最初はアメリカのお魚事情の悪さに愕然とした私ですが
ここはボストン、シーフードの都(?)。
結果から言うと
おさかな満喫生活を送っております。

ボストン在住十数年という友人(日本人)に数々のまっとうなお魚屋さんや魚市場を教えて頂いてからお魚を楽しめる生活となりました。

y&Rがよく利用する魚屋さんはイタリア系の家族が経営する店。季節のお魚を新鮮なまま提供しています。もちろん、日本レベルで“新鮮”。

刺身に出来る魚が常に何種類もあるし(大トロ、中トロも!)タイ、スズキ、ヒラメ、ホタテ、イカ、蛤、もあります。季節があえば、甘エビ(日本感覚では激安)、クエ、アンコウ、イワシ、サバ、ウニなども。

注文の仕方は一昔前の魚屋さんと一緒。
「鯛を三枚にさばいてもらえる?頭と骨は出汁に使うから別に包んでね。」って具合。私は、鮭の頭とかクエの骨(さばくのが下手なので身が一杯ついてる)とかも二束三文で買っちゃいます。

食べたいものを手に入れるには自分で料理するしかないのでボストンに来てから、魚を調理する頻度がぐっとあがりました。〆鯖、イクラ、昆布締め、なんて自分で作る日が来るとは思ってなかったよ。

ちなみに、「三枚おろし」を英語で頼むには?
"Sanmai please!"
前述の魚屋は日本人顧客が多いので魚の名前とお魚用語のみ日本語をマスターしているんです。刺身にはこれ、お鍋にはこれ、ときめ細やかな説明をしてくれます。

ボストン万歳!

↓ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂ければ嬉しいです!
?…?????u???O?∫ ?C?O?∂???u???O?÷