く・速くコーナーを曲がれ、
楽に乗れば、ゆったりとコーナーを曲がってゆく・・・

バイクに乗せられてる感が無く、
色んな状況・速度で、しっかりと「操ってる」感を味わえる・・・

所謂「SS」って部類のバイクですが、
気軽に毎日でも楽しめる

とまぁ、そんなバイクが
CBR954RRです(●´ω`●) 

DSC01167
 

ども(・∀・)つ

日頃の行いが良いのか、今回の休日もバッチリ晴天 

前回は雨上がりの走行でドロドロになり、写真を撮る気に
なれなかったので、今日はPCの壁紙用にひとっ走り♪

954rr_02
海沿いは、BBQをしている人が多くて、なかなか良いポイントが無く、
敦賀の赤レンガ倉庫まで来ましたよ。

954rr_03
DSC01146 (1)
晴天と相まって、なかなかキレイ(●´ω`●)
因みに、右側の倉庫内が、ちょっとしたフードコートで、お土産等も
販売してます。
で、左側の倉庫が、有料となりますが「鉄道ジオラマ館」と
なっております。「鉄」ではないので、拝んではきませんでしたw

BlogPaint
954rr_04
真横から見ると、ポジションの楽さが分かるかと。
シートよりも上にハンドルが位置しております。
ま、程よい前傾ってやつです。
954rr_07
 ちょいと移動して、倉庫横にて撮影。
こちら側の"古びた感”がとってもステキなんです。

撮影していて感じたのですが、赤系がバックなので、
黄色の車体が映えるかと思いきや、色かぶりで補正が大変w
あんまりレンガが近すぎると、良い写真にならないみたいね~


さて、954RRにも慣れて、高回転まで回す事が出来たのですが、

・・・・・が!

やはり、この子は「ヤバイ系」ってのが良く分かりましたw

3速巡航からのフル加速。。。。

・・・・・かなり身構えましたが・・・

フロントアップしそうになりながら
アホみたいに加速してくれますw


で、コーナリング!

コイツは良い!
初期の応答性・旋回性・安定感のすべてが、

初・体・験

サイッコーに

カ・イ・カ・ン

ですw


もう古い部類のバイクですが、
流石は当時の「世界最高水準」!
もう、他のマシンに浮気なんて出来ないですw 

因みに、頑張ったり・マッタリ走ったりでも
燃費は18km/㍑!
もう自慢・自己マンな内容ですが、
CBR954RRは

マジでおススメの一台です

入れ替え検討中のアナタ!
コイツぁ~良いですヨ!

では^^ノシシ 

ども(・∀・)つ

朝からバイクDAYが出来たので、CBR954RRの
プチインプレでもしときます。

954rr_01
良い具合に、梅雨の合間の晴れと、休日が合致したので、
体慣らしって事で、長距離行ってきました!

最初に場所・所要時間・距離を言うと・・・

◆石川(山側環状)→南砺→五箇山・白川郷→白鳥→福井市内

◆距離:およそ300km

◆所要時間:およそ6時間少々

以前なら、たっぷり夕方まで使う距離ですが、
やっぱり楽ですね。帰りに会社寄って、雨上がりの汚れを落として、
しばらく喋ってても、余裕の早め帰宅に。

で、プチインプレですが、

◆ポジション◆

前傾ですが、他のSSと比較してかなり楽なポジション。
横から見ると、ハンドル位置がシートより大分上に位置していて、
シートからの距離も近いです。セパハンに慣れている人なら、
きっと「楽」な部類と感じるはず。


◆足つき性◆
シート前部が細く、そこから真っ直ぐに足を下ろせる為、シート高
82cmの割には足つきは良い方かと。
因みに、規格外の足短さを誇る私の場合は・・・・

両足つま先(ブーツが)届く程度w

けど、軽さが尋常じゃないので、これでも全然OKです


◆加速性◆
どこからでも、欲しい時に欲しいだけ・・・ってか
場合によっては恐怖を感じる加速をしてくれます。
さすがにまだ乗るのが2回目なので
ボチボチと慣れていくのかなぁ~・・・と、

それから、954ccも排気量がある割には、
極低速(発進時)はトルク無いです。
少し明けないとエンストしますw


◆コーナリング◆
一言で表すなら、

「懐が深い!」 です。

がしかし、それゆえに!!
慣れてしまうと、無茶しそうで怖いですw

それから、乗り方と言うか、コツと言うか、
やっとこの子の曲げ方が分かった様な・・・

今まで乗ったレーサー系のバイクと違い、
大きく体をインに入れようとすると曲がらず、
上体を起こし気味で、先にバイクだけをチョイと
傾けると・・・
あら不思議!気持ち悪いくらいに曲がってくれます。

イメージとしては「ノリック」みたいなフォームが
ピタッと合うみたい。


しかも、今までのバイクでの少し頑張って走ったノリと、
この子の楽~に流したペースが同じくらいw
いろんな意味で「大型の方が楽やで」
って言うのが良く分かったw

あと、コノ手の大型バイクのタイヤの端が溶けてる
のも、乗ってみて良く分かったw
普通に流してても溶けちゃうんですね
って事で、タイヤライフが気がかりです・・・


◆燃 費◆
想定の範囲内でした。今回のルート(若干渋滞あり)で
およそ、18km/㍑
燃料計はありませんが、250kmほど走った辺りで
警告灯が点き、約13㍑強の給油でした。
18㍑タンクなので、残り5㍑で点灯って事ですね。

まあ、20km/㍑以上も走るリッターバイクもある事から
考えると、少々悪く感じるかもですが、このパフォーマンス
を味わえると思えば安いモンですね。

以上、現時点での「プチ・インプレ」でした。


帰りに会社で洗車してたら、周りに

「どうせ1年とかしか乗らないんでしょ!?」

と、毎度まいどの事で言われましたが、


経済的な問題が起きない限りは乗り続けたいです!


きっと明日になれば、

全身筋肉痛(TДT) 

なんでしょうが、

超軽量!・パワフル!・スタイリッシュ!・便利さ!では、
コノ子を知ってしまったら、他には行けないですよ。

それでは^^ノシシ 

このページのトップヘ