2017年08月15日

念願の美ヶ原(ビーナスライン)ライドの巻

一昨年、美ヶ原(ビーナスライン)の存在を知った 
凄いな〜 あんな所、自転車で走るなんて〜素敵だな〜と

去年、美ヶ原 (ビーナスライン)に行きたいと思う気持ちが出だす
でも、とても連れて行ってもらえる脚ではない事、十分承知

今年、春頃からつぶやきだす・・・ビーナスライン走ってみたいと
7月頃、本気で行きたいと言う。 今年、結構登る練習して来たと思う。

お盆の頃に行こうかと計画する 日帰りで行けるギリギリの場所。
二人より、あこちゃんとヒロさんに声かけたら、オッケー返事をもらう

ビーナスラインの一週間前、茶臼山に登った 脚をついた事でちょっと、
自信喪失してた・・・  その実力で、ビーナスラインのルートが組まれた

当初、土曜を予定していたけど、天気予報が 確率高し
日曜に変更  AM 5:00 ヒロさん家に集合

今回、こちらから誘ったにも関わらず、ヒロさんのハイエースに、4台そのまま積んで
1台で行ってもらえる事に  ありがとうございます
みんな一緒に行くって、経費も割れるので、節約にもなるし、何よりおしゃべりして
行くのがいいよね〜

思うよりも早く、諏訪湖に到着  諏訪湖湖畔から登るか
それともグッと登って、霧の道の駅からにするか 
私の茶臼山の走りを見て、グッと車で登ってからのスタートになった・・・

車で登って行くも、かなり勾配がきつい  14%が所々
おまけに距離かなりあるし  こんなの登ってたら、上まで登って終わりになるよ

DSC01335















まだ、8時前・・・ 登って行く途中、もの凄い霧なんですが。。
でも、天気予報は晴れだったも〜ん それを信じて疑わない、私。

DSC01336















道の駅は、まだ人はまばらだった

空は、どんより雲の中
せっせと用意して、とりあえず集合写真

DSC01337















あちこちを怪しい雲がたくさん・・・
いや、天気予報は晴れだったからと、まだ信じる

今回のルート

20170813_map


















スタート地点から、まず左の方へ向かい、戻ってきたら、右の蓼科の方まで行くルート

スタートするも、もの凄い霧で、これじゃ・・・って、きっとみんな思っただろう

DSC01338















いつかは晴れると信じながら進むも・・・
どんどん視界が悪くなり、車はライトをつけて走ってる。

旦那ちゃんが、これ以上進んでも、景色は望めないと判断し、
ここで引き返すことに

20841706_810806669085853_901754229_o





















後ろを振り返っても、凄い霧の中・・・

DSC01340















引き返して正解だった 

気温は17℃ 涼しい。 ひんやりする

DSC01341















ここまでシャーと降って来たので、当然、戻りは登るんですけど・・・

DSC01346















まだ、8時過ぎだから、車はあまりいない。

パラパラしてきた〜 やばい〜と、ナイスタイミングで
戻って来た

DSC01348
















デポ地まで戻って来て、雨が本格化
ちょっと雨宿り・・・ってか、止むんか 

DSC01349















でも空を見ると、所々、良さそうな雰囲気はある。しばし待つ。

おやき食べたり・・・

DSC01352















ウシさんのおっぱいで、乳搾りのマネしたり・・・

DSC01350
















ごちゃごちゃして、遊んでたら、空が明るくなり、雨が止んだ

そろそろ行っちゃう

55475E33-E05B-4193-AB82-DC3ACD131725
















































空を見上げると、凄い雲と、晴れ間と、たくさんあり、忙しいですね、山の天気

行く方向の雲が切れて来たので、リスタートです

DSC01358















これ晴れてたら最高の景色なんだけどな・・・
でも、後から絶対晴れると、まだ信じてる

道は見ての通り、路肩はないです そして狭い、車は非常に多い
アスファルトは所々、穴が空いてて、とっても危ないです

DSC01361
















でもね、気持ちがいいの やっぱり

DSC01360
















ヒロさんも、かなり気にして走ってます・・・

だいぶ雲が切れて来て、青空がチラホラ

DSC01372
















遠くに見える、白樺湖まで下っていきます

到着した頃には、すっかり晴れて、暑い、暑い
白樺リゾートって、もうさびれてると思ってたけど、もの凄い人なんだね

DSC01373
















家族づれが、たくさんいて、とっても賑わってた

通りすがりの人にお願いしての集合写真

DSC01378















ここで軽く休憩して、ここから、最終目的地の蓼科高原まで頑張ります
いきなり現れた激坂 ほんの100mぐらいだけど・・・
こんな激坂を、ダンシングでグイグイ上がれたらいいんだけどなあ〜

ダンシングが苦手です 傾斜の緩い休みながらのダンシングなら、
まあ〜ボチボチするようになったけど、激坂で、シティングでは前が浮きそうな所では
怖くて立ち上がれない・・・ バランスが悪いのでしょうか

さて、白樺湖から最終目的地の蓼科高原までは、また登りです
最近、また登りっていう道を見ると、若干、笑えて来ます 出たなっ、勾配めっと
でも、キツイとやられちゃいますけど・・・

やっと到着です

DSC01381















少し魂の抜けた顔をしていた、あこちゃん
すごくいい顔してたから、ぜひお見せしたいんだけど・・・

蓼科高原にはスキー場があるのね

DSC01384















とっても満足げな顔をお見せしたいけど・・・これもNG

お二人も

DSC01390















お揃いのトレックが、カッコイイ
うちは・・・お揃いには出来ないね 
宝くじ当たったら、ピナのサス付き、油圧ディスクドクちゃんにでもしとくわ

さて、腹ごしらえ  超〜観光地の割には、あまり食事する所がないね
近くにあった、怪しげな喫茶店に、突撃

とろろざる蕎麦を頂きました  美味しかったですよっ

DSC01392
















ここまでは、アップダウンの繰り返しだけど、ほぼ降って来た・・・
って事は、帰りはずっと登り〜  あれを登って行くの〜と思うも、
すっかり天気の良くなった景色を楽しみたいので、頑張って出発

DSC01395















あこちゃんの後ろには、ぴったりと、サポートヒロさんが付いています
仲良いね〜

途中、ビューポイントで止まりながら、写真を撮りながら、進みます

DSC01396















遠く下に見えるのが、さっきいた、白樺湖 結構登りました

DSC01402
















































まだまだずっと登ります

ここらで一枚

DSC01411















森林限界 緑と、青と白い雲 周りはバイカーと車だらけ

あのあたりまで行けば、もう後半だよっていう旦那ちゃんを信じて、
せっせと登る 景色にごまかされて、しんどさ半減

無事にデポ地の道の駅に戻って来たよ〜


DSC01418















もう駐車場は、車でいっぱいでした・・・ 
朝、凄い霧のため、若干ルートを短くなり、ちょっと足りないか
思うも、結構登ったので、満足感はありあり

さて、積み込みです  いいな〜 そのまま積み込み出来るって

DSC01419
















うちも、大きければ、次はうちの車で行こうよ〜って言えるけど・・・
行きも帰りも、運転お任せで、ヒロさんお疲れ様でした

さて、お次はお風呂ですが、旦那ちゃんが、ぜひ連れていきたいというお風呂屋さん
テルマエロマエのロケ地でもあった、国の重要文化財「片倉館」

m1












広い敷地の中にある、洋風の建物 片倉財閥の二代目社長が建てたとの事

136096547729313203144




















古い建物だから、中もだいぶ古いかな・・・と思いつつも、十分に整っていました
洗い場は少ないが、浴槽は、深さ1.1mと、立って入るお風呂

katakura2


















HPから拝借しているが、見た目もこのまんま
立派なお風呂でした。 料金も、割引があり、550円と良心的
私たちが入ってしばらくしたら、すごく混んで来たので、ナイスタイミングだった

建物の前にはこんなものがあり、旦那ちゃんにやらせる・・・

20841275_810806755752511_128401137_o




































あまりにもハマったので、笑った 目隠しを取りたい所だけど・・・
優しい奥様なので

さっぱりしたあとは、こんな車窓を見ながら、長野って山のスケールが
違うよな〜と思いながら、後部席で、くつろぐ私たち・・・

DSC01420















帰りは多少の渋滞はあるものの、比較的スムーズに流れ、無事到着
夜は、中華を頬張りながら、楽しい1日が終わりましたとさっ

いい所だったな〜 また行きたいな〜 もう少し早い時期の空いてそうな時に


    本日  51.7キロ  獲得標高  991m  消費カロリー  838kal

 オシマイ 














 

rabura02 at 09:42|PermalinkComments(4)

2017年08月10日

午前だけの平日練の巻

毎日暑いですなあ・・・
 
平日練、すっかり行かなくなりました 
いや、笑い事ではないんですけどね

これはまずいと思い、ちょっとローラー乗るも、正味30分も乗れない
今週末は、グッと標高の高い所へ、バビューンと行く予定なので、
この平日は、ちょっとでも外を走りたい。

月、火曜と激遅の台風にやられたこの東海地方。火曜の午後にはすっかり
でしたが・・・思いっきり降ったため、足助の奥の涼しい道はきっと荒れてるはず 

でも、K355はきっと大丈夫だろう〜という事で、早朝から、午前中で上がる
ライドへ、Rちゃんと行ってきた

朝、5時に起こしてと頼んで、眠い目を こすりながら起きて、自転車を積んで
勘八峡へ向かいます 朝、6時でも、もうK153は、渋滞でした

ナビさんが、迂回ルートを出してくれて向かう 
勘八に到着して、7:30 二人して出発

今日は朝からこんなに天気が良くて・・・太陽がサンサンですが

20663656_1493991683980441_579258815202403232_n
















































青と、緑と赤の橋のコントラストがいいね
この道は本当に、夏には助けられる

20638405_1493991680647108_2401899346165672463_n















気分良く、二人でサクサクと進みます
汗だくだけど

勘八から、小渡までおよそ、25キロ程。 1時間程で到着
小渡ファミで、補給する物を買って出てきたら、なんと
ゆうさんに遭遇しました

20708114_1493991740647102_4162388363344270054_n


















豊田にお住いのゆうさんは、いつもこのあたりのいい道を走っておられます
ここからどうするのという話になり、時間制限のある私たち、12時までに
トランポ地まで戻れればオッケーと言う事で、少しご一緒する事に

小渡から、足助に出るには、結構な登りを行き、後はアップダウンを繰り返し、
向かうのですが、違うルートもあるらしく、今日はそちらへ

小渡ファミの横の道をず〜〜と延々と、まっすぐ行くらしいです

20638821_1493991773980432_6294421597003129911_n















周りは田んぼばっかり 車 一台もすれ違わず・・・
でもね、日陰はあまりない
秋は最高かもしれない

ずっと、3、4、5%と微妙にずう〜〜と登ってますが、キツイ所はない。
そう、微妙にずう〜〜とがキツイけど

まだかな〜 と思った頃にようやく、降りに入りました
ようやく足助の町に入り、まだ9:30ですが、朝から、加東屋さんへ

20638278_1493991860647090_7872203605027718788_n


















まだ何も焼きあがってないので、みんな揃って、プリンです
アイスコーヒー飲み放題を毎回させて頂き、ありがたい事です

ここですっかり、まったりしたら、もう外は有りえない暑さなので、
散々おしゃべりして、帰るだけ

帰りは、廃線跡を巡りルートで、途中、こんな激坂が有り・・・
あまりに道が細いので、押して上がりました

20727624_1494129353966674_1177313568_o
















































きっとこの時期が一番暑いんだろうなあ・・・と思いながら、
帰り道を行き、デポ地に到着

20664797_1493991890647087_8690398199642496409_n
















































この時点で、11:30頃 もうこれ以降の時間は、暑くて走れません。
7:30にここを出発して、この時間に戻る
平日はこれぐらいがちょうどいいですねっ 

ここからは二人、それぞれの車に乗り、ランチをして帰りましたとさ
Rちゃん ありがとう〜 楽しく、美味しく、遠く、高くのライド
また楽しみましょう 

夏の平日は、暑くてサボりがちだけど・・・
こんな平日ライドなら、頑張れるぞお〜


  本日  57.7キロ   獲得標高  520m  消費カロリー 820kal

  オシマイ 














rabura02 at 15:45|PermalinkComments(8)

2017年08月07日

私を茶臼山に連れってて〜の巻

最近、何とか、涼しい所へ逃げるようなルートを、走れるようになってきた 

そして今年の夏は、山方面へ出かけるイベントが多いので、
ちょっと試しに、いっちょ行ってみるか・・・なっ  と、
軽い気持ちで、茶臼山でも登ってみようかしら〜  発言をしてしまった

土曜日 お天気上々 でも不安定な天気の為、所々で、ゲリラにあうかも
まあ〜自然の力は仕方ないので・・・

前夜、どのルートで行くか 思案中の旦那ちゃん

小渡までトランポして行くか となったけど、気温の高さと、
初めての茶臼山で、100キロになると
総合的に考えて、稲武道の駅発着となりました

かなりのドライブになります  でもいつも自転車で走る道をドライブするって
面白いよねっ、 普段何気に走ってる道も、車からの目線でみると、
なかなか、怖いものがある・・・ ここいつも走ってるんだ、私。

さて、足助153号沿い トンネル前のセブンで、何台かのローディーを発見
あれ 人数、いる人達の雰囲気からして・・・あれって、ピポサン達じゃ〜ない
思うも、あっ〜というまに通り過ぎ 
(ピポサンはいなかったようだけど、多分 センセイ〜メンバーだったと

稲武道の駅に到着

DSC01293















さ〜出発  ここから出発となると、平地はほとんどなく、
結構すぐに、微妙に登り始めます・・・

ひえ〜 アップなしのいきなり登りって、ほんと、しんどいね
自転車の準備してた時から、もう汗だくでしたから

トンネルを回避して、こちらへ

DSC01295
















日陰に入ると、気持ちよい風が吹くんだけどねえ〜

しばらく行くと、長野県に突入です

DSC01296
















ほお〜 長野県突入ですか〜と一人感慨深げ

でも、暑い、とにかく暑い、もちろん下界よりはマシでしょうけど、
相当、暑い  ちょっとここで休憩


DSC01297















立派な橋を渡って〜

DSC01301
















































月瀬の大杉だそうです 立派な大杉でした

DSC01302















長野県は、縦に長いですな

さ、リ・スタート

DSC01304
















それにしても、暑い・・・ 

途中で、いくら山は涼しいとはいえ、真夏に登るもんではないな・・・と
ブツブツ考えながら、ひたすら忍耐で登ってました

登ってる距離は、 富士山五号目までよりは、ちょっと長いのか
登ってる間の気温は、36℃ 体感温度にしたら、40℃近くあるのでしょうね
いくら水分を取っても、それ以上に汗となって出ていく

ようやく、後、10キロぐらいかな〜という曲がり道まで来たら旦那ちゃんが、
「ここからグッとキツくなるし、長いから、無理だと思ったら降りて」と。

10%超えも、一桁になってトロトロと進む事は出来ても、
13%、14%に。。それが、10キロほど続くと、無理ですね・・・

フラフラして余計、危ない って事で、自転車降りました
でも自転車を押して、14%ほどを歩くのも、相当しんどい

登ってる途中で、水もすっかり無くなってしまい、旦那ちゃんの水をもらうも、
二人して、枯渇しそうだったので、急に旦那ちゃんがスピードを上げて、
ピューと登って行ってしまった・・・

フラフラしながらいると、ビューんと降りてきて、冷たいお水を買ってきてくれた
グビグビ飲んで生き返る  茶臼山高原のキャンプ場に唯一、自販機があるそうで
もうこのまま歩いてもしんどいので、もう、乗るよと。

何とか激坂区間を過ぎて、ようやくキャンプ場が見えて、駐車場を過ぎ、
開けてきた〜

DSC01313















メチャ、空が近い 雲が近い  はあ〜しんどかった・・・

そして皆さんがよくアップしている、矢作川源流へ

DSC01308
















矢作川の源流って、こんな所にあるんだ〜

unnamed-2
















































三本あるうちの、二本だけが、チョロチョロと出てましたよ

ちょっと嬉しい、ここに来れて

もう、あと少しだから 行け〜 

20620812_1009552112481746_2732340859695400530_n
















































来た〜 タヌキさんの所に  途中、押して来ちゃったけど・・・
だから、達成感が微妙だけど でも、嬉しい


20604403_1009552185815072_605558528993777376_n
















































タヌキの前で、写真を撮るって、ウルサイ私

この時点で、すでに13:00過ぎ。 お腹もペコペコです
中のレストランに入り、旦那ちゃんは、またダムカレー
ダムでは無いのに、何で、茶臼山はダムカレーなんだ

unnamed-1
















































見た目、かなり微妙な感じがするのは私だけか 

私は、暑さで胃腸がやられ気味で、食欲が無いけど・・・
食べないとね、ツルツル入りそうな、そして塩分とれそうな、

unnamed
















































醤油ラーメン  可もなく不可もなく・・・

お口直しに 高原トウモロコシ これは甘い〜

DSC01318















さらに、

DSC01317
















































汗だくで、とてもお見せ出来ない姿を、で隠すかのように・・・

頂上のレストハウスは、外の方が十分涼しい
でもこれから降るんだけど、どうやら降るだけでは無いらしい
その話は、あまり私の耳には届いてなかったのだ

この茶臼山へ登るのには、2つのルートがあるらしく、
どんな意味で選択したのかは、わかんないけど、行きの登りは、根羽村から

帰りは、ちょっと気分を変えようと思ったのか 高原道路ルートへ
最初は、ダーっと降って、ヒャッホ〜と気持ちいいんだけど・・・

急に登り始める・・・それも8%の標識が続く
ちょっと、降りじゃ無いの  

ちょっとイライラして来た私に、旦那ちゃんが、登り返しが結構長いんだよ。。と
え〜〜  どんな山なんだよ、茶臼山  

DSC01320















この天狗の駐車場まで来た時には、もう、半ギレ状態だった・・・

もう多分、大丈夫だと思うと、励ます旦那ちゃんだったけど
降ってる所々の道が、メチャメチャダートな道で・・・
それが、ちょっと降っては、まだダートの繰り返しだから、
せっかく、登り返しが終わって、降るぞ〜ってなっても、ダートが酷いから、
その都度、ブレーキかけて、ガタガタとなり、降ってはブレーキのガタガタ

こりゃ〜 ミーベロは硬いんだぞっ 振動がそのまま身体に来るんだぞ

もう、降りながら、キレまくり・・・

やっと下界に降りて来たら、指や手が、ブレーキのかけ過ぎと、ガタガタ道で、
ビーンと痺れてましたよ、しばらく

デポ地までは、もう少し 空の様子は、物凄い雨雲が、遠くの方で見えて
あちこちでは土砂降りもあったようですが、私たちは運よく、全く降られず
戻って来ました  そして頑張ったご褒美に

稲武道の駅の隣にある、小さなシフォンケーキ屋さん
以前、バンジャールへBBQしに行った時、通過して、ちょっと気になってたの

13516404_1133472450008792_4643587945114826284_n
















































小さく、可愛らしい建物のお店
駐車場はないので、道の駅からトコトコと
店内もこんな風に可愛らしい

DSC01321















テーブル席も2つだけ。

DSC01323















奥では、店主が、次から次へと、シフォンケーキを焼いてました

私たちは、シフォンケーキセット

DSC01322















洋菓子はあまり食べないけど、シフォンケーキは、重くないから好き

一口、口に入れると、フワ〜って溶けていくようで、すぐに食べちゃった
物足りない、二人は、プリンに手をだす・・・

DSC01325















ラムレーズンプリン お酒のラムが上に乗ってるんだけど、
これが、相当、美味しい  瞬間、ペロッと

この頃には、もう、降りでのムカつきもおさまっていました

日本一の富士山は登ってるけど、愛知県の最高峰、茶臼山を登らないと〜って
思い、軽い気持ちでチャレンジしましたが、結果、脚つきました
それと、暑い時期には登っちゃ〜ダメだね

達成感アリアリ とまではいかないけど、とりあえずチャレンジする事が
大事だと思っているので、これはこれでよしとしましょう〜

もし、次登る事があるとしたら・・・もう少し涼しい時期に
まあ〜年に一度あるか ぐらいで、いいやあ〜

  
   本日  55キロ  獲得標高  1247m  消費カロリー 1069kal

   オシマイ    








rabura02 at 09:33|PermalinkComments(10)

2017年07月30日

ほぼ日陰ルートとダムカレーの巻

土曜日 ちょっと天気が回復方向 そして朝から体調が良い
じゃ〜 あのメバル親分に教えてもらった、「金属さんルート」を行ってみるとなり、
デポ地を、環八渓にした。 もちろん、ロングも登りも走りたいけど、
いかに、頭痛を起こさずに、ライドを終える事が出来るか となると、
どうしても、日陰で心拍が上がらないルートなってしまう

環八から、R153を香嵐渓に向かって、ひたすら走る  ずっと日が当たる道だけど
10キロ程なので、暑いな〜と思いながらも頑張る 

DSC01280















アッチアチになりながら、香嵐渓のセブン到着
ここで軽く休憩を入れて、ここからはずっと日陰の道だ 
そう思うと、気持ちも楽になる  

巴川沿いを、ひたすらにまっすぐ行く

DSC01282















この道は癖になりそうな道です 木々に覆われるって、ほんと身体に優しい

でも、雨が降った翌日とかは、道が乾きにくく、ちょっとドロドロ
まあ〜 気持ち良いのは多少のリスクもあるのだろう

でもこの道、調子に乗って走ってると、カーブが多いので、たま〜に来る、車と
遭遇すると、めちゃビビる

巴川を進み、大きな道路に出て、二股に分かれる道を左へ進む
そして、しばらくして、狭い細い道(ここから金属さんルート)へ進む

見逃してしまいそうな、道だけど、ここはケモノ道かと思えるぐらいに、
狭い・・・でも、ちゃんとした県道 そしてここもずっと日陰

 ここでは一度も遭遇していない・・・  
でも日陰だからちょっとウエット 道も少し荒れてるけど、そんなには問題ない
ただ、私のみ〜ベロでは、硬いフレームに、ずんずんと衝撃が伝わり、結構しんどい

さて、サクサクと進み、三河湖手前に出ました
ほんの数百メートル行くと、山遊里が見えます

large_20170215092658_0201050039_yamayuri_ph01

















ここではよくジェラードを、頂きますが・・・今回はもうすぐそこで
お昼なので、ジッと我慢

さて、今回の目的は、最近、よくダムカレーの話を耳にしますが、
まだ一度も食べた事がなく・・・ 何度はチャンスはあったものの

この三河湖近辺のお食事処では、あちこちで、頂く事ができます。
ただ、平日限定とか、8月一杯は、やっていないとか、色々ありますので、
最初に確認した方が良さそうです。

私たちは、web上で、ダムカレーの画像を見て、美味しそうな所をチョイスして、
今回は、華恋の里に決定 店内は、プチ道の駅ぽく、冷房も入っていて、
涼しい〜 (ここ大事)

さて、オーダーしたのが、こちら

DSC01287















爪楊枝が刺さった、ウインナーを抜くと、チョロチョロ放流します
説明書きがありました

DSC01288
















ここの店員の皆さんは、皆さん愛想がよく、感じが良いですねっ

今日は、この三河湖辺りに、自転車仲間がたくさん来ているようで、
それぞれの楽しみ方をしているようです

誰かに会わないかな〜と、思っていたら、もの凄いタイミングで、
店を出たすぐに、捕獲しましたよ〜

DSC01290
















kibatuyaさん、のぶちーさん、よっぴーさんの、お三方

今日は、うなぎ屋さんのダムカレーにチャレンジするとの事
では、行ってらっしゃ〜い

私たちは、お腹もマンポンなので、後は帰るだけ
もちろん、来た道の日陰を降っていきます

香嵐渓まで、降りて来ると、もう灼熱地獄に感じる・・・
そしてここから、デポ地まで、10キロは、ずっと日なた

でも、散々 日陰の涼しい道を走って来たので、これぐらいは頑張るぞ〜
で、気合いの水浴び

DSC01292
















夏はこれが最高ですなっ  でもセブンの駐車場にいた人はきっと
見て、ドン引きでしょうな・・・  

帰りは、ほぼ降り バビューンと30キロ巡行すると、あ〜と言うまに到着
このルートは、今年の夏からの定番となるでしょう


ちょっと余談ですが・・・
今年の夏から、こんな物を導入しました

unnamed















ポディウム ICE  口コミでは、かなり良い感じで書かれていて、
気にはなっていたのですが、 いつもはポーラーボトルで、
途中、コンビニで、お水を氷を買い込み、補充するってのが定番だったけど、
このボトル 前夜から、電解質を溶かして、凍らせておくと、氷が超〜長持ちします

中身をたくさん入れて、凍らせると、なかなか溶けないので、飲む時に困りますが
6分目ぐらい凍らせて、朝、水を足すと、今回は、14:00過ぎまでのライドでしたが、
ぬるくない 氷はもう無かったですが、まだひんやりしてた  スゲ〜

自転車用のサーモスも、使ってましたが、飲み口が洗いにくいのと、ボトルケージ
辺りに傷がついてしまう そして氷が中で、ガチャガチャ揺れる音がする

なので、すっかり使わなくなってしまった・・・
今年の夏は、このルートと、このボトルで、頑張るぞ〜

 
 本日 64.8キロ   獲得標高 486m   消費カロリー 829kal

 オシマイ   







rabura02 at 23:11|PermalinkComments(6)

2017年07月27日

神越渓谷の奥の春秋風亭への巻

日曜日、北アルプスまで行ったのに、雨で、DNS 
ヤバイ・・・何日自転車に乗ってないんだ 

月曜日、これは何としてでも走りたい

旦那ちゃんのお休みは、カレンダー通りの為、お盆休みはない
その代わりに、自分でお休みを何日か取得する事が出来るらしい。
月曜にそのお休みの1日を当てるようにしていたようだ

よし 太陽も隠れ気味なので、前回道に迷って辿り着けなかった、
日陰の道、春秋風亭へ、再度チャレンジする事に 

前回は、水源公園で、メバル親分を捕獲して、道連れにし、道に迷ったけど、
今回は、もう曲がる所を間違えなければ大丈夫 って感じなので

DSC01252
















廃線になった枝下駅スタート  

ここから小渡までノンストップ・・・だけど、約8日ぐらい自転車に乗ってない
走り出してから、ものすご〜く脚が重い  回らない
平地なのに、めちゃ心拍が上がりっぱなし

暑くなってから、ぼっち練に行かなくなりました それがこの結果です 
もの凄くしんどくなるってわかってて・・・ 学習能力非常に乏しい

枝下から、小渡までおよそ20キロ そのうち走り初めの10キロは地獄
ようやく小渡ファミまで到着し、クールダウン

DSC01255
















































みんなが、ファミマでよく買っている、フラッペ
甘そうだから、躊躇してたけど、CAFE味ならいいかもと、チャレンジ
う・・・甘い  でも、自転車乗ってる時なら、オイシイ

さて小渡から、足助に抜ける為に、えっちらおっちら登ります
日差しが、ガンガン照りつけてないようなら、ここの登りも苦にならなくなった。

DSC01258
















心拍上げて頑張ると、また頭痛が襲ってくるので、マイペース
このマイペースの速度をもう少し上げれるようになれればいいんだけどな〜

さて、足助から香嵐渓に出て、いつもの裏道コース
日陰って本当に天国 

前はどんどん奥へ進んでしまったけど、今日は曲がる場所をしっかりと見る
そして420号へ進む ここからは少し日陰とはサヨナラ でも薄曇りだし

あった、あった、神越渓谷左への看板が

DSC01261



 











ここを曲がり、あとはひたすら登っていくだけって簡単に思ってたけど・・・

前、カリンちゃんと走った時は、苦しながらもお話ししてて、少しは気が紛れたけど、
登れど、登れどまだまだな感じが満載・・・

速度が遅いから、虫がヘルメットの周りに寄ってきて、非常に不快 
でもここからが長いから、マイペースで我慢、我慢

結構登ってきたよな〜って思った頃に、旦那ちゃんから、「後、どれぐらい」と
面白い発言が出た  ルートを全く知らない旦那ちゃんは、ちょっと心配気味

まるで私がいつも、「まだ〜 後、どれぐらい〜」と言うのとはちと違うが・・・

そろそろか そろそろか と何度言った事か・・・

一本道だから、迷う事はもうないはず ひたすら行く
川を左に見ている間はまだまだ。 ようやく道が分かれて、川が右手になり出した頃
そろそろ、前に写真を撮った、赤い橋が見えてくるはず はず 

あれ〜 おかしいね〜 と言ってたら、やっと来た 来た

20258512_1001023056667985_8837388576857995022_n
















































DSC01264
















私が赤い橋があったら とばかり言ってたので、もうすぐだと思ったようで・・・
いや、私ももうすぐだと思ってたけど。。

違った・・・ まだまだだった・・・

おかしいな〜 まだかな〜と登り続けて、どのぐらい
ようやく神越渓谷のマス釣り場へ 観光バスが来てた
バスツアーでマス釣り 

そして、「春秋風亭」の小さな看板が出て来た、そこにはすぐそこってある。
すぐそこ・・・ よく自転車乗りのすぐそこって、結構な距離だけどさ

そこからまだまだ。。ある  もうお腹ペコペコだよ。
また小さな看板が出て来た、道が間違ってはいない

二人してグズグズ言いながら、やっとの思いで到着しました

DSC01266















佇まいがいいですねっ
店内へ

DSC01267















しっとりした雰囲気で、妙に落ち着く・・・ 店内エアコン無し
座ってしばらくは、汗がダーダーだったけど、ゆるりと回る扇風機と
湿度の少なさで、10分以上経つと、自然と汗もひいていき・・・
自然な感じで良かったです。いつもなら風が抜けるそうですが、
今は、風が止まってしまったようで

平日は、パスタやカレー、ステーキなどがあり、この時期の土日は戸隠のソバを
出しているそうですよ

旦那ちゃんは、チーズカレー

DSC01270















私は、海の幸のペスカトーレ

20229381_1001023183334639_3097708647054922656_n
















































ちょっとお値段お高めの、1300円でしたが、夏野菜と、海の幸が
たっぷりと入っていて、美味しかった〜  うん、来て良かった

さて、お腹も満たされた事だから、帰るかな〜 道は迷うといけないから、
来た道を戻るよ〜 ずっと登って来たから、ずっと降りだし

DSC01273
















店を出た頃に少し、パラパラ来ましたが、すぐに止んだ。

来た時は、どんだけ長いんだ〜と思ったけど、降るとあ〜というま。
降ってる最中、ここいい練習になるけど、またこの距離を登るのか・・・って
ちょっとだけ思った 

で、このまま帰るのもね〜って言うか、旦那ちゃんは、加東屋さんへ行く気満々
加東屋さんは、足助にある、サイクリスト御用達の甘味処
和菓子、洋菓子、どちらでもあり、夏はアイスコーヒー飲み放題
冬はホットコーヒー飲み放題で、大助かり

DSC01277








 







































平日なので、誰もいません・・・ 

ショーケースの中は、シュークリームはこんな感じ

DSC01279















最後の一個のシュークリームは、旦那ちゃんのお腹の中へ・・・

DSC01278















私は夏はいつもゼリー系  安定の美味しさ 

モグモグしていると、お母さんから、「銀行行ってくるで留守番してて〜」と。
ハイハイ、行ってらっしゃい   二人して店番 

しっかりとクールダウンして、後は、デポ地の枝下まで、一気に帰りましたとさ

 
  本日  75.1キロ  獲得標高 934m  消費カロリー 1134kal

     オシマイ  




rabura02 at 09:06|PermalinkComments(2)

2017年07月26日

今年も北アルプス山麓GFに行ってきたの巻

23日(日)に開催される、北アルプス山麓グランフォンドへ
今年も参戦する為に、前泊で長野県へ

去年は、本当に素晴らしい景色と、エイドステーションのおもてなし

17973796_1400126343385251_6257347052350825122_o


















こんな風景や、

ayanoNAGFrecon-83


















こんな感じにすっかり魅了されたので、今年も行く〜なったんだけど・・・

梅雨明けはしたものの、このところあちらこちらで、ゲリラ豪雨やらで、
非常に天気が不安定 でも去年も雨予報、でも翌日は見事な北アルプスを
拝ませてもらったので、また、晴れるんじゃね って思ってた。

去年は凄く長く感じた道のりも、もう行く道中もわかるので、交代運転で行くと、
結構、あ〜と言うまだった  受付会場に到着

IMG_0199




































受付を済ませて、チョロチョロと散策

unnamed
















































MAVIC CAR 相変わらずカッコいいね
新しいホイールが出たらしく、営業のお兄さんに色々と聞いていた旦那ちゃん

そして、しばらくしたら・・・ 発見

unnamedのコピー
















































なぜか、いつも見つけてしまう、秋さん、鉄人さんご夫婦
鉄人さん、目立つし・・・

そして抽選会と、もう一つ
バイクトライアル2017 全日本チャンピオン 西窪さんの見事な
パフォーマンスにすっかり会場が魅了されました

19959071_1489043981160153_7919483524426179487_n



















どうやって飛んでるの って本当に不思議

20228453_1498039693593915_3249217785018869239_n


















周りにいる人を誘い、一人ずつ増やしていって・・・
次々に飛んで行きます

もう見ている方は、ハラハラドキドキで、とにかく凄かった
たくさんのパフォーマンスを見せてくれて、どれも凄かった
会場にいるみんなが凄く興奮して見ていました

もちろん私も大興奮して、ハイタッチしてました
 
バイクの技術はもちろん、彼自身が、パフォーマンス上手ですね 

最後はみんなで集合写真です 彼のフェイスブックやインスタにもアップされてました

20429628_1500797353318149_9123904170215421954_n















私もどっかにいました

とっても楽しい前日受付となり、秋さん鉄人さんご夫婦とも、明日ね〜
別れて、今日のお宿へ向かいます 向かうといってもここから、車で2、3分

受付会場が、鹿島槍スキー場なので、その麓の民宿 去年もお世話になりました

去年は朝食も、5:30に用意して頂いて、食べてから出発したのですが、
今年は、コースが増えた為、スタート時間がとても早いです・・・

私たち100キロコースは、5:45のスタート なので朝食は難しいとの事。
コンビニで朝食を買って宿で食べるとなった。

夕食前に、お風呂を済ませて、さて、夕食です
去年の開催は9月だった為、 夜は随分涼しかったような気がするけど・・・
暑い 長野のスキー場だといえ、夜でも暑い・・・

暑い、暑い言いながらの夕食 素朴な夕食です とても食べきれず。。

unnamed-1















お家の夜ご飯みたいですねっ 美味しかったですよ

この時点ですでに土砂降り・・・
周りにいた他の参加者たちは、諦め感満載で、ビールビールって飲んでましたわ

でも心のどこかで、もしかしたら ちょっとは晴れるかも カモ。。。

夜、何十年ぶり 扇風機で眠る・・・ 暑い、眠れんし アチい。
三時半に起きる。 ってか、寝たのか 

外、雨は降ってはいなさそうだけど、天気予報では それも午後からの
確率が高い・・・  コンビニで買ってきた朝食をいただきながら、
旦那ちゃんに問う  どーする  DNSだな。。と

せっかく早く起きたんだから、このまま帰り、自宅あたりを少しでも走るかとも
思うけど・・・ 名古屋あたりも天気がとっても不安定な様子

荷物をまとめて宿を出ると、、 降ってきた・・・ 諦めついた
名古屋へ戻ります 5時に宿を出たから、道が空いてる、空いてる

途中休憩も入れながらも、8時半には名古屋へ到着
お天気微妙ですな・・・ ガッカリ 仕方ない、お天気には勝てませんね。

と、言う事で、今年の北アルプス山麓グランフォンドは、DNSとなりましたとさ
来年は、安曇野センチュリーライドにすっかな 

 オシマイ 




 オシマイ 







rabura02 at 14:14|PermalinkComments(2)

2017年07月16日

日陰ルートに挑戦するも・・・山の中を迷ったの巻(笑)

三連休 初日  お天気 かなり良い・・・ 
最近、暑さでめっきり走るのが億劫になっている 

せめて日陰の道を。。

って事で、先月 平日女子ライドで、karinちゃんに連れて行ってもらった、
日陰が多かった道  と言う曖昧な記憶を辿って行ってみよう〜となった

ガーミンに走ったルートがあるから大丈夫でしょと、甘〜い考え
またまた水源公園スタート 
ぼちぼち用意をしていると・・・向こうから、見覚えのあるジャージが 

DSC01238
















めばる親分だし  久しぶり〜 どこ行くの〜 と・・・
どうやら一人のご様子 今日は日陰コースだよ と、エラそうに言ったけど。
あとあと、大変な事になったのは。。。ご愛嬌

今回のライドに、引きずり込んで、出発〜

あまり土地勘がないので、ここから香嵐渓に抜けるのも、なんだか。。
裏道ってのを知らないので、ま〜仕方ないっしょ

とりあえず、香嵐渓へ入る前のセブンで、ちょい補給

unnamed-2
















































たくさんのローディーさんがいましたねっ

ここまでは日差しが、ガンガン照りつけて、あ〜早く日陰に入りたい・・・

香嵐渓の駐車場から、奥の細い道を進んで行く
私の遠い記憶の中では、この道をひたすら進んだ記憶があったような

DSC01240
















この道は、色んな所へ行くのに走っているので、ハッキリ言って、頭の中ごちゃごちゃ
おまけに、相当の方向音痴だから・・・私

どんどん進んで行くんだけど  あれ

DSC01242
















途中、何度もルートを見直すも・・・どうやら左折をしなくてはいけない所を
過ぎてしまい、どんどこ進んでしまったようです

途中、どんどん登りになってきて、暑い中、フラフラになりながら、
まだ まだ 続く登り 何だかこの道覚えがある・・・

img_17_m


















 (去年の写真より・・・)

そうここ  去年の11月に、しし鍋ライドへスガモリに行った時、
ミスコースをして、迷い込んだ道  道の脇になぜか?電子レンジが置いてあり、
それが、新聞受けになっていると言う 不思議な地域

この先は、こんな坂が続いているって、思い出したのだ・・・

img_12

















(去年の写真より・・・)

この時はもう冬だったからまだしも。 今日の気温は予想最高気温35℃
きっと、体感では40℃近いんだろうな

足つきはしなかったものの、暑くてフラフラになり、ここで親分とどーする
もう。本日お目当のお店には行けそうにもない。。ってか、迷ってしまったのだ

お店に電話をして、予約をキャンセル 

仕方ないので、三河湖あたりでお昼にするかね・・・ もうお腹ペコペコでね

降っている道の方へ進むけど、まだまだ登りが続いていました
久々、思った・・・ まだ登るの〜  と、完全に無口。。

親分が気にして 多分 登りもあの辺りまでだと思うな〜と、言うも、
まだ続くのであった・・・

ヘロヘロになりながらも、ようやく知った 道に出てきて、ホッとした
慌てて、ジェラードへピットイン

DSC01244
















お腹の減りを、ジェラードでごまかす 
知ってる道に出ると、安心するね〜 

さて、今日も三河湖ですが、一番近い、そしてエアコンが効いているお店

DSC01249















ここへ、飛び込みました
店番には、フクロウ君がお出迎え

DSC01245
















































調子に乗って、近づくと・・・めちゃ威嚇されます 
見た目、可愛いんだけど

DSC01246















近っ。。 アップはちょっと変な顔・・・ 

店内は、エアコン ガンガン
冷たいものがぶ飲み・・・

オーダーした物は、冷やしおろし天ぷらそば
お食事がやってきた頃には、体はすっかり冷えひえになってました・・・

で、親分と言うと・・・

unnamed-1
















































熱々のカレーうどん  頼んだ時に散々、私に、この暑いのに・・・って
言われてたけど、でもこれが正解だったと思う

身体が冷えてきたから、冷たいものを食べるのがしんどかった
あんなにお腹ぺこぺこだったのに、あまり食べられず・・・

旦那ちゃんは、二週づつけて、五平餅定食

DSC01247















でも美味しそうだった・・・

帰りは、もう、親分に引いてもらう事にした それが一番

ただすっかりヘロヘロになってしまっていたので、極力平坦で楽な道をという
私のオーダーに・・・答え ものすごい道を戻って行った

絶対に昼間でも一人では、走りたくないであろう〜 細く、木陰な道・・・
きっと、親分もちょっと不安になった時もあったであろう〜 
この道あってるのか って。。でも見事に無事、知ってる道へ出て、
帰りは、せっせと木陰の道を降って行く・・・

でも、長い、とにかく長い こんなにも地味に登ってる道をひたすら
登って来たのかと思うと、ゾッとしながら、降る・・・
若干、泥だらけになりながら

なんとか、香嵐渓まで戻って来て、親分が、加東屋さんでも寄ってくか
言ってくれるも、もう、暑くでバテバテなので、ここで休んでは、
帰りがもっとしんどくなる気がして・・・ スルー

帰りは、親分の、生かさず殺さずの速度で引いてもらい、ありがとうございました

無事、トランポ場所まで戻って来ました
いや〜なんだか、今日は久々、迷ったライドになってしまいました・・・
でも、それはそれで、いろんな道を知る事が出来て、楽しかったです

親分は、朝、私たちに出会ったのが運のつきでしたね・・・
このルートは、来月にでも絶対に、リベンジして来ます

また、みんなとご一緒したいですね〜


  本日 85.2キロ  獲得標高 650m  消費カロリー 888kal

  オシマイ 







rabura02 at 22:48|PermalinkComments(6)

2017年07月11日

ダムカレーと高原ハウスへGo~の巻

日曜日 kibatuyaさんとのぶちーさんからお誘いを受けまして〜
「羽布ダムカレーと高原ハウスライド」に行って来た
 何より、kibatuyaさんのこの写真に惹かれましたから

19599019_312521445859437_2406687537507866340_n




















近くに来ると怖がるくせに、妙な動物好きな私(旦那ちゃん説)

8:30  水源公園集合

今日初めましての、ヨッビーさん  みんなで集合写真

19748371_314906355620946_8187733412845508631_n




















今回は上手に撮れましたね 

曇り空ですが、かなり湿度が高いです・・・ こんな日は要注意
結構 準備万端で来ました 今年初のガチャピンと ソルティライチを
凍らせたものをバックポッケに入れて ヒヤロンも旦那ちゃんのバックへ。

今日は、ほぼのぶちールートだそうで、楽しみです
水源公園スタートし、ちょっと登って、二畳滝へ

DSC01204















もうこの時点で、汗だくです・・・今日からボトルには電解質を投入
ぬるくなるととても飲めたものではないですが、脚つりを防ぐには
私にはこれが有効ぽいので致し方なく。。

予想最高気温が、34℃でしたので、マメな休憩は必要ですね。
なので、次は下山サークルKを目指します

DSC01206















到着早々、ガチャピンで水浴びです 常に首筋は冷やしておきたい・・・

ここで軽く補給をし、氷と水を買って、ボトルにイン
夏は何度コンビニで、氷と水を買うんだろう〜

ヨッピーさんが、変わったものを買っていました

19905273_1413727125382588_4509140185701968533_n


















豆乳チーズケーキだそうで、中身はカチンコチンに凍ってました
スプーンでは歯が立たないので、アイスのようにかじってましたわ

次の目的地は、お昼ご飯のために、羽布ダムへ行き、ダムカレーです
19756422_315038682274380_4425518888652040192_n




















三河湖は、何度も来ていますが、下山方面から登るのは初めて
とっても新鮮味がありました。三河湖っていつもは田原坂から、作手まで登り
そこから三河湖を降るので・・・こっちから来るとずっと登りなんだっ、って
登りながら考えてた。 当たり前っちゃ〜あたり前だけど

さて、羽布ダム ここはダムカードが四季に合わせてあるようで、今回は
それをもらお〜ぜと。
管理事務所のおじさんを呼び出す

19894680_315038728941042_5714737006095448522_n




















右がいつものカード。 左の緑が四季の「夏カード」だそうです

さっ、お腹すいたね どこのダムカレーにする 
とりあえず、うなぎ屋さんのカレーにする
でもね・・・あそこ、エアコンが入ってないんだよ

去年 うなぎ食べに行った時、エアコンが付いてなくて、暑い、暑いって
食べた思い出が・・・  店のドアが開いていたらやめよってなり・・・

19942671_1508062842588999_1229519904900311677_o















ジャ〜ン・・・ドアオープン  やめた 

たかがエアコン。されどエアコン。。特に自転車乗りは暑い中くるので、
涼しくされてた方がありがたいです  五人 客逃しましたね・・・

でも、ためよし君にはご挨拶を

19732255_315038812274367_759370633355599106_n




















いつもぐったりしているためよし君も、エサをくれるお母さんが出て来たら、
エサと勘違いし、ぐっっと起き出して来て、びっくり

19575281_1508062845922332_626879397693999060_o
















































グイグイ来すぎだし・・・

さっ、次はどこのカレーにするかな〜
で、ここにしました

19642505_1413727488715885_4687724017255458483_n


















腰掛山荘さん ちょっと古民家ちっくな、料理屋さんなのでしょうか
いつも前をシャーと通過するだけなので・・・

あ・・・ 窓、ドア 全開。。。 ここもエアコン無しか

まあ〜 お腹も空いた事だし、店内へ
扇風機があるから、それでしのごう〜

今日は団体さんがいらっしゃるのか お料理は30分ほどかかりますと。
でも今日はダムカレーを食べに来たので、みんなで頼むと・・・
平日のみなんですと。。 ええ〜 びっくり

五平餅定食ぐらいなら早く出せますが・・・だそうで

19787316_1508062889255661_6196386359959873612_o















こうなりました・・・

のぶちーさんは、暑い中、フーフー言いながら、猪味噌煮込みうどん

19984087_1508062895922327_4942435084355321262_o
















グツグツ言ってますよ、鍋が

扇風機に当たってたら、そこまで暑〜いって感じではなかったかな〜

さて、お腹も満たしたら、今日も目的地へGo〜
もちろんずっと登りですが、勾配はそんなにキツくない。
心拍を上げると、頭痛がやってくるので、出来るだけ、クルクル、ゆるゆると
登ります  自制心を払って、重いギアで追っかけたいけど・・・
じっと我慢の子であった・・・

DSC01223















もうそろそろだよ〜っていう手前で、ジェラード屋さんへ立ち寄る

19875156_1413728938715740_5093482750762677155_n


















たくさんのネコちゃんがお出迎え

DSC01224















はい、ミルク味

DSC01227
















































ジェラード屋さんを後にすると、ちょっと登ったらすぐに

19748816_1413728952049072_3661105296430210321_n


















ジャリ道を、自転車押して少し入ると、到着

19961090_315039472274301_8366645905978116548_n





















高原ハウスさんです 手作り感が満載、ヤギさんや、牛さん、
うさぎさんが野放しにされています

小さい子供たちには、きっと大人気でしょう〜
入場料は入らず、こんなエサを購入して、あげれるのですから

19961092_1413729012049066_5415640130411290494_n


















お財布の中に小銭がなかったので、わざわざエサを買うのに、
大きなお札を出されたら迷惑だろうと思い、購入を断念・・・

手ぶらで、動物たちと交わろうとする、私 
DSC01232
















































でもエサなれしている動物たちは、エサを持っていないとわかると・・・
寄って来てくれません 

なのでこっちから寄って行きます、逃げられますが。。

19756332_315039592274289_688553882183560299_n





















でもこのヤギさん、メスなのでしょうか やたら旦那ちゃんになつきます
撫でられて、ご満悦な感じ・・・ 仕方ない、少しだけ貸してあげるよ

19955964_1508063039255646_5284106245435926909_o















高原といっても、あまり標高が高くないので、動物さんも暑そうですね・・・

この方は日陰で、気持ち良さそうに

19961147_1413729125382388_4640491282355614398_n



















ここでも集合写真を

19875535_1413729305382370_5678620677306635901_n


















なかなかいい感じです  のぶちーさんは写真のセンスがあると思う

帰りには、二度も頭痛が遅い、薬を二度も投入するも・・・なかなか効かず
お待たせして、すみません

薬が効いてくると、こんなにも元気に復活するんですけどね

19875157_315039648940950_8878003502365968093_n




















帰りも車の少ない、いい道をサクサクと降りて来ました

翌日知ったのですが、この日の豊田は、36℃だったそうですね
曇りだったから、まだしも、が指している時のロングはもう無理です

今回のダムカレーは残念でしたが、それはいつでも行けますので
程よい距離と、程よい登りで、いいルートでした
ありがとうございました  また三河の良い日陰ルートを教えて下さいませ


  本日  80.4キロ   獲得標高 983m   消費カロリー  1104kal

  オシマイ 






rabura02 at 09:44|PermalinkComments(10)

2017年07月04日

山の上のステーキ屋さんへ行くの巻

日曜日 晴れ だいぶ暑そうだけど・・・

今日は以前より、気になっていた、ステーキ屋さん
標高900mの山の上にある
冬は閉鎖されていて、4月〜11月まで期間限定で営業しているお店

先月自転車仲間が、その店でBBQをしに行ったようですが、
私はステーキランチが気になっていた

混み合うようなので、お店に電話をして聞いてみると、お待たせしてしまうと。
ランチの予約は、11:00もしくは11:30のみだそうで。

でもBBQなら、何時の予約でもOKだそうで、じゃ〜二人でBBQはちょっと
寂しいので、チラホラ声をかけさせてもらい、ひらさんとのぶちーさんの四人の
ライドに決定〜

ルートはピポタさんのブログから拝借させて頂きました

時間があまり読めないのと、暑くなりそうなので、ゆっくり登ろうとなり、
8:00 川の駅 いけじま集合

途中、土砂崩れにより通行止があるので、どこだろうと思いながら、
トランポし、集合場所へ
そろそろ近づくな〜と思った時、 一人の女性ローディーが走っていた
車で近づくと、なあ〜んと のぶちーさんが、自走

車の中から、声をかけて、後でね〜と そしたらすぐに追いついてきた

unnamed-3
















































おはよう〜 自走 凄いね〜と言ってたけど、車を家族が使うって事での
自走だったようで・・・ ごめんね、状況分からず、ここまで自走させて

さて、自転車組み立てて、ゴソゴソしていると、ひらさんが来た〜 

四人が揃ったので、集合写真をってなったんだけど、なぜか私が、
YMCAしよう〜ぜ とか言うから・・・そしてデジカメの設定を
地面に置いて、二台でしてたから。。 バラバラ  これも愛嬌

DSC01166















とりあえず、新しく、サークルKから、ファミマに改装した、
 小渡ファへ向かいます

この週は平日一度も、脚を回していないので、メチャメチャ重い
微妙な登りを行くと、あ〜と言うまに小渡に到着

途中の土砂崩れは、トランポ地から、すぐの所にありました・・・
夏は涼しい木陰の道が、土砂崩れであちこちダメに

DSC01168
















10月末までの通行止め予定だそうです。。

さて、目の前には小渡ファが

19650034_1406789642743003_1473229535_o


















とりあえず、お手洗いを借りて、うんうん 綺麗になってるぞ

お水と氷を買って出てくると

DSC01172















知り合いがわんさかいた

ヒロさんに、あこちゃん  Rちゃんに、Kちゃんもツインズでお仲間と。

日差しが照りつけて、暑いのなんのって まだ9時前後ですけど・・・

DSC01171
















































最初の水浴びをしといた

さて、ここから矢作ダムを登って、さらに上へ上へと進みますよ
ヒロさんとあこちゃんも途中まで、一緒する事に
え〜 一緒に行けばいいのに〜

19720472_1406789616076339_272078755_o


















どうせ登るんでしょ

せっせと矢作ダムを登りますが、もう何十回も来ているので、
距離と勾配は把握しているので、マイペースで

のぶちーさんは、小渡より奥には行った事がないとの事、せっかくなので、
矢作ダムの管理事務所のオジサンを呼び出して、ダムカードをゲット

19686664_1406789696076331_29645121_o


















まだまだこの辺りも、暑いです・・・とっても

奥矢作まで行ったあたりで、ヒロさんとあこちゃんとはお別れです
また、遊んでね〜

DSC01176















さあ〜 また四人でスタートです

一番後ろに控えるのは、ひらさん
怪我からだいぶ復活して来たようですが、もっとじっくり治してよ〜

19688145_1406789646076336_2036753959_o









































のぶちーさんの後ろで、心なしか、満面の笑みですね 

いつもは綺麗な、プチ滝も、前日の雨で、すっかりコーヒー牛乳色に

DSC01177
















































私たちはまだここまで大した距離ではありませんが、のぶちーさんは
自走で、プラス30キロ なので、ちょっと休憩

unnamed-4















ここいいね〜 すごく心地いい風が吹き抜けて、涼しく、昼寝出来そう

あーだこーだとおしゃべりして、補給したり さあ〜本格的な登りはこれからだそうで
り・スタート 

この次は、いなべ道の駅までだ〜 そんなに距離ないけどね・・・

unnamed-2
















































道の駅に着いたけど、バイカーはたくさん、人もたくさん、日陰なし・・・
なので、この先のコンビニまで移動しよう〜

水や氷を補給し、アイスでカラダを冷やし 
出発 暑いので、出来るだけ休憩取りながら、時間の余裕もあるし

さて・・・ ここを右に曲がったらって所まで来ました
日差しは、ガンガン ちょっとの日陰に、女子二人が逃げます

DSC01182
















































そしてガーミンのルートを見ながら、ここからってかなりとんがってるね
暑さと、とんがったルートを見て、一人ひるむ。。。
のぶちーさんが先に、出発した 私、グズグズして、出発

どれぐらいなのか  きっと10キロも登らないよね〜
言い聞かせながら、クルクル登ります。 基本、あまり日陰はない・・・

暑さで、頭が痛くなり、途中 止まって薬投入 
お願いだ、早く効いてくれ

心拍をあげると、ガンガンする頭・・・ 力入れないように、ソロソロと

19650157_1942759046013510_190680976_o





















来たよ〜 お待たせ〜  
登りでは、のぶちーさんは、全く心配ないってわかってるから
遅いのは、私だけだから、先で、ひらさんと待っててくれました

さ〜 キツイのはきっとこの辺りまでだ、しばらく行くと・・・

DSC01185
















三角の屋根 見えて来たね〜と旦那ちゃん

DSC01186
















着いたね〜 ここまでくると、気温がかなり違う
登った後に、暑いのに外で、BBQって、ちょっと思ったけど・・・
全然オッケー  下界とはきっと、5、6℃ぐらい違うだろうね

お客さんもかなり待ってました
BBQ予約の私たちは、奥のスペースへ

早速、シェフが、炭をおこしてくれます

DSC01188
















































火の前か・・・あちいな って思ったけど、実際目の前に座っても
あんまり暑いって感じなかった

ジャ〜ン お肉たち

DSC01189















赤身肉と、脂がのったお肉と両方あり、焼けるのをじっと、待つ

DSC01192















あまり普段、お肉の塊を好んで食べない私・・・
でも、自転車の時は、運動してるからか 結構なんでも食べれる

四人なので、それぞれつついて、ムシャムシャ 美味い
暑がりな私も、外で十分でした

帰りは、下りで、ダっ〜と降るだけって思ってたけど、途中・・・
いきなり、激坂が現れたのは、ちょっとビックリしたけど

速攻のインナーローで、何とか踏ん張り

奥矢作あたりまで降りてくると、空気が、モワンして、暑い。。

DSC01199
















































もうこのあたりは暑い、暑いって言いながら、下り、小渡ファまで来た

ここで、しばし休憩  ちょっと空の雲が怪しいな・・・とは思ってた。
そしてのぶちーさんが、雨雲レーダーを出して、ヤバそうと

よし 帰りは急ぐぞ

サクサクと走り、何とかトランポ地まで戻って来たけど・・・
この時点で、降られそうな確率が結構ある

そうこう話ししていたら、ひらさんが、送ってくれる事に
良かったあ〜 ごめんね、うちの車、二台しか乗せてなくて・・・

そして無事、自転車を積み、トランポ地を後にした直後
ポタポタと降って来た 

良かったね〜 これじゃ〜走り出してすぐに、ずぶ濡れだったね。

何とか無事にみんな帰宅したって事で、ご一緒してくれた、お二人
ありがとうございました とっても楽しかったです
そして最後の最後まで、ジェントルで送り届けた、ひらさん、ありがとう〜

また、ご一緒お願いします〜


  本日  71.8キロ  獲得標高 1009m  消費カロリー 1164kal

  オシマイ 






 

rabura02 at 10:11|PermalinkComments(12)

2017年07月02日

ペダリング改善と、フィッティングを受けてきたの巻

最近、周りにパワーメーターを使ってる人が多くて・・・
私には、あまり関係ないものだって思ってたけど、出力だけはなく、
ペダリングの改善にも有効だと言う知識がチラホラと入ってきた

ちょっと気になりだす 

若い頃、脚にボルトとワイヤーを入れる手術をした事がある。
今でもそいつらは元気に私の脚の中で生きているんだけど
普段の生活には何ら支障はないものの、運動に制限がかかった

体重を上からかける運動はあまりお勧めしないらしい
じゃ〜どんな運動なら・・・と探していたら、それが自転車だった

自転車のおかげで、弱っちい太ももも、最近ではしっかりと
硬くなってきて

でもちょっと左足は弱い部分がある・・・
自転車始めた頃は、右足で左足をカバーしていた

そんな状態の私、果たして自分がどんなペダリングをしているのか
かなり気になる。 もっと改善出来る所があればな〜っていう動機で、
パワーメーター欲しい病にかかる

でも・・・ね、 せっかく買ってもらった、ガーミン810Jも、
スタートボタンと、ストップボタンを押すぐらいしか使ってない
後は旦那ちゃんが、データとしてガーミンコネクトに落としてくれている

そんな私が、18万ぐらいするパワーメーターを導入した所で、
またきっと・・・ 使えね〜だし。 

だからどんどん欲しい病が薄れていき、やっぱりホイール貯金へ変更したのだ

でも自分のペダリングはどんなのかは知りたいな〜とちょっとだけ思いを
残しつつ。。

先週の木曜あたり、土曜の天気予報はだった。
何するかな〜って考えてたら、不意に思い立った

そういえば、サッチーがショップで、ペダリングの測定をしてるって言ってた
そして、もし良かったら紹介しますよ〜とも言ってたなあ〜と

よしって事で、土曜はそれにしよう〜と決めて、早速サッチーに連絡を取ってもらい
土曜の夕方、時間を取ってもらえる事になり、行ってきたのだ

サッチーといえば、FRLの最速クライマー
富士ヒルでは、余裕のシルバー 来年はあと8分縮めて、ゴールド狙いだそうで


でもね、私はただ、自分の脚の状態が知りたいだけであって・・・
特に何かを求めてる訳でもないんだけどね

もちろんこれからのライドに役立てればそれでこしたことはない訳で

お邪魔しましたよ サッチーのお世話になっているショップへ
体の採寸から入り、軽く回しだす。 この時、持って行ったシューズは
SPD-SL 普段は、SPDを履いている私。 初めて買ったSPD-SLがまだ
ほぼ新品に近いままシューズボックスに眠っているから、起こしたった

 unnamed-3
















































 上の画面に映っているのは、シューズを履いた状態を後ろから見た状態
ペダルを回していくと、シューズと足底が合っているかが見られる。

下の画面は、左足は、水色のラインが真ん中あたりを
まっすぐに降りているのがわかる。
これは上手く、シューズの真ん中で下に向かって力が入っているとの事

でも右足は、水色の部分が、真ん中あたりに集中して、一本まっすぐに
降りていない・・・ 

unnamed-1
















































と、言う事で、店長さんが、私のシューズの足底を、
インソールの切れ端みたいな物をカットして、フィットさせようとしてくれる

それを何度か繰り返して見たら・・・ あら、不思議

unnamed-4
















これは 画面を印刷してくれたものだけど、右足の水色の部分が、
真ん中に集中して、まっすぐに下に降りてきたの すごーい

シューズが中で動く事なく、引き足が見事に使えてる感じがわかる


unnamed-5















そして次は、ペダリング  これは右足も左足も、踏み出しが、
1時〜2時で踏み出してることが、よくわかる・・・

以前、チャリダーで、ペダルの踏み出しを11時ぐらいから踏む感覚でって
ドクター竹谷が言ってた その時から少しは意識しようとは
してるんだけど・・・ それを続けるのは、かなりしんどい

unnamed-6















何度も計測してもらい、 これは、赤い部分がロスな部分
最後は、カンファレンスをしてもらい、改善策をいくつか提案してくれる

私なんかは、直した部分だらけらしいので、まずは2つの改善から、
普段のライドで心がけるようにしたいと思ってます

基本、今更筋肉をつけれない、体幹がない、痩せられない・・・ 的な私には
ロスを減らす事が、上達への近道だと言われまして。。 おっしゃる通り

すぐに改善は望めないだろうけど、できるだけ意識を心がけ、徐々にその改善策に
慣れるようにしようと思う

今回は、初めての体験で、びっくりする事ばかりだった
私なんかが受けても・・・って言う思いは、違ったよ

今、自分がどんな走りをしていて、そしてどんな人にも改善策はあるはずだから、
それが伸びしろになればいいんだって事を教えてもらった、いい機会でした

もういいオバさんだから、少しでも改善できる所は、改善し、楽なライドが
出来るように、そしてもっと高く、遠くへ行けるように、なれたらいいなあ〜

さて、明日の日曜は晴れて、暑くなりそうだ この課題を頭に入れながら、
走ってみようと思っていま〜す

 オシマイ 





 

rabura02 at 21:16|PermalinkComments(6)