契約書の達人秘密保持契約書の達人業務委託契約書の達人
契約書作成実務のための民法情報(総則編)新会社法で独立する起業家たちへ
「人気Blogランキング」メルマガ起業リスク回避マニュアル無料レポート

2005年08月21日

■共通テーマ「幸せ論」 士-1■

ようこそ!「行政書士丸儲け」へ。
このブログは、「人気Blogランキング」に参加しています。
初めてご覧になっている方も、いつもご覧になっている方も、まずはクリックしてください。
みなさんの暖かい支援をお待ちしています。

なお、このブログに連動したメルマガも発行しています。
併せて読むとその効果は通常の3倍(当社比)です!!

登録はこちらから→メルマガ登録ページ
さあ、今日は第2回ブロガーの輪(和)の開催日です。
前回参加した経験から言わせてもらうと、これから24時間の間、大変なことになります。
コメント&トラックバックの嵐と、「人気Blogランキング」の急上昇。
そして、自らもコメントしたりと、大忙しです。

でも、そこには参加者にしか味わえない大いなる果実があります。
さあみなさん、存分に楽しんでください!!

それでは、私の「幸せ論」をご覧ください。
題して、



幸か不幸か?



「幸せ」なんていうのは、個人の価値観に左右されるものであって、正直なところ、どう書いていいものかハッキリとはわかりません。
だからこそ、61人ものブロガーがそれぞれかけるテーマなんでしょうが・・・。
ただ、この「幸せ」というテーマを考えるにつれて、なんとなくひとつの指針が固まっていきました。

私は、「幸せ」というのは、「不幸」ではない状態のことだと思います。
では、「不幸」とは何か?ということになりますが、これまた難しい問題です。



「幸せ」にしても、「不幸」にしても、一度経験してみないとわからないので、その捉え方は人それぞれです。


例えば、酒。

酒も飲んでみないとわかりません。
飲んでみたら、飲める人にはとても「幸せ」な気分になりますし、飲めない人はとても「不幸」な気分になります。

そして、何よりも「酒」の存在を知らない人にとっては、「幸せ」も「不幸」もへったくれもありません。


これは食べ物も一緒。

世界三大珍味も、日本三大珍味も、食べたことがないとその味はわかりません。

そして、味わった結果、その人にとっては美味しいという「幸せ」をもたらすかもしれませんし、不味いという「不幸」をもたらすかもしれません。

そして、美味しい食べ物の存在自体を知らないと、それはそれで一生幸せなのかもしれません。


よく「幸せ」の尺度として持ち出される「お金」
これもよくよく考えてみると一緒です。
お金持ちの気持ちも、貧乏の気持ちも、本当のところは、なってみないとわからない。

お金持ちは、自分のことを「幸せ」と思い、そんな経験を続けたいと思うから、その生活水準を保とうとする。
貧乏な人は、自分のことを「不幸」と思い、そんな経験を続けたいと思わないからこそ、その生活水準から抜け出そうとする。
もちろん、全てがそうだとは限りませんが・・・。

そして、日本の社会をよく知らない、つまり、一部の外国の人たちにとっては、そんなことを知らずに、もっと他の基準で「幸か不幸か」を考えることでしょう。



こうしてみると、「幸せ」か「不幸」かというのは、そもそも判断基準となる物事(「酒」とか「美味しい食べ物」とか「日本の社会」とか)を知り、そのうえで経験してみて初めて知ることができる、というものだということになります。

そういう意味では、「幸せ」になりたければ、「幸せ」になれると思うことを、いろいろ経験するべきでしょう。
そして、経験から得た「幸せ」をどんどん繰り返すことによって、そのひとの人生というのは、「幸せ」だったと言えるようになるんでしょう。
おそらく、人類はこういう営みの繰り返しで発展してきたんだと思います。



ただ、ここでもうひとつ触れて起きたいことがあります。
冒頭で私は、「幸せ」というのは、「不幸」ではない状態と書きました。

「幸せ」であるためには、できる限り「不幸」を避けなくてはなりません。
誰だって、「不幸」にはなりたくないですし、「不幸」を回避するために、「不幸」を経験しておけ、ということはできません。

なぜなら、「不幸」には取り返しのつかない「不幸」というのもあるからです。



取り返しのつかない「不幸」の代表に、「人の死」があります。
一般的に、「不幸」とは、人の死をさすことがあるのもそのせいでしょう。
これはある意味、回避もできない、取り返しもつかない、最悪の「不幸」ともいえます。

ただ、この場合は、残された人とっての「不幸」であって、死んだ当人にとってみれば、むしろ「幸せ」なのかもしれません。



このほかにも、取り返しのつかない「不幸」なんていうのは、意外とあるものです。



私は、企業向けの契約書を扱っている関係上、企業の取り返しのつかない「不幸」というのも、結構見てきました。

なぜそんなことが起こるのかというと、やはり「不幸」になるという経験をしたことが無い、あるいは、「不幸」という事態を見聞きしたこが無いから、その「不幸」を回避するという発想すら生まれず、結果として取り返しのつかない「不幸」になる、というパターンが多いようです。

もちろん、取り返しのつかない「不幸」ですから、業績が悪化するとか、売上が落ちるとか、そんな生ぬるいものではありません。
そういうのは、取り返しがつきます。
とてもここには書けない「不幸」が待っています。



ただ、「不幸」の話なんて、そうそう簡単に見聞きできるモンじゃありません。
誰だって、話したくないですからね。
不名誉なことですし、なによりも惨めです。
だから、「不幸」な話は、世の中には見えてこないんです。
逆に言うと、意外と世の中には「不幸」な話はゴロゴロしてるんです。
仕事柄、我々法律職はよく知ってるだけのことです。



だから私は、経営者を含めた、全ての人に言いたい。

「不幸」を知らずして、「幸せ」を求めてはいけません。
「不幸」を知り、そして「幸せ」を知り、さらに「不幸」を避ける努力をし、そして「幸せ」を掴む努力をする人にこそ、本当の「幸せ」が訪れるんです。




今回の記事は以上になります。お付き合いいただきましてありがとうございます。
このブログの裏話、補足、私の本音が聞きたい方は、メルマガをご覧下さい。
メルマガの登録はコチラから→メルマガ登録ページ

また、このブログは毎日更新してますので、明日も是非ご覧ください!!

*・゚゚・*:. 。..。.:*・゚ 今日のポイント ゚・*:.。. . 。.:*・゚゚・*

視野を広げないと、本当の「幸せ」は訪れない。
狭い視野のひとには、それ相応の「幸せ」しか訪れませんよ。




「あ〜、『幸せを探す旅』って、視野を広げることなんだ・・・。」という人も一票下さい!
   ↓
「人気blogランキング」

〜「コメントリンク」コーナー〜

このブログでは、私が、前回の投稿から今回の投稿の間にコメントした記事を紹介しています。
これには大事な理由があります。知りたい方はこちらまで。
みなさんもぜひやってみてくださいね。


今日は無理でした。
締め切り前の作家気分でしたので・・・。



「今日もお疲れ様♪」とお思いの方は、労いの一票を・・・。
あなたのワンクリックが、私の大きな癒しになります。
   ↓
「人気blogランキング」
このブログはリンクフリーです。
コメント&トラックバックも大歓迎!!(スパムは勘弁してください・・・)
トラックバックの削除のガイドラインを設定しましたので、トラックバックを送信する前に必ずご覧ください。
ルールを守れない方のトラックバックは削除いたいします。
また、現在のところ、どなたのコメントにも99%返信いたします(詳しくは過去のコメント欄を参照してください)。
「初めてだし、いきなりコメントしても迷惑かな・・・?」なんて思っているアナタ。
そんなことはありませんよ!!
ちょっとだけ勇気を出してください。その想いには必ずお応えします。

また、契約書に関してお困りの方は、ぜひ当事務所までお問い合わせ下さい(最近相談が増えています)!!
きっと、解決策が見つかります。
当事務所のホームページ→「契約書の達人」へ

★個人情報保護法奮闘記★〜ちょっとお休み〜

最近、Webサイトの方にかかりっきりで、個人情報保護法については、あまり勉強が進んでいません。
というわけで、しばらく(といっても、すぐに復活しますが)休止します。

「おお、再開をまってるよ!!」という方は、応援の一票をお願いします。
あなたのワンクリックが、私の毎日の継続につながります。
   ↓
「人気blogランキング」



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 共通テーマ「幸せ論」 士-5  [ 社労士の情熱大陸プロジェクト【こいログ】 ]   2005年08月21日 01:16
記念すべきブログの300回目の投稿、博多のホテルから書き込んでいます。まずは300回目のお祝いに、コチラをぽちっとしてやって下さいな。で、今日はブロガーの輪(和)の開催日、全国の61名のブロガーが一斉に同じテーマ「幸せ」について語ります。 私が、この「ブ.
2. ■共通テーマ「幸せ論」 総-1■  [ 反響道-儲けるポスティング著者の日記 ]   2005年08月21日 01:19
素敵な花火があがり続けてます・・・。61名の「幸せ」を読み比べ、たくさん「HAPPY」になってくださいね!
3. ■幸せ論■ 営‐7  [ 幸福な人生を探そう Are You Happy? ]   2005年08月21日 02:29
こんにちは! 今回は、61名のブロガーが「共通テーマ」を同じ日に一斉に公開する大イベント ブロガーを繋ぐ「輪(和)」の第2回共通テーマ【幸せ】 に参加しておりますので、私なりの【幸せ】を論じたいと思います。 共通テーマ? 幸せ? はぁ?と言う方コチラをご.
4. ■幸せ論 総-4 ■ エージェントS 国際社会を巡る  [ エージェントS 国際社会を巡る ]   2005年08月21日 07:38
皆さんは日々の生活の中で、“幸せ”って感じていますか?
5. ■幸せ論 士-4■  [ ヤバい行政書士のお仕事依存症!? ]   2005年08月21日 08:06
ブロガーを繋ぐ「輪(和)」 第2回共通テーマ「幸せ論」開催します! と言うことで、 今日のテーマは”幸せ”。 "幸せ" それは、なるもんじゃない! "幸せ" それは、感じるものだ! 今、 この瞬間に"幸せ"を感じられるか… そう、 自分自身のココ
6. ■幸せ論 ア-1■  [ ○○○ JUK flavor words ○○○ ]   2005年08月21日 09:43
今日子猫は泣きました お父さんに叱られて 涙で体がずぶ濡れです お母さんに甘えてみたけど 今日はお母さんも味方をしてくれません 子猫はもっと泣きました 悲しくて悲しくて 体の水が全部出てしまうくらい 今日子猫は泣きました あんまり子猫が.
7. ■共通テーマ「幸せ論」 経-1■  [ 営業実践小冊子編纂人の小冊子営業術!! ]   2005年08月21日 11:42
  『幸せ』について語れる身分じゃない・・・。   というか、幸せをつかむのが怖かった。     そう、自分で思って生きていたいた20代。 もうすぐ33歳になる、ひとりの男の『幸せ論』をここに書きたいと思うのですね。   ここに来てくれた.
8. ■幸せ論 ア-8■  [ Roan's Cabin --don't think twice, it's all right-- ]   2005年08月21日 12:21
 さて今日は幸せということについて、少々筆を進めたいと思います。そもそも、幸せとはどういった状態をさすのでしょうか。私が思うに、幸せとは、精神的に高揚したときの状態、つまり精神的なものです。ですから、物質的なものではないということです。セックスを例に取る.
9. ■幸せ論 ア-3■ refs DESIGN 〜 デザイン禅問答  [ refs VOICE ]   2005年08月21日 13:17
. . ■幸せ論 ア-3■ 03 refs DESIGN 〜 デザイン禅問答   だ   か  だ   ら  か  だ   ・  ら  か   ・  ね  ら      !  さ         あ 最近 耳障りで 不幸せになる言葉である あれ? 幸せ論では
10. ■幸せ論 士-9■  [ 成功するビジネスプランを考える方法 ]   2005年08月21日 13:32
「幸せ」とは何だろうと今、考えたときにまっさきに思い浮かぶのが、自由な時間がもっと欲しいということです。自由な時間というより、自由な仕事を求めて独立した私にとって、現在の状況は「幸せ」なのですが
11. ■幸せ論 総-10 ■   [ ワーキングマザー@福岡 ]   2005年08月21日 13:48
今日は61人のブロガーが 「幸せ論」について記事を書きます。 いろいろ考えてみましたが 私は最近私のバイブル化している「人生改造宣言」から得た 自分なりの「気づき」をもとに書いています。 長くなりましたし、 他の人にとっては見当はずれのものかもしれな.
12. ■幸せ論 士-2■  [ 吉川直子の「ヒト」にかかわる仕事が好き!! ]   2005年08月21日 14:16
人気ブログランキングに参加しています!再びラキング下降気味です…。応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪ さて、前回の「プロ論」に続く「ブログの輪(和)」第2弾がついに本日8月21日に開催されます! 今回のお題は「幸せ論」です!士業(社
13. ■幸せ論 総-11■  [ nemoのリセットライフing+αアフィリエイト ]   2005年08月21日 15:03
  幸せと不幸せは表裏一体。 今あるもので、満足しないと幸せは死ぬまで感じられないし、 満たされない部分、焦りがないと成長できない。 「このままではいけない。何か私にできることがあるはずだ。私のやりたいことって何だろう?」 ずっと自問自答してきまし
14. ■幸せ論 士-8■  [ バイタリティやまだ13号の社労士業務日報 ]   2005年08月21日 15:15
 本日は、第2回ブロガーの輪(和)に参加。    ということで、私も本日は「幸せについて」語りたいと思います。  バイタリティやまだ13号の社労士業務日報の「幸せ論」で、幸せを一緒に感じたい方はポチっとお願いします。m(_ _)m  「幸せ」「不幸せ」・・・。
15. ■幸せ論 経-7■  [ 『加速成功』南のさむらい日記!! ]   2005年08月21日 15:39
第2回ブロガーを繋ぐ「輪(和)」に参加しています。 テーマは「幸せ論」です! な〜んと・・・今回は61名のブロガーが同じ日に“幸せ”について語ります。 私が思う幸せとは、 愛されていると感じられて、 人を愛することができて、 家族、友など周りの人が.
16. 幸せ論 士−6  [ 中村総合事務所通信・My-Komon:知っ得塾! ]   2005年08月21日 16:19
8月21日・・・「幸せ論」 「幸せ」の基準ってあるのかな? ○○=「幸せ」・・・こんな公式見たことないよ。 見たことないって事は、「幸せ」に定義は無いって事だよね・・・ 昔、読んだ本にこんな本があったんだ。 「成功者と成幸者」 中村は、まだ成功者じゃない、で.
17. 幸せ論-ア-4  [ Sketches Of Goles竏辰haracter design 100 ]   2005年08月21日 16:49
『幸せ論―自分らしく在りのままでいられる事』―アーティスト カテゴリーNO4 旅先でバイトを探す時は、履歴書の住所の欄に○○公園と書いていた 面白がって雇ってくれる優しい人たちと出会えた 凝りに懲りまくったカレーの味がレトルトカレーの味になっ事がある フリ
18. ■幸せ論 営-2■  [ 社内ベンチャーができるまで ]   2005年08月21日 17:11
企画屋が考える「幸せ」 どうも私はいつも二番目です。 前回のプロ論もNo2でした。 企画屋というのは、 一般的、大衆的なものの考え方をする脳と、 マニアックで、誰も考えないようなことを、 空想する脳と、併せ持っていなければならない。 と私は考えています。 だか
19. ■幸せ論 総-7■  [ ★★のんきにっき★★ ]   2005年08月21日 19:27
{/hearts_pink/} しあわせ {/hearts_pink/} 人は決して一人じゃない 誰ともつながっていないと そう思う心がひとりぼっちなだけで 必ず何かとつながっている 必ず誰かとつながっている それを感じる心を持っていること それを感じる心を失わないこと 何ともつなが
20. ■幸せ論 ア-6■  [        M a Kの音楽制作スタジオ ]   2005年08月21日 21:10
                   『幸せ論〜ギャグ匁的な生き方〜』 好きだった人にフラれて、夕暮れの公園でカラスの鳴き声を聞きながらブランコに乗りヒロシ兄さんに電話した事・・・・。(死ぬほど笑われた) 友達を激励しに愛知県まで遊びにいって、夜近くのバー
21. 『幸せ論』  〜ブロガー祭り〜  [ オンリーワン的人生を生きよう! ]   2005年08月21日 21:30
私にとっての幸せのキーワードは、『ナチュラル』 最も自然に過ごせる人と最も自然に過ごす時間を最大限にもつことです。こう言うとなんだかわかりにくいですが、例えばこんなことです。 今日は、第2回ブロガー祭(幸せ論)に参加してみました。 人気ブログランキング.
22. ■幸せ論 営-4■  [ 成果150%の話し方セミナー ]   2005年08月21日 22:27
こんばんは、ニシワキです。   昨日、リニューアルと書いてしまったので、 当分書かないと思われてしまったようですね。 すいません、そんな事はありませんので、 ご安心下さい。ただ、リニューアルもしますけどね。   さて、今日は「幸せ論」の日です。 .
23. ■幸せ論 専-5■  [ ○△□ NONBOO WORLD □△○ ]   2005年08月21日 22:28
第二回ブロガーの輪初参加!! ○△□のNONBOOです!! 皆様どうぞお手柔らかに、よろしくお願いします!!
24. ■幸せ論 営-9■  [ 表参道ではたらく『営業女』 ]   2005年08月21日 22:36
みなさまこんにちは! 第二回ブロガーの輪。 今回のお題は、「幸せ」についてです。 う〓ん、私が幸せだと思うのはどんな時かな?   美味しいものを食べた時、いい映画を見た時、いい本を読んだ時、お腹の底から笑った時、自分にはいい仲間がいるなと思った時
25. ■幸せ論 経-4■  [ 「チラシとポストが大好き」な社長のブログ ]   2005年08月22日 01:26
今回は、第2回ブロガーの輪(和)プロジェクトに参加している為 そこの共通テーマで記事を書きます。 ↓詳しくはこちら http://www.alpha-posting.com/blogger_2top.html   前回の第1回は「プロの定義」でした。 そして今回のお題は「幸せって…」っていう幸せ論
26. ■共通テーマ「幸せ論」 士-10■   [ あさひ福祉法務カフェ  専門起業家の視点 ]   2005年08月22日 04:35
今日は第2回ブロガーの輪です。テーマは幸せ論です。
27. 幸せがいっぱい  [  自由空間 〜 Norin’s Page 〜  ]   2005年08月22日 18:34
瞬間瞬間に幸せは存在するよ だから 忘れないで今を大切にすることを 人は一日1回でいいから幸せを感じる事が できれば、頑張ることができるんじゃないのかな。
28. 共通話題について61名のコメント  [ フリーカメラマンの裏メニュー,そしてひとり言 ]   2005年08月23日 00:00
昨日61名のブログを開設してりる人たちが、一人のリーダーの声かけにより 24時間のかなで個々それぞれの意見を投じました。 ↓の記事に有るように私も参加させていただきました。その感想です。 61名も参加すると考え方もそれぞれです。 ただ同じ話題についての
29. ■幸せ論 専-3■  [ 目指せエクセレントリーダー ]   2005年08月24日 23:32
今日は、久しぶりの更新になってしまいましたが、 同じ日に、同じテーマで、ブロガー61人が綴る「幸せ論」です。 参加メンバーはこちら 僕は、幸せとは誰かが決めるものでは無いと思う。 例えば、会話の中で、誰かの話題になったときに、 「あの人は不幸ね」
30. 「幸せ論」 営ー2  [ ちょっと待ったぁ!! ]   2005年08月25日 13:11
幸せ論を語れている自体が幸せなんじゃないでしょうか 自分の現状をそこそこ認識している場合、 少しでもいい事があれば、 "幸せだぁ"とか"ラッキー"とか思うでしょ!! だから人は現状より+(プラス)を感じたときに 幸せ(喜びと同じカモ!!)を感じるんでしょう
トラックバックの送信の前に、必ずトラックバックのガイドラインをご覧ください。
ガイドラインに抵触するトラックバックは、発見次第、直ちに削除します。

この記事へのご意見・ご感想

1. Posted by ■幸せ論 総-1■ 望月   2005年08月21日 01:19
爆弾オブジョイトイ 小山内総統

総統、大変お疲れ様でございました。
ええ。私は大変シンプルに「キメ」ました(笑)

酒・・・の話なんだけど、
俺って「酒」飲めないじゃん???

でね、若い時から良く言われたのが

 崑擦靴討襦
◆峅聴チ蝓
「気の毒だ」

ま、大きなお世話なんだよな(笑)
っつうか、俺には
「酒を飲める喜びや楽しさ」が与えられなかった代わりに
他の「幸せ」を感じれる能力がある気がすんのさ。

結論として「アイテム」は何にせよ、
本人が「幸せ」なら、それは「幸せ」なんだよなー(笑)

総統、お疲れ様でございました。
どうもありがとう!!!
2. Posted by ■幸せ論 総-6■ さかっち   2005年08月21日 02:44
小山内さん、はじめまして!

そして、コメント有難うございます。

今、世の中はデジタル社会。
Oと1の世界。
幸せと不幸せもそうかもしれないですね。

いや、中間点もあるはずなんですよね。
幸せを求めていく上での。
それを、書き忘れた!!!


PS.下の諸葛亮孔明の記事。
  以前、私も書いたことがありますので、
  後日、TBさせていただきます!

  もしかしたら、似ているかも!?

ぅぉおお! 
なんだか凄いことになっているのですね!?
っとようやくまわりの空気が読めて来たゴウゾウです。
はっ! もしかしてお呼びでない・・・(^^;)

ぐっ! ・・・っく!

はーい♪我慢します(^^)!

お酒で山手線2週したことがある不幸なゴウゾウです(笑)

おみやげ置いて失礼します♪
4. Posted by ■幸せ論 営-6助■ ハカイダー   2005年08月21日 07:09
ほどほどにノンベエ男、ハカイダーです。

おっす、小山内!
面白い考え方だな、不幸をまず知れときたか!!

うなずけるねえ。

俺も不幸のズンドコにいたから
幸せを感じれるのかもしれないよ。

ウチへの素早いコメントありがとうございやした。

あ!!

秋刀魚はどうなった?ケケケ
こげたまま食いやがれ!!ガンになりやがれ!!

そして健康のありがたさと
俺のコメントのありがたさに気づきな!!

そんじゃーなー!!
次ぎ行ってくらー、俺は今日も仕事何ジャーーー!!
『不幸だ、不幸だ!』と言っている人達は…
不幸を喜んでいて、それを望んでいるのではないかと思ってしまう時があります。
何故か…『不幸は嫌だ!!』と言いながらも、考えるのを辞めないんですよ。
  (私の知人の話なので、特殊な人…であるようにと願ってますが。)

小山内さんの、「不幸」を回避するという発想は本当に『幸せ』に踏み込む
第一歩として重要だと思いますよ。

今度、その友達にも61人で綴る“幸せ論”を教えてあ〜げよ。
小山内さんの記事から、何か気付いて欲しいので…
ありがとうございます。
おはようございます。

幸せは不幸でない状態・・・ごもっともです。

不幸が分からないと、当然幸せなのかも分からないですもんね。

今思ったんですが、幸せか不幸かを考えられるって、既に幸せなのかなって。

料理の美味しい、不味いも考える余地すらない人達も現実にはいるわけで・・・

不幸を知り、不幸を避けて、幸せをつかむ努力・・・リスクマネジメントですな(^^)

さすが小山内さん!

幸せを探す旅に行ってきます!
7. Posted by ■幸せ論 ア-1■ JUK   2005年08月21日 09:28
小山内総統!!

総統の今回の「幸せ論」のお陰で
今まで「言葉」に降りてこなかったモノが
一つ言葉に繋がったよ!ありがとさん!!

自分の水準と、人の水準が違うのに
自分の水準で相手の幸せ・不幸せを
判断しようとしている人がたくさんいる。

相手から見た自分の基準すら本人のそれとは
ずれているのにね!

別にそれが悪いというわけではないんだけれど
自分の中の「不幸」を知り「幸せ」を知る。
まずはそこからなんだろうね!

ありがとう!お疲れさま!!!
8. Posted by ■幸せ論 経-1■ かわけん   2005年08月21日 10:33
小山内さま

こんにちはっ!!
リーダーとしてと、今回の記事アップお疲れさまですっ!!

>「不幸」を知り、そして「幸せ」を知り、さらに「不幸」を避ける努力
>をし、そして「幸せ」を掴む努力をする人にこそ、本当の「幸せ」が訪
>れるんです。

↑JUKくん同様、
僕のもやもやとしていたものが、言葉になっているのが感動っす。

ほんとそうだと思います。
その事を知らずして、「不幸」も「幸せ」を感じることはできないです
もんね。

人類はそれを繰り返してきたんですもんね。
「不幸」か「幸せ」かを知るために命を落とした人がいて、その命を落と
した人を見て、さらなる改善をしていく。

うわぁ。すごい気付きをありがと〜!
9. Posted by ■幸せ論 経-5■ 惣菜NOBO   2005年08月21日 10:59
小山内さま

初めまして。惣菜NOBOです。

何回か訪れてカチッもしてますが、
コメント残すの初めてだっけな?

凄く面白かったす。
原点から「幸せ」を見ているな〜と感じました。

酒の例なども動物的な、また肉体的な「幸せ」を
うまく押し出していて・・・
最終的に生と死まで言ったところに感銘っす。

幸せを語りだすと究極的にはココなんだよなぁ。

あ〜〜今日も食べる事が出来て寝る場所もある。
なんとか今日1日、命を延ばすことが出来た。

命を一秒でも長く延ばす=究極の幸せです。

人間も動物っすから。

よく野生動物は生まれてから死ぬまで恍惚感に包まれて
いるって聞きますもん。これ「幸せ」ですよ。

ちょっと変わった斬り味・・・ありがとうございました。
10. Posted by ■幸せ論 ア-7■ 墨娯@ろゆふ   2005年08月21日 11:23
小山内さま

今年のお初秋刀魚のお味は如何で御座いましたか?:笑

御挨拶が遅くなりました、
アルコール漬け@ろゆふです:爆
今後とも何卒宜しくお願い致します。

>視野を広げないと、本当の「幸せ」は訪れない。

今日は「不幸」と思っていたことが、
明日は「幸せ」なのかもしれない。
周りが見えなければ、
もしやすると、小さな「幸せ」なことかもしれないことにも、
気が付かない。
気が付かなければ、育てやふもなし。
足元の幸せに気が付かない乍らも、
数百キロメートル先の他の人の「幸せ」に
涎を垂らしていたりする、、、

因果なものなのでせうね、、

有難う御座居ます。
「幸せ論」、楽しみませう。
11. Posted by ■幸せ論 ア-3■ refs DESIGN 〜 デザイン禅問答   2005年08月21日 13:16
.

小山内さま。

はじめまして。refs Design と申します。

素晴らしいコメント頂き 有難うございます。


>「不幸」を知らずして、「幸せ」を求めてはいけません。
 「不幸」を知り、そして「幸せ」を知り、
 さらに「不幸」を避ける努力をし、
 そして「幸せ」を掴む努力をする人にこそ、
 本当の「幸せ」が訪れるんです。


いま まさしく その最中に居る 自分があります。
この言葉は 励みになりました。感謝致します。

何かと 人の悪い面ばかり見る生業のように
勝手に解釈しておりますが
その向こうに 大きな喜びや「倖せ」があるのでしょうね。

大変な お仕事でしょうが どうか ご自愛くださいませ。
有難うございました。

また おじゃまさせて頂きます。

.

12. Posted by ■幸せ論 経ー10■ビジネス・フェロモン高橋   2005年08月21日 13:35
はじめまして、コメントありがとうございます。

幸せになるためには、不幸を知る必要がある。・・・・

深い!深すぎる!!

本当にその通りだと思います。


不幸を知って、不幸を避ける努力をして、そして幸せをつかむんですね。

今後ともよろしくです。


追伸、後夜祭にはフェロモン全開で参加します!
13. Posted by ■幸せ論 総-10■ yuri   2005年08月21日 13:46
>視野を広げないと、本当の「幸せ」は訪れない。
>狭い視野のひとには、それ相応の「幸せ」しか訪れませんよ

そうですね!
小山内さんの書いてあるとおり、経験してない幸せ、不幸せもあるし
日本に住んでる私たちにはわからない幸せ、不幸せもある。

そう考えるとまだまだ私も甘いと考えさせられました。

いろんな気づき、ありがとうございます。

 リーダーさま、やまだと申します。

 読んでてなるほどーと思ってしまいました。

今回自分も幸せ論書くにあたってあれこれ考えたけど

もっと書きたいこといっぱいあったような気がしてきたり・・・
あっ!そう!それも大切!って思いながら拝見しました。

 確かに不幸を避ける努力も必要ですね。
そのために最善を尽くすことが明日の幸せを作ると感じました。
15. Posted by ■幸せ論 経-7■ 南   2005年08月21日 15:00
小山内さん、こんにちは!
南です。

広い視野やたくさんの経験を積んでこそ、幸せが幸せと
分かるっていうのはホントにそうですよね。

たくさんの視点からみた無数の幸せがありますよね。
そう思うと、人の数だけ幸せのカタチが存在するのでしょうね。

16. Posted by ■幸せ論 ア-10■ 沙紅羅   2005年08月21日 17:02
こんにちわ。

幸せって不幸を経験していないと、中々見つけられないのですよね。
不幸を知ってこそ、幸せを見つけられる。
不幸を知っていないと、今実は幸せでも気付かないのですよ。
とても身近なのに。
後、自ら不幸と主張している人こそ、
幸せって気付かないものではないでしょうか?
不幸と思っていたことが不幸ではなかったり。
そんなことも時々思うときがあります。

なんて書いてみました。
失礼しました♪
17. Posted by ■幸せ論 営-2■太田   2005年08月21日 17:07
こんにちは。
やっと、ここまできた。
士業の10人と、残り10人であと20人。
6時間経過・・・。はぁ。てぇへんだ。

と、いうことで、いつもメルマガ拝見してます。
(会社で)

結論が私の考えとリンク!
「良いこと言うぜー」と思いました。

「取り返しのつかない」という視点が、
小山内さん独特の感性ですね。
18. Posted by ■幸せ論 総-2■ ひとみ   2005年08月21日 17:14
両方を知ることが大事!
とても分かりやすい例えでした♪
確かに、いろんな経験をしないと、
自分がどんなときに、悲しみを感じ、
どんなときに喜びを感じるか
分かりませんよね。
ありがとうございます!!
19. Posted by ■幸せ論-ア-4■仲宗根   2005年08月21日 17:24
旅先で公園生活をしていると
その公園で生活しているホームレスの方とお酒を飲む機会が
チョコチョコあります

お話を伺うと
経営していた会社の倒産とかリストラとか病気とか不幸な話のオンパレード
不幸自慢に泣いたり笑ったり。

幸せになる事を諦めていると語る方もいました。

不幸を避ける努力、幸せを掴む努力

諦めちゃいけない努力がある
そう思いました。

20. Posted by ■幸せ論 ア−8■Hikowski   2005年08月21日 17:43
もしかすると幸せというのは、
各個人によって尺度がずれていて
いいものなのでしょうね。
それを、ひとつの規範を定めて、
それが幸せだとしてしまうから、
不幸せと感じなくても良い人が
不幸せに感じる。
なんとも矛盾ですが、実際そうなのかもしれません。
いろいろ考えさせられました。
21. Posted by ■幸せ論 ア-6■ M a K   2005年08月21日 19:05

はじめまして、M a Kです。


>視野を広げないと、本当の「幸せ」は訪れない。

そうなんだよーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

さーーみんな、世界へ羽ばたこう!!

この世の中には凄まじいくらいの価値観や考え方が溢れているのだから。

己を磨くために!!
22. Posted by ■幸せ論 士-3■ 比嘉晃司   2005年08月21日 19:17
前回でもプロとの対極を知ることというのを取り上げましたが。
確かに幸せを知るには不幸を知ること、非常に大事ですよね。
幸せになるっ、と考えるとなかなか不幸なことを考える=悪
と考えてしまい、不幸から目をそらすようになってしまう可能性
も確かにありそうです。
リスクヘッジといいますか、アンフォーチュンヘッジという考え方
も必要ですね。
23. Posted by ■幸せ論 総-7■ のん   2005年08月21日 19:26
はじめまして、小山内さん♪

視野を広げる。
そうですね。
尺度はみんな違いますものね。

いろんなことに気づける心、
いろんなことを感じられる心、
その心をもってして視野は広がっていくのでしょうか?

見落としていることがたくさんありそうです。
見えてないことがたくさんありそうです。

視野をもっと広げていきたいと思います。
ありがとうございました♪
24. Posted by ■幸せ論 総‐8■CHIK   2005年08月21日 20:22
はじめまして、小山内さん♪
コメントありがとうございました♪

>視野を広げないと、本当の「幸せ」は訪れない。
>狭い視野のひとには、それ相応の「幸せ」しか訪れませんよ。

そうですね。
私も自分の世界ばかり中心で見てはいけないと、思う時が多々あります。
自分の世界から飛び出す勇気、
飛び出した時にたくさんの幸せが待っていると思って、
『一歩』を踏み出して行こうと思います。

ありがとうございました。
25. Posted by 武田 ■幸せ論 経-4■   2005年08月21日 21:11
小山内さん、こんばんは。
「人の不幸は蜜の味」って、実は不幸を知らずに幸せを求めるなって
事なのかもしれないと思いました。ナゼか。
26. Posted by 妖艶行政書士   2005年08月21日 22:17
私の取り返しのつかない「不幸」は・・・・

思い当たることが1つだけあります。

それ以来、すべてが変わったと思います。

「不幸」を知る、という言葉の意味、大変重く感じました。
27. Posted by  ■幸せ論 専-5■  NONBOO   2005年08月21日 22:24
はじめまして。小山内さん。

コメントありがとうございました。

仰るとおり、「経験」なくして幸も不幸ないですね。

そこに飛び込んだ人にしか味わえない何かがありますよね。

その結果、幸せと感じたか不幸と思ったかの違いですね。

良いお話ありがとうございました。
28. Posted by ■幸せ論 営−9■営業女   2005年08月21日 23:08
こんばんはー!

話題が「酒」に触れたとき、
「さすが、小山内さん!」と思いました。 ←意味不明(笑

そして、後半も、
「さすが、小山内さん!」と思いました。 ←「酒」ネタとは別の意味で。

>「不幸」を知らずして、「幸せ」を求めてはいけません。
>「不幸」を知り、そして「幸せ」を知り、さらに「不幸」を避ける努力をし、
>そして「幸せ」を掴む努力をする人にこそ、本当の「幸せ」が訪れるんです。

そうだ!そうなんだ!小山内さん、みんなに言ってやってくれ〜!!

特にビジネスにおいては、ただの「幸せ」ボケは、今の時代。取り返しの
つかない事に発展しかねませんよね。

まあ、「不幸」って何?分からな〜い?と言う程に
一度、なってみたいものですが(笑)。




29. Posted by 福祉法務カフェの高木誠司   2005年08月21日 23:58
こんばんは。
業務面から考える視点はさすが小山内さんですね。

取り返しのつかないようにならないように日々皆がんばっていますが、どっかでいろんな不幸は経験しているんだと思います。ただ、大きな不幸を背負わないようにしないとだめですね。小さな失敗の積み重ねが大きな失敗を未然に防ぐということと共通するものがあると思います。
30. Posted by ■幸せ論 総-1■ 望月   2005年08月22日 00:13
8月21日 23:35分を持ちまして
めでたく 「61発」の花火全てがあがりました事
ご報告申し上げます。

今回は前回にも増して
「幸せ」というテーマの下
本当に色々な「幸せ論」が展開され

とても充実した「時」を皆さんと迎えられました。

これを良い機会に、参加者の皆様と
親睦を深めて下さると幸いに存じます。

なお「長瀞」の後夜祭にご参加頂ける方は
その節も宜しくお願い致します。

皆様、本当にありがとうございました!!!
31. Posted by ■幸せ論 専-6■ ハラ ケンイチ   2005年08月22日 00:16
こんばんわ!ハラです。
コメントありがとうございました☆

>経験から得た「幸せ」をどんどん繰り返すことに
>よって、そのひとの人生というのは、「幸せ」
>だったと言えるようになるんでしょう。

これはホント納得です。「取り返しのつかない」
こと以外は何でも経験しておいて、その上で
「幸せ」を実感していくしかないんですね。

何ごとも手に入れたかったらそれを実際に
掴んでみるということ、頭の中にガッチリ
いれておきます。

また遊びに来ますね♪
32. Posted by ■幸せ論 営-10■ 複写長   2005年08月22日 00:20
小山内さん、はじめまして!複写長です。

グサッと胸に刺さるような幸せ論ですね。

>「不幸」を知り、そして「幸せ」を知り、さらに「不幸」を避ける努力をし、そして「幸せ」を掴む努力をする人にこそ、本当の「幸せ」が訪れるんです。

幸か不幸か、自分は20代の時に、父さんの経営していた会社が倒産するのも見てきました!

僕には、幸せになる材料は全て揃っております(笑)

あとは、自分の努力のみ!!

ありがとうございました。
33. Posted by ヒトにかかわる仕事が好き【吉川直子】   2005年08月22日 00:45
小山内さんこんばんは!

おっしゃる通り不幸を知らずして幸せを
得ることはできませんねー。

その上で不幸を避け、幸せになるために
どうしたらいいかを考える。。
それぞれの定義を知らずにその状態に
なろうとしても無理ですよね!なるほど
です。

ありがとうございました!

34. Posted by ■幸せ論 経-9■やまぐち   2005年08月22日 02:02
こんばんは!やまぐちです。

>「幸せ」にしても、「不幸」にしても、一度経験してみないと
>わからないので、その捉え方は人それぞれです。

そうですね。

「経験」する。感じてみることで見えてくるのでしょう。

僕もそうして感じてきました。


ありがとうございました。
自由である幸せに許されることは
「〜をしなくちゃ」
ではなく
「〜をしてもよいのよ」
という、人だから出来る「やさしさ」だと思います。
無理から
自然体になれるところで
幸せが自分に開放される・・・大げさでしょうか?
36. Posted by ■幸せ論 総-11■ nemo   2005年08月22日 07:21
マスター・・・音茂謹でございます。
ついに、コメント書きにうかがうのが
朝になってしまいました。ごめんなちゃいっ!!

(1)

>「不幸」を知らずして、「幸せ」を求めてはいけません。

これは私の今回のブログのテーマと共通していましたっ
(ぱちぱちぱちぱちぱち;・・・)

不幸と幸せは表裏一体なんです。

もしかして、不幸と感じる方が、この不透明な不安が蔓延している
世の中では、多いかもしれません。

37. Posted by ■幸せ論 総-11■ nemo   2005年08月22日 07:24
(2)
だから、篠原さんの「しのぶろ」のような感覚が必要になるんです。

イヤな目にあっても、徹底的にこれは「自分にとって必要だった」と
思って喜ぶ、感謝する。

それも、しーさまの場合徹底的に笑い飛ばしているんです。

これって、一種の才能だと思うんですよ。イヤな目にあったとき
なかなかここまで、考えられないものです。

笑いのエッセンスを入れることで、自分の人生が見事に脚色
されてドラマ化されていく。

一回しかない人生だもの。これでいきたいです

そんな風に感じた今回の「幸せ論」でした。おつかれさまですぅ
38. Posted by ■幸せ論 営ー1■ 篠崎   2005年08月22日 08:54
小山内さん、遅くなりました。
先日はコメントありがとうございました!!

「不幸」って、「幸せ」の通過点なんですよねぇ〜。
オレ、タバコ吸った事ないけど、
始めはみんな、ゲホゲホするわけでしょ?
でも、慣れりゃバカバカ吸うわけじゃない?
ゲホゲオってさぁ、こりゃ「不幸」だもん。

そう考えると、「不幸」っていいもんだよなぁ。

あと、nemoちゃん!!!

「篠原」じゃなくて、「篠崎」ですからぁ!!!(泣)
39. Posted by ニシワキ(成果150%の話し方セミナー)   2005年08月22日 14:03
こんにちは、ニシワキです。

幸不幸を知りながら、不幸をさける。
なんとも、地に足のついたご意見ですね。
実務家らしい、小山内さんならではの見解ですね。

小山内さんは、仕事柄いろんな幸不幸を見て
いらっしゃったと思います。そういった経験や
知識からでた発言というのはとても参考に
なりますね。これからも有用な情報を発信し
つづけて下さい。それでは。
40. Posted by ■幸せ論 総-1■ 望月   2005年08月22日 14:49
小山内 士業カテ リーダー 殿

当初「士業カテ」の集まりが悪くてさぁ・・・
ちっと気をもんだよねぇ!?(笑)

間違いなく参加するであろう、高木さんが「あ。忘れてた!」って
一番最後で枠を押さえたり(笑)

の、くせして、しっかりポンポン打ちあがり
統率力を見せてくれた、このカテのリーダー。

本当に本当に感謝してます。
どうもありがとう!!

プロ論後夜祭で「ノリ」で言った事をそのまま実行、
そして完全な形で成功させてくれた総統と、

同じ時間を共有出来た事を、とってもとっても幸せに感じてます。

そう。この「幸せ論」の成功自体が「幸せ」だったよ。

決して俺一人では無理だった、今回の企画。

かなり気も使い、疲れただろうから
一段落したら、ゆっくり休んでくれぇー。

総統、これからもヨロシクっ!!
どうもありがとう!!


41. Posted by ■幸せ論 専-1 ■たたみ屋つよし   2005年08月22日 18:43
小山内さ〜ん・・遅くなってごめんなさい・・。

・・不幸・・ハイ〜・・沢山・沢山・・味わってきました。

自分の中で個々の物事の中で不幸だぁ〜と思える尺度を想定しながら・・・

取り組んで行こうと思いやした。・・お疲れ様でした〜!

今日の手元の幸せはチリ産シャルドネワインとバ−ボン(ロ−ゼス黒)

とホタテと鹿肉とあわせてみま〜す!^^






42. Posted by photo-courante幸せ論 専-9   2005年08月22日 23:59
こんばんは、最初に私のコメントの足跡が無いのに今気が付きました。
記事の内容を読んだ記憶も、コメント残したのも覚えているんですが。

結果的に申し訳ありませんでした。(今となればいい訳みたいです)

「不幸」を知らずして「幸せ」を求めてはいけない。

この言葉が印象的で感想を書いたんですけどね。

改めては次の機会に、自分に素直に・・・ごめんなさい。
43. Posted by ■幸せ論 士-9■起業コンサル四ッ柳茂樹   2005年08月24日 13:35
いまさらのコメントですいません(_o_)

自分の立ち位置って大事ですよね。
結局、何が不幸かなんてその人次第。
不幸を感じることって大事なんでしょうね。

私の不幸は・・・うーんいろいろだなあ。
ご無沙汰してます。コメント遅くなりすいません。

読んでいて、とってもうなずいてしまいました。

ホント、視野を広げないと、大きな幸せは手に入らないなぁと思いました。

今日から意識して視野を広げなきゃ!!って思います〜

45. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:07
お疲れ様でございます、閣下。
ようやくコメント返信にやってきましたよ。

まあ、酒に関しては・・・、「オレって不幸か?」と聞かれたら、´↓みんな言うかも(笑)。
でも、酒飲めると、それはそれで不幸もあるわけで、一概に幸せだとは限らないんですよ。
例えば、金がなくなるとか、健康を害するとか、一歩間違えると人間関係が破綻するとか・・・。
神様は、一方的な幸せを与えてはくれないようになってるんでしょうね。

総合リーダーお疲れ様でした。
中間管理職も疲れたけどね・・・。
46. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:12
さかっちさん、こんにちは。

実は、中間点についても書こうとも思ったんですが・・・。
なんせこの分量ですから、さすがにカットしました。
まあ、言いたいことは、「現状維持」がいかに幸せなのか、ということなんですが、他のみなさんがかなり触れていらっしゃったので、多分みなさんご理解いただけたと思っています。

トラックバック、ドンドンしてください。
お待ちしてますよ。

お疲れ様でした!!
47. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:15
ゴウゾウさん、こんにちは。

ま、別にお呼びでないこともないんですが・・・。
山手線2周とはやりますね。
さすがに交通機関を乗り過ごしたことはありません。
ただ、電信柱と戦ったことはありますが・・・。
48. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:18
ハカイダーさん、こんにちは。

アフォめ。
不幸を知るだけじゃ幸せにはなれんよ?
それをそう回避するかがポイントなわけよ。
なんなら手伝うよ?格安で。

そうそう、サンマだけど、超うまかったよ。
今年の初物としては、上出来すぎるくらい上出来だった。
っていうか、脂のりすぎ?ってくらい。
ちなみに、真の呑兵衛は健康を気にしないものだ。
覚えておくといい。

お疲れ様でした!!
49. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:22
エージェントさん、こんにちは。

ん〜、幸せを掴むことと、不幸を回避することは、それなりに労力がいるんですよね・・・。
なかには、それが嫌だから、甘んじて不幸を受け入れてる、って人もいるんじゃないでしょうか?
まあ、そういう人たちには、無理して幸せになれとは言いませんが・・・。
ただ、私の記事でそのお友達が幸せになれるようなら、ドンドン教えてあげてください。
そうしてくださると、参加者冥利に尽きるというものです。

お疲れ様でした!!
50. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:25
小井沼さん、こんにちは。

そうそう、現状を把握できるっていうのは、十分幸せ、少なくとも不幸ではないということなんです。
本当に不幸な人は、(何度か見てきましたが)とても自分の状況を判断できないものなんですよね。
ですから、不幸な人間を救うには、まずは平常心に戻してあげること、そう思っています。
当然、そこにはテクニック的なものも必要となってくるわけで、そのために我々専門職がいるんです。

お疲れ様でした!!
51. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:34
JUKさん、お疲れ様です!!

まあ、他人の幸・不幸なんてあれこれ論じたってしょうがないわけで、本人のことをよくわかっていない人間が口を出すことじゃないですからね。
そういう意味では、軽々しく他人の幸・不幸なんて論じるものじゃないのかもしれません。
ただ、自分自身のにしろ、他人のにしろ、やはり不幸を知らずしては、幸せを論じることはできないので、他人の幸せについて語ることになった場合は、その人の幸せに関する価値観をよくよく聞いてみる必要がある、と思いますね。

アーティストリーダー、お疲れ様でした!!
52. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:40
かわけんさん、お疲れ様です!!

まあ、広い視野で見てみると、それこそ「不幸」にして、「惜しまれつつ」、「悔やまれつつ」亡くなってる方々がいろいろといるわけで、そうした人たちの「遺志」や、「未練」を継ぐ人たちが、二度と不幸を起こさないように「不幸」を克服していくわけです。
そういう意味では、命を賭して「不幸」を証明してくれた人たちの「遺志」は大切にしないといけないと思います。
と同時に、そこまでいかなくても、「不幸」になっている人はいるわけで、そうした人たちには、人類の未来のために、できるだけその不幸を公開して欲しい、そう思います。

経営者リーダー、お疲れ様でした!!
53. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:46
NOBOさん、こんにちは。

まあ、私自身が飲み食いが好きですから、どうしてもこのへんからの切り口になりますね。
他の方もおっしゃってますけど、私らしいかな、と。
ただ、やはり人間も動物ですし、突き詰めてみると、動物的な感覚が一番実感しやすいと思うんですよね。
他にもいろいろと実感できる「幸せ」があるんでしょうけど、あえて最も原始的な「幸せ」には目一杯の受け取り方をする、こうした姿勢を素直に貫ける人が、最も「幸せ」なのかもしれませんね。

お疲れ様でした!!
54. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:49
ろゆふさん、こんにちは。

サンマは、ちょっと焦げてました。
ま、なかなか香ばしくて、初物としては文句なしでしたね。

結局、それぞれの幸せに対する考え方は、相対的なものだ、ということは、今回の件でよくわかりました。
逆に言うと、どんな状況でも「幸せ」とも「不幸」とも感じることはできるわけで、受け取る側の感性によっては、コントロールできる気がします。
おかげで、今後どんな状況でも、「幸せ」だと断言できそうな気がします。

お疲れ様でした!!
55. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:55
refs Designさん、こんにちは。

まあ、確かに人の悪い面を見ることはしょっちゅうありますね。
ただ、幸い、悪い人の味方にならずに済みますし、どちらかというと、悪い人から良い人を守る仕事ですから、それはそれで、「不幸」から人を守ることができる仕事と解釈しています。
もちろん、大変なときは大変ですが、そういう仕事は間違いなく感謝されますから、人の「幸せ」に関わるのも悪くは無いと思っています。

お疲れ様でした!!
56. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 07:58
高橋さん、こんにちは。

まあ、みなさん、「幸せ」ばかり求めがちですが、「不幸」っていうのは、結構そこいらにゴロゴロしてるですよね。
ただ、みなさん気が付かない、あるいは「運良く」地雷を踏まないだけの話なんですが・・・。
しかも、その「不幸」も結構被害が甚大だったりする・・・。
こうした「不幸」をどう回避するか、そのへんにも目を向けて欲しいものです。

お疲れ様でした!!
57. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:02
yuriさん、こんにちは。

人間は、幸か不幸か、どうしても実際に経験しないことには、「不幸」も「幸せ」も実感できないんんですよね・・・。
そりゃ「幸せ」は経験することに越したことはないんですが、「不幸」だって、少なくとも「見聞き」しておく必要はありますね、やはり。
ま、あまり聞き心地のいいものじゃないことは確かですが、経験してからでは遅い「不幸」はいくらでもありますからね。

お疲れ様でした!!
58. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:07
やまださん、こんにちは。

まあ、実は私もっともっと書きたかったんですが、これでも従来の半分ぐらいにしました。
まあ、そのぶん、他の方々がいろいろ書いてますから、十分満足しましたが・・・。

社労士の方々も、人の「不幸」に接する機会が多いでしょうから、全人類の財産として、できるだけ伝導して欲しいと、切に願う次第であります。

お疲れ様でした!!
59. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:13
南さん、こんにちは。

まあ、人それぞれに「幸せ」の形があるのは確かでしょうね。
極端な話、「幸せ」しか感じない人間(私はこっちを目指してます)もいれば、「不幸」しか感じない人間もいる。
こうした、いろんな人と接するのも、ひとつの「幸せ」を知る手段であって、そういう意味では、人脈もを得るというのは、「幸せ」の形を得るようなものなんでしょう。
そういう人脈を通じて視野を広げるという意味でも、人脈は大事にしたいものですね。

お疲れ様でした!!
60. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:19
沙紅羅さん、こんにちは。

世間と比べて、生まれながらにして「幸せ」な人は、逆に自分の「幸せ」を感じることが難しい。
逆に、生まれながらにして「不幸」な人は、逆に自分の「不幸」を感じることが難しい。
一番理想的な姿は、人生経験のなかで、両方を経験して、「幸せ」になるっていうパターンなんでしょうが、これまた難しい。

こうなると、いかにして自分自身を客観的に認識できるか、ということにかかってくるんですが、おそらくこれが最も難しい。
なかなかそう簡単に「幸せ」にはなれないのかもしれませんね。

お疲れ様でした!!
61. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:22
姐さん、お疲れ様です。
メルマガまで読んでいただいているとは、光栄ですね。

それにしても、結論が見事にリンクしましたね。
世の中、「幸せ」に対する絶対的な基準が無い以上、こうなるのは必然かとも思いますがね。
ただ、みなさん、なかなか「不幸」に目を向けないというのは、残念な限りです。

お疲れ様でした!!
62. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:26
ひとみさん、こんにちは。

まあ、できることなら「不幸」はあまり経験してほしくはないんですが・・・。
人間ってのは、経験しないことには、なかなか自分の中には落とし込めないものですから、「取り返し」のつかない「不幸」であれば、経験してもいいかとも思いますがね。
ただ、その後の対策がしっかりしてないと、「不幸」に経験損になってしまいますから・・・。

お疲れ様でした!!
63. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:29
仲宗根さん、こんにちは。

そう、事業をやってる人が最終的に行き着く「不幸」は、結局そこなんですよね。
そして、タチが悪いことに、経営者っていうのは、多かれ少なかれ「楽天家」が多いため、(自分だけは・・・)と思ってることが多い。
私も、そんな人たちの話をいろいろと聞いてますが、一回くらい痛い目に遭った方がいいんじゃないかとお思いますね。
さすがに、会社を放り出すほどの「不幸」は経験しろとは言いませんが・・・。

お疲れ様でした!!
64. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:32
Hikowskiさん、こんにちは。

確かに、こうした基準は、画一化しないほうがいいんでしょうね。
まあ、子供のころはある程度修正が要るのかもしれませんが、しっかりとした価値観が確立した大人であれば、それぞれの尺度があってもいいと思います。
ただ、その価値には責任を持てよ、とこういうことですね。
その価値観は、いくらでも変えられるんですから・・・。

お疲れ様でした!!
65. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:35
M a Kさん、こんにちは。

まあ、ひとつの価値観に凝り固まってると、ろくなことがないですからね。
とくに、いろんな価値観に接して、いろんなキャラクターを持つことによって、いくらでも「幸せ」になれるんじゃないかと思います。
やっぱ殻はぶち破らないとね。

お疲れ様でした!!
66. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月25日 08:38
比嘉さん、こんにちは。

まあ、あれだ、結局実務上の話になるんですが、不幸=表面化したリスクなんですよ。
これをいかにして回避するか、というのが私の仕事であって、ここから自然に導き出せる結論なんですね。
こうした「不幸」へ目を向けて、なお正面から立ち向かっていける経営者こそ、本当の経営者だと思います。

お疲れ様でした!!
67. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 00:00
のんさん、こんにちは。

そうそう、感受性も重要ですよね。
やはり未経験の「幸せ」や「不幸」を感じ取れるかどうかは、感受性にかかってくるかと思いますしね。
ただ、その感受性も、積極的に感じ取ろうとするかどうかによって左右されるわけで、そこのところもまたその人次第、ということになるんですよね。

お疲れ様でした!!
68. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 00:05
CHIKさん、こんにちは。

結構、自分の殻を破るのは楽しいと思いますよ。
多重人格というのとも違いますけど、やっぱりいろんなキャラクターの人が集まってきますからね。
そうした人たちから与えられる幸せもいいものですよ。
まあ、殻っていうのは、何枚もありますから、お気軽に破ってみてはどうでしょうか?

お疲れ様でした!!
69. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 00:17
武田さん、こんにちは。

相変わらず鋭い指摘ですね・・・。
確かに、相対的に見れば、自分の状態が変わらずに他人が「不幸」になっているっていうのは、比較すれば自分が「幸せ」になっているともいえなくはないですからね。
ただ、実際には何も変わっていないわけですから、やはり興味本位で他人の不幸を見ててもしょうがないんじゃないかと・・・。


お疲れ様でした!!
70. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 00:20
妖艶さんこんにちは。

やはり、経験していると違うと思いますよ。
二度と経験したいとは思わないでしょうし、他の人に経験して欲しくないとも思うでしょうし。
大事なことは、これからの人生でどう向き合っていくか、ということでしょう。

お疲れ様でした!!
71. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:13
NONBOOさん、こんにちは。

まあ、「不幸」には極力飛び込まないようにオススメしますが・・・。
そういう意味では、明らかな「不幸」っていうのがどういうものかを知っておく必要もあるんですが、なかなかそれができないんですよね・・・。
やはり私が「不幸の伝道師」にならなくちゃいけないんじゃないか、と思う今日この頃です。

お疲れ様でした!!
72. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:17
営業女さん、こんにちは。

ボケは、「幸せ」にしろ「不幸」にしろ、ろくなことにならないですね。
特に、ビジネスの世界では、最近「幸せ」ボケを助長するような風向がありますが、水面下では、「不幸」のオンパレードだっていうのがまだまだ知られていないんですよね・・・。
そして、そういうのに限って、そのまま水面下で終わっていく。
こんな悪循環ばっかり。
なんとかしないとな〜。

お疲れ様でした!!
73. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:20
高木さん、こんにちは。

まあ私としては、もっとも身近に感じる幸・不幸ですからね。
大きな「不幸」っていうのは、それこそ食らってしまったらそれで終わりですからね。
でも、いかにその「不幸」が大きいか、っていうところから説明しなくちゃいけない。
この意識の乖離こそなんとかしないといけないのかもしれませんね。

お疲れ様でした!!
74. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:25
お疲れ様でございます、閣下。

ホント、無事終わって何よりですね。
長瀞ではよろしくお願いします。
個人的には、焼きトンが食べたいです。
75. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:29
ハラさん、こんにちは。

まあ、実際は、大抵のものは取り返しはつくんです。
要は経験した後に、そのまま放置しておくか、それとも「不幸」さえ利用しようとするのか、その人のやり方次第ですね。
そういう意味では、どう挽回するか、っていうのも重要だと思います。

お疲れ様でした!!
76. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:37
複写長さん、こんにちは。

まあ、倒産を知ってれば、大抵のことは乗り越えていけますね。
もちろん、そこに至るまでいろいろなポイントはあるんですが、とりあえず結果さえ知っていれば、いくらでも「対処しよう」とする気持ちが湧いてきますからね。
細かい各論は専門家に任せておけば良い話ですから。

お疲れ様でした!!
77. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:42
吉川さん、こんにちは。

まあ、何事も定義をはっきりさせないことには、前に進めませんからね。
今回の「幸せ」の場合は、それこそ人それぞれなんでしょうけど、少なくとも、自分自身については決めておかなくちゃならない。
そうしないと、自分の現状でさえ理解できなくなりますから。
そういう意味では、今回の「幸せ論」はかなり収穫になったと思います。

お疲れ様でした!!
78. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:52
やまぐちさん、こんにちは。

おお〜、実感されている、というのは大きいですね。
人間、理念はわかっていても、なかなか実感まではできないもの。
そして、それが「不幸」の原因でもあるんですが・・・。
そうならないためにも、多くの人に、「不幸」を知る実感をして欲しいものです。

お疲れ様でした!!
79. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 01:56
和木さん、こんにちは。

確かに、やさしさっていうのは必要ですね。
ただ、そのやさしさっていうのも、あらゆる意味での「余裕」が必要なわけで、それがなかなか手に入らない。
特に精神的な余裕というか、性格っていうのは、生まれ持ったものなんじゃないかと思います。
80. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:03
音茂謹さん、こんにちは。

ん〜、しのさんの捉え方もひとつの方法ですね。
私はどっちかというと、悔しいながらも、「二度と起こすまい」の方に発想が及びます。
最近は、こういう不幸の経験&回避の方法をビジネスにしている、筋金入りの人がいるくらいです。

どっちにしろ、「転んでもタダでは起きない」という心構えが、「不幸」を遠ざけてくれるんでしょうね。

お疲れ様でした!!
81. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:06
しのさん、お疲れ様でした!!

ひょっとして、ちょっとMになっちゃったとか・・・?
実は私は、タバコは「不幸」の段階でやめちゃったんですよね。
そして、二度とやるまい、と。
こう捉えるか、この「不幸」を乗り越えて「幸せ」を掴もうとするのか、それは人それぞれでしょう。
ただ、なにもしないで放置、っていうのが一番の問題でしょうけど。

営業・SPリーダーお疲れ様でした!!
長瀞でもよろしく。
82. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:11
ニシワキさん、こんにちは。

そりゃあね。「不幸」はいろいろと見てきましたよ。
でも、そういう「不幸」って、そうそう表に出てこないんですよね。
だから私が伝道師にならないといけないんですが・・・。
だから、オレの話を聞け〜!!と、世間に言いたい。

お疲れ様でした!!
83. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:14
お疲れ様でございます、閣下。

あ〜中間管理職は大変だ〜・・・。
禿げるかと思いましたよ。ええ。
まあ今後のあり方は、長瀞で激論の末に生み出されるんでしょうが。
とりあえず、いろいろと反省点もありますが(現在進行形)、ものになったことで良しとしましょう。

これからもよろしくお願いします!!
84. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:22
つよしさん、こんにちは。・・・台風が来とる!!台風が!!

まあ、いくら「不幸」を体験していようと、その後にその「不幸」をどう料理するかで、だいぶ違ってきますからね。
変な言い方ですけど、「不幸」は投資みたいなものかもしれませんね。
きっちり回収しましょう。

しかし、フォアローゼスとはなかなか渋いですね。
しかもブラックですか・・・。
ちなみに、私はクライヌリッシュと、ビターチョコとクラッカーです。

専門リーダー。お疲れ様でした!!
長瀞でもよろしくお願いします。
85. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:28
photo-couranteさん、こんにちは。

>「不幸」を知らずして「幸せ」を求めてはいけない。

まあ、我ながらよくできた、キャッチーなフレーズでしたね。
ただ、一見して矛盾してるようで、極めて単純に核心を突いていると思います。
現実問題、どんなに大成功を収めている人たちも、結局「不幸」になることが多いのは、「不幸」に目を向けていないからだと思います。
まあ、昨今の成功法則というのは、「不幸」には目を向けない傾向が強いですから、しょうがないのかもしれませんが・・・。

お疲れ様でした!!
86. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:32
四ツ柳さん、こんにちは。

立ち位置は大事ですね。
そして、どこに立ってるのかもわからないと、これはこれで大変です。
そういう意味では、どこまで自分自身を客観的に見ることができるか、ということにも気をつけないといけないんですが・・・。
これまた難しいですからねえ・・・。

お疲れ様でした!!
87. Posted by ■幸せ論 士-1■ 小山内 怜治   2005年08月26日 02:39
高橋さん、こんにちは。

みなさん抽象的に「視野を広げろ」とか言いますけど、そこに目的が無いと、またすぐに狭くなっちゃうんですよね。
そういう意味では、目的を持って視野を広げるというのは、重要だと思います。
もちろん、幸・不幸もその目的のひとつと言えると思います。

お疲れ様でした!!

この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

お名前:
ブログのURL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
書き込む前に、人気Blogランキングへの応援クリックをお願いします。
(別ウィンドウで開きますので、コメントは消えません。そのままクリックしてください。)