スーパーにしろ、売ってるものにしろ、色々勝手が違って痛い目に数多く遭って来ました。

野菜では、まずタンポポの葉。ダンデライオン、ってやつですね。

日本でも売ってたような気がするんですが、私は試した事がありませんでした。こちらでは、葉もののコーナーに普通においてあるので普通に購入。湯がいてみたんですが…、苦すぎ〜、無理。そもそも、色濃い緑でワイルドな風貌をしてたもんな〜。速攻捨てました。食べ物を捨てるという罪悪感ゼロ。だって、雑草の味なんだもん。

なんだかわからずに買って失敗したものもあります。

インド人のおばちゃんがカートにとある葉っぱを山積みしてるのを見て、そんなに美味しいものなのか?と、心揺さぶられた私。”どうやって食べるの?”って、聞いてみました。”ほうれん草と一緒だよ〜”との返事だったので、お買い上げ。おひたしにしてみました。

やっぱり、雑草の味

茎も固くて、食べづらい。yさんに、インド人のおばさんにそそのかされた(事実歪曲)と言い訳。

インド人はおひたしにしたりしないだろ。カレーにするんじゃねえの?

…そうかも…何故おひたしにした、私…。でもタンポポよりはましだったので、意地で完食(もちろん、一人で)。嬉しい事に、翌日おなかがすっきり。というか、あまりトイレから離れられず。

後日調べたところ、methi leafという野菜だった事が判明しました。炒めたりするみたいだけど、未だに正しい食し方は知りません。

そんなこんなで、使い慣れない野菜を買うのはリスクがあるんですが…買っちゃうんですよね。つい。今は、甘くなさそうな緑のバナナgreen plantainってのが冷蔵庫に入っております。今日はまず、下調べしてから料理しますか。

↓アメリカ食事事情シリーズ。気に入って頂ければ、是非クリックを!
?…?????u???O?∫ ?C?O?∂???u???O?÷