2017年06月13日

2017年06月13日

今年も富士ヒルクライムに参戦の巻

先週末は、富士ヒルクライムでした
前日受付の為、土曜10:00過ぎに出発 週半ばまではがついていたものの
どんどん回復傾向に  うん、晴れ女発揮

出発前に、ともさんの投稿で、東名高速で事故 通行止めを知る。
マジか・・・新東名が混むな
ぼちぼち混んではいたけど、思ったよりは進んだ。
後から知ったけど、ニュースでも何度もやってるけど、かなりの大事故だった

明日は我が身、の運転も気をつけましょう

SA等で、ゆっくりしながら、15:00頃 北麓駐車場へ到着
待っていたのは、受付会場までのシャトルバスへの長い列・・・

DSC01068
















目の前の建物(トイレ)を囲むように、ぐる〜と向こう側までの列 
でも次から次へとピストン輸送してくれるから、早い、早い。

受付会場へ到着して、ブースをフラフラしてたら、初音ミクさんを発見 

DSC01071
















































中身はオッサンぽかったけど、相当早いようです、あちこちのイベントで
お見受けしますねっ
あっ、私・・・すみません パジャマじゃ〜ありません
長時間車に乗る時はいつもこんなダラダラな感じで

そして、今日、一緒に参戦する、FRLのメンバーも到着しているはずなので
ぐるぐる探していると、またまた発見

IMG_0849




































森本さん  激細っでした・・・ 横から見たら、ペラペラ
でも、すぐに愛想よく一緒に撮ってくれましたよ

ゴローさんといい、森本さんといい、愛知は自転車キングが多いですな〜

メンバーとも会えたので、では夜となり、ホテルへ向かう。
18:00から、宴会 私は一番右の烏龍茶。。

19179558_1970524963182318_982529716_o















軽く食事を済ませ、お先に失礼して、明日の為に身体を休ませます

翌日 3:15起床。 案の定 よく眠れなかったけど、パッと起きる。
先日購入しておいたパンや、ヨーグルトを食べ、準備していざ

ホテルからスタート地点までは、およそ4キロ程。 当然ずっと登り
でも大したことはない・・・ ただ今回 1万人がこの富士に参戦
なので、きっと行く道も混むであろうと、16:30頃ホテルを出る

DSC01080
















もう明るくはなって来ているが、かなり肌寒い・・・
夏ジャージの上に、冬ジャージを着込む

ここのホテルはいい 車を置いておけるのと、何よりも近い
KARINちゃん手配ありがとう

この時間なら、まだそこまでは混雑はしていない、登り出してすぐに
暑くなり、冬ジャージを脱ぐ。

ホテルからほんの4キロ。 あ〜というまに到着
個人的には、あと2、3キロ距離があったら、もっとアップになったかなと。

到着して、荷物を預けたら、横からす〜と女性ローディーが

unnamed-2のコピー
















































み〜さんですか〜 と。 
あっ、のぶチーさんだ  おはよう〜 見つけてくれてありがとう

朝一の出会いは、しまなみ海道へ行った時に、帰りにチラッとお会いして、
でもその出会いが偶然にも、同じ愛知県で、そして、自転車仲間とつながっていたと言う
ナイスな巡り会い その後はブログでコミニュケーションを取ってました

そんなのぶチーさんが、FRLジャージを見つけてくれました

そしてみんなと合流

19179298_1970524999848981_1046360996_o
















































近くには、エスカルゴのミポリンさんと、トシちゃんがいます

DSC01083
















そしてまた見つけてもらいました

unnamed-3
















































某チームの、双子のような、カオリンとりえこちゃん

今回は、知り合いの女子ローディーがたくさん参戦しています
FRLのジャージを着ていると、見つけてくれます

そして、キョロキョロと挙動不審になってた、秋さん 
写真撮るのを忘れた・・・ ゴメンね。

なんだかんだ、おしゃべりしてて、スタート時間もそろそろ
テンションもだんだん上がりつつ

今回は前の方に並びました これが良かった

unnamed-1
















































一番前には、エスカルゴのミポリンの背中が・・・ 先頭だし

後ろを見ると、、
unnamed-2
















































ピポサンと、ともさんがいた
私たちはこちら

19125197_688064334734792_1135070070_o
















凄い人だな〜とキョロキョロする私・・・

そして、一番最前列の招待選手が、スタートします

19074728_812971088855487_404512351_o



























この数分後に、女子もスタートです

スタートして、料金所までと、料金所すぎてからしばらくが、しんどかったので、
今回はそれを念頭に置いて、回します

去年の作戦は、各休憩ポイントで、休憩して、まず完走を目指す

今年は、とりあえず、樹海台駐車場まで頑張ろう〜と
でも、去年あまりにも休憩しすぎたので、休憩は短めに・・・と、
頭の中で思い描いていたんだけどね

そうこう頑張っていると、後ろから、「み〜さん頑張れ」と
あっ、アオコさんだ  スタート地点で会えなかったからな〜
アオコさん・・・ス〜と抜かすんではなくて、バビューンでした
いや〜 嬉しかったし、早かった 

帰りにアオコさんの旦那さんが、FBに投稿してた
アオコさん、5位入賞だってえ〜〜 すご〜い
初参加にして、5位って・・・ さすがだ。かっちょいい

さて、私に戻ります

一合目駐車場を過ぎ、およそ10キロ地点が、樹海台駐車場。。
あれ 駐車場へ入るのが閉鎖されて、給水ポイントだけに、それも
紙コップで、水を手渡し・・・ おまけに右側にある

これは想定外だった。。  結構、ショック
でも、そんな気持ちは引きずらない
急いで頭の中で、作戦変更をする。

今、10キロを過ぎて、4割は登った。 ここまで結構しんどかったけど、
これはもう、気持ちを切り替えて、ゆっくりクルクルしながら、休まずに
行ってみよう〜 作戦に変更した

途中、3合目を過ぎたあたりで、無性にお腹が空いてきた・・・
バックポッケには、ゴールドゼリーと、アメ3個 キャラメル2個

朝食は、前日受付会場で買った、くるみパンと、コンビニランチパックを
旦那ちゃんと半分こ。 そしてフルーツの入ったヨーグルト
スタート地点にいた時にも、チョコのパンを食べたのになあ〜

アメでごまかすも、もうごまかしきれなくなってきて
ゼリーに着手するも、回して開けるフタが、結構硬い

勾配が緩くなった所で、歯で必死に回すも、なかなか難しいな。
後で旦那ちゃんに、飲むとわかってたら、初めから外しておくと言われる
そりゃそーだな、次回はそうするよ

あまりにも開かないので、イライラして  周り見ながら左により、
ちょっと止まって、フタを開ける。 そしてすぐにスタート

全部いくとまずい気がしたので、半分取っておく

淡々と登る。 途中、秋さんにも「頑張れ〜」と声かけてもらう
だから、秋さんに「秋さん、行ってらっしゃ〜い」と見送る
彼女も、バビューン・・・ 惜しい、彼女も初参戦にして、もう少しでブロンズ

周りにはこんな方々もいるんですよっ、 普段はご一緒できなくて残念

そして今回、ブロンズ奪還がかかっている旦那ちゃんが、後ろからそ〜と横に
「大丈夫か ペース早くないか 頑張れよっ」って。

ってか、私はぼちぼち登るから、旦那ちゃん、頑張れ〜と心の中で叫ぶ

そして、太鼓の音が聞こえてきた
去年、旦那ちゃんに太鼓が聞こえてきたら、もう少しだから頑張れって言われたけど、
まだ、7、8キロあるよ・・・ 

でもこのあたりに来ると、心拍は170ぐらいずっと出てるけど、呼吸が上がらない
以前、ヒロさんにチラッと聞いた事があり・・・心拍ずっと高くても、しばらくすると
呼吸が楽になって来るんだよね。。 その時はふ〜ん って聞いてたけど、
ホントだった

前の方に並ぶと、遅めの女子が周りにあまりいないので、フラフラしてる人が
少なく、接触しそう〜っていう、不安はない

大沢駐車場まで来た 残り、7キロ弱。 もう休憩しようとは思わない
山岳賞区間で、もがけ・・・ってあるけど、ここ、結構キツイよ 無理

もう降りに入ってる人が、どんどん降りて来る
頑張れ〜って声援を受ける  声援ってホント、力になるよねっ

ガーミン見ながら、自分なりにタイムを見ていた。
今年は、休憩を減らしながら、去年よりは、ましなタイムで登りたいな〜から、
急遽、休憩なして登る作戦に、やむなく変更となり・・・

クルクル登って来た。 そこまでしんどくはない。
でも、8%前後になると、当然スピートは一桁
 
もう残り少ないんだから、もっとあげればよかったのだけど、出来なかった
だいたいの目標が、二時間半をきるだったから、でもこの調子だと、余裕な感じ

気持ちも余裕があったのに、頑張れんかった・・・ 弱っちい

トンネルが出て来て、そうそう、ここを過ぎるともう、ゴールは近い
近いんだけどゴール手前の100mぐらいが、結構キツイ

あまりのガンバレんさに、笑えてきた

DSC01093
















旦那ちゃんが、ゴール側で、見てくれてた
来たよ〜 カメラを向けられて、思わずニヤケ顔・・・

ゴールすると、寒い、寒い、風が凄くて、汗かいていた私には、
すぐに冷やされる感じ。。 
下山用の荷物を取りに行く人の列

unnamed
















































みんなぞろぞろと。
凍えそうで、冬ジャージと、暖パンを着込む。
お腹ペコペコだったので、すぐに下山バックに入れたカステラをほおばる

とりあえず、KARINちゃん、シゲさんと合流するも、寒くて寒くてたまらない・・・
去年みたいに、5合目でみんなと写真撮ったり、くつろぐ事なんて、
全く出来ない、、あまりにも凄い人と、寒さで

でもせっかくなので、ここだけは撮っておく

DSC01094
















































IMG_0854




































髪の毛が汗で濡れている為、そこから冷えてくる
だめだ・・・ガタガタ震えるので、みんなと合流する前に、先に降りる事に。

まだ登ってる人はいるとしても、何千人もの人が下山するので、
下山並びにも時間を要する

そして、ゆっくり目に降りて行く 手が痛い、痛い。
途中の道が、綺麗に舗装されていた、去年はちょっと荒れてるな〜って
感じる箇所が何箇所もあったから

樹海台駐車場で、一度休憩し、手を休ませる。
そして、また一気に降りて行く

下に降りた頃には、すっかり気温も上がっていて、冬ジャージを脱ぐ
そして、うどんを食べに

DSC01099
















この吉田うどんは、ツルツル感は全くない・・・ブツブツ切れるタイプのうどん
去年は、残したけど。。今年は完食 よほどお腹空いていたんだろう〜

下には、スーパーひろちゃんや、怪我で走れなかったkorasho氏が待っていてくれた

19125474_798995283588767_393425440_o





















でも裏切り者の、ひろちゃんは、ショローズのジャージを着ていた・・・

最後はみんなと合流し、一旦ホテルへ戻り、ホテルの温泉に
宿泊者は、500円  ただお風呂に入ってさっぱりはしたいけど。。
お風呂入ると途端に眠くなるんだよねえ〜

ゴメン、ずっと運転させて  帰りお風呂で血行も良くなり、どっと疲れが出たのか
猛烈な頭痛に襲われて、車内でグッタリ
浜松あたりでは、薬も効いてきて、ちょっと復活

走ってる時、よくもってくれたよ  頑張らなかったのが良かったんだなっ
クルクルに限るな

そして名古屋に無事戻ってきて、旦那ちゃんのリクエストで、夕食は・・・

IMG_0855




































ダウニーのハンバーガーが食べたいそうです 
しっかりと頂きました 

FRLの皆さん そして、現地でお会いした皆さん
ありがとうございました 今年も無事に走り終える事が出来て良かった

去年は色々あり、旦那ちゃんがブロンズを逃すという、アクシデントが・・・
今年も、しっかりと練習も出来ないまま、そして、レース二週間前あたりに
脚を痛めるといった事もあったので、今年も難しいのかな〜と思いつつ。

頂上で会った時は、どうだったって聞けなかった。。
でも、結果 ギリギリぐらいでブロンズ奪還に成功

いや〜 良かった マジで  ほんとはどうやって言葉をかけたらいいか
なんて、考えてたもんでねっ

そして私、結果、 2時間23分  去年、3時間ちょっと・・・
でも去年は、全ての休憩所で休憩をし、休憩に費やしたであろう時間が
およそ、30分ほど。。 今年の目標は、2時間半を切れたらな〜という
曖昧な目標  休憩を除くと、去年と10分ほどしか変わらない〜
思ったけど、去年は休憩しなければ登れなかった

今年は、幸いにも 樹海台駐車場が閉鎖だった為、休憩を逃し、結果、
休憩なしで登って来られた きっとそれが一番の収穫だったのかもしれない

雨沢では、遅いながらもタイムを意識する事を覚え、ほんのちょっとだけど
意識が変わった。 距離にしたら、雨沢の4倍ぐらいの距離だけど、
私の中では、雨沢の6キロちょっとの方が、数段しんどい・・・

登ってる時は、ほとんどが、5、6%だったと思う
時に、7、8%が現れるも、ずっと続くわけではない。

5、6%になった時に、一キロでもスピードを上げれたら、違ったのだろうけど、
それが出来なかった・・・走ってる時にもそれは考えたんだけど、
どこか弱っちい部分が出て来て、ここで頑張ると頭痛くなるとか・・・

そんな弱さが、縮める事の出来なかった反省点
そして最後の平坦な所で、アウターに入れるのが遅かった

稼げる所で稼がないと・・・と旦那ちゃんに言われたのに、遅かった
富士ヒルの前に、KARINちゃんと練習に行った時に、彼女との差は、
5、6%の登りの時に、愕然と差が開く。。

そう、この5、6%の登りを頑張らないと、縮まらないとわかってる
頑張ると頭痛が怖い って思うんなら、ケイデンスを上げる
これしかないのでは と、自分の勝手な解釈にたどり着いた

クルクルしないと、登れないと言う事を身体で感じ、何とか習得
でもこのままでは、早くはならない

弱ペダで、金城さんが小野田君に・・・
「小野田 ケイデンスを30上げろ」と言うオーダーに
はいと、答える小野田君

30なんてとても無理だけど、少し上げる練習をしようかな〜と
ちょっと思ったりした、レース後の課題でした。
来年も頑張るぞ お〜

  
  本日  48.6キロ  獲得標高 1288m  消費カロリー 1019kal
  (ホテルからの自走も合わせての距離)

  オシマイ 



rabura02 at 10:02|PermalinkComments(15)TrackBack(0)