2014年09月06日

四人制が先か、二人制が先か

 「将棋伝来再考」(2013年版)で、清水氏はいう。

「(増川氏の『将棋』()は)他の研究者への影響力が強いだけに将棋史の負の効果を与えることにもなってしまった。負の効果の一つは、増川もすでに見解を変更しているものの(増川 2003 p46※※)、四人制チャトランガと二人制チャトランガの先後関係について、四人制チャトランガが先行すると紹介したことである)

 「1977 『将棋』 法政大学出版局」

※※2003 『チェス』 法政大学出版局」

 おそらく、「サイコロを使用しない二人制チャトランガが先に作られ、サイコロを使用する四人制チャトランガが後に作られた」のは当然のことであると清水氏はいいたいように思える。

 逆に私は、二人制チャトランガ先行説を唱える者は、ゲームの創作はおろか、ゲームの改良すらしたことがないのではないかと疑っている。
 なぜなら、ゲーム創作者やゲーム改良者であれば、サイコロを使用しない二人制チャトランガサイコロを使用する四人制チャトランガという流れは、複雑なゲーム簡単なゲーム、運に頼らないゲーム運に頼るゲームという流れであり、これをゲームの改良といわないという「常識」が働くはずだからである。

 四人制チャトランガ先行説の場合、四人制における二組の軍隊が二人制で合体した結果、王の一人が仕官に格下げになったと説明されるが、二人制チャトランガにおいて、王と仕官が同格に並ぶ初期配置の不自然さに対する見解も示されない。
 
(http://blog.livedoor.jp/r_onuma/archives/50120220.html)


 たしかに、「ゲーム史研究」と「ゲーム創作・ゲーム改良」とは直接、関係ないはずと反論されるかもしれない。

 しかし、「ゲーム史」は「ゲーム改良史」であり、「ゲームの改良に携わった改良者の心理を理解し、妥当な結論を導くこと」であると考えている。ゲーム史研究にとって、ゲーム創作やゲーム改良の経験が必須だというつもりはないが、ゲームの創作心理や改良心理についてきちんとした認識を持つ必要がある。

 また、ゲームの改良には様々な形態があり、ゲームの改良の認識について厳格である必要はないはずと反論されるかもしれない。
 たしかに今日、世の中には色々なゲームの創作や改良と呼ばれるものが玉石混淆で存在し、過去においても様々なゲームの創作や改良が試されたに違いない。しかし、真に合理的で人々の共感を得たものだけが、長い歳月の中で淘汰され、生き残ってきた。だから、ゲームの改良は合理的に、説明可能な形でなされてきたといえるである。

 したがって、増川氏が『将棋』で「サイコロを使用する四人制チャトランガが、サイコロを使用しない二人制チャトランガに先行すると紹介したこと」に問題があるのではなく、今日、二人制チャトランガ先行説、つまり、「ゲームの改良に反する説」を当然のことと捉える風潮に問題があると考える。

 もし、増川氏が当初から「二人制チャトランガ先行説」を唱え、あたかも定説であるかのように扱われていたとしても、「ゲームの改良の本質」という観点から同意できない。これは、東南アジア伝来説が定説であるかのように扱われる現状において、「将棋の歴史の本質」という観点から東南アジア伝来説に同意できないことと同じである。

よって私は、増川氏説の変遷と関係なく、四人制チャトランガ先行説を支持する。
http://blog.livedoor.jp/r_onuma/archives/cat_50008955.html

(完)



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/r_onuma/51714279
この記事へのコメント
四人制先行説に賛成します。
小沼先生のご指摘通りだと思います。特に新しいゲームを考案されたご経験からのご意見は貴重だと思います。
増川先生のご意見は、権威のある外国の研究者(ザイエット教授)の紹介にすぎません。
私の力では原典を読むことも批判することもできませんが、「チャトランガはインドの宮廷における戦闘の図上演習のための用具であって、各兵種の行動や用兵の教育訓練のために用いられ、その後盤上遊戯として遊ばれるようになったと推測している」のを見て信用できる説ではないと思いました。
図上演習では地形が大きな要素であり、また、平原での戦いでは陣形が大きな意味を持ちます。圧倒的多数の歩兵が前に薄く一線に並ぶ陣形はあり得ません。歩兵の駒は、方陣を組み、全面に戦象、両端に騎兵、後方に戦車(敵陣が乱れて隊列が崩れた後、突撃する)が考えられる配置です。お互いに交代で一手ずつ指すような戦闘はあり得ません。
Posted by mizo at 2014年09月11日 21:35
溝口さん、こんにちは。

 四人制先行説に賛同いただき、ありがとうございます。
 思うに、かつて、日本人には欧米コンプレックスがあり、将棋史界においても欧米の権威者の文献がそのまま崇拝される傾向がありました。
 しかし、欧米の研究者の中には、チェスへの固定観念からか、チャトランガ等について史実と異なる推理をしている場合も散見されます。
 最近では、クールジャパンにも示されるように、従来の経済輸出・経済貢献に加え、文化発信においても欧米で敬意をもって迎えられるようになってきました。
 そろそろ、将棋史観についても、日本から世界に発信してもいい頃ではないでしょうか。そう感じています。
 今後とも、よろしくお願いします。

小沼 諒
Posted by 小沼 諒 at 2014年09月11日 22:32