『デザインペディア』:佐藤可士和購入までの快楽と本棚に隠れた文庫本

2009年01月11日

『地球が静止する日』

THE DAY THE EARTH STOOD STILL
地球が静止する日[foxjapan.com]

監督:スコット・デリクソン

出演:キアヌ・リーブス 、ジェニファー・コネリー 、キャシー・ベイツ

2008年/アメリカ/106分

おはなし Yahoo!映画

任務遂行のために地球へとやってきた、宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)。クラトゥの謎を解き明かすべく政府や科学者はやっきになる中、今訪れんとする危機に気付いたのはヘレン(ジェニファー・コネリー)と息子(ジェイデン・スミス)だけだった。
******

11月、親戚の結婚式で東京へ行った時 ホテルで眠れなかったので深夜テレビを見ていたら
『地球が静止する日』の一社!?提供の番組があった。もちろんCMは全て『地球が静止する日』
でヴァージョン違いが上映までまだまだ時間があるのに怒涛の如く流されていた。
にもかかわらずだ 番組内容は『地球が静止する日』とはまったく関係のないもので、
掠りさえしない。これが私と『地球が静止する日』とのファーストコンタクト。

その後、テレビではさすがに『地球が静止する日』の一社提供の番組は見受けられなかったが
洪水のような『地球が静止する日』のCMは流され、地球侵略の為の地球外生物による
陽動作戦&浸透作戦と思っても不思議ではないもので私の頭に題名だけ刷り込まれていく。
忘れようとしても忘れられないぐらいにね。

だけどだ、これまで『地球が静止する日』のCMに振り回されっぱなしなのも癪なのでスルーして
やろうと思っていた。だが近くの映画館でも上映されているので 時間があれば見てみようと
思ってしまった。彼らの巧妙な工作はイタリアサッカーのような強固な守備並みに守りの姿勢を
崩さなかった私を持ってしても無駄なのかもしれない。
なんとかアジア1のディフェンス力で年を越したのだけど、まだCMは流れ続けている。
それにより徐々に私のディフェンス力が弱まっていく。
そこに某ブロガーさんからのオススメの声。私のディフェンスが崩壊した瞬間です。

そして私はクルマを走らせ映画館へ『地球が静止する日』工作宣伝部に敗北宣言を伝えに行った。
だが、敗北宣言をしたのは『地球が静止する日』工作宣伝へだけであって映画そのものには
敗北したわけではない。今までの守り一辺倒では勝負にならない という考えもあり
チップスターとむき栗を携えて戦いの最前線へ向かったのだ。


そして見てしまったわけだが今まで配給会社による大量な労力と豊富な資金を活かした
大規模宣伝活動。その疑問の解明作業でもあったのだが、全ての作業が終わってわかった。

この映画、酷すぎるのだ。もうスゴイとしか言えないぐらいにヒドイのだ。
キアヌ・リーブスまで動員した宣伝活動はこの映画の酷さを撹乱するためのものだとしか思えない。
何回でもいってやる。ほんとにヒドイ。
撹乱がどうのこうの言っているがここまで宣伝する必要があるのか 私には理解できない。

テーマとしてはよくあるものだし、リメイクでもあるので そんなに目新しいものはない。
だからこそ作り手の力量が測られるわけだが、まったくもって全力を出したとは思えない作り。
冒頭のインドのあたりからヤバイと思えてくるんだけど 最後までヤバさを持続してしまうのだ。

完璧ネタバレになるのだけど、地球を人類から守るために人類を絶滅させようと宇宙人がやって
来るわけだ。そして人間の愛情などに触れ心変わりして人類は絶滅から逃れることになるわけ
だが、人間たちに触れ心変わりするまでが非常に平坦にしか描かれず唐突さは否めないし、
メチャクチャ短期間。愛は地球より重いのでしょうか?

そして人類を絶滅させる為の手段が金属の虫!
どう考えてもやってきた宇宙人は人類よりも知的レベルは上なのにその手段しかないのかが
不思議すぎるほど不思議。もっとあるだろいろいろと!
全てが平坦で唐突で表面的にしか描かれない。あそこまで宣伝するならもっとスゴイ映画で
あって欲しいが もう肩透かしに次ぐ肩透かし。超大国といわれていた国の衰退と劣化を
この映画が象徴しているかのようだ。

『地球が静止する日』工作宣伝に敗北宣言したのだが、ある意味 この映画自体に敗北したの
かもしれない。いや、見ながらどんな悪口を書いてやろうと攻撃的に勝利確定と思いつつ見て
いたんだけど、見終わるとポツリと口から「負けたな」と呟きそうになってしまった。
やはり私は敗北したのだ。そしてここで私の敗北宣言を書いている。
もう来年のラジー賞が楽しみでならない。それぐらいいろんな意味でスゴイ映画である。
そんな映画が私の今年の映画初めとなってしまった。まあ、そんなに味わうことの出来ない
出来事だから映画初めには相応しかったのかもしれない。
と強引にポジティブに感じようと務めております。


rabiovsky at 02:22│Comments(6)TrackBack(9) アメリカの映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 地球が静止する日  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年01月11日 10:45
 『人類が滅亡すれば、地球は生き残れる。』  コチラの「地球が静止する日」は、51年製作の古典カルトSF「地球の静止する日」をリメイクした本日12/19公開のスペクタクルSFサスペンスなのですが、昨夜の前夜祭で観て来ちゃいましたぁ〜♪まぁ本当だったら、せっかくだし...
2. 地球が静止する日 を観ました。  [ My Favorite Things ]   2009年01月17日 13:14
新年第1本目は…一応話題作からスタート。
3. 映画「地球が静止する日」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年02月11日 16:33
原題:The Day the Earth Stood Still 人類に核兵器の放棄を要求するロバート・ワイズ監督の1951年版は観てないが、大戦後の冷戦を憂慮し共通の危機を演出するという高尚なテーマがある?? リメイク物はどうしてもその製作動機などを勘ぐってしまうんだよね、この映...
4. 地球が静止する日  [ 2ちゃんねる映画ブログ ]   2009年02月18日 22:35
【古典SF】地球が静止する日【リメイク】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216332248/ 1 :名無シネマ@上映中:2008/07/18(金) 07:04:08 ID:npgExJ6L アメリカ公式サイト http://www.dtessmovie.com/ 【原題】The Day the Earth Stood Still ...
5. 『地球が静止する日』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年02月25日 22:59
『地球が静止する日』を観ました51年に製作されたSF映画の古典『地球の静止する日』をキアヌ・リーヴス主演でリメイクしたSFスペクタクル・サスペンスです>>『地球が静止する日』関連原題: THEDAYTHEEARTHSTOODSTILLジャンル: SF/ドラマ上映時間: 106分製作...
6. 【映画】地球が静止する日…このお節介から何かを学べ!?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年07月17日 03:48
7月です{/kaeru_rain/}。 ここ数日、北部九州地方では集中豪雨かとも思える雨が降ったりもしています{/kaeru_rain/}。 実際に警報とかも出たみたいですね{/face_ase1/} 今朝、息子をバス停まで送っていきましたが出勤時間は特に凄かったみたいです{/face_hekomu/} 以下は...
7. 地球が静止する日 - The Day the Earth Stood Still -  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   2010年02月14日 02:45
「地球が静止する日」 感想 人類は気づいていない。 数年に1作くらいは「地球消滅」とか「人類滅亡」的な作品観たいですよねw キ??.
8. 映画『地球が静止する日』を観て  [ kintyre's Diary〜Goo Version ]   2011年04月24日 15:40
104.地球が静止する日■原題:The Day The Earth Stood Still■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:林完治■鑑賞日:12月27日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺) □監督:スコット・デリクソン□脚本:デヴィッド・スカルパ□製作:アーウィン・ス
9. 地球が静止する日  [ Yuhiの読書日記+α ]   2011年05月31日 23:17
ロバート・ワイズ監督が1951年に発表した『地球の静止する日』をベースにしたSFアクション。監督はスコット・デリクソン、キャストはキアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー、ジェイデン・スミス他。 <あらすじ> 任務遂行のために地球へとやってきた、宇宙からの使...

この記事へのコメント

1. Posted by りんどう   2009年01月11日 02:52
こんにちは!この映画、今まで劇場で予告編を散々見せられてきたけど、
予告編の映像からしてなんだかつまんなさそー、
って雰囲気が漂っていたんですよ〜。
予告編だけで見る気を失う映画なんて久しぶりです(笑
なんばパークスの最強音響設備&大画面をもってしても
やっぱり敗北宣言となるでしょうか?(笑
ラジー賞サイトの掲示板でも話題になっていたスレがあったし、
ノミニーいってしまうのかな。
そういえば、一社提供の番組はなくても、
なんちゃってiPhoneのCMでスポンサーをやってますね。
2. Posted by Hitomi   2009年01月11日 20:15
rabioさん、こんばんは。

この映画ねぇ。。。テーマは凄くいいし今地球環境とかエコとか騒がれてるのでタイムリーではあるけれども。。。
どうなんでしょうね、私も微妙な作品だなと思いました。

この映画きっと数ヵ月後には忘れ去りそうです(苦笑)

キアヌ、もうちょっと小奇麗な格好で来て欲しいですわせっかくプロモーションで来るんなら。
3. Posted by rabiovsky   2009年01月12日 00:20
>>りんどうさん

こんばんわ 私はCMを見て所詮CMだから本編はもっとスゴイコトニ
なっているのでは と思っていました(笑)
それがCM以下という感じさえあってなんだか物量作戦に敗れた
感があります(笑)
この映画はりんどうさんが最近見た映画とは違い最強音響設備&大画面
の活躍の場はあまりなかったような印象がありました。
まあ、いろいろあるんだけど敗北近い形に落ち着くのではないかと
個人的には思いますよ。
ラジー賞サイトでも話題になるとは流石ですな。
もうそういう風に楽しむしかないですよ。
>なんちゃってiPhoneのCMでスポンサーをやってますね。
LGのやつですね。劇中にもLGのものが出てきますよ。
ちゃんと宣伝になっているのかな〜
やっぱ あれ なんちゃってですよね。
でも私は少しカッコよく思ってしまいました(笑)
まあ、買いませんけどね。
4. Posted by rabiovsky   2009年01月12日 00:24
>>Hitomiさん

こんばんわ!
確かにテーマや地球環境とかオバマさんになること
もあってタイムリーではありますよね。でもそれが描ききれてない
というのが致命的。なんだかよくわかんないですよね。
あんなに金かけているのに・・・。
私はラジー賞候補推薦派なので(笑)まだまだ見逃せない部分は
ありますよ。
キアヌ、来たけど服装までチェックしてませんでした。
まあ、彼はいつも小奇麗な格好をしない人ですからね〜(笑)

5. Posted by りえ   2009年01月13日 18:19
わたしの昨年度映画館見納め映画を輝かしく飾った珍品巨作です。
なんだったんでしょうね。
作ってるうちに自分がやりたいことがわからなくなったんじゃないかと。
なんかわかんなくなっちゃった!もうこれでいいじゃん!とこじんまりまとめてみちゃったんじゃないかと。
演じている側のメインキャストたちもラストに近づくにつれ、
え?これでいいの?ねえ、本当にいいの?
って思わなかったでしょうか。聞いてみたいです。
キアヌの「僕、頑張りました」な中国語がたまりませんでした。
全然なくてもいいシーンだし。
っていうか、あの宇宙人デザイン!!!昭和を感じました。

忘れる前にこの映画を語り合える人がいて嬉しいです。
ありがとう(笑)
6. Posted by rabiovsky   2009年01月14日 21:29
>>りえさん

今年の映画館見初め映画に輝かしい超珍品巨作になりました。
ありがとうございます(笑)
>なんだったんでしょうね。
夢だったんじゃないでしょうかね(笑)
案外、アイデアが出すぎて勢いで乗り切ろうとしながらもビッグバジェット
だから纏めてしまったら こんなことになったのかも。
今、製作陣は頭を抱えてしまっているでしょう(笑)

パンフを読んだらキアヌさん、監督に共感し、演じるにあたって
独特のチャレンジがあったらしいですよ。さすがです!

「僕、頑張りました」な中国語ってやっぱカタコトなの?
アメリカに住んでいる中国人なんだから英語で喋ればいいのにね。
そこを違った角度から切り取り、無駄な努力をするのがまたいいじゃないですか(笑)

>あの宇宙人デザイン!!!昭和を感じました。
鉄人28号とペプシマンと巨神兵をごちゃ混ぜにしているのがまさに昭和!
某三丁目映画に影響を受けたのかも(笑)

>忘れる前にこの映画を語り合える人がいて嬉しいです。
こちらこそ ありがとうです(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
『デザインペディア』:佐藤可士和購入までの快楽と本棚に隠れた文庫本