2008年10月13日

「銀座あさみ」鯛茶漬け&籠弁当3

あさみ_R000銀座で鯛茶漬けといえば、ここか「うち山」。
お弟子さんの「うち山」は昨年ミシュランの星を獲得。お昼はともに1500円の鯛茶漬けを出していて、銀座ランチといえば必ず名のあがる人気店です。
突然「明日遊びに行こうかな」という母からの電話。
以前父と2人で遊びにきたときは、「うまいタコスが食べたい」という父の希望で、有名なメキシコ料理店に連れて行ったのですが、味も雰囲気もひどくて3人ともがっかり…ということがあったので、はずさないところを…とこちらを予約。
急遽金曜の20時過ぎに電話したので、最初は「満席で…」と言われたのですが、開店から1時間なら…ということでなんとか入れるようにしてくれました。電話の対応がとても親切で好感がもてました。

新橋から歩くこと10分。カウンターかと思っていたら、座敷に通してくれました。母と一緒だったので、これは嬉しい。
お昼は1500円の鯛茶漬けと、2500円の縁高弁当、弁当と鯛茶漬けのセット3500円で、鯛茶漬け以外は要予約です。

写真は3500円のセット。最初に水菜とお揚げのおひたし。
お弁当は、2段重ねの籠の中に、おかずがいろいろ。
上の段には、もずく、だし巻き卵、すりみの揚げ物、焼き魚、さつまいもとくりの甘露煮などなど。
下の段には、海老のつや煮、茄子田楽、かぼちゃと里芋の煮物、高野豆腐など。
15種類以上の料理が入っていて、思わず昼からお酒が欲しくなってしまいます。

あさみ_R001鯛の温麺が出て、最後に鯛茶漬け。お弁当とセットだからハーフサイズなのか…と思ったら、結構な量。
ごはんは普通に1杯分、鯛も7〜8切れはあり、しっかり1人前な様子。ごはんはおかわりできるようですが、これを食べきるだけで精一杯のボリューム感。

一般的なごまだれよりも、色も味も濃いめ。甘みが少なく、濃厚な醤油風味でごはんとよくあいます。
鯛はすじっぽい部分もあったりで、いたってフツー。お茶漬けにしてしまうので、いい切り身じゃなくてもおいしく食べられちゃうけど。
このごまだれが母は気に入ったらしく、「お父さんにもこうやって食べさせてあげよ〜」としきりに言っていたのがほほえましかった。
いくつになっても、相手にもおいしいものを食べさせたいなという気持ちをもっている夫婦って素敵。

デザートは栗羊羹。最後までおいしくいただけましたが、想像以上に満腹になりました。平日だったら、鯛茶漬けだけでも満足できそう。

とりあえずタコスの挽回はできたかな…。

本日もランキングお願いします。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309


r_kawa_ at 21:57│Comments(0)TrackBack(0) 有楽町・銀座・新橋 | 和食

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Recent Comments