2006年09月26日

9月30日(土)から、「持駒制度の採用」の考察に入ります。

 こんにちは。

 さて、ゞ紂澡絅泪紅廚虜陵僉↓◆峩漫廚虜陵僉↓4岨二文字の採用など、将棋の改良過程におけるハイライトについて記述しました。 原将棋の改良に原シャンチーが深くかかわっていたことをご理解いただけたことと思います。

 ところで、漢字二文字採用以降は有史の世界に入ります。

 有史以前の将棋史により興味がありますが、有史後においても解明されていない(きちんと史実考証されていない)事象は多々あります。であればこそ、考察する意欲も沸いてきます。

 十分に解明されたとはいえないテーマの一つに「持駒制度の採用」があります。 9月30日(土)から「持駒制度の採用」の考察に入ります。
 よろしく、お願いします。 

 小沼 諒



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/r_onuma/50626952
この記事へのトラックバック
将棋の歴史において、独自の論を展開する、興味深いブログがあります。 小沼 諒 「
小沼先生のブログで持ち駒の歴史が展開されます【Tamago915の卒業研究】at 2006年09月27日 22:46