そうそう、あんな映画よりプルシェンコ様ですよ。

わたしは、ボストンであったチャンピオンオンアイスで
彼を見ましたが…あの魅力は反則。
静かでパワフルなジャンプ。
彼しかできないであろう凄みのある、かつ華麗なステップ。

王子系の演技はこっち
(鳥肌もののステップが見られますが…見なくてもOKよ!)。


そしてなにより、彼のエキシビジョンはすごい。
これまでにもセクシー系エキシビジョンを得意とする
スケーターはいました。
(仏のキャンデロロとかね。
バラと投げキッスの似合うスケーター。大好きでした〜。)

しかし、これほどまでの技術をもちながら
やり過ぎ感すら漂う演技を見せたのは
プルシェンコのみといって過言ではありません!!
(↑力説)

アメ人がセクシーさをアピールしても私には響かないが
ロシアの王子様にあんなことされたらもう、ねえ。

これが、世界の度肝を抜いたやり過ぎエキシビジョン。
その名も"sex bomb"アメ人おおよろこび。
是非満て!絶対見て!




念のため申し添えますが肉襦袢着用です。

解説者達も何々?何が起こるの?状態。
最初は"彼はキャンデロロの上を行ってるね"と
比較的冷静なコメントしてましたが、そのうち
"キャンデロロでもシャツしか脱がなかったけど…"
"やつはすごい…"と、単なる観客になっちゃってました。

そして女性解説者のため息まじりのコメント聞きました?
He is just too sexy!

そんな彼、ロシアでは行き過ぎ感加速。



ロシア人客、乗り悪っ!
こんなときのはアメ人の方が好きだな〜。